甘噛みをする犬の理由や、しつけ方などについて知りたい

甘噛みは犬を飼っていると、必ず1度や2度は経験する行動のひとつです。
甘えたり、じゃれついているだけなら良いのですが、思った以上に痛かったり、実は何か不満があって噛んでいるのでしたら、きちんと改善したいですよね。
ここでは、愛犬が甘噛みする理由や、叱る際のポイントなどについてご紹介しますので、是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

犬に伏せを教える方法、伏せがしつけとして必要な理由もご紹介

犬を飼い始めたらしつけをしなくてはいけません。犬のしつけにはいろいろありますが、ここでは伏せの教え方...

犬がトイレで寝る理由や、やめさせる方法についてご紹介

犬がやってしまう問題行動のひとつに「トイレで寝る」というものがあります。 どの犬でもするわけではあ...

白い柴犬の子犬は貴重?白い柴犬の特徴や性格、子犬の選び方

白い柴犬は、某CMの影響からか人気がありますが、白い柴犬の子犬をペットショップで見かけたことあります...

犬がトイレで寝る理由を考えてやめさせるためにできることを紹介

犬がトイレで寝るのには考えられる理由があります。 トイレがきちんとシートやトレーでできるようになっ...

犬のトイレトレーニング!成犬でもトイレのしつけは可能です

犬のトイレトレーニングは若いうちに行なうと、早く覚える傾向がありますが、成犬の場合や老犬の場合は、ト...

犬のしつけ【待ては教えよう!】上手な教え方とポイントを紹介

犬のしつけの中でも「待て」のしつけは特に教えておきたい行動のひとつ。 待てのしつけを愛犬が覚えるこ...

犬が赤ちゃんに吠える理由と吠えたときの対処方法について

犬が赤ちゃんに吠えるときにはどのようにして、吠えないようにしたらいいのでしょうか。 環境が変わ...

犬を散歩させる時に必要な持ち物や、あると便利な持ち物とは

犬を散歩させようと思った時に、ただ首輪にリードを繋ぐだけでは充分な準備が出来ているとは言えません。 ...

犬の発情期はメスだけ?発情期にみられる症状とケアについて

犬を飼育する上で気になる発情期、メス犬はオス犬に比べ性格がおとなしいと言われていますが、メス犬だけに...

子犬の甘噛みの原因は飼い主かも?正しいしつけ方法について

「子犬が甘噛みするのは仕方がない。」と思っているうちに、どんどん甘噛みがびどくなってしまっていません...

犬の散歩中に危険な拾い食いをやめさせるしつけの方法

犬がお散歩中に拾い食いをして困るという飼い主さんは多いと思います。拾い食いをして変なものを食べてしま...

犬が吠えるのをしつけする方法!犬のための正しいトレーニング

犬が吠えるのをやめさせるためにしつけしたいという飼い主もいるでしょう。 しつけによって犬が吠えない...

子犬の首輪はいつから付ける?時期や選び方、装着方法をご紹介

子犬を飼い始めたら、首輪はいつから付けたら良いのか気になります。なぜなら首輪を付けなければリードを付...

犬のしつけの順番を解説。最初にする事としつけのポイント

年願だった犬を飼うことになったときは、ワクワクと同時にしつけの不安があるでしょう。 いくら可愛...

犬のケージの配置のポイント!愛犬の快適環境やトイレと多頭飼育

室内に犬のケージの配置するときはどんなことに気をつけたらいいのでしょうか? これから新しく引っ越し...

