室内犬にトイレをしつける際のポイントについてご紹介

室内犬を飼い始める時にまずしなくてはいけないしつけと言えば、トイレです。
きちんと早めにしつけておかないと、床や、カーペットなどに粗相をされてしまいます。
ここでは、トイレのしつけをする時のポイントやコツ、またトイレ以外のしつけの方法などについてご紹介しますので、これから犬を飼おうと思っている人や、トイレのしつけが上手くいかない人は是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

犬にしつけでふせを教えるコツを紹介!焦らずにステップアップ

犬にしつけでふせを教えたいけど、どうしたらいいのかわからないという飼い主さんもいるでしょう。ふせの姿...

犬の外飼いはいつから?事前の準備やはじめるために大切なこと

犬の外飼いはいつからが可能なのか、外飼いをはじめる前に気になることはたくさんあります。犬を外飼い...

犬の赤ちゃんの育て方や、注意点などについてご紹介

犬を飼う時のタイミングとして多いのは、ある程度大きくなった子犬からスタートするパターンですが、さまざ...

子犬のトイレトレーニングにかかる期間とトイレを教えるポイント

子犬にトイレトレーニングをするとき、一体どのくらいの期間がかかるのか知りたい人もいるのではないでしょ...

犬の散歩はいつから?時期の目安や始める前に知っておきたいこと

犬の散歩はいつから始めてもいいのか、子犬を飼い始めた飼い主さんの中には悩む人も多いのではないでしょう...

犬同士の喧嘩で怪我をした時にすべきことと喧嘩の対応対策

犬を飼っている人なら誰でも一度は経験したことがある他の犬とのヒヤッとする体験。日頃から注意してい...

子犬の留守番が10時間は長い?長時間留守番出来る犬になる方法

かわいい子犬との楽しい毎日をお過ごしでしょう。ですが、急な用事で愛犬を長時間留守番させることにな...

犬を飼うメリットはこんなにたくさんある!犬との暮らし

犬を飼うとどんなメリットがあるのでしょうか。犬を大切にすることで、家族や自分自身も大切にする...

犬のマウンティングをやめさせる方法・しつけで行為を改善しよう

飼っている犬のマウンティング行為に頭を悩ませている飼い主さんもいるのではないでしょうか。マウンティン...

犬のトイレトレーニング!成犬でもトイレのしつけは可能です

犬のトイレトレーニングは若いうちに行なうと、早く覚える傾向がありますが、成犬の場合や老犬の場合は、ト...

犬の散歩中に危険な拾い食いをやめさせるしつけの方法

犬がお散歩中に拾い食いをして困るという飼い主さんは多いと思います。拾い食いをして変なものを食べてしま...

犬がご飯のときに吠えるのは要求吠えかも!原因と対処法を解説

家族でご飯を食べているとき、犬が吠えることに頭を悩ませている飼い主さんもいるのではないでしょうか。...

吠える犬の心理としつけで気持ちをコントロールする方法

犬が必要以上に吠える「無駄吠え」に悩んでいる方も多いと思います。特に集合住宅などでは、ご近所への迷惑...

犬のトイレのしつけは成犬からでもOK!やり方と大切なこと

犬のトイレのしつけは成犬からでも教えることはできます。ただ、成犬にトイレの訓練をする場合は根気強...

【子犬の散歩】リーダーウォークの必要性としつけ方を解説

まだ散歩デビューしていない子犬の飼い主さんの中には、散歩のときにどのようなしつけをすればよいのかわか...

スポンサーリンク

室内犬にトイレをしつける時の始め方

室内犬を自宅に連れてきたら、まずはトイレをしつけましょう。
カーペットや家具に排泄をされると後片付けで大変なストレスとなります。しかし、最初から一度もトイレを失敗しない犬はいません。しつけられた犬を購入した場合には犬は犬のトイレで排泄をするのが当たり前と思ってしまうかもしれませんが、その犬もしつけが完了するまでには何度も失敗していることでしょう。

トイレのしつけは習得させるまでが大変

ですが、犬を室内飼いする場合には必ず通らなければならない道です。
トイレを失敗されると大変ので、トイレのしつけが完了するまでは人間の居住空間を自由に歩かせないようにします。

