子犬の散歩を始める時期とは?散歩デビューのポイントを紹介

子犬を散歩させるの時期はいつからなら大丈夫なのでしょうか。ワクチンがすべて終わってから?それとも終わっていないうちからでも始めていいのでしょうか。

子犬の散歩時期で迷ったときには、ワクチンを打っている動物病院の先生に聞いてみましょう。

子犬の散歩デビューするときの時期や回数、距離などのポイントを紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ラブラドールの子犬の育て方についてご紹介

ラブラドールは、犬の中でも比較的賢い犬種とされていますが、そんなラブラドールを子犬から飼う場合は、ど...

犬の夜泣きはどうして起きるのか。夜泣きの原因と正しい対応方法

犬は感情表現が豊かな動物で、行動や仕草、鳴き声などで自分の感情を表します。犬が鳴き声をあげること...

犬が撫でられると喜ぶ場所やコミュニケーションを深める関わり方

犬を初めて飼う人や、これまであまり犬に触れたことがない人にとって、「犬が喜ぶこと」は全く想像がつきま...

犬のしつけ【トイレトレーニング】練習方法と成功のコツを解説

これから犬を飼う予定でいる人の中には、トイレのしつけについてどのようにすれば良いのか頭を悩ませている...

子犬の夜泣きはどうすればいい?一緒に寝ることが難しいとき

子犬が夜泣きをするときには一緒に寝ることが正解なのでしょうか。いくら大きい声ではなくとも静かな時間帯...

【犬のしつけ】成犬になった愛犬のしつけ方と注意点

何らかの理由で成犬を引き取った方や、子犬時代の成犬のしつけに失敗したまま愛犬が大きくなってしまった方...

柴犬のしつけの時期と対処法!上手に教えるために大切なこと

柴犬のしつけは性格が形成されていく子犬の時期にするのがおすすめです。子犬の成長はとても早いので、...

犬連れキャンプの大切なポイント!一緒に楽しむためにできること

犬も一緒に連れてキャンプに行きたいという愛犬家さんへ。はじめて愛犬もキャンプに連れて行くとなると...

犬がトイレを覚えないときの対処方法と覚えさせるポイント

犬がトイレを覚えないのはどうして?トイレを失敗したときに、叱ってはいませんか?トイレを失敗し...

【子犬のトイレトレーニング】トイレで排泄しない時に教えること

子犬を飼い始めたらまず始めに取り掛かりたいのがトイレトレーニング。飼い主として一生懸命愛犬を...

子犬のしつけを始める時期と子犬のうちに教えるべきこと

子犬を家族の一員として迎えるには、さまざまなしつけが必要になります。しつけを始めるには、どのくらいの...

チワワのしつけはいつから始める?しつけのコツとポイント

チワワのしつけはいつから始めたらいいのでしょうか?小さいチワワは、ある程度大きくなるのを待ってからし...

犬は臭いニオイが好き、飼い主も犬のニオイが大好き

犬は鼻が良い動物です。ですので、臭いニオイは嫌がりそうに思われますが、全くそんなことはありません...

【白い犬が飼いたい】可愛い小型犬なら初めての人でも安心

子どもから突然「犬が飼いたい」と頼まれて悩んでいませんか。ペットショップやテレビで眺めるだけなら...

室内犬にトイレをしつける際のポイントについてご紹介

室内犬を飼い始める時にまずしなくてはいけないしつけと言えば、トイレです。きちんと早めにしつけてお...

スポンサーリンク

時期はいつからOK?子犬の散歩について

可愛い可愛い子犬を育てて、時期が来たら、今度はお散歩をさせます。そのタイミングですが、あなたの可愛い子犬に、ワクチンを打たせてから、散歩させた方がいいという意見が強いです。

うまれてから4ヶ月が目処

ワクチンを順調に打たせて、4ヶ月後くらいが目安になります。犬の体調のことも考えて、外で散歩をするというより、家族とコミュニケーションをとって、ワクチンで免疫をつけさせる、それから、散歩という順序で考えた方が良さそうです。

また、子犬が外で散歩をし始めても、まだ慣れてもいませんし、必要な体力も備わっていません。距離も短めで、すぐに終了させた方がいいと思います。

サイズもあくまでも子犬です。そんなに散歩をさせる時期を早めさせる必要もないと思います。ワクチンを打って、外で散歩をできる体力ができた時期に少しずつ、外でお散歩をすればいいと思います。

