子犬のトイレトレーニングにかかる期間とトイレを教えるポイント

子犬にトイレトレーニングをするとき、一体どのくらいの期間がかかるのか知りたい人もいるのではないでしょうか。

これから子犬を飼おうと思っている人は特に、トイレのしつけについて気になってしまうことだと思います。

ここでは、子犬のトレーニングにかかる期間についてお伝えします。どのようにしてしつけを行えば良いのか、トレーニング方法についてもご紹介しますので、是非参考にしてみてください。

飼い主さんが気をつけたいことやトレーニングのポイントについて知って、自宅に子犬をお迎えしましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

犬同士の喧嘩をする理由や、止め方について知りたい

犬同士が喧嘩を初めてしまうことって時々見かけることがあります。自分の犬や、相手の犬が怪我をしない...

犬のマウンティングが問題行動?しつけで直すマウンティング

犬のマウンティングは犬同士だけでなく、飼い主にする場合や、おもちゃや家具にする場合も。どこで...

【犬のしつけ】成犬になった愛犬のしつけ方と注意点

何らかの理由で成犬を引き取った方や、子犬時代の成犬のしつけに失敗したまま愛犬が大きくなってしまった方...

甘噛みのしつけ方法は?子犬のしつけ方と飼い主が気をつけること

子犬を飼っている飼い主さんの中には、甘噛みをすることにお悩みの人もいるのではないでしょうか。本気で噛...

【犬の喧嘩のしつけ】多頭飼いの犬が喧嘩をした時の対処法

犬を多頭飼いしていると、犬同士で喧嘩が始まることもあります。飼い主として、喧嘩をやめさせるべきか、放...

犬のおしっこのしつけ方法。トイレトレーニングのステップ

子犬を家族の一員として迎える時には、おしっこのしつけは絶対に必要なものです。初めて犬にトイレを覚えさ...

犬のトイレのしつけは成犬からでもOK!やり方と大切なこと

犬のトイレのしつけは成犬からでも教えることはできます。ただ、成犬にトイレの訓練をする場合は根気強...

犬のトイレの設置場所の考え方とトイレトレーニングの方法

犬を飼い始めたらまずはじめに愛犬にしつけておきたいのがトイレでの排泄です。ペットショップのよ...

犬の拾い食いを防止しよう!トレーニング方法と対処法を解説

散歩中に犬が拾い食いをすることに頭を悩ませている人もいるのではないでしょうか。拾い食いをそのまま放置...

白い柴犬の子犬は貴重?白い柴犬の特徴や性格、子犬の選び方

白い柴犬は、某CMの影響からか人気がありますが、白い柴犬の子犬をペットショップで見かけたことあります...

子犬のしつけ【待て】を教えるメリットしつけの手順・ポイント

子犬を飼っている飼い主さんの中には、しつけとして「待て」を教えたほうが良いのかと考えている人もいるの...

犬が留守番中に吠える時の対処法!犬が快適に過ごせる環境作りを

犬に一匹だけで留守番をさせるとき、犬が吠える事にお悩みの人もいるのではないでしょうか。「外出...

犬のしつけ【トイレトレーニング】練習方法と成功のコツを解説

これから犬を飼う予定でいる人の中には、トイレのしつけについてどのようにすれば良いのか頭を悩ませている...

犬の散歩中に危険な拾い食いをやめさせるしつけの方法

犬がお散歩中に拾い食いをして困るという飼い主さんは多いと思います。拾い食いをして変なものを食べてしま...

犬が唸る理由は様々。直したい唸りとその対処法と注意点

飼っている犬がよく唸ると感じていませんか?またどうして唸っているんだろうと疑問に思うこともあるでしょ...