  1. ペットサークルとクレートを用意して、そことその手前の直径1メートル程度の範囲だけで過ごさせます。
  2. ペットサークルの床にペットシーツを隙間無く並べます。子犬が排泄をしそうなタイミングでペットサークルに入れて、それ以外はクレートに入れます。
  3. ペットシーツに排泄したらよく褒めてペットシーツを取り替えて遊んであげてからクレートに入れます。

しつけの方法はこれだけです。

飼い主が子犬の排泄前のサインを見逃さずにペットサークルに入れることが重要です。

子犬によって排泄前のサインは異なるので、飼っている子犬の排泄前のサインをよく観察して知ることがトイレのしつけ成功への近道となります。

ペットシーツで排泄をして褒めて遊んでもらえる経験を多く味わうと、子犬はまた褒めて遊んでもらおうとペットシーツの上で排泄するようになります。

室内犬にトイレのしつけをする時に気をつけること

トイレのしつけで大切なのは排泄を失敗した時に怒らないことです。
まだ分かっていないのだから怒られても何が悪かったのか分からずに飼い主に恐怖心を持つようになるだけです。

それどころか「飼い主の見える場所に排泄をしたら怒られる」と勘違いすると、飼い主が見ていない隙に陰で排泄するようになったりとトイレのしつけが余計困難になってしまう場合もあります。

失敗した排泄物はササッと片付けてなかったことにしましょう

トイレを覚えるまではペットサークルとクレートと僅かなスペースでしか過ごせないのはかわいそう…と思われる方も居るかもしれません。しかし、新しい場所につれてこられた子犬は不安を感じていて狭い限られた場所が落ち着けるものです。

トイレのしつけは長くて1ヶ月程度、早い場合には2週間程度で完了します。

そのくらいの期間が経過すると子犬も新しい環境に慣れているので、調度良いと言えます。トイレのしつけが完了したら家の中全体を冒険させてあげましょう。

室内犬にトイレのしつけ以外に気をつけること

トイレを清潔に保つ事はとても重要です。

ペットサークルに敷いたペットシーツは最低でも1日1回は交換しましょう

子犬のうちは少量の排泄を頻繁に行います。

かまって遊んであげると喜びの余り排泄をしてしまう子犬もいます。排泄量が少ないとペットシーツを交換するのが勿体無いと感じるものでしょう。少量の排泄なのに複数枚にまたがって汚れていると尚更です。一枚の上にしてくれたらよいのに…とまだ言っても仕方の無い注文をつけたくもなります。

しかし、排泄物は時間の経過とともに雑菌が発生してどんどん不衛生になります。できるだけこまめに交換しましょう。
特に便は、ペットシーツの上にした場合にはよく褒めてから直ぐに片付けましょう。

室内犬がマーキングする時にするべきしつけとは

犬は縄張りを示したり、新しい場所に来たりして不安な時にマーキングをして自分のにおいを付ける事があります。

家に連れてきたばかりの時には環境の変化による不安で自分のにおいをつけて安心したい。

ずっと飼っているのにマーキングを始めた場合には心が満たされないストレスや不安を抱えている場合があります

一度マーキングした場所は何度もする事が多いので、掃除して臭いを消しましょう。ペット用の消臭剤を使用するか、ブリーチを水で20倍くらいに薄めた液をスプレーするとよいでしょう。ただし、物によって色落ちしたり変質する場合があるので注意が必要です。マーキングする原因を探し、それを排除することが問題解決には不可欠です。

犬の様子をよく観察して飼育環境を見直してみましょう。

連れてきたばかりの子犬の場合には慣れるまでペットサークルやクレート内で過ごさせましょう。

歳を取った室内犬がトイレを失敗するようになったら

老いは人間にも犬にもどうしようもない事柄です。

老いが原因でトイレを失敗してしまう場合には人間同様オムツを使用することをおすすめします

小型犬用から大型犬用まで様々なサイズが販売されているので、飼い犬に合ったサイズのオムツを購入しましょう。犬がオムツを嫌がる事は多いでしょう。かじったりして外してしまう場合には無理矢理つける事は諦めて排泄を片付けるしかありません。

カーペットやラグなどを撤去して掃除しやすいようにしましょう。

犬は人間よりも寿命が短いので、犬を飼っていると老いた状態にも直面します。老いた犬を見るととても切なくなるものですが自然の摂理です。あるがままを受け入れて来るべき時が来た時に後悔しないように優しく世話をしてあげましょう。