犬のおしっこのしつけ方法。トイレトレーニングのステップ

子犬を家族の一員として迎える時には、おしっこのしつけは絶対に必要なものです。初めて犬にトイレを覚えさせるという時には、まずは何から教えれば良いのかわからない、という方も多いのではないでしょうか?
そこで、子犬のトイレトレーンングの手順や、注意点についてご紹介します。トイレトレーニングは失敗してしまうと、つい叱ってしまいそうになりますが、叱るのはNG。たくさんの成功体験を重ねることが大切です。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

犬が無駄に吠える時に出来る対策などについてご紹介

犬を飼う時にさまざまな悩みが出ることがありますが、その中でも多いのが「無駄に吠える」です。そうい...

犬の甘噛み【成犬のしつけ】噛み癖にならずにやめさせる方法

犬の甘噛みは子犬の頃が多いのですが、成犬になっても甘噛をする場合があります。成犬になってから甘噛...

犬に留守番させる時のしつけ方法!安全に過ごせる環境を作ろう

犬に一匹だけで留守番をさせる場合、どのようなしつけをすればいいのか悩む飼い主さんもいるのではないでし...

【子犬の夜泣き対策】夜泣きの原因と子犬への接し方

家に迎えたばかりの子犬は、夜になると夜泣きを始めます。毎晩の夜泣きに、どうすれば夜泣きを止めさせるこ...

犬同士の喧嘩で怪我をした時にすべきことと喧嘩の対応対策

犬を飼っている人なら誰でも一度は経験したことがある他の犬とのヒヤッとする体験。日頃から注意してい...

犬のしつけの順番を解説。最初にする事としつけのポイント

年願だった犬を飼うことになったときは、ワクワクと同時にしつけの不安があるでしょう。いくら可愛...

犬には英語でしつけをするのが良い?そう言われる理由と注意点

盲導犬などには英語でしつけを行います。お家でペットとして飼育する場合も英語でしつけを行ったほうが良い...

室内犬にトイレをしつける際のポイントについてご紹介

室内犬を飼い始める時にまずしなくてはいけないしつけと言えば、トイレです。きちんと早めにしつけてお...

柴犬のしつけの時期と対処法!上手に教えるために大切なこと

柴犬のしつけは性格が形成されていく子犬の時期にするのがおすすめです。子犬の成長はとても早いので、...

犬が撫でられると喜ぶ場所やコミュニケーションを深める関わり方

犬を初めて飼う人や、これまであまり犬に触れたことがない人にとって、「犬が喜ぶこと」は全く想像がつきま...

犬のマウンティングが問題行動?しつけで直すマウンティング

犬のマウンティングは犬同士だけでなく、飼い主にする場合や、おもちゃや家具にする場合も。どこで...

【子犬の散歩】リーダーウォークの必要性としつけ方を解説

まだ散歩デビューしていない子犬の飼い主さんの中には、散歩のときにどのようなしつけをすればよいのかわか...

犬のストレスの原因に注意!愛犬のために飼い主ができること

犬にとってストレスの原因になることは、犬と生活をしていくなら飼い主が取り除いてあげなければなりません...

犬のトイレトレーニング!成犬でもトイレのしつけは可能です

犬のトイレトレーニングは若いうちに行なうと、早く覚える傾向がありますが、成犬の場合や老犬の場合は、ト...

【犬のしつけ】成犬になった愛犬のしつけ方と注意点

何らかの理由で成犬を引き取った方や、子犬時代の成犬のしつけに失敗したまま愛犬が大きくなってしまった方...

スポンサーリンク

犬のおしっこのしつけは家に迎えた初日から

犬が家にやってきたその日からすぐにおしっこのしつけを開始しましょう。

犬が人と同じ空間で暮らすには人間のルールを知ってもらわなければなりません。特におしっこはトイレ以外の場所でされると大惨事となります。早急に覚えてもらう必要があります。
犬を飼う前は可愛くて常に犬が同じ空間に居る事に夢を持って迎え入れますが、いざ一緒に暮らし始めて家のあちこちにおしっこをされると悩みの種となります。

犬はトイレでする習慣などないので覚えるまでの間に失敗をするのは当然の事ですが、長く続くと大変なストレスとなります。
的確にしつけて早く習得させるのが飼い主にとっても犬にとっても幸せに繋がります。

