犬連れキャンプの大切なポイント!一緒に楽しむためにできること

犬も一緒に連れてキャンプに行きたいという愛犬家さんへ。
はじめて愛犬もキャンプに連れて行くとなると、何を準備したらいいのか、どんなことに気をつけたらいいのかわからないという人もいるのではないでしょうか。

そこで、犬連れキャンプの大切なポイントについて、一緒に楽しむために飼い主ができることなどお伝えしていきましょう。

ちょっとした気遣いや心がけであなたも愛犬と一緒にキャンプを楽しむことができます。ぜひ参考に大切なペットと安心してキャンプに行きましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

柴犬のしつけの時期と対処法!上手に教えるために大切なこと

柴犬のしつけは性格が形成されていく子犬の時期にするのがおすすめです。子犬の成長はとても早いので、...

犬の散歩はいつから?時期の目安や始める前に知っておきたいこと

犬の散歩はいつから始めてもいいのか、子犬を飼い始めた飼い主さんの中には悩む人も多いのではないでしょう...

【白い犬が飼いたい】可愛い小型犬なら初めての人でも安心

子どもから突然「犬が飼いたい」と頼まれて悩んでいませんか。ペットショップやテレビで眺めるだけなら...

子犬の留守番が10時間は長い?長時間留守番出来る犬になる方法

かわいい子犬との楽しい毎日をお過ごしでしょう。ですが、急な用事で愛犬を長時間留守番させることにな...

犬の散歩中に危険な拾い食いをやめさせるしつけの方法

犬がお散歩中に拾い食いをして困るという飼い主さんは多いと思います。拾い食いをして変なものを食べてしま...

犬を散歩させる時に必要な持ち物や、あると便利な持ち物とは

犬を散歩させようと思った時に、ただ首輪にリードを繋ぐだけでは充分な準備が出来ているとは言えません。...

吠える犬の心理としつけで気持ちをコントロールする方法

犬が必要以上に吠える「無駄吠え」に悩んでいる方も多いと思います。特に集合住宅などでは、ご近所への迷惑...

【犬のしつけ】ハウスの必要性としつけの手順、ポイントのまとめ

犬を室内で飼っている人にとって、「ハウス」は大切なしつけの一つです。ハウスが上手にできる犬は...

犬を抱っこして一緒に寝るのは大丈夫?良い点と注意点をご紹介

小犬を飼い始めると、可愛らしくてどんな時も一緒にいたくなってしまいます。中には抱っこをしたまま、ベッ...

室内でできる犬が喜ぶ遊びや室内遊びの注意点についてご紹介

犬には毎日の散歩が大切ですが、梅雨時期などには雨が続き、なかなか散歩に連れていけないことも。そんな日...

犬が夜泣きをするときはどうしたらいい?突然吠えだした場合

犬が突然夜泣きするようになってしまったときにはどうしたらいいのでしょうか。犬を迎えたばかりの...

犬同士の喧嘩をする理由や、止め方について知りたい

犬同士が喧嘩を初めてしまうことって時々見かけることがあります。自分の犬や、相手の犬が怪我をしない...

犬はドッグフードに飽きるの?ごはんを食べない原因と対処法

今まではドッグフードを食べていたのに犬がドックフードを食べなくなってしまうと、もしかして飽きてしまっ...

犬が留守番中に吠える時の対処法!犬が快適に過ごせる環境作りを

犬に一匹だけで留守番をさせるとき、犬が吠える事にお悩みの人もいるのではないでしょうか。「外出...

犬におすわりをしつける時のポイントやコツなどについて

犬にしつけをしようと思った時に、まず最初にすると良いのが「おすわり」です。「うちの犬はいつまでた...

スポンサーリンク

犬を連れてキャンプに行くときの大切なポイント

犬同伴OKなキャンプ場を探そう

キャンプ場であればどこでも犬を連れてっていいわけではなく、もちろん同伴OKにしているキャンプ場と、だめなキャンプ場があります。あらかじめネットで確認したり、電話で担当者に聞いて、必ず確認は取っておきましょう。

犬同伴OKなキャンプ場を見つけたら、犬を連れてくる方たち専用の区画を用意していたりするので、予約時に犬を連れていくことを伝えておきましょう。

最近は犬同伴OKなキャンプ場は増えていますが、それでも過去マナーの悪い利用客がいたためか、完全に中に入れること自体だめだったり、OKでも制限があったりというキャン場も少なくありません。しかしドッグランが併設してあったり犬連れ大歓迎なところもあります。

