犬が唸る理由は様々。直したい唸りとその対処法と注意点

飼っている犬がよく唸ると感じていませんか?またどうして唸っているんだろうと疑問に思うこともあるでしょう。

ここでは犬が唸る理由について詳しくご紹介します。

犬が唸る場面は色々あります。

物理的な原因や感情的な原因などその理由は様々です。唸りを直したい場合の対処法についてもご確認ください。

愛犬が唸る理由を理解して、しっかりとした関係を築いてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

犬が散歩で興奮するとお困りの方へ犬の気持ちを落ち着かせる方法

犬の散歩中に困る行動として、興奮をしてリードを引っ張ってしまうことや、他の犬に会うと必要以上に警戒し...

犬が無駄に吠える時に出来る対策などについてご紹介

犬を飼う時にさまざまな悩みが出ることがありますが、その中でも多いのが「無駄に吠える」です。そうい...

犬のマーキング対策と室内でマーキングする犬のしつけ方法

犬にとってマーキングはコミュニケーションの一つですが、室内で飼っている愛犬が室内でマーキングをしてし...

犬が夜泣きをするときはどうしたらいい?突然吠えだした場合

犬が突然夜泣きするようになってしまったときにはどうしたらいいのでしょうか。犬を迎えたばかりの...

犬が撫でられると喜ぶ場所やコミュニケーションを深める関わり方

犬を初めて飼う人や、これまであまり犬に触れたことがない人にとって、「犬が喜ぶこと」は全く想像がつきま...

犬が吠える場合は無視をするのが良い?吠えぐせに対する対処方法

犬に吠える癖がついてしまうと、直すのはなかなか根気が必要となります。無視するのが効果的だと、...

犬の留守番中のトイレを失敗させない方法とは?コツとポイント

犬が留守番中のトイレを失敗してしまうのはどんな理由からなのでしょうか?トイレトレーニングは成...

子犬の首輪はいつから付ける?時期や選び方、装着方法をご紹介

子犬を飼い始めたら、首輪はいつから付けたら良いのか気になります。なぜなら首輪を付けなければリードを付...

犬には英語でしつけをするのが良い?そう言われる理由と注意点

盲導犬などには英語でしつけを行います。お家でペットとして飼育する場合も英語でしつけを行ったほうが良い...

チワワの子犬の育て方。特徴や日常のお世話の方法

ペットとして人気のチワワ。愛くるしいクルクルとした瞳が可愛らしい犬です。これから子犬を飼いたいと思う...

犬の発情期(オス)の過ごし方やマウンティング行動について

発情期になるとオス犬はどのような行動を取るのでしょうか。ふだんはおとなしい犬でも発情期になると、この...

犬の発情期はメスだけ?発情期にみられる症状とケアについて

犬を飼育する上で気になる発情期、メス犬はオス犬に比べ性格がおとなしいと言われていますが、メス犬だけに...

【犬のしつけ】成犬になった愛犬のしつけ方と注意点

何らかの理由で成犬を引き取った方や、子犬時代の成犬のしつけに失敗したまま愛犬が大きくなってしまった方...

犬にしつけでふせを教えるコツを紹介!焦らずにステップアップ

犬にしつけでふせを教えたいけど、どうしたらいいのかわからないという飼い主さんもいるでしょう。ふせの姿...

室内でできる犬が喜ぶ遊びや室内遊びの注意点についてご紹介

犬には毎日の散歩が大切ですが、梅雨時期などには雨が続き、なかなか散歩に連れていけないことも。そんな日...

スポンサーリンク

犬が唸る理由はたくさんあります

犬にとって「唸る」という行為は、さまざまな感情や要求などを表すものです。その中には、しつけによって改善されるものもあれば、犬の本能によるものもあり、飼い主ですらその理由を完全に理解するのが難しい時があるのは、ある意味仕方のないことなのかもしれません。

犬が唸るのはなぜ?

犬は恐怖を感じた時に唸ることがあります。

これが人間であれば、泣いたり叫び声をあげたりといった行動を取りますが、犬は唸ることで恐怖の対象を威嚇しているのです。

また、誰かに自分のお気に入りの物や、食べ物を取られそうになった時にも、唸ることで相手を威嚇します。これと似たケースとしては、子供を産んだばかりの母犬が、子供を守ろうとして周囲を威嚇するために唸ったり、自分のテリトリーに入ろうとする来客に対しても、唸って追い返そうとすることも。

威嚇以外で唸ることもある

そう考えると、犬が唸る理由のほとんどが、相手に対しての威嚇と関連付けられるようにも思えますが、犬同士でじゃれ合って遊んでいる際にも、興奮して唸ることがあります。他にも、嬉しい気持ちを表現する手段として、唸り声のようなものをあげる犬もいますし、唸ることで体の痛みを訴えていることもあるのです。

