【子犬の夜泣き対策】夜泣きの原因と子犬への接し方

家に迎えたばかりの子犬は、夜になると夜泣きを始めます。毎晩の夜泣きに、どうすれば夜泣きを止めさせることができるのかと、お悩みの方も多いと思います。
そこで、子犬が夜泣きをする原因や、夜泣きを止めさせるための対策についてご紹介します。
夜泣きをするには、いくつかの原因が考えられます。そして、夜泣きに悩むのは多くの飼い主さんが経験しています。新しい環境に慣れるまで、気長に付き合う心構えでいきましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

犬がトイレで寝る理由や、やめさせる方法についてご紹介

犬がやってしまう問題行動のひとつに「トイレで寝る」というものがあります。どの犬でもするわけではあ...

【子犬の散歩】リーダーウォークの必要性としつけ方を解説

まだ散歩デビューしていない子犬の飼い主さんの中には、散歩のときにどのようなしつけをすればよいのかわか...

犬の発情期(オス)の過ごし方やマウンティング行動について

発情期になるとオス犬はどのような行動を取るのでしょうか。ふだんはおとなしい犬でも発情期になると、この...

犬が無駄に吠える時に出来る対策などについてご紹介

犬を飼う時にさまざまな悩みが出ることがありますが、その中でも多いのが「無駄に吠える」です。そうい...

子犬のうちに必要なしつけと順番について【しつけのルール】

子犬をペットして迎える時には、子犬のうちに教えておきたいしつけがあります。いろいろとあるしつけはどの...

お留守番を上手にしてもらうために。犬のお留守番の練習方法

犬をペットとして迎えると、家族はみんな外出して、犬だけでお留守番をするという時間もあります。最近は、...

犬を抱っこして一緒に寝るのは大丈夫?良い点と注意点をご紹介

小犬を飼い始めると、可愛らしくてどんな時も一緒にいたくなってしまいます。中には抱っこをしたまま、ベッ...

犬が散歩で興奮するとお困りの方へ犬の気持ちを落ち着かせる方法

犬の散歩中に困る行動として、興奮をしてリードを引っ張ってしまうことや、他の犬に会うと必要以上に警戒し...

犬の甘噛み【成犬のしつけ】噛み癖にならずにやめさせる方法

犬の甘噛みは子犬の頃が多いのですが、成犬になっても甘噛をする場合があります。成犬になってから甘噛...

犬のしつけ【待ては教えよう!】上手な教え方とポイントを紹介

犬のしつけの中でも「待て」のしつけは特に教えておきたい行動のひとつ。待てのしつけを愛犬が覚えるこ...

【白い犬が飼いたい】可愛い小型犬なら初めての人でも安心

子どもから突然「犬が飼いたい」と頼まれて悩んでいませんか。ペットショップやテレビで眺めるだけなら...

子犬の甘噛みの原因は飼い主かも?正しいしつけ方法について

「子犬が甘噛みするのは仕方がない。」と思っているうちに、どんどん甘噛みがびどくなってしまっていません...

犬がストレスを感じるのはどんな時?ストレスの原因と解消方法

犬も人と同じ様にストレスをためてしまう場合があります。そしてストレスが解消されないと問題行動を引き起...

犬のマーキング対策と室内でマーキングする犬のしつけ方法

犬にとってマーキングはコミュニケーションの一つですが、室内で飼っている愛犬が室内でマーキングをしてし...

犬には英語でしつけをするのが良い?そう言われる理由と注意点

盲導犬などには英語でしつけを行います。お家でペットとして飼育する場合も英語でしつけを行ったほうが良い...

スポンサーリンク

子犬の夜泣き対策のためにケージの環境を整える

もしかしたら、あなたは子犬を飼うことを待ちに待って、望んでいて、ついにあなたの夢が適ったのかもしれませんね。やっとあなたの家に子犬が来てくれた。でも、そんな待ちに待った子犬が、夜泣きをしてしまう。子犬を飼うので、何か問題が起きるかなとは思ったけど、やっぱり夜泣き。

新しい環境に慣れていない?

