犬のトイレトレーニング!成犬でもトイレのしつけは可能です

犬のトイレトレーニングは若いうちに行なうと、早く覚える傾向がありますが、成犬の場合や老犬の場合は、トイレトレーニングに時間を要する事が少くありません。

しかし決してトイレトレーニングができないわけではないので、長い目で見て行なう必要があります。

ここではそんな成犬のトイレトレーニングについて、コツやトイレに適した場所、トイレトレーニングがなかなか進まない場合の対処方法についてもご紹介をいたします。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

子犬はワクチンして散歩しよう!ベストなタイミングと社会性

子犬はワクチン接種を始めたら散歩はいつからしてもいいのか気になる飼い主さんは多いのではないでしょうか...

白い柴犬の子犬は貴重?白い柴犬の特徴や性格、子犬の選び方

白い柴犬は、某CMの影響からか人気がありますが、白い柴犬の子犬をペットショップで見かけたことあります...

【白い犬が飼いたい】可愛い小型犬なら初めての人でも安心

子どもから突然「犬が飼いたい」と頼まれて悩んでいませんか。ペットショップやテレビで眺めるだけなら...

子犬のしつけ【待て】を教えるメリットしつけの手順・ポイント

子犬を飼っている飼い主さんの中には、しつけとして「待て」を教えたほうが良いのかと考えている人もいるの...

犬連れキャンプの大切なポイント!一緒に楽しむためにできること

犬も一緒に連れてキャンプに行きたいという愛犬家さんへ。はじめて愛犬もキャンプに連れて行くとなると...

犬がストレスを感じるのはどんな時?ストレスの原因と解消方法

犬も人と同じ様にストレスをためてしまう場合があります。そしてストレスが解消されないと問題行動を引き起...

犬のケージの配置のポイント!愛犬の快適環境やトイレと多頭飼育

室内に犬のケージの配置するときはどんなことに気をつけたらいいのでしょうか?これから新しく引っ越し...

犬が留守番中に吠える時の対処法!犬が快適に過ごせる環境作りを

犬に一匹だけで留守番をさせるとき、犬が吠える事にお悩みの人もいるのではないでしょうか。「外出...

子犬は留守番ができる?いつから長時間の留守番が可能かについて

子犬を飼いたくても、仕事をしていると躊躇してしまいます。それは子犬に留守番をさせなくてはいけないこと...

犬の留守番時間の限界と慣れさせるためのしつけのポイントを紹介

犬が留守番できるのはどれくらいの時間なら可能なのでしょう?夫婦で共働きで犬を飼っているとどうして...

子犬のトイレトレーニングにかかる期間とトイレを教えるポイント

子犬にトイレトレーニングをするとき、一体どのくらいの期間がかかるのか知りたい人もいるのではないでしょ...

犬のトイレのしつけは成犬からでもOK!やり方と大切なこと

犬のトイレのしつけは成犬からでも教えることはできます。ただ、成犬にトイレの訓練をする場合は根気強...

大きい犬【白色】を飼いたい人におすすめの犬種と飼う時の注意点

子供が大きくなると「犬を飼いたい」と言い出すことがあります。子供の意見を尊重してあげたくても、ペ...

犬のマウンティングが問題行動?しつけで直すマウンティング

犬のマウンティングは犬同士だけでなく、飼い主にする場合や、おもちゃや家具にする場合も。どこで...

犬の甘噛み【成犬のしつけ】噛み癖にならずにやめさせる方法

犬の甘噛みは子犬の頃が多いのですが、成犬になっても甘噛をする場合があります。成犬になってから甘噛...

スポンサーリンク

成犬のトイレトレーニング!その前にトイレに適した場所を確保

成犬に室内で排泄をするようにしつけるのは大変なことです。長い目でみて、コツコツ根気よく行ってください。

家の中でどの場所を犬のトイレにするのかを考えてください。

犬も排泄は落ち着いた場所でしたいはずです。室内の隅の方で、人の出入りが少ない場所を選んでください。

犬は大便をする前にくるくると回ることがあります。

犬が回るためのスペースも必要なので、犬のトイレの周りには余裕をもたせてスペースを広めに用意してあげてください。

せっかくトイレに良い場所を見つけたのに、犬はトイレで排泄をしないこともあります。

私たち人間にとってはトイレに最適と思われる場所でも犬にとっては落ち着いて用を足せない場所なのでしょう。
犬が排泄に選んだ場所にトイレを置いてあげてください。排便をしようとくるくる回りだす場所を目安にしても良いです。
トイレを設置するまで排泄物で汚れてしまうことになりますが、決して叱らないでください。

