犬を飼うメリットはこんなにたくさんある!犬との暮らし

犬を飼うとどんなメリットがあるのでしょうか。

犬を大切にすることで、家族や自分自身も大切にすることができるんです。子供がいる家庭にとっても、犬を飼うことでこんなメリットがあります。

犬を飼うことで得ることのできるメリットや幸せを紹介します。犬を飼うという家族の同意を得たいときにはぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

犬の生理の期間はどのくらい?生理中の過ごし方について

犬の生理の期間はどのくらいの日数なのでしょうか。また、生理中はどのように過ごしたらいいのでしょう?...

犬は生理で食欲低下したときの対処法と犬のためのマナーを紹介

メス犬も人間と同じように成長に伴い生理が始まります。このとき、食欲が低下してしまう犬もいます。...

犬が威嚇するのは直せる?犬のしつけをするときのコツ

犬が人に威嚇をするときや犬に対して威嚇をするときにはどのようにしてしつけをしたらいいのでしょうか。...

犬の発情期はメスだけ?発情期にみられる症状とケアについて

犬を飼育する上で気になる発情期、メス犬はオス犬に比べ性格がおとなしいと言われていますが、メス犬だけに...

犬がトイレで寝る理由を考えてやめさせるためにできることを紹介

犬がトイレで寝るのには考えられる理由があります。トイレがきちんとシートやトレーでできるようになっ...

犬の留守番中のトイレを失敗させない方法とは?コツとポイント

犬が留守番中のトイレを失敗してしまうのはどんな理由からなのでしょうか?トイレトレーニングは成...

犬同士の喧嘩をする理由や、止め方について知りたい

犬同士が喧嘩を初めてしまうことって時々見かけることがあります。自分の犬や、相手の犬が怪我をしない...

子犬のトイレトレーニングにかかる期間とトイレを教えるポイント

子犬にトイレトレーニングをするとき、一体どのくらいの期間がかかるのか知りたい人もいるのではないでしょ...

犬が膝の上で寝るのは甘え!愛犬の気持ちと飼い主ができること

犬が気がつくとすぐに自分の膝の上で寝るのが可愛いという飼い主さんも多いでしょう。そんな愛犬の行動はど...

子犬のしつけ【待て】を教えるメリットしつけの手順・ポイント

子犬を飼っている飼い主さんの中には、しつけとして「待て」を教えたほうが良いのかと考えている人もいるの...

犬のトイレのしつけは成犬からでもOK!やり方と大切なこと

犬のトイレのしつけは成犬からでも教えることはできます。ただ、成犬にトイレの訓練をする場合は根気強...

大きい犬【白色】を飼いたい人におすすめの犬種と飼う時の注意点

子供が大きくなると「犬を飼いたい」と言い出すことがあります。子供の意見を尊重してあげたくても、ペ...

子犬の甘噛みの原因は飼い主かも?正しいしつけ方法について

「子犬が甘噛みするのは仕方がない。」と思っているうちに、どんどん甘噛みがびどくなってしまっていません...

犬のしつけ【待ては教えよう!】上手な教え方とポイントを紹介

犬のしつけの中でも「待て」のしつけは特に教えておきたい行動のひとつ。待てのしつけを愛犬が覚えるこ...

犬の散歩はいつから?時期の目安や始める前に知っておきたいこと

犬の散歩はいつから始めてもいいのか、子犬を飼い始めた飼い主さんの中には悩む人も多いのではないでしょう...

スポンサーリンク

犬を飼うメリットとにかく「可愛い」

存在するだけで支えになる

犬の笑顔や、何気ない可愛い仕草を見ていると、嫌なことも忘れられるぐらいの癒し効果があります。

無償の愛を注いでくれる犬の存在は、実際にアニマルセラピーという療法があるぐらい人間にとって癒しとなるのです。

実際に犬と触れ合うことで、ストレスを和らげ、気持ちを安定させてくれる効果があるということが実証されています。

気持ちが冴えない時、上手くいかないことが多かった日でも、犬の可愛い顔を見たり撫でたりしていたらだんだん気持ちが安定してきます。そしてこの子のために頑張らないと!そう心の支えになることが多いのです。

家族間ではなかなか話しづらい、学校や仕事の愚痴や悩みも、犬相手なら話せるという方も多いです。子どもたちにとっても兄弟・親友のような関係になりやすく、それぐらい犬というのはペットの枠におさまらない存在になり得るのです。