子犬があなたの家に来たばかりなのでしたら、それは、あなたの家にまだ慣れていないからだと思います。最初は夜泣きをするのは仕方ないと思います。ただ、子犬が夜、リラックスしやすい環境は作ってあげられるので、その点に注意しながら、子犬と向き合って下さい。

少し明るくする

真っ暗なのは、子犬も不安だと思います。少しだけ明るくしてあげて、不安な気持ちを落ち着かせて下さい。明るさだけでも、子犬の不安な気持ちを解消させてあげられます。

湯たんぽを使う

湯たんぽを使って、子犬の不安な気持ちを和らげ、子犬が過ごしやすい環境にすることもできます。

子犬の夜泣き対策に飼い主が気を付けたいこと

子犬をこれから飼う方、もしくは、既に飼っていて、子犬の夜泣きに悩まされている飼い主の方々、なんで、その時間に子犬が夜泣きをするのか、その点にも注意して、子犬を飼うようにして下さい。

おしっこをしたい、プラス、トイレがない?

夜中におしっこをしたくなっても、子犬は鳴きます。ケージ内にトイレがあればいいのですが、無い場合は、子犬は、夜中に鳴きます。

その時間にお腹が空いた

人間でも、夜にお腹が空くことはあります。子犬もこの時間帯にお腹が空いて、鳴きます。それが原因なら、何か子犬に与えれるおかしでもあげればいいと思います。

一人が寂しい

特に子犬の時期なので、お母さんが恋しい、誰かと一緒にいたい、そんな寂しさのあまり、鳴いていることもあります。飼い主として、新しい環境に慣れるまでは、一緒に寝てあげることも大切だと思います。

慣れたら、別々に寝て、まだ少し寂しいのかな?と感じる時は、飼い主が側にいる。これも愛情表現の一つではないでしょうか。

子犬で寂しさからくる夜泣きの対策

まだまだ、お母さんが必要な時期に子犬が一匹にされたら、寂しいですし、それが原因で、泣いてしまいます。

はじめからそれがわかっているのなら、子犬を飼う前から、「こんな対策を取ろうかな」具体的な対策を知っておいた方がいいです。

子犬が安心する香りを見つける

子犬がこの香りを嗅いだら、気持ちが落ち着く、その香りを見つけて、その香りがする小さなブランケットですとか、タオルですとか、何かかしら、それを嗅いでいたら気持ちが落ち着くものを与えて下さい。これで、夜泣きも落ち着くと思います。

ケージごと、寝室に移動させる

どうしても、誰かと寝ないと心が落ち着かない子犬もいます。そんな子犬は、飼い主と一緒のお部屋で寝かせて下さい。ケージを移動させるのは大丈夫です。ただし、行き過ぎた行動、ケージから出して一緒に寝るのは、あまりお薦めできません。というのも、それが癖になり、飼い主と一緒でしか、眠れない犬に育ってしまうからです。あくまでも、ケージの中に入れた状態で移動させて下さい。

子犬の夜泣きに逆効果なこと

子犬が夜泣きをしている時、叱ったり、いつも以上に子犬に対してかまってしまうのは、逆効果です。

叱ると、必要以上に飼い主を恐れてしまう

子犬のこの時期に飼い主であるあなたが子犬を叱りすぎてしまうと、子犬との信頼関係は保てなくなります。相手も子犬ですし、夜泣きをしているからといって、叱ることは辞めて下さい。子犬が夜泣きをしている時も、別の方法で、子犬の夜泣き対策した方がいいと思います。飼い主と子犬との信頼関係は大切ですからね。初めから叱るようなことはしないで下さい。

コミュニケーションは取らない

夜泣きをするから、撫でてあげるというよりは、ケージを寝室の部屋に移すなどして、必要以上にかまわないようにして下さい。あまりかまってしまうと、わがままな犬に育つと思います。必要以上のコミュニケーションは取らないようにしましょう。

子犬のしつけは気長に付き合う心構えで

人間の赤ちゃんだって、はじめは夜鳴きます。子犬だって、動物。初めのうちは泣くことくらい、覚悟の上で子犬を育てて下さい。

どんな対策をとっても泣く時は泣く

どんなに夜泣き用の対策をとっても、泣く時は泣きます。それにあなたも付き合えるくらいの覚悟が必要だと思います。

必要以上に泣いて、病気な場合は別ですが、少しくらい泣くのなら、付き合えるくらいの覚悟は決めて下さい。動物を一匹飼うのですから、夜の時間に泣くこともあります。あまりそれだけに囚われていたら、あなたの方がしんどくなります。ですので、子犬が泣いても、これはこれで自然現象だと割り切って、生活して下さい。

子犬を飼うのですから、夜に鳴かれるのは仕方ないと思います。対処法は上記で説明しましたが、動物を飼う以上は、鳴き声とも付き合わなくてはいけないと肝に銘じて下さい。でも、夜泣きをしない、心地よい環境は、できるだけ作ってあげて下さいね。必要であれば、ケージに入れた子犬と一緒に寝てあげて下さい。