犬に適したトイレの大きさの選び方

トイレをしつけるには、まずは犬のトイレを用意します。

大きさは犬が成犬になった時に立った状態で全ての足が自然と収まる広さのものを選びましょう。
場所が狭いからと小さいトイレを購入すると、犬は入っているつもりでもはみ出していてたりと余計な失敗の元となります。しかし、大きすぎるとトイレの存在が認識できない場合もあります。そのため、犬が立った状態で調度入るくらいの大きさのトイレを選びましょう。

犬におしっこのしつけをするトイレトレーニング

トイレトレーニングは難しい事ではありません。
とにかくペットシーツの上にしたら褒めることです。そうして失敗した場合には速やかに片付けて怒りも褒めもしない、「無」の状態を決め込みます。
それを繰り返すと犬はペットシーツの上にすると褒められる事を学習し、飼い主に褒められるためにペットシーツの上でおしっこをするようになります。
問題はどうやってペットシーツの上でおしっこをさせるかです。

まずは家の中に犬の部屋を用意します。

適度な広さのあるペットサークルが最適でしょう。犬が足を伸ばして寝そべる事ができ、エサ入れや水入れも置けるくらいゆとりのある大きさが良いでしょう。それと、獣医さんなどに連れて行く時に入れるクレートを用意します。

ペットサークル内にペットシーツを敷き詰めておき、おしっこをしそうな気配を感じたらさっと中に入れ排尿を促します。「おしっこ」「しーしー」など促す言葉は家族で統一して決めておきましょう。

おしっこをしたらよく褒めます。言葉と表情と動作の全てで褒められている事を分からせる事がポイントです。そうして少し遊んでからクレートに入れます。

ペットサークルに入れて2分程度経過してもおしっこをしない場合にはすぐにクレートに入れます。
このようにして「ペットシーツの上でおしっこをすると褒められて遊んでもらえる」ことを分からせます。
段々とペットシーツの枚数を減らしていき、トイレに敷いた分だけにできるようになったら完了です。

おしっこのしつけが完了するまでは家の中を自由に歩き回らせないようにしましょう。

犬はなれない場所だと不安になり自分のにおいを付けるためにおしっこをあちこちにかける場合が多くあります。一度おしっこの臭いがついてしまうと何度もそこでするようになります。まだ慣れないうちはペットサークルとクレートと飼い主の周囲で遊ぶだけで子犬は安心して過ごす事ができます。

慣れないうちに家中を歩き回らせてると犬は不安でおしっこをする。人が怒る。おしっこをして怒られると犬は隠れておしっこをするようになります。そうると悪循環に陥ってしまいます。
おしっこのしつけは2~3週間程度で完了する場合が多いです。その間は限られたスペースで生活させましょう。

犬がおしっこで失敗してしまう原因

そもそも犬には決まった場所でおしっこをする習慣はありません。

「おしっこはトイレでしなければならない」という事を知らないので犬にとっては失敗もなにもありません。「失敗された」と思うのは人間の考えです。おしっこはトイレでするということを教えて理解させるのがしつけなので、犬が理解をするまではトイレ以外でして当たり前なのです。正しくしつけると犬は覚えることができます。

しつけの方法が曖昧であったり分かりづらいと犬はなかなか覚えることができません。

「うちの犬は全然トイレを覚えない。頭が悪いのかしら…」という話を聞くことがありますが、教え方などに問題がある場合が多々あります。

なかなかおしっこを覚えない場合にはしつけの方法を見直してみましょう。
失敗をした時に高い声で「いや~」と言ったり騒ぐと犬は「喜んでいる」と勘違いする場合があります。失敗を怒られると「飼い主の目の前でおしっこをしてはいけないのだ」と理解して目の届かない場所でする場合もあります。

犬のしつけには時間も必要、失敗しながら覚えていくもの

おしっこのしつけは、「ペットシーツの上でおしっこをしたら褒められた」という事を分からせて何度も体験させる事です。

その体験を早く多くさせるとしつけの期間も短くなるでしょう。そのためには犬がおしっこをしたくなるタイミング、食事の後や寝起き時などを見計らってペットサークルに入れてあげることが大切です。飼い主の力量にかかっていると言えます。

犬をよく見ておしっこをする前のサインを見逃さないようにしましょう。

おしっこは時間がかかってもいつかは覚えると、焦らずに気を長くして構えていましょう。犬は飼い主の心を敏感に察知するものです。飼い主が鬼気迫っていると犬は不安を感じたり危機感を覚えてしつけどころではなくなってしまいます。

飼い主が楽しそうに取り組んでいると犬も嬉しくなりしつけの効率もよくなります。