子犬の首輪はいつから付ける?時期や選び方、装着方法をご紹介

子犬を飼い始めたら、首輪はいつから付けたら良いのか気になります。なぜなら首輪を付けなければリードを付けることもできず、お散歩に行くことができません。

そこでここでは、お散歩が出来る時期に合わせた首輪の装着時期について、またお家の子犬に合った首輪の選び方、首輪に慣れる為の方法についてもご紹介をいたします。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

犬に伏せを教える方法、伏せがしつけとして必要な理由もご紹介

犬を飼い始めたらしつけをしなくてはいけません。犬のしつけにはいろいろありますが、ここでは伏せの教え方...

お留守番を上手にしてもらうために。犬のお留守番の練習方法

犬をペットとして迎えると、家族はみんな外出して、犬だけでお留守番をするという時間もあります。最近は、...

白い柴犬の子犬は貴重?白い柴犬の特徴や性格、子犬の選び方

白い柴犬は、某CMの影響からか人気がありますが、白い柴犬の子犬をペットショップで見かけたことあります...

犬が鳴くのはどんなとき?クンクンと鳴くときの理由について

犬がクンクンと鳴くのはどんなときや気持ちなのでしょうか。クンクンと鳴くときには、甘えているときと自分...

犬をしつける時、噛むなどの困ったクセをやめさせるには

犬を飼っている時にトイレなどのさまざまなしつけが必要ですが、その中でも噛むクセは、自分や周りの人が怪...

犬の発情期(オス)の過ごし方やマウンティング行動について

発情期になるとオス犬はどのような行動を取るのでしょうか。ふだんはおとなしい犬でも発情期になると、この...

犬には英語でしつけをするのが良い?そう言われる理由と注意点

盲導犬などには英語でしつけを行います。お家でペットとして飼育する場合も英語でしつけを行ったほうが良い...

犬のトイレのしつけは成犬からでもOK!やり方と大切なこと

犬のトイレのしつけは成犬からでも教えることはできます。ただ、成犬にトイレの訓練をする場合は根気強...

犬が赤ちゃんに吠える理由と吠えたときの対処方法について

犬が赤ちゃんに吠えるときにはどのようにして、吠えないようにしたらいいのでしょうか。環境が変わ...

犬は生理で食欲低下したときの対処法と犬のためのマナーを紹介

メス犬も人間と同じように成長に伴い生理が始まります。このとき、食欲が低下してしまう犬もいます。...

子犬はワクチンして散歩しよう!ベストなタイミングと社会性

子犬はワクチン接種を始めたら散歩はいつからしてもいいのか気になる飼い主さんは多いのではないでしょうか...

犬が夜泣きをするときはどうしたらいい?突然吠えだした場合

犬が突然夜泣きするようになってしまったときにはどうしたらいいのでしょうか。犬を迎えたばかりの...

犬のしつけ【トイレトレーニング】練習方法と成功のコツを解説

これから犬を飼う予定でいる人の中には、トイレのしつけについてどのようにすれば良いのか頭を悩ませている...

犬がなかなかトイレをしないときの原因とトイレをさせるコツ

犬がトイレをしないときにはどんな理由があるのでしょうか?犬は環境が変わってしまうとトイレを我慢してし...

犬はドッグフードに飽きるの?ごはんを食べない原因と対処法

今まではドッグフードを食べていたのに犬がドックフードを食べなくなってしまうと、もしかして飽きてしまっ...

スポンサーリンク

子犬の首輪はいつから必要か?散歩に出かける前に慣らせておこう

子犬に首輪をつけるタイミング、なかなか難しいですよね。

首輪をつけないと散歩に出かけることができない

早く首輪になれさせておきたいところでしょう。

ですが、子犬を迎えてすぐは首輪はつけないで、そっとしてあげてください。

新しい環境に慣れてもらうことが一番です。

慣れない環境に不安を感じたりストレスになっている可能性もあります。そこで首輪までつけてしまってはかなりの負担になってしまいます。

子犬を家に迎えて1週間くらいは首輪はつけないでおきましょう。

首輪をつける前に、首輪の臭いをかがせたり慣れさせてあげてください。

子犬であるとは言っても、見慣れない物をいきなり首に巻きつけては驚いて恐怖心を感じてしまうかもしれません。首輪は怖くないと理解させてからつけるようにしましょう。

お散歩デビューをする前までには首輪をつけて慣れさせておきます。お散歩は最後のワクチンを打ち、2週間ほどしてワクチンが安定してからになります。散歩を始める前に首輪にリードをつけた状態にも慣れさせておくことが理想です。子犬が家に慣れてきたタイミングで首輪をつけてください。犬は生後4ヶ月ほどになると警戒心が強くなりますので、その前までには首輪に慣れさせることも大切です。

