犬の甘噛みにはどんな意味が隠されている?理由と対処方法

小犬を飼育していると甘噛みをしてきます。遊びだと思っていても、甘噛みにはその場面場面に意味があります。

ここでは子犬の甘噛みの意味について、また成犬になっても甘噛みをするのには、どのような意味があるのか。

甘噛みが問題行動だと感じる場合と、対処方法についてご紹介をいたします。飼い主の対応次第では、甘噛みがエスカレートしてしまうこともあります、問題ありと感じた場合は直ちに対処をすることをおすすめします。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

子犬はワクチンして散歩しよう!ベストなタイミングと社会性

子犬はワクチン接種を始めたら散歩はいつからしてもいいのか気になる飼い主さんは多いのではないでしょうか...

犬の発情期(オス)の過ごし方やマウンティング行動について

発情期になるとオス犬はどのような行動を取るのでしょうか。ふだんはおとなしい犬でも発情期になると、この...

柴犬のしつけの時期と対処法!上手に教えるために大切なこと

柴犬のしつけは性格が形成されていく子犬の時期にするのがおすすめです。子犬の成長はとても早いので、...

犬のしつけ【トイレトレーニング】練習方法と成功のコツを解説

これから犬を飼う予定でいる人の中には、トイレのしつけについてどのようにすれば良いのか頭を悩ませている...

子犬のしつけを始める時期と子犬のうちに教えるべきこと

子犬を家族の一員として迎えるには、さまざまなしつけが必要になります。しつけを始めるには、どのくらいの...

犬を飼うメリットはこんなにたくさんある!犬との暮らし

犬を飼うとどんなメリットがあるのでしょうか。犬を大切にすることで、家族や自分自身も大切にする...

子犬の首輪はいつから付ける?時期や選び方、装着方法をご紹介

子犬を飼い始めたら、首輪はいつから付けたら良いのか気になります。なぜなら首輪を付けなければリードを付...

犬が吠えるのをしつけする方法!犬のための正しいトレーニング

犬が吠えるのをやめさせるためにしつけしたいという飼い主もいるでしょう。しつけによって犬が吠えない...

子犬の甘噛みの原因は飼い主かも?正しいしつけ方法について

「子犬が甘噛みするのは仕方がない。」と思っているうちに、どんどん甘噛みがびどくなってしまっていません...

【子犬の散歩】リーダーウォークの必要性としつけ方を解説

まだ散歩デビューしていない子犬の飼い主さんの中には、散歩のときにどのようなしつけをすればよいのかわか...

チワワは子犬のうちのしつけが大切?飼い主との主従関係としつけ

チワワは小さくて可愛らしさが特徴的な犬種です。しかしその可愛さに、子犬のうちからチワワの言うとおりに...

犬のしつけの順番を解説。最初にする事としつけのポイント

年願だった犬を飼うことになったときは、ワクワクと同時にしつけの不安があるでしょう。いくら可愛...

白い柴犬の子犬は貴重?白い柴犬の特徴や性格、子犬の選び方

白い柴犬は、某CMの影響からか人気がありますが、白い柴犬の子犬をペットショップで見かけたことあります...

ラブラドールの子犬の育て方についてご紹介

ラブラドールは、犬の中でも比較的賢い犬種とされていますが、そんなラブラドールを子犬から飼う場合は、ど...

甘噛みのしつけ方法は?子犬のしつけ方と飼い主が気をつけること

子犬を飼っている飼い主さんの中には、甘噛みをすることにお悩みの人もいるのではないでしょうか。本気で噛...

スポンサーリンク

子犬が甘噛みするのはなぜ?その意味について

子犬のかわいい時期によくみられる甘噛み。

かわいい反面、着ている服に子犬の歯が引っかかり服がほつれてしまうこともあります。子犬には悪気のない甘噛みでもそういったことが続いてしまうと辞めほしいと思ってしまいがちですが、子犬が甘噛みをするには理由があります。

