【子犬の散歩】リーダーウォークの必要性としつけ方を解説

まだ散歩デビューしていない子犬の飼い主さんの中には、散歩のときにどのようなしつけをすればよいのかわからない人もいるのではないでしょうか。

散歩デビューをする前にしつけを始めることで、外の世界の色々な出来事から子犬を守ることができます。

ここでは、犬の散歩で起きやすい問題と、散歩中に大切なリーダーウォークのしつけ方についてお伝えします。

大切な愛犬と楽しくお散歩ができるように、飼い主としてしっかりしつけをしてあげましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

犬のマウンティングが問題行動?しつけで直すマウンティング

犬のマウンティングは犬同士だけでなく、飼い主にする場合や、おもちゃや家具にする場合も。どこで...

犬は留守番する時に寂しいと考えることも、出来る対策とは

犬を飼っている場合、どんなに可愛がっていても、ちょっとした外出などで留守番をさせなくてはいけないこと...

犬連れキャンプの大切なポイント!一緒に楽しむためにできること

犬も一緒に連れてキャンプに行きたいという愛犬家さんへ。はじめて愛犬もキャンプに連れて行くとなると...

犬が赤ちゃんに吠える理由と吠えたときの対処方法について

犬が赤ちゃんに吠えるときにはどのようにして、吠えないようにしたらいいのでしょうか。環境が変わ...

甘噛みをする犬の理由や、しつけ方などについて知りたい

甘噛みは犬を飼っていると、必ず1度や2度は経験する行動のひとつです。甘えたり、じゃれついているだ...

子犬の夜泣きはどうすればいい?一緒に寝ることが難しいとき

子犬が夜泣きをするときには一緒に寝ることが正解なのでしょうか。いくら大きい声ではなくとも静かな時間帯...

犬が威嚇するのは直せる?犬のしつけをするときのコツ

犬が人に威嚇をするときや犬に対して威嚇をするときにはどのようにしてしつけをしたらいいのでしょうか。...

犬のしつけの順番を解説。最初にする事としつけのポイント

年願だった犬を飼うことになったときは、ワクワクと同時にしつけの不安があるでしょう。いくら可愛...

吠える犬の心理としつけで気持ちをコントロールする方法

犬が必要以上に吠える「無駄吠え」に悩んでいる方も多いと思います。特に集合住宅などでは、ご近所への迷惑...

犬のしつけ【待ては教えよう!】上手な教え方とポイントを紹介

犬のしつけの中でも「待て」のしつけは特に教えておきたい行動のひとつ。待てのしつけを愛犬が覚えるこ...

犬のマーキング対策と室内でマーキングする犬のしつけ方法

犬にとってマーキングはコミュニケーションの一つですが、室内で飼っている愛犬が室内でマーキングをしてし...

犬がトイレで寝る理由を考えてやめさせるためにできることを紹介

犬がトイレで寝るのには考えられる理由があります。トイレがきちんとシートやトレーでできるようになっ...

【白い犬が飼いたい】可愛い小型犬なら初めての人でも安心

子どもから突然「犬が飼いたい」と頼まれて悩んでいませんか。ペットショップやテレビで眺めるだけなら...

犬が留守番中に吠える時の対処法!犬が快適に過ごせる環境作りを

犬に一匹だけで留守番をさせるとき、犬が吠える事にお悩みの人もいるのではないでしょうか。「外出...

室内でできる犬が喜ぶ遊びや室内遊びの注意点についてご紹介

犬には毎日の散歩が大切ですが、梅雨時期などには雨が続き、なかなか散歩に連れていけないことも。そんな日...

スポンサーリンク

犬の散歩中に起きやすい問題行動・子犬の頃からしつけをしよう

犬の散歩では犬が引っ張ることなく常にリードがたるんでいる状態が、最も理想的であり、子犬の頃からしっかりと練習をしてしつけていくことで、上手に散歩ができるようになります。

行きたいところを見つけると何も考えずに飛び出してしまって起こる事故を防ぐことができますし、行きたいところに引っ張っていけば好きなように行けるんだと思わせないようにしなければなりません。
  • リードを短く持つ
  • 犬が引っ張っていこうとした時には、立ち止まる
  • 一度おすわりをさせて、落ち着いたら進む

と繰り返していくと犬は賢いので、散歩でグイグイ引っ張るといいことがない、楽しい散歩が中断してしまう、と自分で考え学習してくれます。

また、他の犬や通りがかりの人を見つけると吠えてしまって、無理に押さえつけようとすると噛まれてしまうこともありますが、これも子犬の頃からのしつけで改善していきましょう。

