犬がストレスを感じるのはどんな時?ストレスの原因と解消方法

犬も人と同じ様にストレスをためてしまう場合があります。そしてストレスが解消されないと問題行動を引き起こしてしまう場合も。

そこで、ここでは犬が感じるストレスの原因について、またストレスを軽減、解消する方法についてご紹介をいたします。

ストレスを感じている時に出す、犬のサインについても紹介をいたしますので、ストレスが心配な場合の参考になさってください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

子犬の首輪はいつから付ける?時期や選び方、装着方法をご紹介

子犬を飼い始めたら、首輪はいつから付けたら良いのか気になります。なぜなら首輪を付けなければリードを付...

子犬はワクチンして散歩しよう!ベストなタイミングと社会性

子犬はワクチン接種を始めたら散歩はいつからしてもいいのか気になる飼い主さんは多いのではないでしょうか...

犬連れキャンプの大切なポイント!一緒に楽しむためにできること

犬も一緒に連れてキャンプに行きたいという愛犬家さんへ。はじめて愛犬もキャンプに連れて行くとなると...

犬に伏せを教える方法、伏せがしつけとして必要な理由もご紹介

犬を飼い始めたらしつけをしなくてはいけません。犬のしつけにはいろいろありますが、ここでは伏せの教え方...

犬のトイレトレーニング!成犬でもトイレのしつけは可能です

犬のトイレトレーニングは若いうちに行なうと、早く覚える傾向がありますが、成犬の場合や老犬の場合は、ト...

白い犬が大好き!その中でも大型の種類とは

白い犬と聞いたら、もこもこでふわふわな触り心地のよい毛並みを連想する方も多いと思います。特に大型...

子犬のしつけを始める時期と子犬のうちに教えるべきこと

子犬を家族の一員として迎えるには、さまざまなしつけが必要になります。しつけを始めるには、どのくらいの...

犬のしつけ【トイレトレーニング】練習方法と成功のコツを解説

これから犬を飼う予定でいる人の中には、トイレのしつけについてどのようにすれば良いのか頭を悩ませている...

子犬は留守番ができる?いつから長時間の留守番が可能かについて

子犬を飼いたくても、仕事をしていると躊躇してしまいます。それは子犬に留守番をさせなくてはいけないこと...

犬のマーキング対策と室内でマーキングする犬のしつけ方法

犬にとってマーキングはコミュニケーションの一つですが、室内で飼っている愛犬が室内でマーキングをしてし...

犬にハウスをしつけよう!子犬のしつけ・トレーニング方法を紹介

子犬にハウスのしつけをしようと考えている飼い主さんもいるのではないでしょうか。これからしつけをするに...

犬の赤ちゃんの育て方や、注意点などについてご紹介

犬を飼う時のタイミングとして多いのは、ある程度大きくなった子犬からスタートするパターンですが、さまざ...

子犬の留守番が10時間は長い?長時間留守番出来る犬になる方法

かわいい子犬との楽しい毎日をお過ごしでしょう。ですが、急な用事で愛犬を長時間留守番させることにな...

犬は臭いニオイが好き、飼い主も犬のニオイが大好き

犬は鼻が良い動物です。ですので、臭いニオイは嫌がりそうに思われますが、全くそんなことはありません...

犬の発情期はメスだけ?発情期にみられる症状とケアについて

犬を飼育する上で気になる発情期、メス犬はオス犬に比べ性格がおとなしいと言われていますが、メス犬だけに...

スポンサーリンク

犬のストレスを運動で解消

犬でも猫でも、動物はストレスを感じます。人間だって、仕事でストレスを感じたら、カラオケに行ってストレスを発散させたりしますよね。あなたが飼っている犬もストレスを感じます。そのストレスをどうやって、解消させるのか、一番健康的な手段は、散歩とか運動だと思います。

運動不足であれば、運動をさせる

ストレスを感じる原因が何かにもよります。運動不足なら、少し散歩をさせて、そのストレスを取ってあげて下さい。

また、犬は家が汚いと、それだけでもストレスを感じます。

トイレとか、食べ物を食べる容器とか、そこが汚れているだけでも、ストレスを感じます。

犬がいる場所が汚れているのなら、お掃除をしてあげて下さい。トイレでも、食べる場所でも、汚いだけでもストレスになりますから。また、散歩のしすぎでもストレスになります。全部、運動だけのせいにすることはせず、具体的に何が原因なのか、それも見極めて下さいね。