犬の種類に関係なくほとんどの犬が子犬の時期によく甘噛みをします

ペットショップなどで、おもちゃを何度も甘噛みしているのを見たことがあるかと思います。

歯や口元の違和感から噛む仕草に繋がっています。

子犬の時期だと、歯の生え変わりの時期となります。

口の中の違和感をどうすることも出来ず、近くにある物を甘噛みすることで違和感を抑えています。

小犬が本能的に甘噛みをする意味

子犬が甘噛みをするのは、コミニュケーションの一つでもあります。

人のようなコミニュケーション方法がない犬にとっては本気で噛まずに甘噛みをすることが他の犬との意思疎通につながります。

母犬や他の兄弟と遊ぶときにも甘噛みをします

  • 長過程である子犬は口を使って色々なことを習得していきます。
  • 人だと噛むことはいけない行為になりますが、子犬は本能的に噛む力を加減していくことを遊びの中から覚えていきます
  • ケンカしているように見えても、甘噛みをしあって遊んでいるということもあります。
  • まだまだ成

口を使い噛むことでたくさんの刺激を受け学んでいくのです。

犬が物を甘噛みしてしまう意味

犬の習性として、目の前にある動く物などに噛み付いてしまうことがあります。
おもちゃを追いかけたり、興味のあるものが目に付いたりすると遊びの延長から甘噛みしてしまうのです。

犬にとって、噛む動作は自然な動作のため口にした物を確かめたり色々な意味があります。

私たち人間であれば、気になる物を手にとり確認することが出来ます。
しかし、犬からすると噛むこと硬さや重さ、臭いなど色々な情報を噛むことで集めます。

また、ストレスからくる甘噛みもあります。

私達だとストレスを感じた場合色々な解消方法があります。
しかし、犬がストレスを感じてもそれを表現するのは難しく噛むことで発散することがあります。

成犬になっても甘噛みしてしまう理由

子犬の時期の甘噛みはまだ、力も弱くかわいく感じることもあるかもしれませんが、成犬になり力が付き歯も大きく成長して甘噛みされるのでは大きく変わってきます。時には、噛まれて血が出てしまったり服に大きな穴が空いてしまうことも。

成犬になっても甘噛みする時には理由をしっかり認識して場合によっては対処する必要があります。

甘噛みが痛くなることだと認識していない

犬に甘噛みをされた時に、こちらが「痛いこと」と意思表示をしてそれが上手く伝わっていないと、犬にとっては甘噛みをしても良いことになります。
甘噛みがを癖にならないようにしつけをすることが必要になります。

甘噛みを勘違いしている

子犬の頃に多い甘噛みをしつけしている時に、飼い主の反応から勘違いしたまま成長していることもあります。

犬から見て飼い主の反応が楽しそうに感じてしまうと、成犬になっても甘噛みは喜んでもらえることと認識して甘噛みをしてしまうことも。

犬の甘噛みはいけないこと?甘噛みが続く場合の対処法

甘噛が痛いことを認識させる

犬に噛まれると咄嗟に「痛い!」と手を離したくなると思います。
しかし、それが犬からすると遊んでもらえてると感じてしまうことがあります。

結果、甘噛みで遊んでもらえると認識され噛むことで飼い主とコミニュケーションをとることになってしまうと修正するのは難しくなります。

すぐには手を動かさず、痛いという事を叱り認識させます。

何でも噛む

また、噛むことで問題となってしまうのが人が使う物を壊してしまうことです。

例えば靴やクッションなどの布製品を噛むと糸や布などがほつれてきます。
クッションだと中から次々と綿が出てきます。
こういった事を「おもしろい」と感じてしまうと、噛むことが遊びにつながりいけない物まで甘噛みして遊んでしまいます。

そして、犬にとって食べ物に似た臭いのする物を噛んだ時に食べられる物と勘違いしてそのまま飲み込み誤飲してしまうこともあります。

その場で叱り、犬専用の噛みごたえのあるおもちゃなどを与え犬にも噛んでいい物が何かを認識させます。

ストレスがたまっていないか

ストレスからも甘噛みしてしまうことがあります。
普段より色々な物を噛んでいたり、しばらく噛み続けている様子が見られた時にはお気に入りのおもちゃで遊んだり、広い所で思いっきり走り回れる環境をつくるなどストレスを発散してあげることが必要です。

しつけをする時には、短い言葉で叱ります。
長く話すように言っても理解しにくいため、一言だけ強く言い切るようにします。

一見、甘噛みから物を壊したりしていると「いけないこと」をしている様に見えますが、甘噛みにも色々な理由があることがわかると、愛犬を怒り過ぎずに一緒に楽しみながら接することが出来ます。