犬はドッグフードに飽きるの?ごはんを食べない原因と対処法

今まではドッグフードを食べていたのに犬がドックフードを食べなくなってしまうと、もしかして飽きてしまったのではないかと考えることもあります。

犬は毎日同じドックフードを食べても飽きることはないのか、気になる人もいるのではないでしょうか。

ここでは、犬の味覚についてと、ドックフードを食べなくなってしまった原因についてお伝えします。

一体何が原因でドックフードを食べなくなったのかを探り、飼い主さんにできる対処をしてみましょう。

愛犬の健康を守るのが飼い主さんの役割。愛情を持って、大切に育ててください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

犬がトイレで寝る理由や、やめさせる方法についてご紹介

犬がやってしまう問題行動のひとつに「トイレで寝る」というものがあります。どの犬でもするわけではあ...

子犬のしつけを始める時期と子犬のうちに教えるべきこと

子犬を家族の一員として迎えるには、さまざまなしつけが必要になります。しつけを始めるには、どのくらいの...

犬がご飯のときに吠えるのは要求吠えかも!原因と対処法を解説

家族でご飯を食べているとき、犬が吠えることに頭を悩ませている飼い主さんもいるのではないでしょうか。...

犬がトイレで寝る理由を考えてやめさせるためにできることを紹介

犬がトイレで寝るのには考えられる理由があります。トイレがきちんとシートやトレーでできるようになっ...

子犬のトイレトレーニングにかかる期間とトイレを教えるポイント

子犬にトイレトレーニングをするとき、一体どのくらいの期間がかかるのか知りたい人もいるのではないでしょ...

犬同士の喧嘩をする理由や、止め方について知りたい

犬同士が喧嘩を初めてしまうことって時々見かけることがあります。自分の犬や、相手の犬が怪我をしない...

お留守番を上手にしてもらうために。犬のお留守番の練習方法

犬をペットとして迎えると、家族はみんな外出して、犬だけでお留守番をするという時間もあります。最近は、...

犬がなかなかトイレをしないときの原因とトイレをさせるコツ

犬がトイレをしないときにはどんな理由があるのでしょうか?犬は環境が変わってしまうとトイレを我慢してし...

犬が膝の上で寝るのは甘え!愛犬の気持ちと飼い主ができること

犬が気がつくとすぐに自分の膝の上で寝るのが可愛いという飼い主さんも多いでしょう。そんな愛犬の行動はど...

犬の散歩中に危険な拾い食いをやめさせるしつけの方法

犬がお散歩中に拾い食いをして困るという飼い主さんは多いと思います。拾い食いをして変なものを食べてしま...

子犬のうちに必要なしつけと順番について【しつけのルール】

子犬をペットして迎える時には、子犬のうちに教えておきたいしつけがあります。いろいろとあるしつけはどの...

【犬のしつけ】成犬になった愛犬のしつけ方と注意点

何らかの理由で成犬を引き取った方や、子犬時代の成犬のしつけに失敗したまま愛犬が大きくなってしまった方...

犬の発情期はメスだけ?発情期にみられる症状とケアについて

犬を飼育する上で気になる発情期、メス犬はオス犬に比べ性格がおとなしいと言われていますが、メス犬だけに...

犬のストレスの原因に注意!愛犬のために飼い主ができること

犬にとってストレスの原因になることは、犬と生活をしていくなら飼い主が取り除いてあげなければなりません...

室内でできる犬が喜ぶ遊びや室内遊びの注意点についてご紹介

犬には毎日の散歩が大切ですが、梅雨時期などには雨が続き、なかなか散歩に連れていけないことも。そんな日...

スポンサーリンク

犬はドッグフードに飽きるもの?犬の味覚について

私たち人間は同じご飯を3日も続けて食べると飽きてしまいますが、犬は毎日何度も同じドッグフードをずっと食べ続けていて、どうして飽きないのか不思議に思ってしまいます。

動物界の中でも美食を誇る人間と比べると、犬の舌にある味を感じるための味蕾という細胞の数はかなり少ないため、人間と同じように味を感じてはいません。

人間とは比べ物にならないほど優れた嗅覚を持っているので、嗅覚を生かして食べられる物と食べられないものの判断が上手にできます。

味覚を感じる細胞が少ないとはいえ、少しは味を感じているので本当にフードに飽きてしまうこともあり、その場合にはフードを変えてみてください。
フードを変えると匂いが変わるので、嗅覚が優れている犬の食いつきがよくなるでしょう。