犬の心のストレスの原因と解消方法

犬も何かが原因で、ストレスを感じます。飼い主は、何が原因で、犬がそんなにストレスを感じているのか、原因を理解して、ストレスから解放してあげなくてはいけません。

飼い主とあまりコミュニケーションをとっていないのも原因

犬がストレスを感じている時、全てが、飼い主とのコミュニケーションが原因いうわけではありません。上記でも「運動不足」が原因で、ストレスを感じることを指摘しています。散歩をきちんとさせていて、運動不足が原因ではないなら、あなたとのコミュニケーション不足でストレスを感じている、その点を疑って下さい。

新しい環境もストレス

引っ越しして、新しい環境が犬にとってストレス、また、出産も犬にとってはストレスになります。新しい環境でストレスを抱えている場合は、新しい環境に馴染むまで、あまり刺激を与えないことが一番かと思います。落ち着くまで待ってあげましょう。

場合にもよるとは思いますが、子供ができた時も、もしかしたら、あなたとのコミュニケーション不足をストレスと感じるかもしれません。そんなそぶりを見せたら、もっとコミュニケーションをとってあげて下さい。

犬のストレス解消に役立つおもちゃについて

新しい環境に慣れるのに犬もストレスを感じたりします。その新しい環境に慣れるまで、おもちゃを与えて、新しい環境になれる方法として、使えます。

単純な遊びで、ストレス解消してもらう

犬にも性格がありますので、様々なおもちゃを試してみてもいいかもしれません。いくつかのおもちゃを用意しても、すぐに飽きるようであれば、もう少し高度なおもちゃを用意して、ストレス解消の道具にして下さい。

何事もバランスが必要です。新しい環境に馴染むのにも時間がかかると思うので、散歩というよりは、おもちゃの方が犬の精神面は落ち着くと思います。その点を考慮の上、犬のストレスを解消させて良い方法を見つけて下さい。もしかしたら、新しいおもちゃより、今まで使っていたおもちゃの方が心地いいかもしれませんが。

食事や日光浴も犬のストレス解消や軽減に役立つ

どんな状況にいても、栄養バランスを考えた食事、そして、日光に当たって生活することは、動物にとっても大切です。犬だって、ずっと家の中にいるようでは、ストレスはたまるだけ。やっぱり、栄養が偏っていたら、人間だって、犬だって、体に支障が起きます。犬がストレスをためているのなら、余計、栄養バランスを考えた食事を用意すること、また、家の中にいても、ストレスはたまる一方ですから、軽く散歩もさせてあげて下さい。
日光を朝浴びることで、体もリセットされます。ですので、朝に日光を浴びさせて、犬の体調を整えて、それで、ストレスを改善させてあげて下さい。

体調が悪いと、やはりストレスもたまります。日光を浴びることで、体内時計がリセットされます。それで、体調も整えられ、犬もストレスを感じにくくなります。

犬が体調が悪いと思ったら、少し日光浴も考えた方がいいかもしれませんね。ただ、あくまでも犬の体調が最優先です。あまりストレスがたまりすぎてるのなら、まずは休ませてあげて下さいね。

犬がストレスを感じている時に発するサイン

犬がストレスを感じている時、色んな形で行動に表して、サインをあなたに出します。例えば、何か自分に対して危害を与える恐れがある時、犬は吠えます。これも一種のストレスです。

犬のストレスにもレベルがあり、この「吠える」という行動は、ストレスの中でも、中度のものになります。

危険を察知し、逃げるというのも手

犬が危険を察知して、その場から逃げるというのも、ストレスを感じている証拠です。自分に対して何か危害を与える何かから自分を守る、逃げる。これも、犬がストレスを感じていて、それから逃れるサインです。これも、中度のストレスを感じている証拠になります。

病気のサインは逃さずに

病気をしているサインは、逃さずにして下さい。これはストレスの中でも、かなり高いレベルのサインになります。

いつも以上に体を舐めていたら、それは、犬から病気のサインを受け取っていることになります。その点についても気をつけながら、犬を飼って下さい。犬からのストレスのサインなので、とりあえずは、病院に連れていきましょう。

犬がストレスを感じていたら、運動をさせてあげて下さい。ただし、させすぎも問題です。適度に太陽に当たってもらい、体を動かせて下さい。病気な場合もあります。犬からのサインをキャッチして、病院にも連れていって下さい。