犬連れキャンプの大切なポイント!一緒に楽しむためにできること

犬も一緒に連れてキャンプに行きたいという愛犬家さんへ。
はじめて愛犬もキャンプに連れて行くとなると、何を準備したらいいのか、どんなことに気をつけたらいいのかわからないという人もいるのではないでしょうか。

そこで、犬連れキャンプの大切なポイントについて、一緒に楽しむために飼い主ができることなどお伝えしていきましょう。

ちょっとした気遣いや心がけであなたも愛犬と一緒にキャンプを楽しむことができます。ぜひ参考に大切なペットと安心してキャンプに行きましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

トイレトレーニングは犬を迎えてすぐに!成功させるポイント

トイレトレーニングを犬に教えるときは、家に迎え入れたらすぐに始めるのがおすすめです。間違った場所での...

犬のマウンティングをやめさせる方法・しつけで行為を改善しよう

飼っている犬のマウンティング行為に頭を悩ませている飼い主さんもいるのではないでしょうか。マウンティン...

犬にお手を教えたい!しつけ方のコツと上手に覚えさせる方法

犬を飼っている飼い主さんの中には、お手のしつけ方について知りたい人もいるのではないでしょうか。...

犬におすわりをしつける時のポイントやコツなどについて

犬にしつけをしようと思った時に、まず最初にすると良いのが「おすわり」です。「うちの犬はいつまでた...

【子犬の散歩】リーダーウォークの必要性としつけ方を解説

まだ散歩デビューしていない子犬の飼い主さんの中には、散歩のときにどのようなしつけをすればよいのかわか...

子犬のしつけはいつからする?始める時期と教え方のポイント

犬のしつけは早いうちに始めるのが良いとされていますが、早いうちとはどれくらいの時期を指すのでしょうか...

犬の甘噛みにはどんな意味が隠されている?理由と対処方法

小犬を飼育していると甘噛みをしてきます。遊びだと思っていても、甘噛みにはその場面場面に意味があります...

犬のトイレの設置場所の考え方とトイレトレーニングの方法

犬を飼い始めたらまずはじめに愛犬にしつけておきたいのがトイレでの排泄です。ペットショップのよ...

犬が赤ちゃんに吠える理由と吠えたときの対処方法について

犬が赤ちゃんに吠えるときにはどのようにして、吠えないようにしたらいいのでしょうか。環境が変わ...

犬の留守番時間の限界と慣れさせるためのしつけのポイントを紹介

犬が留守番できるのはどれくらいの時間なら可能なのでしょう?夫婦で共働きで犬を飼っているとどうして...

犬の発情期(オス)の過ごし方やマウンティング行動について

発情期になるとオス犬はどのような行動を取るのでしょうか。ふだんはおとなしい犬でも発情期になると、この...

犬に留守番させる時のしつけ方法!安全に過ごせる環境を作ろう

犬に一匹だけで留守番をさせる場合、どのようなしつけをすればいいのか悩む飼い主さんもいるのではないでし...

柴犬のしつけの時期と対処法!上手に教えるために大切なこと

柴犬のしつけは性格が形成されていく子犬の時期にするのがおすすめです。子犬の成長はとても早いので、...

犬が留守番中に吠える時の対処法!犬が快適に過ごせる環境作りを

犬に一匹だけで留守番をさせるとき、犬が吠える事にお悩みの人もいるのではないでしょうか。「外出...

犬にハウスをしつけよう!子犬のしつけ・トレーニング方法を紹介

子犬にハウスのしつけをしようと考えている飼い主さんもいるのではないでしょうか。これからしつけをするに...

スポンサーリンク

犬を連れてキャンプに行くときの大切なポイント

犬同伴OKなキャンプ場を探そう

キャンプ場であればどこでも犬を連れてっていいわけではなく、もちろん同伴OKにしているキャンプ場と、だめなキャンプ場があります。あらかじめネットで確認したり、電話で担当者に聞いて、必ず確認は取っておきましょう。

犬同伴OKなキャンプ場を見つけたら、犬を連れてくる方たち専用の区画を用意していたりするので、予約時に犬を連れていくことを伝えておきましょう。

最近は犬同伴OKなキャンプ場は増えていますが、それでも過去マナーの悪い利用客がいたためか、完全に中に入れること自体だめだったり、OKでも制限があったりというキャン場も少なくありません。しかしドッグランが併設してあったり犬連れ大歓迎なところもあります。

