犬がトイレで寝る理由を考えてやめさせるためにできることを紹介

犬がトイレで寝るのには考えられる理由があります。
トイレがきちんとシートやトレーでできるようになったけど、そのトイレで寝るようになってしまったのは困りますね。

そこで、犬がトイレで寝る理由とやめさせるためにできることについてお伝えしていきましょう。

トイレで寝てしまうのをやめさせるためには、トイレが安心できる好きな場所になりすぎているのもよくありません。
ぜひ参考にきちんと寝床で寝る工夫を考えてあげましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

【犬の喧嘩のしつけ】多頭飼いの犬が喧嘩をした時の対処法

犬を多頭飼いしていると、犬同士で喧嘩が始まることもあります。飼い主として、喧嘩をやめさせるべきか、放...

犬が散歩で興奮するとお困りの方へ犬の気持ちを落ち着かせる方法

犬の散歩中に困る行動として、興奮をしてリードを引っ張ってしまうことや、他の犬に会うと必要以上に警戒し...

白い犬が大好き!その中でも大型の種類とは

白い犬と聞いたら、もこもこでふわふわな触り心地のよい毛並みを連想する方も多いと思います。特に大型...

犬がストレスを感じるのはどんな時?ストレスの原因と解消方法

犬も人と同じ様にストレスをためてしまう場合があります。そしてストレスが解消されないと問題行動を引き起...

犬は留守番する時に寂しいと考えることも、出来る対策とは

犬を飼っている場合、どんなに可愛がっていても、ちょっとした外出などで留守番をさせなくてはいけないこと...

犬を抱っこして一緒に寝るのは大丈夫?良い点と注意点をご紹介

小犬を飼い始めると、可愛らしくてどんな時も一緒にいたくなってしまいます。中には抱っこをしたまま、ベッ...

【子犬の夜泣き対策】夜泣きの原因と子犬への接し方

家に迎えたばかりの子犬は、夜になると夜泣きを始めます。毎晩の夜泣きに、どうすれば夜泣きを止めさせるこ...

犬が吠える場合は無視をするのが良い?吠えぐせに対する対処方法

犬に吠える癖がついてしまうと、直すのはなかなか根気が必要となります。無視するのが効果的だと、...

小型犬に必要な基本のしつけ。子犬のうちに身につけたいこと

これから小型犬をペットとして迎えたいと考えている方も多いと思います。小型犬の場合には、室内で飼育する...

犬の赤ちゃんの育て方や、注意点などについてご紹介

犬を飼う時のタイミングとして多いのは、ある程度大きくなった子犬からスタートするパターンですが、さまざ...

犬に留守番させる時のしつけ方法!安全に過ごせる環境を作ろう

犬に一匹だけで留守番をさせる場合、どのようなしつけをすればいいのか悩む飼い主さんもいるのではないでし...

犬が無駄に吠える時に出来る対策などについてご紹介

犬を飼う時にさまざまな悩みが出ることがありますが、その中でも多いのが「無駄に吠える」です。そうい...

犬の夜鳴き対策で効果的な方法とNGな接し方

子犬を飼い始めたばかりの飼い主さんは、多くの方が夜鳴きで悩んでいるようです。寂しそうに鳴く子犬が夜鳴...

犬には英語でしつけをするのが良い?そう言われる理由と注意点

盲導犬などには英語でしつけを行います。お家でペットとして飼育する場合も英語でしつけを行ったほうが良い...

犬連れキャンプの大切なポイント!一緒に楽しむためにできること

犬も一緒に連れてキャンプに行きたいという愛犬家さんへ。はじめて愛犬もキャンプに連れて行くとなると...

スポンサーリンク

犬がトイレで寝る理由は認識ができていないから

犬がトイレで寝るようになってしまう場合があります。それは、人間にとってはトイレとして用意した場所でも、犬はそうと思っていないからでしょう。

犬は基本的には狭い場所が好き

広い外を走り回って遊ぶのが好きでも、安心して過ごすことができるのは狭い場所です。これは犬の本能ともいえます。
用意したトイレに壁がついていていたり、周囲が囲われたタイプのものである場合には特に犬が安心できる場所として使用している可能性が高いです。そんな場合には壁が無い浅いトレータイプのトイレに代えてみましょう。

浅いトレータイプのトイレを使用していてそこで寝てしまう場合には、トイレの置き場所を見直してみましょう。壁に近い場所に置いていたり周囲が囲まれている場合には開けた場所に移動させて様子をみます。

