子犬の散歩を始める時期とは?散歩デビューのポイントを紹介

子犬を散歩させるの時期はいつからなら大丈夫なのでしょうか。ワクチンがすべて終わってから?それとも終わっていないうちからでも始めていいのでしょうか。

子犬の散歩時期で迷ったときには、ワクチンを打っている動物病院の先生に聞いてみましょう。

子犬の散歩デビューするときの時期や回数、距離などのポイントを紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

無駄吠えする原因としつけ方法・成犬のしつけでのコツを解説

犬を飼っている飼い主さんの中には、犬が無駄吠えする事に頭を悩ませている人もいるのではないでしょうか。...

犬が威嚇するのは直せる?犬のしつけをするときのコツ

犬が人に威嚇をするときや犬に対して威嚇をするときにはどのようにしてしつけをしたらいいのでしょうか。...

犬の拾い食いを防止しよう!トレーニング方法と対処法を解説

散歩中に犬が拾い食いをすることに頭を悩ませている人もいるのではないでしょうか。拾い食いをそのまま放置...

犬が吠える場合は無視をするのが良い?吠えぐせに対する対処方法

犬に吠える癖がついてしまうと、直すのはなかなか根気が必要となります。無視するのが効果的だと、...

犬を抱っこして一緒に寝るのは大丈夫?良い点と注意点をご紹介

小犬を飼い始めると、可愛らしくてどんな時も一緒にいたくなってしまいます。中には抱っこをしたまま、ベッ...

室内犬にトイレをしつける際のポイントについてご紹介

室内犬を飼い始める時にまずしなくてはいけないしつけと言えば、トイレです。きちんと早めにしつけてお...

大きい犬【白色】を飼いたい人におすすめの犬種と飼う時の注意点

子供が大きくなると「犬を飼いたい」と言い出すことがあります。子供の意見を尊重してあげたくても、ペ...

犬を飼うメリットはこんなにたくさんある!犬との暮らし

犬を飼うとどんなメリットがあるのでしょうか。犬を大切にすることで、家族や自分自身も大切にする...

犬をしつける時、噛むなどの困ったクセをやめさせるには

犬を飼っている時にトイレなどのさまざまなしつけが必要ですが、その中でも噛むクセは、自分や周りの人が怪...

犬の外飼いはいつから?事前の準備やはじめるために大切なこと

犬の外飼いはいつからが可能なのか、外飼いをはじめる前に気になることはたくさんあります。犬を外飼い...

犬の生理の期間はどのくらい?生理中の過ごし方について

犬の生理の期間はどのくらいの日数なのでしょうか。また、生理中はどのように過ごしたらいいのでしょう?...

犬のマーキング対策と室内でマーキングする犬のしつけ方法

犬にとってマーキングはコミュニケーションの一つですが、室内で飼っている愛犬が室内でマーキングをしてし...

犬がトイレを覚えないときの対処方法と覚えさせるポイント

犬がトイレを覚えないのはどうして?トイレを失敗したときに、叱ってはいませんか?トイレを失敗し...

【白い犬が飼いたい】可愛い小型犬なら初めての人でも安心

子どもから突然「犬が飼いたい」と頼まれて悩んでいませんか。ペットショップやテレビで眺めるだけなら...

犬に留守番させる時のしつけ方法!安全に過ごせる環境を作ろう

犬に一匹だけで留守番をさせる場合、どのようなしつけをすればいいのか悩む飼い主さんもいるのではないでし...

スポンサーリンク

時期はいつからOK?子犬の散歩について

可愛い可愛い子犬を育てて、時期が来たら、今度はお散歩をさせます。そのタイミングですが、あなたの可愛い子犬に、ワクチンを打たせてから、散歩させた方がいいという意見が強いです。

うまれてから4ヶ月が目処

ワクチンを順調に打たせて、4ヶ月後くらいが目安になります。犬の体調のことも考えて、外で散歩をするというより、家族とコミュニケーションをとって、ワクチンで免疫をつけさせる、それから、散歩という順序で考えた方が良さそうです。

また、子犬が外で散歩をし始めても、まだ慣れてもいませんし、必要な体力も備わっていません。距離も短めで、すぐに終了させた方がいいと思います。

サイズもあくまでも子犬です。そんなに散歩をさせる時期を早めさせる必要もないと思います。ワクチンを打って、外で散歩をできる体力ができた時期に少しずつ、外でお散歩をすればいいと思います。