犬を飼うとこんなメリットが!?家族の会話が増えます

家族間の会話が増える

家族というのはお互いいて当たり前な存在ですから、年齢が上がるにつれ会話が減っていくということはよくあります。

しかし犬を飼うと、飼い方や健康状態など犬の話題をすることが多くなるでしょう。犬が寝ころんだ、可愛い動きをしたなど報告し合うことも増え、自然と家族間の会話は増えやすくなります。

犬はその場にいてくれるだけで癒しになる存在。

喧嘩して家庭内の雰囲気が悪くなったり、イライラしてしまうことがあっても、犬の顔を見ればほっとするような安心感があります。

犬は人間の感情の変化に敏感なので、家族が喧嘩していると仲裁に入ってくる犬もいるほどです。

家庭内の空気を柔らかくしてくれる犬は、家族間の潤滑油のような存在、きっと欠かせない存在になるはずです。

また近所の人とのコミュニケーションもとれやすくなります。
同じ犬飼い同士なら、おすすめの動物病院はどこか、おすすめのお出かけスポットは…など情報交換をするきっかけにもなりますよ。

犬を大切にすることで自分も大切にできるのがメリット

犬のためにすることは自分のプラスにもなる

犬は何よりご主人様が大好き。犬の心からの笑顔、喜びを作れるのは、主に自分たち家族です。
きちんとお世話をすることで、生きがいにもなります。犬がいることで前向きに生きられ、健康にも気を使えるでしょう。

一緒に遊んで運動不足解消

多くの運動量が必要な犬は、毎日の散歩が必要です。普段は車通勤、会社はデスクワークという場合でも、1日数十分犬と一緒に散歩することで、運動不足を解消しやすくなるでしょう。休日は公園で走ったり、ドッグランで一緒に遊んだりと、家族でお出かけすることも増えそうです。

一緒に季節感を感じられる

外にでかけるのが好きじゃない、休日は引きこもりがちという方も、犬を飼うと散歩をするため外に出る機会が必然的に増えます。外に出て太陽や気持ちの良い風を浴びると気持ちが前向きになるので、心身ともに良いですよ。綺麗な背景で犬の可愛い写真を撮りたいからと、旅行をしたりカメラに凝って趣味が充実する方も多いです。

夏は海に連れてってあげたり、秋は紅葉を見せてあげに行ったりと、季節感を感じながら犬と一緒に散歩することで楽しい気持ちになれるでしょう。また暑い夏などは太陽が照ってくる前に散歩をしなければいけないので、自然と早起きになれます。

犬を飼うことは子供にとってもメリット

子どもがいるご家庭で犬を飼うことは、子どもにとってもメリットになります。

責任感を持てる

ペットはお世話をしてくれる飼い主がいないと、ちゃんと生きられません。不摂生をしていたら病気になることもあります。

規則正しく食事をあげること、ケージの掃除をして清潔な環境を保つこと、コミュニケーションをとることなど、お世話をしていくことで責任感を持てるようになります。
避けては通れないのがペットの死です。いつか訪れる死はとても悲しいことですが、愛情を注いだ分だけ命の大切さを知ることができます。また犬を好きになればなるほど、捨て犬の存在や途中で手放された犬の悲しい現状というのを知り辛く感じます。ペットを飼うということにはそういった負の側面があることを知ることも、大切なことです。

動物にも喜びや悲しい感情があるということを知ることで、動物を思いやる気持ち、弱い者に優しくする気持ちを学べることでしょう。

犬がいると部屋がきれいになるのがメリット

部屋を綺麗に保てるようになる

部屋の中を散らかして、犬に誤飲させてはいけない、何かを踏んで怪我させてはいけないので、必然的に部屋を綺麗に保てるようになります。

また犬の毛が抜け落ちることも多いので、その分掃除の頻度は増えます。

一緒にソファーに座ったり、一緒の布団で寝ることが多いなら、カバーやシーツを洗うことも増えるので犬にとっても人間にとっても清潔な環境を保つことができるでしょう。

犬にとって心地良い場所を心がけようと、家具の配置を変えたり整理収納をすることも増えます。そうすることで自然と部屋がすっきりとしていきます。

以上、犬を飼うメリットはこんなにありました。
もちろん経済面やお世話、しつけの大変さから、犬を飼うことは良いことばかりではありませんが、犬と暮らすことできっと自分たちの生活もより良いものになっていくはずです。きちんとお世話をして、最後まで一緒に添い遂げる覚悟を持てたなら、犬を飼うことを家族で検討してみましょう。