犬が鳴くのはどんなとき?クンクンと鳴くときの理由について

犬がクンクンと鳴くのはどんなときや気持ちなのでしょうか。クンクンと鳴くときには、甘えているときと自分の容態を教えようとしている2種類になります。

甘えてくるときには、とことんかまってあげたいところですがいつもそのように接してしまうと甘えん坊になってしまいます。

常にかまってあげることができればいいですが、お留守番をさせるときや遊んであげることができないときに飼い主に依存しないように普段からのスキンシップをメリハリあるものにしましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

犬にしつけでふせを教えるコツを紹介!焦らずにステップアップ

犬にしつけでふせを教えたいけど、どうしたらいいのかわからないという飼い主さんもいるでしょう。ふせの姿...

子犬の首輪はいつから付ける?時期や選び方、装着方法をご紹介

子犬を飼い始めたら、首輪はいつから付けたら良いのか気になります。なぜなら首輪を付けなければリードを付...

犬が唸るのをしつけでやめさせる方法!ポイントと正しい対処法

犬が唸るのをしつけでやめさせるには、その前にどんな理由で犬が唸っているのかをよく観察してみることが大...

犬の生理の期間はどのくらい?生理中の過ごし方について

犬の生理の期間はどのくらいの日数なのでしょうか。また、生理中はどのように過ごしたらいいのでしょう?...

【子犬の散歩】リーダーウォークの必要性としつけ方を解説

まだ散歩デビューしていない子犬の飼い主さんの中には、散歩のときにどのようなしつけをすればよいのかわか...

犬は臭いニオイが好き、飼い主も犬のニオイが大好き

犬は鼻が良い動物です。ですので、臭いニオイは嫌がりそうに思われますが、全くそんなことはありません...

犬の留守番中のトイレを失敗させない方法とは?コツとポイント

犬が留守番中のトイレを失敗してしまうのはどんな理由からなのでしょうか?トイレトレーニングは成...

犬がストレスを感じるのはどんな時?ストレスの原因と解消方法

犬も人と同じ様にストレスをためてしまう場合があります。そしてストレスが解消されないと問題行動を引き起...

子犬の夜泣きはどうすればいい?一緒に寝ることが難しいとき

子犬が夜泣きをするときには一緒に寝ることが正解なのでしょうか。いくら大きい声ではなくとも静かな時間帯...

犬の外飼いはいつから?事前の準備やはじめるために大切なこと

犬の外飼いはいつからが可能なのか、外飼いをはじめる前に気になることはたくさんあります。犬を外飼い...

犬の発情期はメスだけ?発情期にみられる症状とケアについて

犬を飼育する上で気になる発情期、メス犬はオス犬に比べ性格がおとなしいと言われていますが、メス犬だけに...

子犬の散歩を始める時期とは?散歩デビューのポイントを紹介

子犬を散歩させるの時期はいつからなら大丈夫なのでしょうか。ワクチンがすべて終わってから?それとも終わ...

【白い犬が飼いたい】可愛い小型犬なら初めての人でも安心

子どもから突然「犬が飼いたい」と頼まれて悩んでいませんか。ペットショップやテレビで眺めるだけなら...

無駄吠えする原因としつけ方法・成犬のしつけでのコツを解説

犬を飼っている飼い主さんの中には、犬が無駄吠えする事に頭を悩ませている人もいるのではないでしょうか。...

犬におすわりをしつける時のポイントやコツなどについて

犬にしつけをしようと思った時に、まず最初にすると良いのが「おすわり」です。「うちの犬はいつまでた...

スポンサーリンク

甘えたいときにクンクンと犬は鳴くことがあります

言葉を話すことはできなくても、感情豊かな犬の気持ちは鳴き声の違いでも読み取ることができます。

  • 大人になっても甘えたい気分のときや欲しいものがあるときに犬はクンクンと鼻を鳴らすように鳴くことがあります。
  • クンクン鳴きながらすり寄ってくるときは甘えたい気分なので、撫でて甘えさせてあげましょう。
  • 尻尾を大きく振りながらクンクン鳴いているときは、飼い主さんと遊びたいのでしょう。
  • 食べ物やおもちゃを見てクンクン鳴いているときは、取りたいけれど取れない場所にあるなど欲しいものがあるときに欲しいものや飼い主に向かって鳴きます。
  • クンクン鳴きながら手でちょうだいちょうだいとすることも多く、何が欲しいのか探ってみましょう。