子犬の首輪がいつからかがわかったら次は首輪の種類を知ろう

首輪にはいろいろな種類があります。首輪を購入しようと思ったら、デザインだけでなく留め具の形から素材まで種類が多くてびっくりすることでしょう。

首輪は犬の成長に合わせて、少なくても一度は買い替える前提で購入します

そのため最初の首輪はいずれ買い替えることを考えて、子犬の負担にならない装着がしやすいものを選ぶと良いです。

首輪の素材には革製、コットン製、ナイロン製などがあります。

一番気になるのが留め具の部分です。

オーソドックスなのがベルト式です。人間が使うベルトと同じデザインで、犬の首のサイズに合わせてベルトの穴を選び装着することができます。

ベルト式の首輪は革製のものが多く、革製は硬くて重さもあるため、子犬のうちはおすすめしません。

ベルトだと装着するのに時間がかかり、つけている時にも窮屈に感じて子犬が嫌がる可能性もあります。

最初に用意する首輪はナイロン製のバックル式がおすすめ

ナイロン製なら軽いのでつけていても違和感があまりないでしょう。バックル式はカチンととめるだけなので、すぐに装着したり外したりすることができます。
子犬のうちは力も弱いため、ナイロン製の軽い首輪でも心配ありません。成長に合わせて丈夫でしっかりとした作りの首輪を用意してください。

引っ張った時に首を締め付けるようなチョークタイプの首輪もあります。このタイプの首輪はしっかりとしつけをしたい、トレーニングが必要な犬に使う首輪になります。犬への負担も大きいため、ペットとしての犬に使う必要はありません。

子犬の首輪はいつから?選び方も重要です

首輪は子犬の首のサイズに合ったものを選んでください。首輪は大きすぎても小さすぎても機能を果たしません。首輪には犬の首の太さの目安が記載されていますので、首輪を購入する前に子犬の首の太さを測っておきましょう。

首輪をつけた時に指が1本余裕で入る程度が理想

大抵の首輪は長さを調節することができますので、首輪のあるサイズの目安を参考にして選ぶと良いでしょう。

首輪は長さだけでなく幅や素材にも気をつけて選んでください、幅が広いと首への負担も大きくなるため、首輪を嫌がりだす可能性があります。

子犬の体とのバランスも考えて選んでください。

子犬のうちは柔らかい素材で、首に負担のない首輪がおすすめ

首輪は成長に合わせて買い替えるため、まずは首輪に慣れてもらうことを考えて選びましょう。

首輪には様々なデザインがあります。装飾がついていたり、ぶら下がるアクセサリーがついているものもあります。これらの飾り物が首輪から取れてしまったとき、子犬が誤飲してしまうこ友考えて、できるだけシンプルなものを選ぶようんしてください。

首輪のデザインは色や柄、刺繍がしてあるなど、差支えのない部分で楽しむようにしましょう。

子犬に首輪を慣れさせる方法

子犬のうちは警戒心も強くないため、首輪を装着するのも難しくはないでしょう。ですが、いきなり慣れないものを首に巻き付けられ、気になって外そうとすると可能性はあります。首輪に慣れてもらうためには、首輪をつけている状態を気にすることなく自然であるようにすることがポイントです。

首輪をつけた後で嫌がっているようなら、首輪から気をそらせるようにしてください。

首輪をつけたらおもちゃで遊んであげる、おやつを与えるようにします

首輪に集中しないように、他のことで子犬を夢中にさせてください。首輪をつけている状態に慣れるようにします。

首輪をつけることに良いイメージを持たせることも大切です。ケージから出す前に首輪をつけたり、おやつを与える前に首輪をつけるようにすると、首輪をつける=良いことがあると思わせ、首輪に良い印象を持ってもらいます。

子犬の初めてのお散歩について

子犬が散歩デビューをする前に用意しておきたい物、やっておきたい事があります。

いきなり首輪にリードをつけて外を散歩させる前に、まずは家でお散歩のシミュレーションをしておいてください

リードをつけた状態を理解させ、飼い主の横を歩くようにトレーニングをします。リードをつけると行動範囲が狭まることを理解させ、飼い主が歩くのをやめると子犬も止まるようにしてください。

お散歩用のアイテムも揃えておきましょう。

外で排泄をしたときのために処理袋を用意してください。

ビニール袋でも良いですが、市販のうんち袋が便利です。トイレに流すことができるペーパーがセットされているものだと、散歩から帰ってきたら家のトイレに流すことができます。消臭効果のあるうんち袋もあります。

ペットボトルに水を入れて持ち歩きましょう。

散歩中に他人の家の塀や電柱などにオシッコをかける可能性もあります。ペットボトルに入れた水を用意しておき、そのような場所でオシッコをしてしまったときは水をかけて流しておきましょう。

犬の首輪には迷子札をつけてください。

万が一、犬が逃げてしまった時も、見つけてくれた人が迷子札を見て連絡をしてくれます。犬の体にマイクロチップを埋め込むという方法もあります。

散歩グッズは小さめのバッグに用意しておくと便利です。あらかじめ排泄袋や水などをバッグの中に入れておくと、散歩の時にそのバッグを持つだけで済みます。
安全な散歩のために必要な物は用意しておき、首輪も犬のサイズにあったものを選んでください。首輪は犬の成長に合わせて新しいものを用意するようにしましょう。