子犬の留守番が10時間は長い?長時間留守番出来る犬になる方法

かわいい子犬との楽しい毎日をお過ごしでしょう。
ですが、急な用事で愛犬を長時間留守番させることになってしまい不安になってはいませんか?

10時間もかわいい子犬を留守番させるなんて心配でたまらないでしょう。

子犬は10時間も留守番出来るのでしょうか?留守番出来る時間について紹介します。

留守番は犬の性格にもよります。みなさんの体験談も併せてご紹介しますので参考にしてみてください。

飼い主さんも子犬も、留守番を乗り切れますように。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

犬同士の喧嘩で怪我をした時にすべきことと喧嘩の対応対策

犬を飼っている人なら誰でも一度は経験したことがある他の犬とのヒヤッとする体験。日頃から注意してい...

白い柴犬の子犬は貴重?白い柴犬の特徴や性格、子犬の選び方

白い柴犬は、某CMの影響からか人気がありますが、白い柴犬の子犬をペットショップで見かけたことあります...

犬同士の喧嘩をする理由や、止め方について知りたい

犬同士が喧嘩を初めてしまうことって時々見かけることがあります。自分の犬や、相手の犬が怪我をしない...

室内犬にトイレをしつける際のポイントについてご紹介

室内犬を飼い始める時にまずしなくてはいけないしつけと言えば、トイレです。きちんと早めにしつけてお...

犬のケージの配置のポイント!愛犬の快適環境やトイレと多頭飼育

室内に犬のケージの配置するときはどんなことに気をつけたらいいのでしょうか?これから新しく引っ越し...

犬にしつけでふせを教えるコツを紹介!焦らずにステップアップ

犬にしつけでふせを教えたいけど、どうしたらいいのかわからないという飼い主さんもいるでしょう。ふせの姿...

犬の甘噛みにはどんな意味が隠されている?理由と対処方法

小犬を飼育していると甘噛みをしてきます。遊びだと思っていても、甘噛みにはその場面場面に意味があります...

室内でできる犬が喜ぶ遊びや室内遊びの注意点についてご紹介

犬には毎日の散歩が大切ですが、梅雨時期などには雨が続き、なかなか散歩に連れていけないことも。そんな日...

【白い犬が飼いたい】可愛い小型犬なら初めての人でも安心

子どもから突然「犬が飼いたい」と頼まれて悩んでいませんか。ペットショップやテレビで眺めるだけなら...

犬の夜鳴き対策で効果的な方法とNGな接し方

子犬を飼い始めたばかりの飼い主さんは、多くの方が夜鳴きで悩んでいるようです。寂しそうに鳴く子犬が夜鳴...

犬の発情期はメスだけ?発情期にみられる症状とケアについて

犬を飼育する上で気になる発情期、メス犬はオス犬に比べ性格がおとなしいと言われていますが、メス犬だけに...

子犬のしつけはいつからする?始める時期と教え方のポイント

犬のしつけは早いうちに始めるのが良いとされていますが、早いうちとはどれくらいの時期を指すのでしょうか...

犬の留守番中のトイレを失敗させない方法とは?コツとポイント

犬が留守番中のトイレを失敗してしまうのはどんな理由からなのでしょうか?トイレトレーニングは成...

ラブラドールの子犬の育て方についてご紹介

ラブラドールは、犬の中でも比較的賢い犬種とされていますが、そんなラブラドールを子犬から飼う場合は、ど...

犬がなかなかトイレをしないときの原因とトイレをさせるコツ

犬がトイレをしないときにはどんな理由があるのでしょうか?犬は環境が変わってしまうとトイレを我慢してし...

スポンサーリンク

子犬の留守番、10時間は長い?限界は

子犬の留守番の限界時間は?

子犬の留守番の限界時間は長くて12時間程度です。
しかし、これを鵜呑みにしてはいけません。

なぜなら、子犬が留守番できるかできないかは、その個体によってかなり違いがあるからです。
人間が1人1人性格が違うように、犬も個体によって全く違うのです。

あなたの10時間の外出中、おりこうに留守番できる子犬もいれば、5分で限界な子犬もいるのです。

なので必ずしも「10時間留守番ができる」とは言いきれません。

もし、お留守番ができる子犬なら12時間程度が限界であることを覚えておきましょう。

子犬が我慢できたとしても空腹や排泄を考えるとそれ以上の留守番は避けるようにしてください。

長時間の留守番が続くと子犬はストレスを溜め、そのストレスを晴らすために、お漏らしやイタズラ、噛む、などの行為が多くなります。
人間と犬が心地よく暮らすためにも、できるだけストレスを与えない環境を作ってあげることをオススメします。