犬が気持ちよく過ごすことのできるキャンプ場を探すようにしましょう。

犬も一緒に連れてキャンプに行くなら時期に注意

犬と一緒のキャンプは時期選びも大切です。

気温の厳しい時期は避けよう

犬は人間と違って、ずっと毛皮をしているわけですから温度調節は簡単にできません。

真夏の日が照り照りな暑い時期などは、歩くだけで足裏をやけどすることもあるので避けたいところです。また夏休み時期は他の利用客も多く混み合う時期なので、犬にとってもストレスになるかもしれません。
真夏や真冬を避けて過ごしやすい季節に一緒に連れていってあげるのがおすすめです。

夏なら川辺近くでのキャンプもおすすめです。犬が気持ちよく過ごせるように日陰の場所も作っておきましょう。

犬の防虫対策も怠らず

もう一つ気をつけておきたいのが防虫対策です。自然がいっぱいのキャンプ場には、ダニや蚊、他の害虫も多く潜んでいるので、犬用の虫除けグッズを活用しましょう。犬は人間と違い常に肌を露出している状態なので、人一倍気を使う必要があります。

鋭い葉や植物で棘で傷ついたりすることもあるので、服を着せてあげるのも怪我防止になります。

愛犬連れのキャンプではマナーを守って楽しみましょう

犬を連れてのキャンプはマナーが大事です。

犬にリードは必須

キャンプ場に犬を連れていく場合、リードは必須という場合が多いです。併設のドッグラン内では外してもOKとしているところもありますが、犬が他のキャンパーのところに行ってしまったり、車が行き交うキャンプ場では危険なので、リードはつけておくことが基本です。

テントの設営や料理の準備で手を離すときは、安全なところにペグを留めてリードを繋いでおきましょう。

万が一の時のために、首輪に連絡先を書いたネームタグもつけておきましょう。

必ずやろう糞尿の処理

普段の日常の散歩と同じく、糞尿の処理は必ず行いましょう。キャンプ場は自然の中だから…開放感があるから…と怠ってはいけません。過去にはペットOKなキャンプ場だったのに、飼い主のマナーの悪さによりペットNGにせざるを得なくなったキャンプ場もあります。

キャンプ場で犬を気持ちよく過ごさせてあげるには飼い主の行いが大切なのです。

はじめてのキャンプデビューでは愛犬の居場所も大切

キャンプ場についたら犬の居場所を作ることが大切です。

犬を連れてキャンプ場に辿りついたら、初めての場所に興奮して楽しそうにする犬もいれば、ここはどこ?と緊張して戸惑う犬もいます。まずは、居場所は作ってあげましょう。

愛用のブランケットを持っていく

犬の愛用のブランケットやベッド、ぬいぐるみがあれば、一緒に持っていって、そばに置いてあげましょう。慣れないキャンプ場でもいつも愛用しているものがあることで、落ち着きリラックスしやすくなります。日陰など過ごしやすいところに定位置を作ってあげましょう。

散歩して安心させてあげる

犬が慣れてきたら、安全な場所だよということを認識させるために軽く散歩させてあげましょう。キャンプ場の風景を認識してそのうちリラックスした表情を見せてくれたら、人間の方もテントなどを準備して、その後思い切り遊んであげると良いです。

BBQなどをすると食べ物もいつもと違うものを与えてしまいがちですが、慣れない食べ物にお腹をくだしてしまう可能性があるので、普段と同じ食事を持っていって、いつもと違う食べ物をあげすぎないようにしましょう。

来たときよりもキレイになるような心がけで帰ること

犬を連れてのキャンプは帰る前に確認しましょう。

犬と一緒にキャンプを楽しんだ後は、撤収する前に今一度自分たちがいた付近を確認しましょう。

犬の抜け毛が落ちてないか

長毛犬など毛が抜け落ちやすい種類の犬は、抜け毛が塊になって落ちていることもあります。目に見えるものは極力集めて、キャンプ場には残さないようにしましょう。行く直前にブラッシングしておく、洋服を着せておくなどの対策も有効です。

粗相の後はないか

キャンプ場で帰り支度の際、気づかないうちに犬が粗相をしてしまっていることがあります。出発する直前までチェックを怠らないようにしましょう。

後から来るキャンプ場利用客に迷惑になることももちろんですが、犬の糞尿でキャンプ場の植物が枯れてしまうなんていう被害もあるようです。