犬のストレスの原因に注意!愛犬のために飼い主ができること

犬にとってストレスの原因になることは、犬と生活をしていくなら飼い主が取り除いてあげなければなりません。
そんな犬のストレスは何気ない仕草によってサインとして現れている場合があります。

そこで、犬のストレスになる原因と愛犬のために飼い主ができることについてお伝えしていきましょう。

ストレスが原因で悪影響を及ぼす場合もありますので、飼い主は慎重に様子をみてあげましょう。ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

犬のマウンティングをやめさせる方法・しつけで行為を改善しよう

飼っている犬のマウンティング行為に頭を悩ませている飼い主さんもいるのではないでしょうか。マウンティン...

子犬が吠えるときのしつけ方は?吠え方のタイプ別・しつけ方法

子犬を飼っている飼い主さんの中には、子犬が吠えることに頭を悩ませている人もいるのではないでしょうか。...

犬はドッグフードに飽きるの?ごはんを食べない原因と対処法

今まではドッグフードを食べていたのに犬がドックフードを食べなくなってしまうと、もしかして飽きてしまっ...

子犬はワクチンして散歩しよう!ベストなタイミングと社会性

子犬はワクチン接種を始めたら散歩はいつからしてもいいのか気になる飼い主さんは多いのではないでしょうか...

犬がトイレを覚えないときの対処方法と覚えさせるポイント

犬がトイレを覚えないのはどうして?トイレを失敗したときに、叱ってはいませんか? トイレを失敗し...

犬のしつけ【待ては教えよう!】上手な教え方とポイントを紹介

犬のしつけの中でも「待て」のしつけは特に教えておきたい行動のひとつ。 待てのしつけを愛犬が覚えるこ...

犬は留守番する時に寂しいと考えることも、出来る対策とは

犬を飼っている場合、どんなに可愛がっていても、ちょっとした外出などで留守番をさせなくてはいけないこと...

犬に伏せを教える方法、伏せがしつけとして必要な理由もご紹介

犬を飼い始めたらしつけをしなくてはいけません。犬のしつけにはいろいろありますが、ここでは伏せの教え方...

子犬のしつけ【待て】を教えるメリットしつけの手順・ポイント

子犬を飼っている飼い主さんの中には、しつけとして「待て」を教えたほうが良いのかと考えている人もいるの...

小型犬に必要な基本のしつけ。子犬のうちに身につけたいこと

これから小型犬をペットとして迎えたいと考えている方も多いと思います。小型犬の場合には、室内で飼育する...

犬の夜鳴き対策で効果的な方法とNGな接し方

子犬を飼い始めたばかりの飼い主さんは、多くの方が夜鳴きで悩んでいるようです。寂しそうに鳴く子犬が夜鳴...

チワワの子犬の育て方。特徴や日常のお世話の方法

ペットとして人気のチワワ。愛くるしいクルクルとした瞳が可愛らしい犬です。これから子犬を飼いたいと思う...

子犬の甘噛みの原因は飼い主かも?正しいしつけ方法について

「子犬が甘噛みするのは仕方がない。」と思っているうちに、どんどん甘噛みがびどくなってしまっていません...

犬の散歩中に危険な拾い食いをやめさせるしつけの方法

犬がお散歩中に拾い食いをして困るという飼い主さんは多いと思います。拾い食いをして変なものを食べてしま...

犬の甘噛みにはどんな意味が隠されている?理由と対処方法

小犬を飼育していると甘噛みをしてきます。遊びだと思っていても、甘噛みにはその場面場面に意味があります...

スポンサーリンク

犬がストレスに感じる原因は生活環境が大きい

犬を飼っている人たちにとっては犬も家族同然の存在でしょう。大切な家族の犬がいつもと違う、様子がおかしいという時。なにかの病気なのではと心配になりますよね。もしかすると病気ではなくストレスを感じているのかもしれません。飼い主にとっては快適な空間でも犬にとっては苦痛なことかもしれません。

今過ごしている生活環境の影響は犬にとって凄く大きいことです。

人間にとっては快適な照明の明るさも犬にとっては明るすぎると苦痛に感じてしまいますし、飼い主が好きで置いている芳香剤の香りも犬は好きではないかもしれません。

また引っ越しをして住む家が変わったり、飼い主の出産により知らない人が増えるのも犬にとって非常にストレスに感じてしまいます。これらは犬のために避けるということは難しいことだと思いますので、その分犬がくつろげる環境を作ってあげたり、スキンシップをたくさんとってあげて安心させてあげましょう。

