犬にお手を教えたい!しつけ方のコツと上手に覚えさせる方法

犬を飼っている飼い主さんの中には、お手のしつけ方について知りたい人もいるのではないでしょうか。

飼っている犬にお手を覚えてもらい、コミュニケーションを取りたいと考えている人もいることだと思います。

ここでは、犬にお手を覚えさせるしつけ方のコツについてお伝えします。どのようにして教えれば良いのか、手順を知ってうまくしつけを行いましょう。

また、うまくお手が覚えられないときの対処法についてもご紹介します。こちらも是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

【子犬の散歩】リーダーウォークの必要性としつけ方を解説

まだ散歩デビューしていない子犬の飼い主さんの中には、散歩のときにどのようなしつけをすればよいのかわか...

犬にしつけでふせを教えるコツを紹介!焦らずにステップアップ

犬にしつけでふせを教えたいけど、どうしたらいいのかわからないという飼い主さんもいるでしょう。ふせの姿...

【子犬の夜泣き対策】夜泣きの原因と子犬への接し方

家に迎えたばかりの子犬は、夜になると夜泣きを始めます。毎晩の夜泣きに、どうすれば夜泣きを止めさせるこ...

【犬のしつけ】ハウスの必要性としつけの手順、ポイントのまとめ

犬を室内で飼っている人にとって、「ハウス」は大切なしつけの一つです。ハウスが上手にできる犬は...

犬は臭いニオイが好き、飼い主も犬のニオイが大好き

犬は鼻が良い動物です。ですので、臭いニオイは嫌がりそうに思われますが、全くそんなことはありません...

室内犬にトイレをしつける際のポイントについてご紹介

室内犬を飼い始める時にまずしなくてはいけないしつけと言えば、トイレです。きちんと早めにしつけてお...

犬が吠える場合は無視をするのが良い?吠えぐせに対する対処方法

犬に吠える癖がついてしまうと、直すのはなかなか根気が必要となります。無視するのが効果的だと、...

犬はドッグフードに飽きるの?ごはんを食べない原因と対処法

今まではドッグフードを食べていたのに犬がドックフードを食べなくなってしまうと、もしかして飽きてしまっ...

犬に留守番させる時のしつけ方法!安全に過ごせる環境を作ろう

犬に一匹だけで留守番をさせる場合、どのようなしつけをすればいいのか悩む飼い主さんもいるのではないでし...

犬をしつける時、噛むなどの困ったクセをやめさせるには

犬を飼っている時にトイレなどのさまざまなしつけが必要ですが、その中でも噛むクセは、自分や周りの人が怪...

【白い犬が飼いたい】可愛い小型犬なら初めての人でも安心

子どもから突然「犬が飼いたい」と頼まれて悩んでいませんか。ペットショップやテレビで眺めるだけなら...

柴犬のしつけの時期と対処法!上手に教えるために大切なこと

柴犬のしつけは性格が形成されていく子犬の時期にするのがおすすめです。子犬の成長はとても早いので、...

犬がなかなかトイレをしないときの原因とトイレをさせるコツ

犬がトイレをしないときにはどんな理由があるのでしょうか?犬は環境が変わってしまうとトイレを我慢してし...

ラブラドールの子犬の育て方についてご紹介

ラブラドールは、犬の中でも比較的賢い犬種とされていますが、そんなラブラドールを子犬から飼う場合は、ど...

犬を抱っこして一緒に寝るのは大丈夫?良い点と注意点をご紹介

小犬を飼い始めると、可愛らしくてどんな時も一緒にいたくなってしまいます。中には抱っこをしたまま、ベッ...

スポンサーリンク

お手のしつけ方・犬にはお手を教えたほうが良い?しつけの考え方

おすわりと並んで犬にしつけることが多い「お手」は、どのような理由があって教えるのか知っていますか?