夏場で犬がトイレで寝る理由は過ごしやすさを求めている

暑い時期や部屋の中が暑い場合には、トイレシーツのヒヤッとした感触が気に入っている場合もあります。犬は毛皮を全身にまとっているので人間よりも暑がりです。
夏が近づくと「涼感シーツ」「ひやっと涼やかな肌触りな敷布」などが発売されます。犬にとってトイレシーツがそのような製品となり気持ちがよいのかもしれません。

犬がトイレで寝るのをやめさせるには理由によって対応してあげましょう

犬にとって心地が良くてもトイレで寝続けることを容認する訳にはいきません。

トイレで寝ている時に怒ってはいけません

理由に合わせて対策を行うと自然と寝なくなります。
家の中でトイレが最も安心できる心地よい場所となっている場合には、より心地よく安心できる犬の部屋を作ってあげましょう

普段ペットサークルなどに入れておくのはかわいそうと思って犬用の部屋を設けないと、トイレで寝てしまうようになる事例が多く見受けられます。

犬は自分の部屋があると安心して過ごすことができます。

ペットサークルなどを用意して犬の部屋を作ることが対策となります

狭いのが好きと言ってもくつろいだ姿勢で寝られるくらいの広さを確保してあげましょう。犬が寝そべって、エサや水を置く場所がある広さが理想です。

トイレシーツのヒヤッとした感触を気に入っている場合には、犬専用の涼感マットを用意してあげましょう。

犬はかじって食べてしまう危険性があるので、安全のため犬専用の涼感マットを購入してあげましょう。専用に作られた商品なのでペットシーツよりもずっと涼やかなので気に入るはずです。

ただし、使い初めでは匂いが気に入らなくて使用しない場合もあるので、その場合には薄手のバスタオルに犬の匂いをつけて上にかけてみるとよいでしょう。ずっと家に置いておくといずれは家の匂いがしみ付き、慣れると思われます。

トイレが安心できるお気に入りの場所になっている可能性もある

トイレに入っていると自分の匂いがして安心できるのでお気に入りの場所となっているのかもしれません。

犬にとっては自分の匂いがついた狭いスペースは安心できる場所

狭くて囲われていて自分の排泄物の匂いがしっかりとついているトイレは安心できるとなっているのでしょう。

人から見ると狭い場所は窮屈そうに見え、しかもトイレとなると「とんでもない場所に入り込んで寝ている」と焦ってしまいますが、犬にとっては居心地が良く安心できる場所となっているのでしょう。
犬は最も安心できる場所で寝るものです。現状の家の中ではトイレが最も安心できる場所となっているのです。

より安心できて心地の良い犬の部屋を設け、トイレが浅いトレータイプで開けた場所に置かれると犬は自然と部屋で寝るようになるでしょう。

寝床の居心地を良くする工夫をしてあげることも大切

犬を自然とトイレで寝させないようにするのが平和な解決策です。
そのためには如何にして犬の部屋として設置した場所を心地良く仕上げるかが重要です。

犬が心地良く過ごすことができるように、フカフカのマットやクッションを敷いてあげましょう。

フワフワとして感触は人間と同じように犬も好みます

ただし、生地が薄いクッションを使用すると爪が引っ掛かったりちょっとかじっただけで破けて綿が出てきてしまいます。間違って食べてしまうと危ないので、生地が厚く丈夫な作りのものを用意しましょう。

犬は匂いにとても敏感です。

用意したマットやクッションに犬自身や飼い主の匂いをつけておくとより気に入ることでしょう。飼い主が使っていた毛布などを入れてあげるのも良い方法です

室内が暑いためにトイレシーツで涼んでいると考えられる場合には、室内の温度を今までよりも低めに保つようにしてみましょう。また、涼感マットを用意する際に、飼い主が上で寝転んだりして使用してから与えるとより気に入って引き付けられることでしょう。

犬は飼い主のことが大好きです。

用意した部屋になかなか入ってくれない場合には飼い主の匂いがついたアイテムを色々と追加し、犬が好きなおもちゃも置いてあげましょう。
それでも部屋を気に入らない場合には、おやつで誘導してその中に入るとおやつを与えるということを繰り返し、部屋に入るとよいことがあると学習させます。

間違っても無理矢理部屋に閉じ込めて「そこで寝なさい」と強引な方法をとらないことです。
心地良さや楽しさで犬の気持ちを変える事が大切です。