犬がボールを持ってこない理由とボール遊びの練習方法

犬を飼い始めると、愛犬と一緒にボールなどのおもちゃで遊ぶのが楽しみという方も多いと思います。取りにいったボールを、また飼い主の元に持ってきて、ボール遊びをするというのを、どの犬でも当たり前のようにすると思っている方も多いと思います。しかし、なかなかボールを取りに行ってくれない犬や、取りには行くけど、持ってこないという犬もいます。
そこで、犬がボールを持ってこない理由や、ボールを持ってくるように練習する方法をご紹介します。
まずは近距離から練習して、徐々に遊びの楽しさを教えてあげましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

子犬が2ヶ月になったら、おもちゃを与えても良いのか

産まれた時の子犬はとても小さく弱々しいですが、2ヶ月もするとある程度体もしっかりしてきます。活発...

スポンサーリンク

犬がボールを持ってこない理由は

飼い主がボールを投げると、犬がボールを追って口にくわえて戻ってくる。

これをイメージしてボールを投げたものの、犬が取りに行かず全く動かないことがあります。また、ボールを追いかけて走って行ったのに、ボールを口にくわいないこともありますし、くわえたとしても飼い主のところも持ってこないことも。せっかく犬とボール遊びをしたくても、これでは意味がありませんよね。

犬は教えなくても本能的にボールを追いかけて持って来る場合もあります。ですが、すべての犬が同じようにできるわけではありません。

ボール遊びのやり方がわかっていない犬もいれば、そもそもボールに興味がない犬もいる

また、ボールが大きすぎて口にくわえるのが難しいという場合や、ボールの感触がイヤだということも考えられます。

我が家の犬もボール遊びは大好きです。その時に使うボールは硬式テニス用のボールです。このボール以外は受け付けてくれません。噛んだときにピーっと音がするボールなら更に嫌がってしまいます。

ボールを嫌がったり大きすぎる場合は、ボール自体を変えてみてください。

必ずしもボールではなくても良いです。お気に入りのおもちゃをボール代わりに使って遊ぶこともできます。ボールも布製の柔らかいボールや、噛み心地の良いボールなどもあります。ボールに興味がない場合やボール自体を嫌がっている場合は違うもので試してみてください。

ボール遊びのルールがわかっていないようなら、教えてあげる必要があります。ボールを投げたら持ってくるということを理解させることから始めてみましょう。

ボールを持ってこない犬には短い距離からおやつで練習

犬にボール遊びのルールを教えるときは、まずは短い距離から始めてください。いきなりボールを使わないで、おやつで練習をします。

犬を数メートル先に立たせた状態で、おやつを犬にめがけて投げてください

犬がおやつをキャッチできたら、喜んで褒めてあげます。

飼い主が喜ぶ様子を見ると犬も楽しんでくれるようになります。犬が失敗しても叱ったりがっかりした顔はしないでくださいね。

犬が上手にキャッチできるようになるまで根気よく続けてください。

犬がおやつをキャッチできるようになったら、キャッチするタイミングで「キャッチ」など決まった言葉をかけてください。おやつを口でキャッチすることが「キャッチ」であると理解してもらいます。キャッチをしっかりと覚えさせましょう。

おやつを上手にキャッチできるようになったら、今度はボールを投げてみます。ボールはおやつのように口でとらえなくても大丈夫です。落ちたボールであっても口にくわえたら、思いきり褒めてあげてください。おやつを投げながら、たまにボールも投げて、ボールに慣れるようにします。

犬にボールを持ってくるように教えるコツ

犬とボール遊びをするためには、犬がボールを飼い主の元まで持ってくることも教えなくてはなりません。

犬にボールを見せて、ボールに注目させてください

ボールに興味がない場合はぬいぐるみなど他のおもちゃでも大丈夫です。

犬は動くものを追う習性がありますので、犬の目の前でボールを動かして注意を引きます。興味を持った犬は次第にボールを口でくわえようと追いかけ始めます。

そこでボールを投げてください。この時、遠くへは投げずに、犬の視界に入る程度のすぐそばに投げるようにします。犬がボールを追いかけて行ったら褒めてください。

犬がボールを追いかけて行き、ボールに追いついた時点で「キャッチ」と声をかけます。

犬がボールを口にくわえたら褒めてあげてください。キャッチができるようになったら、口にくわえたまま戻って来るように指示を出します。「おいで」でも「カモン」でも、いつも犬を呼ぶときに掛ける指示で声をかけます。無事にボールを持ってきたら褒めてあげたり、おやつを与えてください。

ボールを持ってこないの犬には飼い主も一緒に取りに行ってみる

投げたボールを追いかけたものの、持ってこないという場合も多いです。ボールを持ってくることがわからないという場合もありますが、せっかく持って来たのにまたすぐに投げることで、持ってきたらダメなんだと勘違いして理解してしまう場合も考えられます。

ボールを持ってこない場合は、飼い主も一緒に取りに行ってみてください

犬がボールを目指して走って行ったら、飼い主も一緒にボールのところへ行き、ボールを持って戻ってきます。

犬がボールをくわえたままなら、そのまま一緒に元の位置まで戻ってきましょう。

ボールをキャッチしたら、くわえたまま戻るということを教えてあげてください。

飼い主も楽しそうにやることが大切です。面倒そうにやってしまうと、犬は遊びと理解することはできません。楽しい遊びということを印象づけることもポイントです。

ボールをくわえて持ってきたものの、ボールを離さないということもよくあります。お気に入りのおもちゃなら誰にも取られたくないから、ボールを離さないのは当然とも言えるでしょう。

「ちょうだい」という言葉と一緒にボールを離すように教えてください。片手におやつを隠し持ち、おやつを持っていない方の手をボールの下に置いて「ちょうだい」と声をかけます。おやつを見せてボールを離したところで褒めてあげましょう。ボールを離したらおやつがもらえると印象づけてください。

犬と遊ぶ時にはルールを決めて

犬と遊ぶタイミングは飼い主が決めるようにしましょう。

遊ぶ前には「ボールで遊ぼう」などと声をかけてから遊ぶ

毎日同じタイミングで遊んでも良いですし、犬が退屈している様子をみた時のタイミングで遊ぶのも良いです。

我が家の犬がまだ幼いとき、遊びたくなるとおもちゃを持って誘ってきます。その時に応えてあげれると良いのですが、家事などで手が離せないときは、このおもちゃじゃないんだと考えるらしく、いろいろなおもちゃを持って誘ってきました。とても心苦しくなったものです。お仕事中ということを理解させ、家事が片付いたら「お仕事終わったよー」と声をかけて遊ぶようにすると、そのタイミングで遊びたいおもちゃを持ってくるようになりました。

遊びをやめる時も声をかけてください。

楽しんで遊んでいるのに、急にやめてしまったら犬もショックです。毎回「終わりだよ」と声をかけるようにすると犬の理解してくれます。我が家では最後に投げるときに「ラスト」と声をかけています。犬も最後の一球は確実にキャッチしようと頑張ってくれます。
犬とのボール遊びは楽しいものです。犬がボール遊びのルールをちゃんと理解していると、飼い主はボールを投げるだけなので楽な遊びでもあります。初めてのボール遊びなら、犬も遊び方を理解していない場合も多いです。その場合はボール遊びの練習から少しずつ始めてくださいね。