子犬が吠えるときのしつけ方は?吠え方のタイプ別・しつけ方法

子犬を飼っている飼い主さんの中には、子犬が吠えることに頭を悩ませている人もいるのではないでしょうか。

食事のときや来客時・インターホンが鳴ったときなどにうるさく吠えると、周囲の迷惑になってしまうのではないかと不安になるものです。

ここでは、子犬が吠えるときのしつけについてお伝えします。子犬の吠え方の特徴から吠える原因を知って、しっかりとしつけを行いましょう。

また、子犬に吠えぐせをつけさせないために飼い主さんにできる事についてもご紹介します。こちらも是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

犬が唸る理由は様々。直したい唸りとその対処法と注意点

飼っている犬がよく唸ると感じていませんか?またどうして唸っているんだろうと疑問に思うこともあるでしょ...

子犬の留守番が10時間は長い?長時間留守番出来る犬になる方法

かわいい子犬との楽しい毎日をお過ごしでしょう。ですが、急な用事で愛犬を長時間留守番させることにな...

犬の散歩は大切!ストレス解消などのメリットと散歩のポイント

犬に散歩をさせることはどうして必要なのか、散歩は毎日したほうがいいのかお悩みの飼い主さんもいるのでは...

犬が撫でられると喜ぶ場所やコミュニケーションを深める関わり方

犬を初めて飼う人や、これまであまり犬に触れたことがない人にとって、「犬が喜ぶこと」は全く想像がつきま...

【犬とのお散歩マナー】安全な散歩のために覚えておくルール

子犬を家に迎え、可愛い犬とのお散歩を楽しみにしているという方も多いと思います。お散歩ができる時期にな...

犬の発情期はメスだけ?発情期にみられる症状とケアについて

犬を飼育する上で気になる発情期、メス犬はオス犬に比べ性格がおとなしいと言われていますが、メス犬だけに...

チワワは子犬のうちのしつけが大切?飼い主との主従関係としつけ

チワワは小さくて可愛らしさが特徴的な犬種です。しかしその可愛さに、子犬のうちからチワワの言うとおりに...

犬連れキャンプの大切なポイント!一緒に楽しむためにできること

犬も一緒に連れてキャンプに行きたいという愛犬家さんへ。はじめて愛犬もキャンプに連れて行くとなると...

【犬の喧嘩のしつけ】多頭飼いの犬が喧嘩をした時の対処法

犬を多頭飼いしていると、犬同士で喧嘩が始まることもあります。飼い主として、喧嘩をやめさせるべきか、放...

犬が夜泣きをするときはどうしたらいい?突然吠えだした場合

犬が突然夜泣きするようになってしまったときにはどうしたらいいのでしょうか。犬を迎えたばかりの...

犬の拾い食いを防止しよう!トレーニング方法と対処法を解説

散歩中に犬が拾い食いをすることに頭を悩ませている人もいるのではないでしょうか。拾い食いをそのまま放置...

子犬の首輪はいつから付ける?時期や選び方、装着方法をご紹介

子犬を飼い始めたら、首輪はいつから付けたら良いのか気になります。なぜなら首輪を付けなければリードを付...

犬はドッグフードに飽きるの?ごはんを食べない原因と対処法

今まではドッグフードを食べていたのに犬がドックフードを食べなくなってしまうと、もしかして飽きてしまっ...

犬のマウンティングが問題行動?しつけで直すマウンティング

犬のマウンティングは犬同士だけでなく、飼い主にする場合や、おもちゃや家具にする場合も。どこで...

犬におすわりをしつける時のポイントやコツなどについて

犬にしつけをしようと思った時に、まず最初にすると良いのが「おすわり」です。「うちの犬はいつまでた...

