子犬はワクチンして散歩しよう!ベストなタイミングと社会性

子犬はワクチン接種を始めたら散歩はいつからしてもいいのか気になる飼い主さんは多いのではないでしょうか。
ワクチン接種を終えるまでは外に出してはいけないと思っていませんか?

そこで、子犬のワクチン接種や散歩についてお悩みの飼い主さんのために、ベストなタイミングや子犬の社会性などお伝えしていきましょう。

散歩を始めるの前に家でリードに慣れさせるなど準備を始めるのも大切です。
ぜひ参考に試してみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

犬はドッグフードに飽きるの?ごはんを食べない原因と対処法

今まではドッグフードを食べていたのに犬がドックフードを食べなくなってしまうと、もしかして飽きてしまっ...

子犬の散歩を始める時期とは?散歩デビューのポイントを紹介

子犬を散歩させるの時期はいつからなら大丈夫なのでしょうか。ワクチンがすべて終わってから?それとも終わ...

犬は生理で食欲低下したときの対処法と犬のためのマナーを紹介

メス犬も人間と同じように成長に伴い生理が始まります。このとき、食欲が低下してしまう犬もいます。...

犬が留守番中に吠える時の対処法!犬が快適に過ごせる環境作りを

犬に一匹だけで留守番をさせるとき、犬が吠える事にお悩みの人もいるのではないでしょうか。「外出...

犬に伏せを教える方法、伏せがしつけとして必要な理由もご紹介

犬を飼い始めたらしつけをしなくてはいけません。犬のしつけにはいろいろありますが、ここでは伏せの教え方...

犬が散歩で興奮するとお困りの方へ犬の気持ちを落ち着かせる方法

犬の散歩中に困る行動として、興奮をしてリードを引っ張ってしまうことや、他の犬に会うと必要以上に警戒し...

犬のトイレの設置場所の考え方とトイレトレーニングの方法

犬を飼い始めたらまずはじめに愛犬にしつけておきたいのがトイレでの排泄です。ペットショップのよ...

犬が唸る理由は様々。直したい唸りとその対処法と注意点

飼っている犬がよく唸ると感じていませんか?またどうして唸っているんだろうと疑問に思うこともあるでしょ...

犬のしつけ【トイレトレーニング】練習方法と成功のコツを解説

これから犬を飼う予定でいる人の中には、トイレのしつけについてどのようにすれば良いのか頭を悩ませている...

犬の赤ちゃんの育て方や、注意点などについてご紹介

犬を飼う時のタイミングとして多いのは、ある程度大きくなった子犬からスタートするパターンですが、さまざ...

犬を飼うメリットはこんなにたくさんある!犬との暮らし

犬を飼うとどんなメリットがあるのでしょうか。犬を大切にすることで、家族や自分自身も大切にする...

犬連れキャンプの大切なポイント!一緒に楽しむためにできること

犬も一緒に連れてキャンプに行きたいという愛犬家さんへ。はじめて愛犬もキャンプに連れて行くとなると...

子犬のうちに必要なしつけと順番について【しつけのルール】

子犬をペットして迎える時には、子犬のうちに教えておきたいしつけがあります。いろいろとあるしつけはどの...

犬に留守番させる時のしつけ方法!安全に過ごせる環境を作ろう

犬に一匹だけで留守番をさせる場合、どのようなしつけをすればいいのか悩む飼い主さんもいるのではないでし...

犬の発情期(オス)の過ごし方やマウンティング行動について

発情期になるとオス犬はどのような行動を取るのでしょうか。ふだんはおとなしい犬でも発情期になると、この...

スポンサーリンク

子犬のワクチン後の散歩のタイミング

念願の子犬を飼ったら散歩が楽しみで仕方ないという方も多いでしょう。
しかし子犬を外で散歩させる際には「ワクチン接種」が鉄則となっています。
そんなワクチンは全部で3回あり、全3回分接種させるためには、約2~3ヶ月程の期間を要することになります。

散歩を早くしたい!と考えている飼い主さんにとっては少し長いと感じる期間だと思いますが、実は、子犬の散歩はワクチン全3回を接種していなくても「できる」のです!
もう少し詳しくお伝えすると、「2回目」のワクチンを接種した後であれば、散歩をスタートさせても良いということです。
ただ、動物病院によっては3回目以降じゃないとダメ!と言われる場合もありますので、一応かかりつけの先生に確認しておくことをお勧めします。

また、2回目のワクチン接種が済んだ後にしても良い散歩ですが、散歩に連れて行く際には草むらや他の犬との接触は避けなければいけません。
思わぬ感染症にかかってしまう場合があるためです。気をつけるようにしましょう。

ワクチン終了前の子犬の散歩は少しずつ慣れていくのがベスト

全3回のワクチンが終了する前に、子犬の散歩をする場合は、少しずつ散歩に慣れさせることが大切です。

なぜなら、外の世界を体験したことがない子犬はいつもと違う環境に戸惑い、恐怖や不安を強く感じる場合があるためです。
いきなり人通りや交通量の多い場所に連れて行ってしまうと、犬はビックリして散歩を怖いことと感じてしまうかもしれません。