犬の何気ない仕草がストレスが原因であるサイン

下記は犬がストレスを抱えている可能性がある時の行動です。
自分の飼い犬に当てはまっていないか、改めて犬の行動を観察してみましょう。

しっぽを追いかける

子犬ですと遊びで追いかけている事が多いですが、成犬となりますとストレスを感じている可能性がありますので注意が必要です。

あくびをしている

興奮した気持ちを鎮めたり敵意がないことを示すためにあくびをします。
十分に睡眠しているのにたくさんあくびをしているようでしたら、ストレスを感じているのかもしれません。

身体を震わせている

寒くないときに身体を震わせている時は、恐怖心や心細さなどからくる震えの可能性があります。身体を縮めて震えている時は激しい恐怖心を抱いているサインなので声をかけてあげるなどしてできるだけ安心させてあげるようにしましょう。

同じとことをウロウロしている

同じところを行ったり来たりしている時はストレスのサインです。無駄吠えのときと同様にやめさせようとするとかえってストレスになってしまうのでストレスになっている原因を見つけてあげることが重要です。

飼い主が注意するべき犬にとってのストレス原因とは

愛犬とストレスなく過ごすために日頃から注意しておきたいことがあります。

空腹と喉の乾き

長時間飼い主が家を空けたりなどして食べ物と水が不足してしまうと生命の危機を感じて精神的、肉体的なストレスを感じてしまいます。

擬人化

人間と一緒に暮らすとなるともちろんしつけも大切になってきますが、匂いを嗅がせてあげないなど犬本来の行動を制限してしまったり、言葉でしつけるなどの人と同じような振る舞いを要求することは犬にとって苦痛なことです。

肉体的苦痛

しつけが上手くいかないからといって体罰を与えてしまうのは絶対にいけません。飼い主は痛いことをする人だと認識してしまい、飼い主の存在自体が犬のストレスになってしまうことがあります。

不安やプレッシャー

上記でも触れましたが家族の関係が悪くて不穏な空気だったり、苦手な練習を延々とさせられてしまったりするのも精神的な不安やプレッシャーになってしまいます。

これらのことは飼い主の接し方一つで改善できることなので、当てはまっているものがあれば改善するようにしましょう。

ストレスが原因で悪影響を及ぼす場合もある

人間と同じようにストレスが原因で健康面で悪影響が出ることがありますので具体的に見ていきましょう。

食欲不振

ストレスによって食欲がなくなってしまいます。
食事の量が減ってしまい極端に痩せてしまうと体力も落ちてしまい場合によっては命に関わることもあるので、大きな問題になってきます。

食欲がなくなったなと思ったら、放置せずにまずはストレスの原因を考えて改善しなければなりません。早く気づいてあげるためにも普段食べている食事の量を覚えておくことも重要になってきます。

下痢や嘔吐

人間も過剰なストレスを感じた場合には下痢や嘔吐を繰り返してしまうことがありますが、犬も同様です。ただ単にお腹の調子が悪いだけかもしれませんが、続くようでしたら様子を見て獣医さんに見てもらうのが懸命です。

脱毛

人間で言う円形脱毛症のようなことが、犬にも起こります。季節の変わり目で生え変わるときの場合はまんべんなく抜けてくれます。一方ストレスによる脱毛は、毛が部分的に抜け落ちたり、全身のあちこちの毛が抜けたり、症状や程度も犬によって様々です。

愛犬と一緒に楽しみながらストレスを解消させてあげましょう

飼い主と楽しい経験をすることで愛犬と飼い主のストレス解消に繋がります。

運動する

第一に手軽で人間と一緒に楽しめる運動です。犬は人間より多くの活動量が必要になっており、散歩の回数を増やしたり、散歩コースの距離を長くしたり、コースを変えてみたりして工夫したり、ボールなどを使ったハードな運動や隠したものを探させる頭を使った遊びなどをすると欲求不満が解消されます。

様子を見ながら愛犬に合った運動量にしてあげましょう。

様々な経験

適度な刺激は犬の適応力が上がり、ストレスへの対処能力が高まります。犬にとっての社会経験をさせるために、様々な犬種や大きさの犬と交流させて上げましょう。慣れない環境や音でも、飼い主がいればリラックスできるんだと経験から学んでくれます。

副交感神経を刺激

ブラッシングやマッサージなどで、犬が気持ちいいと思ってくれるような状態を作ってあげましょう。副交感神経を刺激してあげると緊張がほぐれてきます。

ドッグカフェに行ったり、公園で他の犬と交流したり、飼い主と一緒に楽しみながら経験することが犬にとっての一番のストレス解消になります。

Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/puppifi.com/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:686 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/puppifi.com/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/puppifi.com/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/puppifi.com/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/puppifi.com/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 686