スポンサーリンク

子犬にトイレトレーニングをする期間の目安は遅くても約1ヶ月

子犬がトイレを決まった場所で出来るようになるまでには2週間から3週間くらいかかる場合が多く、遅い子犬でも1ヶ月くらいで習得できるものです。

子犬が1ヶ月以上トイレを覚えない場合には、トレーニング方法に問題がある場合が多い

まずは自分が行っているトレーニング方法をよく見直してみましょう。

自分でトレーニング方法を見直して改善しても駄目な場合には自分では気が付けない問題があるのかもしれません。

犬は個々によって性格が異なるので、その子犬にとって何かよくないことをしてしまっている場合もあります。

また、環境の問題、子犬に精神的問題や身体的問題などがある可能性もあります。まずはドッグトレーナーなど犬のしつけを専門としている人に相談してみましょう。

やってみよう・トイレトレーニング!子犬にトイレを教えよう

子犬を連れてきたら早速トイレトレーニングをスタートしましょう。

子犬を迎えるにあたって、犬が普段過ごす部屋にするペットサークルと移動する時に入れるクレートを用意します。
  • ペットサークル
    成犬になっても犬の安心して休める部屋としてずっと使用するので、成犬になったときに寝そべって足を投げ出してもエサや水入れを置くゆとりのある広さのものを用意しましょう。
  • クレート
    成犬になった時にゆったりと伏せの姿勢ができて、立ったまま向きを変えられるくらいのゆとりのある広さのものを選ぶようにします。伏せをした時に足が壁にぶつかったりして窮屈だとストレスになり、入りたがらなくなる場合もあります。
  1. まずはペットサークル内の地面にペットシーツをくまなく敷き詰めてから子犬を入れます。
  2. 排泄をしたら「よしよし」などと満面の笑みで声を出して撫でて褒めてあげましょう。
  3. それから排泄されたペットシーツを片付け、また新しいものを敷いておきます。
  4. その後は子犬を出して遊んであげます。20分程度遊んだらペットサークルに戻します。
そうしてまた、ペットシーツの上で排泄をしたら直ぐに「よしよし」などという声と満面の笑みで撫でて褒めてからぺっとシーツを取り替えます。

このようにペットシーツの上で排泄をした直後に直ぐに褒める事により「ペットシーツの上で排泄すると褒められる」という事を学ばせます。
ペットサークル内だけで排泄できるようになったらペットシーツの面積を狭くしていき、最終的にはトイレ内だけにおさまるようにします。

大切なのは失敗してしまった場合に怒らないことです。「成功を褒める」ことだけに着目してしつけを行いましょう。
最初にペットサークル内にペットシーツを敷き詰めて子犬を入れて2~3分経過しても排泄をしない場合には、遊んであげずにクレートに入れます。30分程度経過したらまたペットサークルに入れてみましょう。ペットサークルに入れてまた2~3分様子を見ます。排泄したらよく褒めて前述したように遊んであげます。

子犬のトイレトレーニングは飼い主さんが観察することも大切

ペットシーツの上で排泄できるかどうかは飼い主さんが子犬をペットサークルに入れるタイミングが非常に重要です。そのタイミングにかかっているとも言えます。

子犬が排泄をするタイミングは大体決まっているもの

多くの子犬は食事を食べた後、寝ていて起きた時、遊んでたくさん動き回った後に排泄をする事が多いです。
そのタイミングでは必ずペットサークルに入れるようにしましょう。

また、ペットは排泄する前に何らかの動作をします。床など周囲の物の臭いを嗅ぎ始めたり、もじもじしたりお尻を床に付けたりする場合が多く見受けられます。
子犬が排泄の前にどの様な行動を取るのかをよく観察しましょう。

期間別・子犬のトイレトレーニングのポイント

ペットシーツをペットサークル内全面に敷き詰めてから減らし始めるまでが1週間程度、床が半分出ている状態で失敗しなくなるのが更に1週間後、最終的目標の1枚になるまでに更に1週間を目安にしてトレーニングしましょう。

ポイントは成功した時に遊んであげる時間を段階的に長くしていく事

難易度が高くなりそれに成功すると褒美も大きくなるという事です。
しつけは期間にこだわって焦りが出るだけです。飼い主が期間にこだわり焦り始めると余計トレーニングは難航します。習得には期間よりも成功させてあげられる回数に比例するものです。

子犬のトイレトレーニング期間に飼い主さんが気をつけたいこと

トイレトレーニングではとにかく子犬を叱らないように気をつけましょう。

悪気があってトイレを失敗する子犬はいません

そもそも決まった場所で排泄をさせようというのは人間の都合です。家の中に排泄をされると怒りたくなるものですが、そもそもは犬には決まった場所で排泄するという習慣はありません。それを覚えさせているのだから犬にとっても大変なことでしょう。

トイレトレーニングで失敗しない子犬はいません。最初のうちは成功すれば大したものと考えて取り組みましょう。
とにかく「ペットシーツにしたら褒められて遊んでもらえる」という経験を多くさせ「褒める」のみでトレーニングしましょう。