犬にハウスをしつけよう!子犬のしつけ・トレーニング方法を紹介

子犬にハウスのしつけをしようと考えている飼い主さんもいるのではないでしょうか。これからしつけをするにあたり、どのような手順やコツでしつけを行えばいいのかわからない人もいることだと思います。

子犬にハウスのしつけをすると、留守番をさせるときにも役立てることができます。ハウスのしつけ方法を知って、上手にトレーニングをしましょう。

子犬が快適に・安心して過ごせる環境を飼い主さんが作ることで、信頼関係を築いてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

犬の赤ちゃんの育て方や、注意点などについてご紹介

犬を飼う時のタイミングとして多いのは、ある程度大きくなった子犬からスタートするパターンですが、さまざ...

犬は臭いニオイが好き、飼い主も犬のニオイが大好き

犬は鼻が良い動物です。ですので、臭いニオイは嫌がりそうに思われますが、全くそんなことはありません...

白い柴犬の子犬は貴重?白い柴犬の特徴や性格、子犬の選び方

白い柴犬は、某CMの影響からか人気がありますが、白い柴犬の子犬をペットショップで見かけたことあります...

犬のマーキング対策と室内でマーキングする犬のしつけ方法

犬にとってマーキングはコミュニケーションの一つですが、室内で飼っている愛犬が室内でマーキングをしてし...

チワワは子犬のうちのしつけが大切?飼い主との主従関係としつけ

チワワは小さくて可愛らしさが特徴的な犬種です。しかしその可愛さに、子犬のうちからチワワの言うとおりに...

子犬のしつけ【待て】を教えるメリットしつけの手順・ポイント

子犬を飼っている飼い主さんの中には、しつけとして「待て」を教えたほうが良いのかと考えている人もいるの...

犬のケージの配置のポイント!愛犬の快適環境やトイレと多頭飼育

室内に犬のケージの配置するときはどんなことに気をつけたらいいのでしょうか?これから新しく引っ越し...

犬のトイレトレーニング!成犬でもトイレのしつけは可能です

犬のトイレトレーニングは若いうちに行なうと、早く覚える傾向がありますが、成犬の場合や老犬の場合は、ト...

【犬とのお散歩マナー】安全な散歩のために覚えておくルール

子犬を家に迎え、可愛い犬とのお散歩を楽しみにしているという方も多いと思います。お散歩ができる時期にな...

犬が夜泣きをするときはどうしたらいい?突然吠えだした場合

犬が突然夜泣きするようになってしまったときにはどうしたらいいのでしょうか。犬を迎えたばかりの...

子犬のしつけを始める時期と子犬のうちに教えるべきこと

子犬を家族の一員として迎えるには、さまざまなしつけが必要になります。しつけを始めるには、どのくらいの...

【子犬のトイレトレーニング】トイレで排泄しない時に教えること

子犬を飼い始めたらまず始めに取り掛かりたいのがトイレトレーニング。飼い主として一生懸命愛犬を...

犬に伏せを教える方法、伏せがしつけとして必要な理由もご紹介

犬を飼い始めたらしつけをしなくてはいけません。犬のしつけにはいろいろありますが、ここでは伏せの教え方...

子犬の散歩を始める時期とは?散歩デビューのポイントを紹介

子犬を散歩させるの時期はいつからなら大丈夫なのでしょうか。ワクチンがすべて終わってから?それとも終わ...

犬の留守番時間の限界と慣れさせるためのしつけのポイントを紹介

犬が留守番できるのはどれくらいの時間なら可能なのでしょう?夫婦で共働きで犬を飼っているとどうして...

スポンサーリンク

子犬に「ハウス」のしつけをしたい!トレーニングのポイント

子犬を飼い始めたら早いうちからハウスをしつけましょう。

ハウスをしつけるには、ハウスの場所を好きにさせることが重要なポイントです。

犬を家の中飼う場合には留守の間に入れておく安心できる犬の部屋を用意しておくと、留守中の家屋内での事故防止などのために役立ちます。獣医さんへ連れて行くときにはクレートに入れますが、その際にもハウスをしつけておくと時間をかけずスムーズに入れることができます。クレートに入れる度に追い掛け回して格闘するとなると大変な労力であり心の負担となります。