単純に芸を覚えてもらって、犬と人とのコミュニケーションのひとつの方法としてのほかに、手に触れられることに慣れさせる意味があります
犬は散歩のときなどに自然と爪が削れますが、特に室内で飼われている犬は外で飼われている犬よりも爪が削れる量が少なくて爪が伸びてしまいやすい傾向にあります。

爪を切る時には手足を掴まなければ切ることができませんが犬は手足を掴まれるのが苦手なので、小さいうちからお手を覚えてもらって、手を掴まれることに慣れてもらう必要があります。

また、室内で飼っている犬は外での散歩から帰ってきた時には手足を拭くので、子犬の頃から手足に触られることに慣れてもらう必要があります。

大きくなってからもお世話がしやすくなるように、早く覚えやすい子犬のうちからお手を教えるようにしましょう。

犬のお手は右手?左手?しつけ方の基本

「お手」や「おかわり」は基本的にどちらの手でも構いませんが、人が出した手に近いほうの手をのせるように練習するので、犬が混乱しないように飼い主の家族の間では統一しなければなりません。

犬にも手を出しやすい利き手がある

利き手をお手にするのもいいでしょう。

どちらか決めた方でお手を練習し、できるようになってから反対の手でおかわりを教えてみましょう。

また、お手は座った状態で向かい合って教えるので、お手を教える前におすわりをしっかりとマスターさせてから教えてくださいね。

犬にお手を教えよう!しつけ方と手順

おすわりがしっかりとできるようになったらお手を教えていきますが、その時にはご褒美の好物のおやつやフードを用意し、寝起きや眠い時は避けて犬の機嫌がいいときに練習しましょう。

犬が乗り気な時に練習する

また、あまりお腹がいっぱい過ぎてもご褒美のおやつの効果が薄れてしまうので、お腹がすきすぎず、満腹の時間も避けたほうがいいでしょう。

  1. 犬を座らせて、飼い主が向かい合うように座ります。
  2. 飼い主が左手を出したら犬が右手をのせるように決めたら、右手におやつを持ったまま左手で犬の右手を優しく持ち、「お手」と伝えながら5秒掴みます。

犬の手を下ろしたら褒めながらおやつをあげ、これを何度も繰り返してください。

手を掴まれるのを嫌がる時には掴む時間を短くし、徐々に伸ばして掴まれることに慣れさせ、掴む時には強く掴まずに、優しく握る程度にしましょう。

繰り返していくと、飼い主の手にのせたら褒めてもらえる、おやつがもらえる、と学習してくれるので、お手ができるようになります。
もし反対の手をのせてきたら絶対に褒めずに犬の手をおろし、正しい手を持って「お手」と言ってできるまで繰り返しましょう。

お手やハンドなどの言葉を混ぜないように気をつけ、手の左右だけでなく言葉も統一しましょう。お手をマスターした後はおやつの回数を減らして褒めるだけにシフトし、おやつなしでもできるようになるまで根気よく練習しましょう。

お手のしつけ方のコツ・犬が上手に覚えるためには

あまり長時間練習をしてしまうと犬も疲れますし、飽きてしまって集中力が続きません。

犬の集中力が切れてしまう前に何度も練習する

集中できなくなってしまった時には無理に続けずにまた次の日に練習してみましょう。

お手に関わらず犬に芸を覚えさせる時には、機嫌のいい日に、気分が乗って集中できる時にだけ練習することが大切で、早く覚えてもらうコツのひとつです。

おやつをあげるタイミングも大切で、うまくできた時にはすぐに言葉で褒めながら撫で、そのあとにすぐおやつを与えましょう。

お手のしつけがなかなかうまく行かない時の対処法

お手の練習をしていてできた時に飼い主に褒められると犬はとても嬉しく、気持ちがどんどん高ぶってしまってお手が空振りしてしまうことがありますが、きちんと手にのせた時にだけ褒めるようにし、しっかり覚えてもらえるように空振りをした時には褒めないように徹底しましょう。

お手の練習で手を掴まれるのが嫌だった時は、噛んだりうなって怒ることがある

この時には無理に続けるのはやめて手を触られることに慣れてもらう事からはじめ、ゆっくり時間をかけて教えましょう。

言葉や左右が統一されていない時には混乱してしまって、うまくできなくなってしまうことがあり、家族みんなで統一するように再確認をして練習してください。
また、お手の練習をする時にはお手だけの練習をし、他の言葉と混乱しないようにしてください。

お手だけでなくおすわりなども何もせず、言うことを聞かなくなってしまった時は反抗期への突入です。
あまり叱らずに、練習を無理にさせずに、自然と収まるまで待つか機嫌のいい時間を見計らって練習してみましょう。