唸りやすい犬種と唸る理由と対処法

唸ることで恐怖心を抑え、相手を威嚇するのは犬の本能によるものです。しかし、中にはそれ以外の理由でも唸ることが多い犬種というのも存在します。

唸りやすさは犬種にもよる

恐怖を感じた時以外にも唸ることが多いのは、元々の牧羊犬や猟犬としての性質が残る、コーギーやダックスフンド、テリアなどです。物に対する独占欲が強く、唸ることで取られまいとしていると考えられています。

怖くて唸る犬への対応

恐怖を感じることで一時的に唸るくらいであれば、それは犬の本能によるものなのである程度は理解できますが、あまりにも頻繁に唸り声をあげたり、それがエスカレートして人や他の犬などに対して飛びかかるような事態は、飼い主として見過ごすわけにはいきません。

何に対しても過剰に反応して唸り声をあげる犬に対しては、まずは怖がる必要はないということを理解させるように努めます。飼い主との適度なコミュニケーションが取れていることで、犬に安心感を与えてあげられれば、怖いから唸るという行為は自然と減っていくことでしょう。

また、ある特定の人や物に対してだけ怖がって唸るのであれば、それらに徐々に近づけて慣らしていくのもおすすめです。

犬が唸る理由が欲の場合としつけのポイント

犬が唸る理由はいくつもありますが、人や物に対しての独占欲の現れとして、唸ることもあります。たとえば、お気に入りのおもちゃを誰かに取られそうになった時や、見知らぬ犬が自分の飼い主に近づいた時に唸るのは、相手を威嚇して自分の物(飼い主)を取られまいとする気持ちの現れと取ることができます。
しかし、あまりにも頻繁に唸って威嚇を繰り返すようであれば、他の犬とのトラブルになる恐れもあるため、そのまま放置しておくべきではないと思います。

しつけによって改善されることも

唸ることで威嚇して、犬が自分の物を取られないようにする行為が続くようであれば、それ以上興奮するのをやめさせるようにしつけを行います。犬がおもちゃなどで遊んでいる時を狙って、まずはおもちゃを渡すように声がけをして、おもちゃを取るそぶりをします。そこで犬が唸るようでしたら、おやつをチラつかせながら、おもちゃとおやつを取り替えっこしてくれるかどうかを試してみてください。

時間をかけてこれを繰り返すことで、唸らずにおもちゃを渡せるようになるでしょう。

犬が唸る理由とやってあげたい事

犬は、家族の中においての自分の順位をつけて行動をします。飼い主の指示に従わず、唸ったり噛み付いたりしてくる犬の多くが、飼い主の存在を自分よりも下に見ている傾向にあるようです。そうならないためにも、犬が唸る理由を理解し、飼い主としてしつけを行うことが重要なのです。

唸る理由によって対応を変える

飼い犬がかわいいあまりに、普段から犬を甘やかしていると、いつしか犬の中での上下関係が逆転して、なんでも自分の言うことを聞いてくれる存在だと勘違いしやすくなります。もしも、自分の要求を通すために唸るのだとしたら、それは飼い主を下に見ている証拠ですので、きちんと早い段階で上下関係を理解させなければなりません。

ここでしつけとして行うべきなのは、「犬の要求に従わない」ということに尽きます。

もちろん、体の不調を訴えて来るときは例外ですが、大半の要求は甘えによるところが大きいですので、まずは何でも自分の思い通りにはならないことや、あくまでも飼い主主導であることを教え込むことで、唸るのをやめる可能性が高いでしょう。

犬が唸るのをやめさせる方法と注意点

すでに唸るのがクセになってしまっている犬と接する時に大切なのは、唸る=悪いことであるということを、しつけによって刷り込むことです。もしも、しつけを繰り返してもなかなか改善が見られない場合には、犬が唸った時に試してもらいたい方法があります。

唸るとよくないことが起こると覚えさせる

ここであくまでも守ってもらいたいのが、犬との関係性を悪化させないように努めることです。そのためにも、唸った時に起こる嫌なことが、飼い主のせいだと悟られないようにしなければなりません。

たとえば、唸り声をあげたタイミングで大きな音を慣らして驚かせることで、唸るとこの音がするから唸るのはやめようと、犬が学習するようになります。もちろん、音を鳴らしているのは飼い主なのですが、あくまでもどこかから自然と聞こえてくるように振る舞い、音を鳴らしているのに気付かれないようにしましょう。
犬が唸る理由がわかれば、対処方法も見えてきます。場合によってはしつけも必要になりますので、まずは原因を探り、段階を踏んで対処するように努めましょう。