犬の拾い食いを防止しよう!トレーニング方法と対処法を解説

散歩中に犬が拾い食いをすることに頭を悩ませている人もいるのではないでしょうか。拾い食いをそのまま放置しても問題はないのか、心配している飼い主さんもいることでしょう。

ここでは、拾い食いの危険性と犬の拾い食いを防止する方法についてお伝えします。散歩中に拾い食いをしないように、しっかりとしつけを行いましょう。

拾い食いを防止して、安全で楽しいお散歩ができるようにしてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

犬のしつけ【待ては教えよう!】上手な教え方とポイントを紹介

犬のしつけの中でも「待て」のしつけは特に教えておきたい行動のひとつ。待てのしつけを愛犬が覚えるこ...

犬がなかなかトイレをしないときの原因とトイレをさせるコツ

犬がトイレをしないときにはどんな理由があるのでしょうか?犬は環境が変わってしまうとトイレを我慢してし...

犬の生理の期間はどのくらい?生理中の過ごし方について

犬の生理の期間はどのくらいの日数なのでしょうか。また、生理中はどのように過ごしたらいいのでしょう?...

犬の外飼いはいつから?事前の準備やはじめるために大切なこと

犬の外飼いはいつからが可能なのか、外飼いをはじめる前に気になることはたくさんあります。犬を外飼い...

犬は臭いニオイが好き、飼い主も犬のニオイが大好き

犬は鼻が良い動物です。ですので、臭いニオイは嫌がりそうに思われますが、全くそんなことはありません...

犬の留守番中のトイレを失敗させない方法とは?コツとポイント

犬が留守番中のトイレを失敗してしまうのはどんな理由からなのでしょうか?トイレトレーニングは成...

犬の甘噛みにはどんな意味が隠されている?理由と対処方法

小犬を飼育していると甘噛みをしてきます。遊びだと思っていても、甘噛みにはその場面場面に意味があります...

犬の散歩デビューの適切な時期とスムーズなお散歩のコツ

子犬を家に迎えて、一緒に散歩に行くのを楽しみにしている方も多いと思います。犬が来て、すぐに散歩に行け...

子犬のしつけを始める時期と子犬のうちに教えるべきこと

子犬を家族の一員として迎えるには、さまざまなしつけが必要になります。しつけを始めるには、どのくらいの...

犬の夜泣きはどうして起きるのか。夜泣きの原因と正しい対応方法

犬は感情表現が豊かな動物で、行動や仕草、鳴き声などで自分の感情を表します。犬が鳴き声をあげること...

犬が鳴くのはどんなとき?クンクンと鳴くときの理由について

犬がクンクンと鳴くのはどんなときや気持ちなのでしょうか。クンクンと鳴くときには、甘えているときと自分...

犬にお手を教えたい!しつけ方のコツと上手に覚えさせる方法

犬を飼っている飼い主さんの中には、お手のしつけ方について知りたい人もいるのではないでしょうか。...

【犬のしつけ】ハウスの必要性としつけの手順、ポイントのまとめ

犬を室内で飼っている人にとって、「ハウス」は大切なしつけの一つです。ハウスが上手にできる犬は...

【犬の喧嘩のしつけ】多頭飼いの犬が喧嘩をした時の対処法

犬を多頭飼いしていると、犬同士で喧嘩が始まることもあります。飼い主として、喧嘩をやめさせるべきか、放...

犬がトイレで寝る理由を考えてやめさせるためにできることを紹介

犬がトイレで寝るのには考えられる理由があります。トイレがきちんとシートやトレーでできるようになっ...

スポンサーリンク

犬の拾い食いは防止しよう!犬に危険が及ぶことも

犬はお散歩が大好きです。犬の健康維持やストレスを溜めないために毎日の散歩は欠かせません。

散歩では外を歩くので拾い食いの危険があります

犬は食べ物を発見したらすかさず食べようとします。

私も犬を長年飼っていますが、いくらしつけをしても拾い食いをやめない犬が一頭だけいました。ある時にくわえたその物体は黒くて全く得体が知れない物だったので、絶対に食べさせてはいけないと手で無理矢理取りました。
噛まれて血が出ました。まさに「飼い犬に手を噛まれる」状態です。その犬は幼少期を過度に人間に甘やかされて育ち自分を人間だと思っていたような犬でした。そのため全く人の言うことを聞きませんでした。犬を何頭も飼ってきましたが、この一頭だけはいくらしつけをしても言うことを聞くようになりませんでした。幼少期の環境がいかに重要であるのかを思い知らされました。