成犬にトイレトレーニングを教えるコツ

子犬であってもトイレトレーニングは思うようにはいかないものです。成犬にもなると、これまでとは違う場所で用を足すわけですから、犬にとっても抵抗あるはずです。他のしつけに比べてもトイレトレーニングは犠牲が多くなり大変ではありますが、時間をかけて訓練してください。

成犬にトイレトレーニングを行うときは、まずは犬が排泄をするパターンを知っておくことが重要

朝起きたときやご飯を食べた後など、排泄をしやすいタイミングがあります。そのタイミングで犬をトイレまで誘導して排泄を促してやってください。

家の中のトイレに決めた場所に誘導しても、なかなか排泄してくれず我慢していたり、外に出たがったりすうこともあります。

犬が排泄している時、飼い主は「しーしー」などと言葉をかけてください。
排泄の度に常に同じ言葉をかけ、その言葉と排泄を関連づけます。犬をトイレに連れて行き、同じ言葉を聞かせて排泄を促すことで排泄してくれるようになります。

犬のトイレトレーニング、成犬に行う場合は長い目で見る事が必要

成犬にしつけるのは難しいと言いますが、決して無理ではありません。

成犬は子犬と違って、その年令までしてきた生活スタイルがあります

これまで排泄を散歩の時にしていたり、排泄のときは決まって外に出ていたのであれば、外で用を足すのも当たり前のことです。それを急に人間の都合で変えさせるのですから、犬も理解ができなずに抵抗するのは当然と言えるでしょう。

成犬であっても、きちんと教えて理解さえさせることで、新しいやり方に慣れてくれます。それまで時間はかかってしまいますが、飼い主も犬の気持ちを考えながら根気よく行うようにしてください。

ちゃんとトイレで排泄できなかったからと言って叱るのはよくありません。

犬はトイレでしなかったことを怒られているのではなく、排泄したこと自体を怒られたと勘違いしてしまいます。トイレを我慢することはもちろん犬の体にもよくありません。

トイレを失敗しても叱ったりがっかりした表情はしないで、素早く片付けるようにしてください。

ちゃんとできたときは褒めてあげましょう。犬にとって飼い主が喜んでくれることが一番です。少しオーバーなくらいに喜んで見せて、しっかり褒めてあげてください。

犬のトイレトレーニングにしつけスプレーを使用する方法

トイレトレーニングが思うように進まないときは、しつけ用のアイテムを使う方法もおすすめです。トイレトレーニングには臭いのついたスプレーが効果的です。

犬がトイレ以外の場所で用を足してしまうと、それ以降も同じ場所で用を足すことがあります

これは一度用を足した場所に自分の排泄物の臭いがついているから、そこをトイレと認識するためです。
トイレ以外の場所で排泄してしまったときは、素早く排泄物を片付けて掃除をし、その部分に犬が嫌う臭いのついたスプレーを吹きかけてください。

これとは逆に、犬のトイレには排泄物の臭いをつけておくのも効果的です。

犬がおしっこをしたらトイレットペーパーで拭き取ります。犬のオシッコの臭いがついたトイレットペーパーを少しちぎってトイレシートの上に置くか、トイレシートにすりつけてオシッコの臭いが残るようにしてください。
次に排泄をしたくなるタイミングでトイレに誘導して臭いを嗅がせることで、トイレで排泄をしてくれるようになります。

トイレトレーニングが難しい場合の対処方法

成犬のトイレトレーニングがなかなかうまく行かない時や、どんなに時間をかけても覚えてくれそうにないこともあります。諦めずに続けてと言いたいところですが、トレーニング方法を間違えていると正しくしつけることはできませんし、排泄のトレーニングなだけに家の中もひどい状態になってしまうことでしょう。

自分では手に負えない、しつけ方法に不安があるときは、プロの先生にお願いすることをおすすめします

しつけの先生のアドバイスの元に、トレーニングを行ってみてください。近くにしつけ教室がない場合はかかりつけの動物病院で相談し、紹介してもらうこともできます。

アイコンタクトがしっかりとれていることも大切です。

犬の名前を呼んだとき、犬が飼い主の目をしっかり見て、飼い主に集中させるようにしてください。アイコンタクトがとれていると、しつけも行いやすくなります。

待てや伏せなどの指示を出すときも、まずアイコンタクトをとってからです。犬にとってはトレーニングも飼い主との大切な時間です。トレーニングを通して犬との良い信頼関係も築いてくださいね。