飽きると食べないのではなくドックフードよりも美味しいものを食べた可能性も

味覚が少ない犬に合わせた味付けになっているドッグフードは人間の食事と比べると塩分なども少なくかなり薄味に作られているため、体が小さい犬に人間の食べ物を与えると犬の健康を害してしまう可能性が高くなります。
人間の食べ物に興味を示して食べたがったりすることが多くありますが、食べさせてしまったり誤って食べてしまったとしても、美味しく作られた人間のご飯は薄味に慣れている犬には驚くほど美味しく感じてしまうでしょうから、人間の食べ物をもっと食べたい欲求が強くなってしまって盗み食いをするようになったり、ドッグフードを食べなくなってしまいます。

ドッグフードを食べなくなってしまった時に、何も食べないよりは何かを食べさせないとと思ってもドッグフードの代わりにおやつや人間の食べ物を食べさせてはいけません。

犬からすると「ドッグフードを食べない=もっと美味しい食べ物がもらえる」と間違えて学習してしまい、もっとドッグフードを食べなくなってしまいます。

お腹が空いていても食べない時にはまずは他の食べ物は与えずに放ってみる

食べなければフードは下げてしまい、次のご飯の時間になったらまたフードを与えてみてください。
間食せずにお腹が空けば、食べてくれることが多くなります。

犬の健康のためにはおやつよりもドッグフードを食べてくれることが一番なので、人間が犬の食事を妨げてしまわないように気を付けなければいけません。

おやつの量は大丈夫?犬がドッグフードに飽きる・食べないときはおやつを見直そう

犬用のおやつも薄味で作られていますが、犬が好んで食べるような匂いやフードよりも濃い目の味付けになっているので、おやつをたくさん食べさせ過ぎてしまうと薄味のフードを食べなくなってしまいます。

おやつを与えすぎてお腹がいっぱい、お腹が空かないからフードを食べない

おやつの量をあげすぎていないか見直してみてください。
しつけやご褒美、コミュニケーションには欠かせないおやつですが、おやつにはドッグフードのように栄養分が豊富なわけではありませんから、健康のためにドッグフードをしっかりと食べてくれるように適切な量に抑えましょう。

犬がドッグフードを食べなくなったときに飼い主さんができる工夫

味覚細胞が少なくて味を感じにくいとはいえ、犬にも好みや好き嫌いがあり、フードの匂い、味が好みでないフードは食べてくれなくなってしまいます。

与えはじめた最初のうちは新しいフードの匂いや味の変化で食べていたとしても、好きでないものを長期間食べることは辛いので、すぐに食べなくなることがあります。

食べなかったりたくさん残した時にはフードを下げ、まずはおやつなど間食は与えずに時間を空けてもう一度与えてみます。

また、電子レンジで少し温めると匂いが強くなるので、袋を開けてしばらく経ってしまったフードに試してみてください。
それでも食べてくれない時にはそのフードが好きではないのかもしれないので、フードを変えてみるのもいいでしょう。

犬用のトッピングが売られていて、トッピングをすると食べてくれることが多くなりますが、それを続けるとトッピングをしないと食べないようになってしまうのであまりおすすめできません。

毎回続けるのではなく、たまに与える程度にしてフードを食べるようになったらトッピングはやめましょう。
老犬の場合には消化がうまくいかなかったり、食欲がわかない、単純に食べるスピードがゆっくりになっていくこともあるので、老犬用に栄養分が配合されたフードに移行しましょう

原因を解消してもドッグフードを食べないときは健康状態もチェックして

おやつを減らしたり与えないようにしてもフードを食べなかったり、フードの種類を変えてみても食べないときには、具合が悪いのかもしれません。

  • 元気が無くて遊んだり散歩をしたがらない
  • 目やにがでている
  • ぐったりしている

症状がないかチェックし、思い当たることがあればすぐに獣医さんに診察してもらいましょう。

また、いつもと違うものを食べたり、散歩の時に拾い食いをしてしまった、異物を飲み込んでしまった可能性はありませんか?

そのような場合にもすぐに獣医さんに診察してもらい、原因を調べてもらいましょう。

ストレスを感じることが続くとフードを食べなくなることもあるので、飼い主がいれば元気があるという時には構ってあげたり遊んであげましょう。運動不足でもご飯を食べなくなることもあるので、留守にする時間が長かったりする時には散歩の時間を長めにするなどして、フードをしっかり食べられるように運動させましょう。