ただし、クンクン鳴いて可愛いからと言っていつも甘やかしてはいけません。
鳴けば要求が通ると思わせてしまうとエスカレートしてわがままになってしまいますし、しつけをすることも必要です。

犬がクンクンと鳴くのは不安なとき

犬がクンクン鳴くときは甘えたい時だけでなく、クーンクーンと伸ばすように鳴いているときには不安を感じて鳴いているのかもしれません。

表情や声のトーン、仕草を見て不安なことがあって鳴いているときには不安を取り除いてあげますが、爪切りやシャンプーなどの必要なお世話が嫌で鳴いてしまっているときには我慢することも教えてあげる必要があります。

水に濡れることが苦手な犬がシャンプーで鳴いてしまうことがあるので、シャワーのかけ方を優しくしたり、シャワーを怖がるようなら桶で流すなどして水に慣れさせます。
嫌がっても大きな声は出さずに、安心させるように優しく話しかけてあげましょう。

犬がクンクンと鳴き続けるときは

ケガや病気で痛みを感じているときにもじっとしながら弱々しい声で鳴くことがあり、起き上がらない、元気がない、触ろうとすると怒ったり痛そうにキャーンと鳴く時にはすぐに動物病院へ連れて行ってください。

手術や病気の治療中の時にも痛みで鳴いてしまうことがあるので、処方された薬を飲ませて痛みを和らげてあげましょう。

トイレを外で済ませるようにしつけをしている犬は家ではトイレを我慢していて、行きたいときになるとドアの前でクンクン鳴いて教えてくれることがあります。
鳴いてしまうくらいになると我慢の限界が近づいてきているので、すぐに連れていってあげましょう。

また、病気や加齢でトイレが近くなっているときには頻繁に鳴いてしまって大変かもしれませんが、我慢させすぎてしまうと病気になることもあるので頻繁に連れて行くか家の中にトイレを用意してあげてください。

犬がお留守番をさせるときにクンクンと鳴くのが心配

寂しい時ときにもクンクン鳴いてしまうことがあり、留守番をするときに飼い主がいなかったり見えなくなってしまうと寂しがりやの犬は鳴いてしまいます。

犬はもともと集団で群れを成して行動する習性がある

誰もいなくなってしまうと犬は寂しくなって鳴いてしまいます。
飼い主の姿が見えなくなって鳴いてしまう寂しがりやの子には、時間があるときに思い切り甘えさせてあげて、安心させてあげましょう。

留守番の時に寂しさからくるストレスで体調を崩したり当てつけのように部屋を荒らされるときや、飼い主が帰ったら嬉しすぎて嬉ションをしてしまう時には留守番の練習をしたほうが良いのかもしれません。

過去に捨てられたり怖い経験をしたことがある犬は飼い主が出かけてしまうと特に不安を感じることが大きい傾向にあります。

引っ越しなど環境に変化があった時にも飼い主と離れてひとりになることに不安を感じやすく、クンクン鳴いてしまうことが多くなります。

留守番をさせる時に少しでも不安感が和らぐようにおもちゃを用意したり、飼い主の匂いが染み込んだタオルや毛布を置いてあげると少し落ち着くでしょう。

出かける時に犬に声をかけてしまいますが、不安を強く感じてしまう犬には逆効果

いなくなるからね、と伝えているようなものなので犬の不安を煽ってしまうので、気付かれないようにそっと出かけましょう。

また、出かける前に犬に運動をさせて疲れさせてから出かけると、一人きりになった犬はクンクン鳴く前に疲れと退屈さで眠ってしまうので効果的です。

普段から犬に構いすぎてしまっている場合には、犬が一人でいる時間を作るために他の部屋へ行ったり無視する時間を作って、短い時間から少しずつ慣らします。
上手に待てた時にはしっかりと褒めてあげると、いなくても帰ってくる、我慢すれば褒めてもらえると学習してクンクン鳴くことが少なくなります。

犬がクンクンと鳴いて甘えてくる欲求をすべて聞くのではなくほどよい距離感を保つことが大切

犬がクンクン鼻を鳴らしながらすり寄ってくるととても可愛いので甘やかしてあげたくなりますが、ずっと甘えたい要求に応えていると犬が飼い主に依存してしまい、飼い主がいないことに耐えられなくなってしまいます。

日頃から犬との距離感を考えて構いすぎないこと、構ってあげる時とそうではないときのメリハリをつけることを心がけましょう。