犬が夜泣きをするときはどうしたらいい?突然吠えだした場合

犬が突然夜泣きするようになってしまったときにはどうしたらいいのでしょうか。

犬を迎えたばかりのときには、対処方法によって夜泣きをするようになってしまうかもしれません。もし、一人で寝てもらうようにしたいのなら夜泣きをしてもすぐに対応しないことが大切です。

夜泣きをする理由と対処方法、予防方法を紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

トイレトレーニングは犬を迎えてすぐに!成功させるポイント

トイレトレーニングを犬に教えるときは、家に迎え入れたらすぐに始めるのがおすすめです。間違った場所での...

犬のマーキング対策と室内でマーキングする犬のしつけ方法

犬にとってマーキングはコミュニケーションの一つですが、室内で飼っている愛犬が室内でマーキングをしてし...

子犬の留守番が10時間は長い?長時間留守番出来る犬になる方法

かわいい子犬との楽しい毎日をお過ごしでしょう。ですが、急な用事で愛犬を長時間留守番させることにな...

犬は生理で食欲低下したときの対処法と犬のためのマナーを紹介

メス犬も人間と同じように成長に伴い生理が始まります。このとき、食欲が低下してしまう犬もいます。...

子犬はワクチンして散歩しよう!ベストなタイミングと社会性

子犬はワクチン接種を始めたら散歩はいつからしてもいいのか気になる飼い主さんは多いのではないでしょうか...

犬のトイレのしつけは成犬からでもOK!やり方と大切なこと

犬のトイレのしつけは成犬からでも教えることはできます。ただ、成犬にトイレの訓練をする場合は根気強...

犬のマウンティングが問題行動?しつけで直すマウンティング

犬のマウンティングは犬同士だけでなく、飼い主にする場合や、おもちゃや家具にする場合も。どこで...

お留守番を上手にしてもらうために。犬のお留守番の練習方法

犬をペットとして迎えると、家族はみんな外出して、犬だけでお留守番をするという時間もあります。最近は、...

犬に留守番させる時のしつけ方法!安全に過ごせる環境を作ろう

犬に一匹だけで留守番をさせる場合、どのようなしつけをすればいいのか悩む飼い主さんもいるのではないでし...

犬の留守番中のトイレを失敗させない方法とは?コツとポイント

犬が留守番中のトイレを失敗してしまうのはどんな理由からなのでしょうか?トイレトレーニングは成...

【子犬の夜泣き対策】夜泣きの原因と子犬への接し方

家に迎えたばかりの子犬は、夜になると夜泣きを始めます。毎晩の夜泣きに、どうすれば夜泣きを止めさせるこ...

犬のしつけ【待ては教えよう!】上手な教え方とポイントを紹介

犬のしつけの中でも「待て」のしつけは特に教えておきたい行動のひとつ。待てのしつけを愛犬が覚えるこ...

犬を抱っこして一緒に寝るのは大丈夫?良い点と注意点をご紹介

小犬を飼い始めると、可愛らしくてどんな時も一緒にいたくなってしまいます。中には抱っこをしたまま、ベッ...

犬にしつけでふせを教えるコツを紹介!焦らずにステップアップ

犬にしつけでふせを教えたいけど、どうしたらいいのかわからないという飼い主さんもいるでしょう。ふせの姿...

犬の拾い食いを防止しよう!トレーニング方法と対処法を解説

散歩中に犬が拾い食いをすることに頭を悩ませている人もいるのではないでしょうか。拾い食いをそのまま放置...

スポンサーリンク

犬が突然夜泣きをするように…原因について

これまではそんなこともなかったのに、突然犬が夜泣きするようになったら、飼い主の方々は大変だと思います。

原因は一つではありません。例えば、あまり運動していないので、体を動かしたいという意味で夜、鳴くこともあります。最近、犬の散歩をしていますか?していないのなら、それが原因で、突然、犬が夜泣きをし始めたのかもしれませんよ。

難しいのは、甘えたい時。

犬でも、あなたにかまってほしくて鳴くことがあります。これが原因なら、犬が鳴いたとしても、側には行かないことが正しいしつけになります。

見極めが難しいとは思います。他にあまり問題が見当たらず、ただ単純にあなたにかまって欲しいだけなら、無視しましょう。

環境にまだ慣れていない、あなたの家にきてまだ日数が経ってない。であれば、新しい環境になれるのに少し時間がかかるのだと思います。そんな場合は、お気入りのおもちゃを側において、環境になれさせて下さい。