犬が気持ちよく過ごすことのできるキャンプ場を探すようにしましょう。

犬も一緒に連れてキャンプに行くなら時期に注意

犬と一緒のキャンプは時期選びも大切です。

気温の厳しい時期は避けよう

犬は人間と違って、ずっと毛皮をしているわけですから温度調節は簡単にできません。

真夏の日が照り照りな暑い時期などは、歩くだけで足裏をやけどすることもあるので避けたいところです。また夏休み時期は他の利用客も多く混み合う時期なので、犬にとってもストレスになるかもしれません。
真夏や真冬を避けて過ごしやすい季節に一緒に連れていってあげるのがおすすめです。

夏なら川辺近くでのキャンプもおすすめです。犬が気持ちよく過ごせるように日陰の場所も作っておきましょう。

犬の防虫対策も怠らず

もう一つ気をつけておきたいのが防虫対策です。自然がいっぱいのキャンプ場には、ダニや蚊、他の害虫も多く潜んでいるので、犬用の虫除けグッズを活用しましょう。犬は人間と違い常に肌を露出している状態なので、人一倍気を使う必要があります。

鋭い葉や植物で棘で傷ついたりすることもあるので、服を着せてあげるのも怪我防止になります。

愛犬連れのキャンプではマナーを守って楽しみましょう

犬を連れてのキャンプはマナーが大事です。

犬にリードは必須

キャンプ場に犬を連れていく場合、リードは必須という場合が多いです。併設のドッグラン内では外してもOKとしているところもありますが、犬が他のキャンパーのところに行ってしまったり、車が行き交うキャンプ場では危険なので、リードはつけておくことが基本です。

テントの設営や料理の準備で手を離すときは、安全なところにペグを留めてリードを繋いでおきましょう。

万が一の時のために、首輪に連絡先を書いたネームタグもつけておきましょう。

必ずやろう糞尿の処理

普段の日常の散歩と同じく、糞尿の処理は必ず行いましょう。キャンプ場は自然の中だから…開放感があるから…と怠ってはいけません。過去にはペットOKなキャンプ場だったのに、飼い主のマナーの悪さによりペットNGにせざるを得なくなったキャンプ場もあります。

キャンプ場で犬を気持ちよく過ごさせてあげるには飼い主の行いが大切なのです。

はじめてのキャンプデビューでは愛犬の居場所も大切

キャンプ場についたら犬の居場所を作ることが大切です。

犬を連れてキャンプ場に辿りついたら、初めての場所に興奮して楽しそうにする犬もいれば、ここはどこ?と緊張して戸惑う犬もいます。まずは、居場所は作ってあげましょう。

愛用のブランケットを持っていく

犬の愛用のブランケットやベッド、ぬいぐるみがあれば、一緒に持っていって、そばに置いてあげましょう。慣れないキャンプ場でもいつも愛用しているものがあることで、落ち着きリラックスしやすくなります。日陰など過ごしやすいところに定位置を作ってあげましょう。

散歩して安心させてあげる

犬が慣れてきたら、安全な場所だよということを認識させるために軽く散歩させてあげましょう。キャンプ場の風景を認識してそのうちリラックスした表情を見せてくれたら、人間の方もテントなどを準備して、その後思い切り遊んであげると良いです。

BBQなどをすると食べ物もいつもと違うものを与えてしまいがちですが、慣れない食べ物にお腹をくだしてしまう可能性があるので、普段と同じ食事を持っていって、いつもと違う食べ物をあげすぎないようにしましょう。

来たときよりもキレイになるような心がけで帰ること

犬を連れてのキャンプは帰る前に確認しましょう。

犬と一緒にキャンプを楽しんだ後は、撤収する前に今一度自分たちがいた付近を確認しましょう。

犬の抜け毛が落ちてないか

長毛犬など毛が抜け落ちやすい種類の犬は、抜け毛が塊になって落ちていることもあります。目に見えるものは極力集めて、キャンプ場には残さないようにしましょう。行く直前にブラッシングしておく、洋服を着せておくなどの対策も有効です。

粗相の後はないか

キャンプ場で帰り支度の際、気づかないうちに犬が粗相をしてしまっていることがあります。出発する直前までチェックを怠らないようにしましょう。

後から来るキャンプ場利用客に迷惑になることももちろんですが、犬の糞尿でキャンプ場の植物が枯れてしまうなんていう被害もあるようです。