子犬は留守番ができる?いつから長時間の留守番が可能かについて

子犬を飼いたくても、仕事をしていると躊躇してしまいます。それは子犬に留守番をさせなくてはいけないことが、大きな理由の一つになるでしょう。

そこでここでは子犬の留守番について、いつから留守番が可能なのか?また留守番の時間を考える理由についてもご紹介をいたします。

仕事をしていて留守がちでも、犬を飼いたい場合には、他の人の手を借りる方法を考えてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

柴犬のしつけの時期と対処法!上手に教えるために大切なこと

柴犬のしつけは性格が形成されていく子犬の時期にするのがおすすめです。子犬の成長はとても早いので、...

犬が唸るのをしつけでやめさせる方法!ポイントと正しい対処法

犬が唸るのをしつけでやめさせるには、その前にどんな理由で犬が唸っているのかをよく観察してみることが大...

白い柴犬の子犬は貴重?白い柴犬の特徴や性格、子犬の選び方

白い柴犬は、某CMの影響からか人気がありますが、白い柴犬の子犬をペットショップで見かけたことあります...

犬のマウンティングが問題行動?しつけで直すマウンティング

犬のマウンティングは犬同士だけでなく、飼い主にする場合や、おもちゃや家具にする場合も。どこで...

子犬のトイレトレーニングにかかる期間とトイレを教えるポイント

子犬にトイレトレーニングをするとき、一体どのくらいの期間がかかるのか知りたい人もいるのではないでしょ...

犬を抱っこして一緒に寝るのは大丈夫?良い点と注意点をご紹介

小犬を飼い始めると、可愛らしくてどんな時も一緒にいたくなってしまいます。中には抱っこをしたまま、ベッ...

犬の散歩中に危険な拾い食いをやめさせるしつけの方法

犬がお散歩中に拾い食いをして困るという飼い主さんは多いと思います。拾い食いをして変なものを食べてしま...

犬のしつけ【待ては教えよう!】上手な教え方とポイントを紹介

犬のしつけの中でも「待て」のしつけは特に教えておきたい行動のひとつ。待てのしつけを愛犬が覚えるこ...

チワワのしつけはいつから始める?しつけのコツとポイント

チワワのしつけはいつから始めたらいいのでしょうか?小さいチワワは、ある程度大きくなるのを待ってからし...

犬が膝の上で寝るのは甘え!愛犬の気持ちと飼い主ができること

犬が気がつくとすぐに自分の膝の上で寝るのが可愛いという飼い主さんも多いでしょう。そんな愛犬の行動はど...

吠える犬の心理としつけで気持ちをコントロールする方法

犬が必要以上に吠える「無駄吠え」に悩んでいる方も多いと思います。特に集合住宅などでは、ご近所への迷惑...

犬が吠える場合は無視をするのが良い?吠えぐせに対する対処方法

犬に吠える癖がついてしまうと、直すのはなかなか根気が必要となります。無視するのが効果的だと、...

室内でできる犬が喜ぶ遊びや室内遊びの注意点についてご紹介

犬には毎日の散歩が大切ですが、梅雨時期などには雨が続き、なかなか散歩に連れていけないことも。そんな日...

犬同士の喧嘩で怪我をした時にすべきことと喧嘩の対応対策

犬を飼っている人なら誰でも一度は経験したことがある他の犬とのヒヤッとする体験。日頃から注意してい...

犬が威嚇するのは直せる?犬のしつけをするときのコツ

犬が人に威嚇をするときや犬に対して威嚇をするときにはどのようにしてしつけをしたらいいのでしょうか。...

スポンサーリンク

子犬の留守番トレーニングはいつから?その時期について

子犬を飼い始めて、毎日、すくすくと成長する姿を見ていますか?その姿を見るうちに、今度は、いつくらいから留守番をできるようになるのか、その時期についても知りたいと思うようになると思います。

留守番トレーニングは生後3ヶ月からできる

あまり長時間でなければ、この時期から、お留守番をすることはできるようです。子犬としても、早いうちからあなたの家に来ましたか?3ヶ月という時期からあなたの家に来るのであれば、もう留守番のトレーニングは始めてもいいと思います。

上記でも書きましたが、そんなに長い時間ではなく、短い時間でトレーニングを重ねて下さい。短い時間であれば、できるようになります。

「まだ3ヶ月だから」と油断していると、成長した時に、留守番はできなくなります。それも考えて、3ヶ月という少し早く感じる段階で、留守番トレーニングを始めるべきだと思います。