スポンサーリンク

子犬が吠えるときのしつけ方・犬の吠え方と吠える原因

犬が吠えるときの理由は1つではありません。吠え方にも種類があり、それぞれ意味が違います。

吠える意味は警戒・要求・歓喜・攻撃・ストレス発散など

それぞれ歯を剥き出しにして姿勢を低くしたり、尻尾をぐるんぐるん回して興奮していたりと、状態から見てもどのような意味の吠えなのか判断しやすいです。

どの吠えにも意味があるので、飼い主はむやみに注意せずにその意味を汲み取る必要があります。

尻尾の状態や耳の立ち具合でも感情を読み取ることが出来るので、吠えだけでなく、飼い犬全体を見て判断することが大事です。

吠えることは犬にとって本能的な行為

辞めさせ方も違うので、その吠え方にあった辞めさせ方があることを理解しましょう。

食事や散歩の時間に吠える子犬のしつけ方

これは要求吠えになるので、しつけてやめさせましょう。

一番やってはいけないのが、吠えているときに要求に答えること

「吠えたから要求が通った」と思ってしまうため、要求吠えをやめなくなってしまいます。

効果があるのは、無視をすることです。

飼い犬はご主人から無視をさるるのが一番つらいことで、空気のように扱われることでおとなしくなります。

要求に答えるならそのときです。

おとなしくなったことを褒めてご褒美をあげましょう。何回も繰り返して覚えさせてください。

吠えるからといって叱るのも良くありません。一番しつけとして効果があるのは無視です。

体力のある子だと長時間吠えて頑張る子もいますが、愛犬が可哀想だと飼い主が折れてしまってはしつけは成功しませんので飼い主も頑張りましょう。

来客時などの音や人に対して子犬が吠えるときのしつけにつて

この状況で吠えるのは、自分の縄張りを守るための警戒心から吠えいている事が多く、これは本能的なものなので辞めさせるのは難しいです。

インターフォンの音で吠えるなら、何度もインターフォンを鳴らして音に慣れさせるのがいいでしょう。

慣れてくると吠えなくなります

来客で家の中に入ってきたときに吠えるなら、愛犬だけのテリトリーを作ってあげるのが効果的です。

別室に連れて行ったりサークルに入れてカーテンで仕切るなど、安心できる環境を作ってあげると言いでしょう。

お客さんが入ってきてすぐにおやつをあげるのもおすすめです。

中には知らない人でも遊んでほしくて吠える子もいます。そんな子は、しばらくすると落ち着くのでそれまでは無視をして、おとなしくなってから撫でてやるといいでしょう。

警戒の場合は慣れるまでに時間もかかりますし、攻撃な子であれば飼い主を守るためにお客さんに噛み付く可能性もあります。

その場合は出来るだけ隔離したほうが安心ですが、飼い主を守るために吠えているなら効果がないので、危険はないと分からせる必要があります。興奮している状態だと指示が通らないので、手で制するように落ち着かせ、静かになってから撫でて安心させてあげると良いでしょう。

子犬が飼い主さんに吠えるときのしつけ

普段から自由に過ごさせていたり、要求吠えに答えると飼い主に吠えるようになります。

これは飼い主と犬の立場が逆転している証拠で、犬は自分がリーダーだと思っているのでしつけて直しましょう。

吠える時は低い声で「ダメ」と言いましょう

手を犬の方にかざし、制止するようにしておとなしくなるのを待ちます。

最初はおとなしくなっても、またすぐに吠えるようであればまた手で制して「ダメ」と言います。

これを繰り返して教えていき、立ち場が逆だと教えましょう。

普段から飼い主はイスやソファー、飼い犬は床など、飼い主の目線の方が高くなるように過ごすことも大事です。

この位置が逆になるだけでも「自分の方が立ち場が上」と思ってしまうのです。

また、ご飯や水などの行動も、後手に回らないように飼い主から指示して摂らせるようにします

これの繰り返しで次第に飼い犬も上下関係を理解し、飼い主に吠えるのを辞めるようになります。

子犬に吠える癖をつけないために飼い主さんが気をつけたいこと

吠える犬になるかどうかは、1歳までの暮らしで変わります。

犬は様々な音や人に刺激されて吠えのスイッチが入るものですが、1歳までにそのスイッチが入らないようにトレーニングをしている子は、1歳以降は吠えにくい子になります。

逆にトレーニングをせずそのままになった子は、1歳を過ぎてからもすぐに吠える子になります。

子犬から飼い始めた場合は吠えの種類を判断して、その種類に合ったトレーニングをしましょう。

吠えるというのは本能的なものなので、ただやめさせるのではストレスになることもあります。

「吠えなくても良いことがあった」と思えるように、吠えるのをやめたときは必ずご褒美を用意しましょう。

都度おやつをあげなくても構いません。

大げさな程褒めてあげるだけでも飼い犬には嬉しいので、毎回たくさん褒めてトレーニングしましょう。成犬になってからのしつけは大変なので、しつけやすい子犬のうちにしっかりルールを教えて無駄吠えのない子に育てましょう。