基本的に散歩デビュー当初はそうした環境に戸惑いや恐怖等を抱かないように、「自分家の敷地内」で行うようにします。

庭がある場合は庭で遊ばせるのが良いでしょう。
もしも、アパートやマンションにお住まいで庭が無いのであれば、極力人通りや車が少ない場所を選ぶようにして下さい。

また敷地内敷地外問わず、外を散歩させる際は、足元に注意が必要です。
腐っている食べ物やゴミなどの誤飲に細心の注意を払い、そうした物がある場所での散歩は控えるようにしましょう。

本格的な子犬の散歩はワクチンが終わって丈夫な体になってから

ではいつ頃から本格的に子犬の散歩をさせて良いのでしょうか。

普段よく見かけるような散歩ができるようになるのは、ワクチン接種が全て終わって、身体の中でしっかりと免疫が出来上がってからです。

子犬は成犬と比較しても感染症等にかかりやすくなっています。
本格的な散歩にはそうした感染症のリスクが多くあり、しっかりとした免疫が出来上がる前に本格的な散歩をさせてしまうと、どこかで感染症の発症原因となる菌を貰ってきてしまう可能性があるのです。

子犬はただでさえ身体が未熟で弱いですから、そうした病気にかかるようなことがあれば、命にも関わるような状況になりかねません。
大切な家族の一員である子犬を守るためにも、本格的な散歩は、子犬の身体が丈夫な状態になってから行うことが大切です。

散歩を始める前にリードに慣れさせることも大切

一方で犬の散歩をする際には「リード」が必需品です。
子犬を散歩させたいのであればワクチンの他、このリードに慣れさせることも、大切な準備の1つとなります。

そこでここではリードに慣れさせる方法についてお伝えします。

子犬の散歩はリードに慣れさせることも大切!

子犬は見たこともないリードに最初は戸惑いを感じます。
その子によって反応は異なりますが、多くの場合ではリードを噛んだり、リードを着けようとすると逃げる等の行動が見られるでしょう。

まずはリードに対して「恐怖心」を取り除くことから始めましょう。

いきなり着けてしまうと、子犬はリードに対してトラウマを持ってしまう可能性があり、今後は一切着けさせてくれないなんてことにもなりかねないため、始めはリードに触れさせたり見てもらうことからスタートさせます。

リードに対して興味を持ってきたら「短時間」での装着へと移ります。

リードを着けている間は、子犬にとってリードが良いイメージとなるように、おもちゃで遊ばせたりおやつを与えたりします。褒めてあげるのも効果的です。
子犬に「リードを着けていると良いことが起きる」と認識させるのです。

また、慣れさせる練習はあくまでも短時間で1日3~4回程度を目安に、日にちをかけて繰り返し行うことが大切です。
こうすることで、子犬の方からリードを要求させることができ、リードに対して「飽きる」という状態を防ぐことができます。

最終的にリードを装着しても、怖がったり、噛んだりしなくったら、慣れたと判断して良いす。
ただ、実際に散歩に出てみると長時間の装着が苦痛に感じてしまう場合もありますので、状況に応じて散歩時間は調整して下さいね。

子犬のうちから社会化に慣れさせてあげましょう

子犬は小さい頃の環境によって成長した時の警戒心の強さや不安の感じ方が変わります。

小さい頃から外で色々なことに触れれば、その分社会に慣れているため不安や警戒心は弱くなり、逆に、家に閉じこもりっ放しだと触れ合う人間や環境は限られますから、成長した頃には初めてのことに不安や恐怖を強く感じてしまうのです。
不安や恐怖を強く感じるようになると、過度に吠えてしまったり、外が怖くて出られない(散歩が難しい)などの状態になることもあります。

ではそのような状況になるのを防ぐためにはどうしたら良いのでしょうか。

成長した時に極力不安などを感じさせないようにするためには、子犬の「社会化期」という時期に合わせて、外に出して違う環境に慣れさせてあげる必要があります。
しかし、子犬の社会化期は「生後13週まで」と限られた期間になっており、生後13週の時点ではワクチン接種が3回全て終わっていないため、外を自分の足で歩かせるのはリスクが伴ってしまいます。
そのため、外に慣れさせる際には犬用キャリー等に入れたり、飼い主さんが抱っこをした状態で散歩をする必要があります。

また、社会化期は犬の成長期である反面で初めてのことに戸惑いや不安を強く感じる時期でもあり、犬の性格によっては外に出ることに強い恐怖心を抱くケースもありますので、万が一、犬が外に出ることを嫌がるようでしたら時期をずらして散歩を行うことも大切です。

あくまでも最優先すべきは「犬の気持ち」です。
嫌がっているのにも関わらず無理に連れ出すと、外に対して恐怖心が残ってしまい今後の散歩に影響する可能性がありますので、注意して下さいね。