あまり気持ちだけ早まらないようにして下さいね。徐々に散歩の距離や時間を長くするようにして下さい。犬もまだ大人ではありませんから。

散歩デビューの時期は子犬にこんな影響を与えます

時期を見計らうことにはなりますが、子犬が外で散歩できるようになると、子犬にとっては、大人になる第一歩になると思います。

吠えることができる

今まで見なかったものを見ることになります。吠えます。この動作でさえ、必要な時期に入ります。

あまり人間だけに守られていたら、この警戒する、吠えるという行為をしなくなります。散歩は子犬にとって、大人になる一つの一歩だと思います。

ストレス解消

ずっと家やお庭にいても、子犬だってストレスがたまります。特に、ワクチンをうって、体に体力がつき、免疫がついたら、余計体を動かしたくなります。体が十分動かせないのもストレスですから、散歩でそのストレスを発散できます。

適切な判断ができるようになる

散歩をすることにより、これは警戒すべきであり、これは警戒しなくても良い、そんな判断をすることができるようになります。

子犬という幼い時期からその能力がつくのも一つのメリットになりますね。

子犬の散歩時期に不安というときには抱っこがおすすめ

なんだか、とっても可愛いイメージにはなりますが、飼っているあなたの子犬、まだ散歩するには早いなら、抱っこしてお外で散歩することもできます。

そんな飼い主が、小型の犬を抱っこして散歩している姿を、外で見かけると思います。似たような状況なのかもしれませんね。あなたも、私が飼っている犬はまだ散歩をするにはちょっと不安、早いと感じているのなら、抱っこして散歩をして下さい。

見るだけでも違う、どうして抱っこしてまで散歩することが良いことかというと、外を見る、経験するというだけで違いが生じるからです。

ただ、これも意見に食い違いはあります。特にワクチンがまだ終了していない子犬に対しては、あまり外に出さない方がいいという意見もあります。ワクチンを打って、それでも不安なら、抱っこして少しお散歩を経験させる、抱っこではなく、今度は実際に歩かせるくらいが調度良いと思います。

子犬の散歩にかける時間や距離について

飼っているのも、子犬なので、散歩にかける時間や距離は、あまり大したものではありません。

子犬も散歩に慣れなくてはいけません。長距離を歩ける体力もまだ子犬にはありませんから

散歩は20分を目安に

それぞれの子犬が持っている体力によって、違うとは思います。まず、15分とか20分を目安にして、子犬のペースで散歩をして下さい。

また、上記はあくまでも目安です。子犬が疲れている態度を見せたら、抱っこするなど、あまり子犬に負担がかからないようにして下さい。

1日2回する

短い距離を1日2回した方がいいと思います。短い距離で慣れてもらい、それを2回して、体力をつけてもらう。散歩に慣れてもらう。そんな感じで、子犬の散歩を始めるといいと思います。

散歩がしやすいコースを選んで下さい。まだ散歩に対しても、免疫はついていません。まだ初心者ですから、その点、考慮しながら、散歩道を選んで下さい。子犬にとって歩きやすい道で、少し他の犬も見ることができるくらいが調度いいと思います。

子犬の散歩で気をつけること

これから、大切に育てた子犬の散歩にでかけますか?

散歩に出る前、なるべくおしっこは家で済ませるようにして下さい。子犬ですし、その当たりのコントロールはあまり効かないかもしれません。でも、飼い主として、一応、おしっこをさせてから、散歩に行くようにして下さい。

首輪をつけるトレーニングもする

散歩をする前に、子犬に首輪に慣れてもらう時間を持って下さい。一日中つけていたら、子犬もストレスを感じると思います。初めは短時間で、徐々にならして、そして、外に出て、少し歩く、散歩するという順番で子犬の散歩を始めるべきだと思います。

また、散歩をしている最中、他の犬に対して、吠えないようにしつけて下さい。吠えちゃダメだよ、といって、できたら、何かご褒美をあげる、そんな訓練も必要になると思います。また、大人になっても、散歩中におしっこをします。その処理をできるよう、便や尿の処理ができるようにして下さい。これが、飼い主としての近所に対する責任になります。

子犬はワクチンを打ってから、散歩させるべきです。その時期を待ってから、散歩をさせて下さい。