子犬の留守番は何時間してますか?10時間以上の人も

1人暮らしで子犬を飼っていると、常時留守番させることになりますね。

子犬の留守番時間はその飼主の職種によっても異なりますね。

朝8時に家を出て6時に帰宅をするとしたら10時間の留守番になります。
1人暮らしの飼い主に飼われた以上もその留守番に慣れなければいけません。
平日毎日ですので、子犬に留守番を覚えさせる必要があります。

個体差を除けば、子犬は10時間の留守番は可能です。

子犬のうちから飼うなら、留守番ができるように覚えさせることで問題なく子犬との暮らしができるようになります。

留守番時や飼い主の帰宅時などの環境や対処法を工夫することで、留守番による子犬のストレスを軽減させることができます。

留守番に慣れさせておくと、10時間以上の留守番時にも対応することができます。
不安はあるけれども、子犬が留守番に慣れているというだけで安心材料の1つになるでしょう。

子犬の留守番はいつから出来るのでしょう

子犬は成犬に比べ食事の感覚や排泄頻度が狭いです。
空腹や排泄の我慢などを考えると急に10時間以上の留守番を強いるのはオススメできません。それに、留守番ができるかできないか、留守番ができても長時間可能か、というのは個体差によって大きく異なります。

子犬の食事感覚や排泄頻度は生後半年頃を過ぎ1歳にかけて安定していきますが、だからといって長時間の留守番が可能だとは言い切れません。

「留守番はいつから」という考えではなく、子犬のうちから留守番ができるようになるように少しずつトレーニングをしてください。

そのトレーニングは1人暮らしの飼い主と子犬がより良い生活を築いていくために必要不可欠です。

5分の留守番から15分、45分、1時間半と徐々に留守番の時間と回数を増やし、そして留守番の時にどのような環境が子犬にとって良いのか、研究してください。

その環境作りの工夫が子犬の長時間の留守番を可能にさせることに繋がります。

子犬が長時間留守番ができるかどうかは子犬の時からのトレーニング、そして環境つくりにかかっていると言っても過言ではありません。

子犬を留守番させる時の安全な環境作り

ゲージか室内フリーか

子犬を留守番させる環境は2通りあります。
ゲージ内で過ごさせるか、室内フリーにするか。

これは家庭によって異なります。

子犬が快適に過ごすためには室内フリーであっても誤飲となるようなものが部屋に多ければ安全面では不安です。

室内フリーは子犬にとって危険性が多いからとゲージに10時間入れっぱなしだと子犬のストレスを溜めやすくなります。

このように、快適さと安全面どちらかに偏った理由で留守番形態を考えるのではなく、どちらも考慮するために少なからず飼い主の工夫は必要でしょう。少しでも子犬が快適にそして安全に留守番できるような留守番形態を検討してくださいね。

そうすることで子犬の10時間以上の留守番が少しでも可能に繋げることができるでしょ。

子犬を10時間留守番できる子にする方法

留守番できる子犬に育てるために

  • 留守番をする機会を作る
    子犬にうちから時間を決めて留守番をさせる。
    その留守番の時間と頻度を徐々に増やして留守番を習慣化させておく。
  • 1人遊びをできるようにする
    遊ぶ時間を決めることで、子犬はそれ以外の時間に1人で遊ぶことを覚えます。
    留守番になると相手してくれる飼い主がいないので、1人遊びができると時間を潰すことができます。
  • 子犬がより安心できる物や場所を見つける
    子犬の個体によって安心できる物や場所は違います。
    お気に入りの布団やオモチャ、ゲージ内、ソファの上など、少しでも子犬が安心できる物や場所があると留守番中の寂しさも紛らわすことができるでしょう。
子犬を10時間留守番できるかどうかは子犬の個体差によっても異なりますが、飼い主の工夫やしつけで可能にさせることができます。
1人暮らしという環境で子犬を飼う以上、子犬が留守番をできるようにトレーニングすることはあなたの役目でもあります。
あなたと子犬が今後より良い生活を過ごすために、順応能力が高い子犬のうちにしっかりと留守番トレーニングしてください。そして子犬にあなたの愛情がしっかりと伝われば子犬もおりこうに留守番できることができるでしょうね。