あまり気持ちだけ早まらないようにして下さいね。徐々に散歩の距離や時間を長くするようにして下さい。犬もまだ大人ではありませんから。

散歩デビューの時期は子犬にこんな影響を与えます

時期を見計らうことにはなりますが、子犬が外で散歩できるようになると、子犬にとっては、大人になる第一歩になると思います。

吠えることができる

今まで見なかったものを見ることになります。吠えます。この動作でさえ、必要な時期に入ります。

あまり人間だけに守られていたら、この警戒する、吠えるという行為をしなくなります。散歩は子犬にとって、大人になる一つの一歩だと思います。

ストレス解消

ずっと家やお庭にいても、子犬だってストレスがたまります。特に、ワクチンをうって、体に体力がつき、免疫がついたら、余計体を動かしたくなります。体が十分動かせないのもストレスですから、散歩でそのストレスを発散できます。

適切な判断ができるようになる

散歩をすることにより、これは警戒すべきであり、これは警戒しなくても良い、そんな判断をすることができるようになります。

子犬という幼い時期からその能力がつくのも一つのメリットになりますね。

子犬の散歩時期に不安というときには抱っこがおすすめ

なんだか、とっても可愛いイメージにはなりますが、飼っているあなたの子犬、まだ散歩するには早いなら、抱っこしてお外で散歩することもできます。

そんな飼い主が、小型の犬を抱っこして散歩している姿を、外で見かけると思います。似たような状況なのかもしれませんね。あなたも、私が飼っている犬はまだ散歩をするにはちょっと不安、早いと感じているのなら、抱っこして散歩をして下さい。

見るだけでも違う、どうして抱っこしてまで散歩することが良いことかというと、外を見る、経験するというだけで違いが生じるからです。

ただ、これも意見に食い違いはあります。特にワクチンがまだ終了していない子犬に対しては、あまり外に出さない方がいいという意見もあります。ワクチンを打って、それでも不安なら、抱っこして少しお散歩を経験させる、抱っこではなく、今度は実際に歩かせるくらいが調度良いと思います。

子犬の散歩にかける時間や距離について

飼っているのも、子犬なので、散歩にかける時間や距離は、あまり大したものではありません。

子犬も散歩に慣れなくてはいけません。長距離を歩ける体力もまだ子犬にはありませんから

散歩は20分を目安に

それぞれの子犬が持っている体力によって、違うとは思います。まず、15分とか20分を目安にして、子犬のペースで散歩をして下さい。

また、上記はあくまでも目安です。子犬が疲れている態度を見せたら、抱っこするなど、あまり子犬に負担がかからないようにして下さい。

1日2回する

短い距離を1日2回した方がいいと思います。短い距離で慣れてもらい、それを2回して、体力をつけてもらう。散歩に慣れてもらう。そんな感じで、子犬の散歩を始めるといいと思います。

散歩がしやすいコースを選んで下さい。まだ散歩に対しても、免疫はついていません。まだ初心者ですから、その点、考慮しながら、散歩道を選んで下さい。子犬にとって歩きやすい道で、少し他の犬も見ることができるくらいが調度いいと思います。

子犬の散歩で気をつけること

これから、大切に育てた子犬の散歩にでかけますか?

散歩に出る前、なるべくおしっこは家で済ませるようにして下さい。子犬ですし、その当たりのコントロールはあまり効かないかもしれません。でも、飼い主として、一応、おしっこをさせてから、散歩に行くようにして下さい。

首輪をつけるトレーニングもする

散歩をする前に、子犬に首輪に慣れてもらう時間を持って下さい。一日中つけていたら、子犬もストレスを感じると思います。初めは短時間で、徐々にならして、そして、外に出て、少し歩く、散歩するという順番で子犬の散歩を始めるべきだと思います。

また、散歩をしている最中、他の犬に対して、吠えないようにしつけて下さい。吠えちゃダメだよ、といって、できたら、何かご褒美をあげる、そんな訓練も必要になると思います。また、大人になっても、散歩中におしっこをします。その処理をできるよう、便や尿の処理ができるようにして下さい。これが、飼い主としての近所に対する責任になります。

子犬はワクチンを打ってから、散歩させるべきです。その時期を待ってから、散歩をさせて下さい。