金魚が金魚を追いかけるときの対策や改善方法を紹介します

金魚が金魚を追いかけるときにはどんな対策をとればいいのでしょうか?

なぜ、金魚は追いかける行動をとるのでしょう。繁殖時期とそれ以外の追いかけるときの原因と対処方法とは?

どちらにしても金魚を離すことで解決できるので、金魚がストレスを感じないようにして分けてあげましょう。簡単に水槽を仕切る方法を紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ビオトープの水草選び!越冬できて育てやすい水草の選び方

自宅にビオトープを作り、自然に近い状態でメダカなどを飼育する方も増えています。そのビオトープの準備で...

結構気になる水槽用上部フィルターの音。今すぐ何とかしたい

熱帯魚がいる生活は、私たちに癒やしを与えてくれます。水中を優雅に泳ぐ姿は、時の流れまでをも優雅に...

メダカの寒さ対策に発泡スチロールの蓋が効果的な理由

メダカを越冬させる時、水が氷るのを防ぐために有効なのが発泡スチロールで作る蓋です。他にも蓋になる...

ビオトープでメダカを繁殖させる方法。採卵を簡単にするコツ

自然の環境に近いビオトープでメダカを飼育している方も多いと思います。ビオトープには、水槽で飼うのとは...

【コリドラスの病気】体に白い塊が付着する病気についてご紹介

ナマズの一種のコリドラスは、ナマズ特有の可愛らしさがあり人気の熱帯魚です。また飼育しやすいという点で...

金魚が白いフンをする原因と対処法!金魚を元気にする治療法

金魚がいつもと違う白いフンをしたとき、飼い主さんは金魚の具合が悪いのではないかと心配になってしまうも...

金魚の病気で白い膜がでるのは何?治療方法や予防方法

金魚に白い膜ができる病気にはどのようなものがあるのでしょうか。主な原因は、水カビや寄生虫となります。...

プラティの稚魚の成長速度と出産サイクル・繁殖させる時の注意点

プラティの繁殖に挑戦しようと考えている人の中には、プラティの稚魚が一体どのくらいの早さで成長するのか...

ビオトープのメダカの冬越しの方法。ビオトープの冬支度

自然の環境に近い状態でメダカを飼育することができるビオトープ。冬の間はどのようにすると良いのでしょう...

ビオトープの金魚を越冬させる方法や注意点をご紹介

ビオトープを庭に作る方が増えています。またビオトープで金魚やメダカなどを飼育している方も、多く見かけ...

スポンサーリンク

金魚が追いかける行動をとってメスが弱るときにはこの対策

複数の金魚を1つの水槽で飼っていると金魚が追いかける行動を見かけることがあります。

追いかける行動の原因の1つはオスからメスへの求愛行動

追いかけている金魚と追いかけられている金魚をよくみると、オスとメスであることがわかると思います。

その求愛行動自体は悪いものではないのですが、期間が長いためずっと追いかけられているメスは段々と弱っていってしまいます。
ずっと追いかけられているメスをみているのも心配になりますよね。