落ちている食べ物には様々な問題が多く潜んでいます。最も問題なのは生命に関わる事態になりかねないということです。害獣などの駆除のために有害な物質が含まれている可能性もあります。腐敗していて寄生虫がついている場合もあります。とにかく落ちているものを食べさせないようにしなければなりません。

犬が拾い食いをしてしまう理由は本能・しつけで防止をする必要が

食べ物を見つけたら食べるのは犬の本能です。「拾い食い」と言うととても行儀の悪いことになりますが、野生では「見つけたエサを食べる」という至極自然な行動です。

道に落ちている食べ物を食べようとする犬の性質が悪い訳ではありません

しかし、先にも述べましたように落ちている食物には危険がいっぱいです。愛犬がお腹を壊したり命を失う事態になっては大変です。

しつけをして拾い食いをさせないようにする必要があります。

犬の拾い食いを防止するトレーニング方法

拾い食いを防止するためには、次のようにトレーニングを行いましょう。

  1. 犬にリードをつけて柱など犬が全力で引っ張っても動かない場所に結んでおきます。
  2. 犬に近いけれど届かない場所にドッグフードを一粒転がします。
  3. 犬はそれを見つけて食べようともがきますが、届きません。
  4. 格闘した末に恨めしい目で飼い主を見るでしょう。
  5. その瞬間に「よしよし」と褒めておやつを与えます。
それを何度も繰り返すと犬は「拾って食べないで飼い主を見ると褒められておやつまでもらえる」と学習します。

犬が転がしたドッグフードを見ても食べようともがかなくなったら今度はリードを持って散歩をしているような状況で訓練します。

ドッグフードを転がしておいた場所を通り、犬が拾って食べようとしたら「いけない」と声をかけます。

犬が飼い主の方を見たらすかさず「よしよし」と褒めておやつを与えます。何度も繰り返して体得させましょう。
ポイントは、「食べ物を見つけてもそれを食べなければもっと良いことがある」と思わせることです。

規則正しい時間に食事を与えることで拾い食いを防止

毎日規則正しい時間に食事を与えるようにしましょう。そうすると犬は食事がもらえるタイミングを覚えるので、食事が毎日もらえるという安心感から食べ物に対する執着心が和らぎます。

飢えていると当然の事ながら犬の食べ物に対する執着心は増す

お腹が空いている時に食べ物を見つけたら食べたいと思うのは当たり前です。更に、次にいつ食事にありつけるのかが分からない状態では「何が何でも今目の前にある食べ物を逃すわけにはいかない」と思うものです。
そんな犬が散歩中などに食べ物を見つけると大変な事になります。ものすごい勢いで飛びついて口にくわえて離さないでしょう。取ろうとしようものならうなって怒ったり齧られる危険性もあります。

犬は口にくわえている物を無理矢理取ろうとすると興奮してつい噛み付いてしまう場合があります。

もし犬が得体の知れない食べ物を見つけてくわえてしまった場合には無理矢理引っ張り取るのはやめましょう。

私は散歩中に犬がまさに得体の知れない物体をくわえて食べようとし始めたので無理矢理引っ張ったところ噛まれました。血が出てしまい、これからは軍手をして散歩しようと思いました。どうしても無理矢理とる必要がある場合には口の付け根を手で押さえて開かせると犬は噛むことができません。しかし、犬が大きくなると難しいので、「待て」をしつけて広い食いを防止できるようにしましょう。

犬の拾い食いを防止するときは散歩コースをしっかり選ぶことも大切

誘惑は無いに限ります。食べ物がよく落ちているような場所には近づかないのが一番です。

散歩コースを決めるときには、食べ物などが落ちている事がよくある場所は避けましょう

コンビニエンスストアの近くやゴミ集積所の近くは散歩コースから外すようにしましょう。特にゴミ集積所にまだゴミがある時間帯は要注意です。
散歩をする時にはおやつをいくつか持って、拾い食い対象物を発見した時には日頃の訓練通りに行えるようにスタンバイします。犬が発見して近づこうとした瞬間に「いけない」と声をかけてリードを引き、犬が飼い主を見たら「よしよし」とすかさずおやつを差し出します。そうして対象物から遠い位置を通過しましょう。

主従関係がしっかりとできている場合には、犬は飼い主に褒められることが何よりの喜びです。しっかりと褒めてあげましょう。
食事やおやつを与える時には「待て」をさせて、「よし」で食べ始めるようにしつけると食べ物をみつけても直ぐに食べなくなります。より拾い食いをする可能性を減らすことができるので取り入れてみるとよいでしょう。