他の犬に吠えそうになった時にも一度おすわりをさせて、落ち着かせることが大切です。子犬の散歩にはおやつを持ち歩くようにし、おすわりをさせたら褒めておやつをあげて気を引くことで、他の犬に吠えないで座ると褒めてもらえる、おやつがもらえると学習してくれます。

吠えないようになると落ち着いて散歩ができるので、他の犬が来ても吠えたり引っ張って行ってしまうこともなくなります。

他にも、子犬が急に歩かなくなってしまって心配になることがありますが、まだ外の世界に出たばかりの子犬にとっては未知のものがたくさんあって怖がっているかもしれません。
例えば排水溝やマンホールなどの穴が開いていたりする場所は、小さな体の子犬にとってはとても怖く感じてしまいます。
音にびっくりしてしまうことも多くあるので、散歩の練習をする前からいろいろな音に慣れさせる必要もあります。
何に怖がっているのか原因がわかったら、撫でて落ち着かせ、怖いものがない場所まで行ってから散歩を再開するか、無理をせずにその日の散歩は取りやめて家に帰りましょう。

子犬の頃から散歩のしつけを!しつけの重要性とリーダーウォークについて

しつけをして上手に散歩をすることは事故やケガを防ぐことになり、大切な子犬を守ることに繋がっていきます。

また、犬が嬉しくて飛び掛かっていったとしても、犬が苦手な人にとっては怖く子どもだった場合には転ばせてしまうなどのトラブルになりかねませんし、他の犬とケンカになってしまったりリードが絡まってしまったりすると大変なので、しつけをすることはとても大切です。

散歩中には時々子犬に話しかけてコミュニケーションを取りながら進むようにし、飼い主との散歩は楽しいと感じてもらうようにしましょう。
飼い主が主導して散歩に行く、という事も学んでもらう必要があります。

子犬に散歩のしつけをしよう!リーダーウォークに必要なもの

散歩中の子犬が引っ張らずに飼い主のすぐそばについて歩かせるように、リーダーウォークの練習をしましょう。

時々振り返って飼い主の顔を見ながら歩く愛犬の姿はとても可愛いですし、信頼関係がしっかりとできると、自然とリ-ダーウォークができやすくなってきます。

リーダーウォークの練習を始める時には、短めのリード、ハーネス、おやつを用意します。
小さい子犬は首が弱いので、首に負担がかからないようにハーネスを着用させることをおすすめします。

まずは室内で散歩の練習を!子犬のしつけ方

生後2か月を過ぎたあたりから室内でリーダーウォークの練習を始め、ハーネスを体に付けた状態やいろいろな音にも慣れさせていきます。

ハーネスに慣れたらリードを付け、飼い主に注目するように仕向けながら横に立つ練習から始め、できるようになったら歩く練習をはじめます。

横に立たせるためにおやつを手に持って子犬に見せ、子犬が来たら手を横に持って行って子犬を横に立たせ褒めておやつをあげます。
繰り返すと横に立つと良いことがあると学習してくれるので、同じように横に座らせることも練習しましょう。

横に来ることを覚えたらおやつを手に持ったまま歩き、横に付いたまま歩かせる練習をします。
歩けるようになったらリードを付けて一緒に歩き、何か気を引くものがあって引っ張ってしまったらダメと言いながら立ち止まる、飼い主のそばにきたら褒めておやつやフードをあげて良いことがある、と徐々に覚えさせます。

罰を与えるという事よりも、良いところを褒めて伸ばすようにして、どうすれば飼い主が喜ぶかを自然に考えてくれるまで気長に練習をしましょう。

はじめは褒めながらおやつやフードをあげ、徐々におやつの回数を減らして褒めたり撫でたりするだけの回数を増やし、おやつが無くてもできるようになるまで練習します。上手にできるようになったらいよいよ、外でのお散歩デビューです!

子犬にコマンドを覚えさせるのも大切なしつけ

散歩の練習をする間に、散歩中に必要になってくる言葉も覚えさせる必要があります。

「待て、おすわり、だめ、よし、おいで」などの止まる、進むといった散歩中に行う動作の時の言葉を覚えさせましょう。

信号で止まらせるときや他の犬や人が来た時にも、子犬をコントロールさせることができ、危険なことから守ってあげられることに繋がります。

ドッグランなどに行けるようになってからも、飼い主の言葉で戻ってきたり他の犬とのトラブルを避けることもできるようになるでしょう。