ですのでメスが弱っていく可能性があると感じたら、オスの金魚とメスの金魚の水槽を分けてあげるのが1番いい対処法です。

ここでオスとメスの見分け方ですが、追いかけている方がオスなのですが、身体にも特徴が出てきます。

繁殖期に金魚のエラのあたりなどをよく見ると白くて小さい点がたくさん出ています。
その白い点があるほうがオスになります。

体全体に出るのではなく、エラや胸ビレあたりにでるのでそのあたりをしっかりと観察しましょう。

水槽を分けるときはメスが弱ってからだと遅いこともあるので、早めに分けてあげるといいでしょう。

一匹の金魚を複数の金魚が追いかけるときの対策方法

金魚は求愛行動の時以外でも、同じ水槽にいる金魚を追いかけ回します。

ケンカ

ケンカでも追いかけ回します。
大きいものが小さい金魚を、泳ぎが上手い金魚がそうではない金魚をといったように追いかけることがあります。

縄張り意識

意外かもしれませんか、金魚は縄張り意識が強いです。

上記の理由で追いかけられ続けるとケガをしたり、エサを満足に食べられず弱ってしまうこともあるので対策をねります。

水槽を分ける必要があります。

しかし、すぐに水槽をもう一つ用意できないときには、水槽に入るサイズに網目のあるカゴを入れることで隔離してあげることができます。

カゴを入れるときは、水槽の壁面にカゴの口が付くようにいれて、その囲われた空間の中に追いかけられたり突かれている金魚を入れてあげます。
カゴなので網目があり水はきちんと循環しますし安心です。

一時的な避難方法なのでずっとこのままというわけにはいきませんが、すぐに隔離してあげたいときはこういった方法もあるので試してみましょう。

追いかける予防対策方法とは?金魚の水槽の分け方

水槽を別にする方法は、先ほどご紹介した方法とは別に、水槽自体を仕切って分ける方法もあります。

水槽の仕切りとして、専用のものが売られている

そういったものを購入すれば簡単に水槽を2つに分けることが可能です。
入れるだけで簡単に分けることが出来るというメリットがありますが、場合によっては隙間から魚が自由に行き来できたり、隙間ができることがあるなど気になる点もあるのでその点も考えながら水槽に導入するといいでしょう。

自分で水槽の仕切りを作ってしまうという方法もあります。

自分で計って作るので、市販の仕切りのサイズと水槽のサイズが合わないなどといった心配はなくなります。

  1. 仕切りを作る際にはプランターや鉢の底に敷くネットを使います。
  2. それを水槽の幅に合わせてハサミで切ります。
  3. フック付きの吸盤をそのネットにつけます。
  4. 水槽に仕切りをいれて、倒れないように吸盤で水槽の内側に固定したら完成です。

どれも簡単に手に入れることが出来るものでぜひ作ってみてくださいね。

金魚が餌をあげるときに追いかけるのならそのときだけ離すのもおすすめ

金魚が追いかけ行動をする時は常になのか、とある場面だけなのかを確認することも大切です。

もし、その追いかけ行動が餌をあげたときだけであるならば、常に水槽を別にする必要はありません。

餌の時間のみ仕切りをいれて分けてあげるのがいい

餌の時間の度に追いかけられていては、餌も十分に食べれないですし弱っていく可能性もあります。
別にしてあげることで、追いかける方も追いかけられる方も安心してゆっくりと食べる事ができます。

また、餌が足りないために金魚を追いかけてストレスの発散をしているという可能性もあるので、一度金魚の餌の量が少なくないか、きちんと足りているのか確認するためにいつもよりも多めの餌をあげるといいでしょう。

餌をしっかりとあげることで追いかけることがなくなることもあるので、まずは餌をしっかりとあげることからはじめてみましょう。

金魚が金魚を追いかけるのを防ぐ飼い方

金魚の追いかける行動が起こってしまったら様々な理由とその対策法がありますが、まずはその追いかける行動が起こらないような飼い方をすることも大切です。

追いかける原因は先ほどいくつかご紹介しましたが、事前に防げるものもあるのです。

種類の違う金魚の場合

泳ぎが早いものと遅いもので差が出ると、遅い金魚は追いかけられる可能性があります。ですので、複数の金魚を買う時には同じ種類ごとに水槽に分けて飼うか、はじめから1種類の金魚のみを飼うようにします。

体格の違う金魚

大きい金魚が小さい金魚を追いかけます。
最初から大きさが違う場合には、大きさで分けて水槽に入れてあげるのが好ましいです。
後から1匹だけ水槽に追加するとその1匹はよそ者扱いをされ、縄張り意識の高い金魚は追いかけ回すかもしれません。

基本的には飼い始める時期は合わせるのがいいですし、後で追加して飼う時には別の水槽を用意して数匹一緒に飼い始めるのがいいでしょう。