ハウスのしつけができると飼い主も犬もお互いに毎日の生活を快適なものにすることができるのです。

ハウスをしつける家の中での犬の部屋やクレートが犬にとって快適で心地よく好ましい場所であると印象づけましょう。そうして、しつけにおいては叱らない事が大切です。犬は叱られると不快体験となりしつけ自体を嫌うようになります。

しつけの時間は遊びの延長で楽しいものと思わせるようにしましょう。
最近の子供の教育で言われている「褒めて育てる」と同じです。

子犬が安心して快適に過ごせるハウスの選び方

ハウスをしつけるには子犬が快適に過ごす事のできる部屋やクレートを用意する必要があります。

犬の部屋はペットサークルでマットやクッションなどを敷き、犬の居心地がよい空間にします。広さは犬が寝そべって足を伸ばして更にエサいれなどを設置できる程度のゆとりを持った空間にしてあげて下さい。

クレートは犬が成犬になっても立ったまま方向を変えられて、伏せを出来るくらいの大きさの物を用意します。災害はいつどこで発生するかわかりません。非難しなければならないような事態が発生した時には、犬はクレート内で長い時間を過ごす事になります。その時のストレスをできるだけ軽減できるように快適で、積み重ねたりしても潰れない丈夫なクレートを用意してあげましょう。

ハウスのしつけはおやつやおもちゃでハウスに良い印象をもたせることが大切

ハウスを用意したら、まずはハウスに良い印象を持たせましょう。

ハウスの上や中におやつを置いたり犬が好きなおもちゃを入れて「良いものがある場所」と認識させます。
間違っても無理矢理押し込んだりしてはいけません。
ペットサークルを設置する時にガシャガシャと大きな音を立てたりクレートを持ち運ぶ時に犬にぶつけてしまったりして怖い印象を与えてしまわないように気をつけましょう。特に繊細な犬の場合は第一印象が重要です。

子犬にハウスをしつけよう!しつけの手順

ハウスのしつけは、まずはハウスに入ることに慣れさせることから始めます。

  1. おやつを見せてハウスの中に放り込んでハウスに入らせます。
  2. これを何度も繰り返してハウスに抵抗無く入るようになったら、同様にしてハウスに入る瞬間に「ハウス」と一言明瞭に言うようにします。これを何度も繰り返してハウスに入ることを「ハウス」と言うと理解させます。
  3. 次に「ハウス」と言ってからおやつで誘導してハウスに入るようにします。何度も繰り返して、おやつを見せないもハウスと言って入るようにします。
  4. おやつを見せなくてもハウスで入った後はすぐにおやつをあげます。

言葉だけでハウスに入るようになったら、ハウス内にいる時間を長くしていきます。

ハウスに入っている時に更におやつをあげたりおもちゃを与えて、ハウスに長く入っている事になれてきたら戸を閉めてみます。戸を閉めて嫌がったら直ぐに開け、犬をハウスに閉じ込めないことが大切です。
犬にハウスに対する不快感を覚えさせないように気を長くして取り組みましょう。

犬にハウスのしつけをするとお留守番にも役立つ

犬がお留守番をしている間は犬の部屋に入れておきましょう。

ハウスをしつけると犬を犬の部屋に入らせるのに時間がかからず速やかに外出できるようになります。

家の中で飼う場合にはペットサークルなどに入れておくのはかわいそう。常に人と一緒に自由に家の中で過ごさせてあげたい…と思う方は多いでしょう。しかし、ペットサークルなどの犬の部屋を用意する事は犬にとっても良い事となります。犬は狭い場所にいると落ち着く性質があります。自分のお気に入りの敷布などがしかれた自分だけの空間があるのは犬にとってとても落ち着ける事なのです。

また、犬の部屋を設ける事は主従関係をしっかりと構築するうえでも重要です。

人が留守の間に自由に家の中で過ごせると、犬は自分が家の主であると勘違いする場合があります。そうなると自分が家の中で偉い存在だと思い主従が逆転してしまう場合があります。そうなると犬にとっても不幸な事となります。リーダーは群れの皆の安全を確保して守ってあげなければなりません。家の中全体の安全を保つために常に気を張り、外部からの侵入者に対応しなければなりません。そうなるとピリピリと気を張り休まることがなく、神経質になっていきます。外部に警戒するので無駄吠えも増える原因となります。

そのようにならないために、主従関係をしっかりと保ち、リーダーである主人に守られている存在にさせなければなりません。リーダーに守られている飼い犬は心が落ち着き安心して過ごす事ができるのです。