突然、犬の夜泣きが始まったときの対処方法

突然、夜、飼っている犬が夜泣きを始めたら、飼い主であるあなたはなんだかの対応を迫られますよね。

近所迷惑もあると思うので、とりあえずは、運動させるのが、ベストだと思います

また、何かに対して警戒しているのなら、犬が安心できるアイテムを用意して、犬が警戒しなくてもいい、安心できる状況を作って下さい。

お腹が空いていて、それで鳴くこともあります。ちょっとしたガムをかませるというのも手ではあります。

相手が子犬だと、変に構わないほうが良いようです。

夜泣きもずっとする訳ではなく、しなくなります。うるさいなと感じるとは思いますが、何もせず、放っておきましょう。相手が子犬の場合は、何もしないことが反って正しい、しつけになります。

ただ、子犬でも、これはちょっとおかしいな?と感じることはあると思います。それは、恐らく「病気」のサインです。

鳴いて病気のサインをあなたに送っています。おかしいなと感じたら、病院に連れていくべきです。

犬に夜泣きをさせないために一緒に寝るのも対策のひとつ

あなたは、飼っている犬を家族と同じように扱っていますか?一緒に寝るのも苦ではありませんか?であれば、夜泣きをする犬の対策として、一緒に寝てもいいと思います。

原因があなたがいなくて、寂しいのなら、この対策は使えます。ただ、あなたがこれからずっと犬と一緒に寝てもいいという覚悟が必要になると思います。

犬を同じ部屋で寝かせる

鳴いている原因が、あなたがいないことなら、一緒に寝るのも対策にはなります。あなたもそれでいいのなら、お部屋で一緒に寝て、犬が鳴かない対策にして下さい。

安心感を与える

一緒に寝ることも一つの対策です。ただ、何かに対して怯えていて、それで鳴いていることもありえます。犬がストレスに感じている原因を取り除くこと、また、安心できるよう、ブランケットをあげるなど、安心して眠れる環境を整えて下さい。必ずしも、一緒に寝てあげる必要はないと思います。

敏感な犬は突然夜泣きをすることがあります

これも、犬によって違います。あるご家庭の犬はそんなに鳴かないのに、他の家庭の犬はよくなく。犬にも性格があるようなので、それによって、夜に夜泣きをしたりしなかったりするのだと思います。

ちょっとした音にも反応する

よく警戒する犬に起こりやすい、夜泣きになります。ちょっとした音でも、反応して、何かおかしくないか、夜泣きをします。

対応策としては、その音を犬が聞こえないように、タオルか何かで音を遮断させることです。ちょっとした音でも、ワンワン吠える犬はその傾向があります。あまり音には敏感にならないよう、夜、音を遮断する方法を考えて下さい。

撫でて落ち着かせる

年齢のこともあり、気分がハイになり、夜泣きをすることもあります。その場合は、あなたが撫でて、落ち着かせましょう。気持ちを落ち着かせるために、少し側で寝てあげるのもいいと思います。犬は良い香りでも落ち着くようです。

撫でるだけではなく、アロマなど何か良い香りを嗅いでもらうだけでも、落ち着き、泣き止むと思います。

犬の夜泣きに対応できるものを用意しておくのもおすすめ

どちらにしろ、犬は夜泣きをするのですから、近所迷惑のことを考えて、防音対策を取る。犬を飼った以上、これは飼い主の責任といえます。

カーテンは防音カーテンにする

ペット可能のアパートに住んでいる方は、これは、必需品になると思います。ペット可のアパート、マンションですから、理解はある場所にお住まいだと思います。

ただ、それだけでは、防音対策にはなりません。まず、カーテンは防音カーテンにして、できるだけ犬の夜泣きが外に漏れないようにして下さい。

防音シートも使う

どれだけ夜泣きをするかにもよるとは思います。近所迷惑にならないためにも、散歩もきちんとして、あとできる対策としては、防音シートを使うことだと思います。家の中で飼っているのでしたら、それで、だいぶ音は収まると思います。

犬が突然鳴くには、理由があります。新しい環境に移されて、不安で鳴くこともあります。また、ちょっとした音に敏感で鳴く犬もいます。不安を解消させてあげるアイテムをあげる、音をあまり聞こえさせない方法を取る、対策は色々たてらます。一緒に寝れる方は寝て、夜泣きの対策にして下さい。ただ、散歩が足りない場合は、きちんと散歩をする時間も設けて下さいね。犬を飼っているからには、防音グッズは買うべきだと思います。近所迷惑にはならないようにして下さいね。