ちょっとした訓練でも始めれば、成長した時に、ちゃんとお留守番ができるのだと思います。

子犬の留守番トレーニングの方法

子犬でも、生後3ヶ月くらいから、留守番のトレーニングはしてもいいみたいです。

まだまだ可愛い、生後3ヶ月のこの時期に、ケージに入る訓練をして下さい。

ケージに入れれば、留守番もできる

生後3ヶ月以降ですが、子犬がケージに入れる訓練をして下さい。何も、初めから1時間とか入らなくてはいけないという訳ではありません。1分だけでもいいですから、入ることに慣れてもらって下さい。

子犬が好きなおもちゃとか用意して、ケージの中に入れて、入れやすくすれば入りやすいと思います。

また、ケージの中に入った後、少し扉を閉じて、部屋を出て下さい。長時間はいけませんが、そうやって、留守番ができるトレーニングを始めます。

因みに、このケージの中に入って、留守番に慣れてもらうというトレーニングは、子犬に限らず、大人の犬に対しても使えるトレーニングになります。今からでも遅いかな?とは言わずに、上記で紹介しているケージの中に入れるトレーニングを犬が何歳であっても、始めて下さい。

子犬が留守番をできるのはいつからか?成長の様子で考えてみよう

生後3ヶ月でも、留守番のトレーニングはできます。

実際、辛抱強く家で留守番をできるのは、最低、生後半年以上が目安になります。

というのも、この時期の犬は、まだ食事の回数も多いですし、一日の排泄の回数も多いです。そのためのケアも必要なので、生後半年でも、3時間くらいを目処にして下さい。

大人になると、9時間くらい我慢して、留守番をすることができるようですが、子犬の段階では、そんな長時間は無理だと思います。

犬の年齢も考えて、決めた方がいいと思います。

まだ1歳にもならないようでしたら、家を空けるとしても、数時間で終わらせた方がいいと思います。帰宅したら、子犬の排出がそこら中に散らばっていることだってあるかもしれませんから。1歳にならない子犬に関しては、数時間で留めるべきだと思います。本当に始めは、30分から始めて、1時間にする、まだまだ子犬なので、短時間から始めた方がいいと思います。

子犬の留守番はいつから、どのくらい可能か?目安をご紹介

子犬もトレーニングを重ねれば、お留守番をすることはできます。ただ、留守番をする時間はそんなに長くはありません。

1歳未満は、1時間未満

1時間未満なので、少し近所に買い物に行って、帰宅するくらいの時間でしょうか。1歳未満なので、いくらトレーニングを積み重ねても、そんなに長時間、留守番はできません。少し30分散歩をする、ちょっと近所に買い物に行くくらいの感覚でいて下さい。

犬によっては、初めから30分留守にしても、長すぎると感じます。

そんな犬の場合は、5分から始めるなど、この情報に頼らずに、犬に合わせて行動して下さい。

慣れれば、もっと長い時間留守番をすることができるようになると思います。5分を10分に延ばすなど、早すぎる時期だといけませんが、生後、3ヶ月とか5ヶ月からもう始めてもいいと思います。

あまり留守番を任せるのも嫌なので、留守番させるとしても、数時間と決めている飼い主さんもいると思います。そのくらいがベストかもしれませんね。

犬に留守番をしてもらう際の注意点

犬も訓練すれば、留守番をすることができるようになります。ただ、単純にケージの中に入ってもらうでは、犬にとっても味気ありません。数時間家を留守にするのなら、犬が好きなおもちゃとか、犬が留守番することができるように、時間をつぶせるグッズが売られています。それを利用して、犬が精神的に参らないようにして下さい。

夏と冬は気温に注意

夏は高温だと、人でも熱中症にかかります。犬も一緒で、部屋の中で留守番をしている最中に、温度が高すぎて、熱中症にかかりやすくなります。

留守にする時は、夏も冬も温度には気をつけて下さい。適切な温度に設定して、夏は熱中症にかからないように、夜は逆にあまり熱すぎないように注意して下さい。

冬は逆に温度を高くさせすぎる傾向があるようです。冬の時期なので、気を使いすぎて、温度設定を少し高くさせすぎて、それが犬には逆効果になります。その点にも注意しながら、冬の犬が留守番をする時の温度設定をして下さい。

子犬の留守番トレーニングは、ケージに入れることから始まります。ちょっとした瞬間でも、ケージに入れて、慣れさせて下さい。生後3ヶ月からできるようなので、将来は、数時間でも、お留守番ができるよう、訓練させて下さい。