犬が撫でられると喜ぶ場所やコミュニケーションを深める関わり方

犬を初めて飼う人や、これまであまり犬に触れたことがない人にとって、「犬が喜ぶこと」は全く想像がつきませんよね。

私達人間が気持ち良いと感じること、楽しいと思うことがあるように、犬にも撫でられると嬉しい場所や楽しいと感じることがあります。

ここでは犬との関わりがまだ浅いあなたのために、犬とよりよい関係を築くための関わり方のポイントや実践方法を紹介していきます。

心地よく感じることがあれば、反対に嫌な思いをすることもあります。
犬に不快な思いをさせないためにも、犬が嫌がる人間の行動についても理解を深めていきましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

甘噛みをする犬の理由や、しつけ方などについて知りたい

甘噛みは犬を飼っていると、必ず1度や2度は経験する行動のひとつです。甘えたり、じゃれついているだ...

吠える犬の心理としつけで気持ちをコントロールする方法

犬が必要以上に吠える「無駄吠え」に悩んでいる方も多いと思います。特に集合住宅などでは、ご近所への迷惑...

犬が赤ちゃんに吠える理由と吠えたときの対処方法について

犬が赤ちゃんに吠えるときにはどのようにして、吠えないようにしたらいいのでしょうか。環境が変わ...

犬のケージの配置のポイント!愛犬の快適環境やトイレと多頭飼育

室内に犬のケージの配置するときはどんなことに気をつけたらいいのでしょうか?これから新しく引っ越し...

犬のおしっこのしつけ方法。トイレトレーニングのステップ

子犬を家族の一員として迎える時には、おしっこのしつけは絶対に必要なものです。初めて犬にトイレを覚えさ...

子犬のしつけ【待て】を教えるメリットしつけの手順・ポイント

子犬を飼っている飼い主さんの中には、しつけとして「待て」を教えたほうが良いのかと考えている人もいるの...

犬には英語でしつけをするのが良い?そう言われる理由と注意点

盲導犬などには英語でしつけを行います。お家でペットとして飼育する場合も英語でしつけを行ったほうが良い...

犬がトイレで寝る理由を考えてやめさせるためにできることを紹介

犬がトイレで寝るのには考えられる理由があります。トイレがきちんとシートやトレーでできるようになっ...

白い犬が大好き!その中でも大型の種類とは

白い犬と聞いたら、もこもこでふわふわな触り心地のよい毛並みを連想する方も多いと思います。特に大型...

犬の散歩はいつから?時期の目安や始める前に知っておきたいこと

犬の散歩はいつから始めてもいいのか、子犬を飼い始めた飼い主さんの中には悩む人も多いのではないでしょう...

犬の散歩は大切!ストレス解消などのメリットと散歩のポイント

犬に散歩をさせることはどうして必要なのか、散歩は毎日したほうがいいのかお悩みの飼い主さんもいるのでは...

犬が威嚇するのは直せる?犬のしつけをするときのコツ

犬が人に威嚇をするときや犬に対して威嚇をするときにはどのようにしてしつけをしたらいいのでしょうか。...

犬の留守番時間の限界と慣れさせるためのしつけのポイントを紹介

犬が留守番できるのはどれくらいの時間なら可能なのでしょう?夫婦で共働きで犬を飼っているとどうして...

犬の赤ちゃんの育て方や、注意点などについてご紹介

犬を飼う時のタイミングとして多いのは、ある程度大きくなった子犬からスタートするパターンですが、さまざ...

犬の散歩デビューの適切な時期とスムーズなお散歩のコツ

子犬を家に迎えて、一緒に散歩に行くのを楽しみにしている方も多いと思います。犬が来て、すぐに散歩に行け...

スポンサーリンク

犬が撫でられると喜ぶ場所は、犬の手が届かない所

犬が撫でられると喜ぶことが多い場所をいくつかご紹介します。

ですがあくまでも個体差がありますし、その時の犬の気分によっても違ってくるので、犬が落ち着いているか、構ってほしそうにしているかを注意深く観察しましょう。
また、よほど人懐こい犬であれば問題ありませんが、そうでない場合には突然知らない人の手が近づいてくると怖がったり、驚いて威嚇することがあります。
噛まれそうになる前にしゃがんで挨拶をしながら、怖くないよと優しく話しかけながら自分の手を鼻の近くにそっと差し出してニオイを満足するまで嗅がせ、ニオイを覚えてもらって安心した表情が感じられてから優しく撫でてあげましょう。

ニオイを嗅がせた手をそのまま耳の付け根から頬のあたり、首にかけて優しく揉むように撫でてみましょう。
気持ちよくなった犬は手にもたれかかるように甘える素振りを見せたり、目を細めて気持ちよさそうな表情に変わるでしょう。
犬が気持ちよさそうにしていれば、この人は自分にとって甘えてもいい存在なんだと感じてくれているので、そのままお腹やわき腹を撫でてみましょう。

もしかすると寝転がって、お腹を見せてくれるかもしれません。
お腹を見せてくれるという事は犬にとって信頼の証ですから、優しく話しかけながらお腹を撫でてあげましょう。

猫が気持ちいい場所として知られている顎の下あたりも、撫でると犬が喜ぶ場所なので大きく上下させるように撫でてみてください。

いろいろなところを撫でて、犬がもっと!撫でて!とアピールしてくるようになったら、力を強めたり弱めたり、撫で方もいろいろと変えてみましょう。

一番喜んでくれる場所を見つけて撫でてあげられると、犬にとても好かれますしニオイを覚えていてくれるので、また会った時にも喜んで駆け寄ってきてくれることでしょう。

犬が撫でられると喜ぶ場所は犬によって違います

犬にとってかなり好みが分かれる場所があるのでご紹介しますが、これは犬と仲良くなってから試してみましょう。

筆者が飼っていた犬たちの中で喜ぶ割合が多かったのが、尻尾の付け根です。
揉むようにすると犬が右、左、右、左とお尻をフリフリして気持ちよさそうにします。
嫌からずにお尻を振れば、撫でてほしい好きな場所だというサインですよ。
一般的に犬が撫でられると喜ぶと言われている場所でも、尻尾が下がったりうなり声をあげるなど犬が嫌がったりしている時には無理に撫でるのはやめましょう。

構われるのが苦手な犬もたくさんいるので、犬の気持ちをしっかり読み取ってあげたり、わからない時には飼い主に聞いてみるようにしてください。

撫でているときに甘噛みをすることがありますが、じゃれついているだけの時にはそのまま遊んであげましょう。
ただし、興奮させすぎてしまうと噛む力が強くなってしまったり、抑えが効かないほど興奮してしまうことがあるので興奮させすぎには注意しましょう。

犬には触られると嫌な場所もあるので注意しましょう

よほど信頼できる飼い主にしか触られたくない部分が犬にはあり、噛まれたりすることもあるので不用意に触らないようにしたほうがいい場所をいくつかご紹介します。
それまで懐いてくれていても、嫌なことをしてしまうと一瞬で信頼関係が崩れたりすることもあるので、できるだけ触れずに喜ぶ場所だけを撫でてあげましょう。

一番嫌がる犬が多いのは手足の先で、手に載せるだけのお手は良くても握ったり掴んでしまうと嫌がります。

鼻先も触られると嫌がる犬が多く、最初に自分のニオイを嗅がせる時にも鼻先に触れない程度の近さにしましょう。

尻尾の付け根をもみもみされるのは好きでも、尻尾を掴まれると嫌がる犬が多くいるので、尻尾を直接掴んだり触るのはやめましょう。

どこの部分でも、ちょっと触られるのは良くても掴まれるのは嫌がることが多いので、動きを制限しないように撫でましょう。また、犬を驚かせないようにすることが大切なので、慣れてきても急に触られると怒る場合があるので、犬の名前を呼ぶなどして話しかけてから撫でましょう。

犬が喜ぶことをして犬と仲良くなりましょう

犬が大好きなことをしてあげて、できるだけ早く好きになってもらいましょう。

なかなか撫でさせてくれないような時には、まず犬が好きなおやつをあげてみましょう。

話しかけながらおやつタイムをすると、ぐっと距離感が縮むのを感じられるはずですし、犬へのお土産におやつを持参するのもいいですよ。

ボール投げなど、犬が好きな遊びやおもちゃで遊んであげるのもいいでしょう。
どんな遊びが好きなのか飼い主に聞いて、遊んでみましょう。

散歩が好きな犬には、散歩に連れて行ってあげるのもいいでしょう。
ひもを持っただけで喜んでくれるかもしれないので、ひもを見せながら散歩に行く?と犬に聞いてみると大きく尻尾を振って喜んで行くかもしれません。

犬と関わる時には犬が嫌がる人間の行動にも注意してください

犬は人の気持ちを読み取るのが得意な動物なので、例えば人が内心では怖いと思って近づくと人のおびえた様子が伝わって、犬が警戒して懐きにくかったり吠えられたりします。犬が安心するように、大丈夫、嫌なことはしないよ、かわいいねと優しい気持ちで話しかけながら近づいてみましょう。
いきなり近づいて触られると犬は驚いてしまい、吠えたり噛んだりします。

ビックリさせないように声をかけながらしゃがみ、そっと触るようにしてください。
臆病犬には、ほんの少し離れた場所からしゃがんで声をかけ、犬の方から興味がわいてニオイを嗅ぎに近寄ってくれるのを待ちましょう。

はじめて犬と会う時には、いきなり頭から撫でると犬が怖がってしまうことがあるので、ニオイを嗅がせたまま頬やあごの下から撫でてみましょう。

また、聴覚のいい犬には大声はとても怖く感じてしまうので、驚かせるような大声を出さないようにすることも大切ですよ。