スポンサーリンク

犬が甘噛みしてくるのには、こんな理由があった

犬が甘噛をするのにはいくつか理由があります。

時期が限られているものもあれば大人になってもずっと続くものもあるため、飼い主は「今はなぜ甘噛みをしたのか」を見極めるのも重要な役目です。

では甘噛みをしてくる理由を挙げていきましょう。

歯がむず痒いため

子犬時期にある甘噛みはほとんどがこの歯の違和感からなるものです。

特に葉の生え変わりの時期になると、抜けそうな歯や生えている最中の歯は痒く感じるため、歯に刺激を与えたいという欲求から甘噛みをしてきます。

ちなみにこの時期の甘噛みは痛いです。

子犬の歯が小さくて鋭く尖っているため、針で刺されたような痛みが走ります。

私が飼っている犬も子犬の頃は何度も腕に甘噛みをしてきたので、当時は歯型だらけでした。

コミュニケーションのひとつ

犬のきょうだい同士でじゃれているときに甘噛みをすることがあります。

これは喧嘩ではなく遊んでいるだけで、甘噛みをし合うことで力加減を覚えるのでこれも大事な行為なのです。

また、強く噛んでしまうことで喧嘩にもなりますし、母親にも叱られます。ここから集団での行動のルールを学ぶこともあるので、遊びと学習を兼ねているのです。

飼い犬の場合は人間相手でもじゃれて甘噛をしてきます。

暇つぶしやストレス解消

退屈な気持ちやストレスを紛らわすために甘噛みをすることもあります。

私の家の犬はシャンプーが大嫌いで、お風呂に入れた後はずっと玩具を噛んでいます。
強くストレスを感じると物を噛んで落ち着こうとする習性があるため、それまでおとなしかったのに急に甘噛にをするようになったなら、そのきっっかけとなる事柄を思い出すと何がストレスになったのか分かりやすいです。

甘噛みが強めの愛犬をしつける時は

人に対する甘噛みは、子犬のうちからやめさせなければいけません。

そのままにして成犬になってしまうと、力の加減が出来ず本気噛みをしてしまうこともあります。

犬に本気噛みをされると大変なので、小さいうちからしつけましょう。

ただし、噛む事自体はやめさせてはいけません。

犬にとって甘噛みは歯の違和感を拭うためのものやストレス解消でもあるため、それを奪い取ってしまうのは強いストレスになります。

人に甘噛みしたときは、「ダメ」と言って教えましょう。

短い言葉の方がわかりやすいので、「ダメ」だけで注意しつづけ、代わりに噛んでも良い玩具を渡します。子犬に与える時は、硬すぎる玩具だと歯や歯茎に傷をつけてしまう可能性もあるので、適度に弾力のある玩具を与えましょう。

甘噛みの次に多い、犬の行動とその理由とは

甘噛の次に多いのが、舐めるという行為です。

飼い主の顔や手を舐めてくる姿は可愛いですよね。

特にしつけを必要とするような行為ではありませんが、舐める場所によって意味が違うのはご存知ですか?

特に多い場所別の舐める意味をお教えしましょう。

口まわりを舐める

これは愛情表現であることが多いです。

ご主人が大好きだと意味と、信頼している相手だという意味で舐めます。

その他にも、お腹が減ったというアピールや、人間の食べたものの匂いが口元に残っているときに舐めるときもあります。

手を舐める

遊んでほしい時や甘えたい時に舐めることが多い場所です。

我が家の犬はわかりやすくボールを私の足元に置いて手を舐めてきます。撫でてほしいときは、しばらく手を舐めてきたと思ったら、自ら手の下に自分の頭をねじ込んでくることもあります。

足を舐める

足を舐めるのも遊んでほしいときのアピールですが、それ以外にも足の匂いが好きで舐めている可能性も高いです。

特に外から帰ってきた後に足を舐めるのは、匂いを楽しんでいるのかもしれませんね。

犬の感情を知るカギとなる、大事なパーツとは

多くの犬は尻尾で感情を表現します。

尻尾は地面からの高さで表す感情が違うのをご存知ですか?
地面から高く尻尾を上げているときは喜んでおり、地面に近く尻尾を下げているときはストレスや不安などのマイナスの感情を表しています。

また、尻尾を振る速度によって興奮状態が分かります。

早く振るときはとても興奮していますし、ゆっくりのときは落ち着いている状態です。

また、尻尾が地面と水平になっているときは始めてのものなどに警戒しているというときに多いです。

しかし、中には尻尾を振らない子もいます。

巻き尾の子などは特にそれがわかりにく、我が家の犬も巻き尾のためほとんど尻尾を振ることがありません。

たまに巻き尾の固まりがぴょこぴょこ動く程度で、この場合は尻尾で機嫌を知るのは難しいです。

犬の気持ちを知るなら、ここの動きにも注目しよう

尻尾だけではなく耳でも機嫌を知ることが出来ます。

元々耳が立っている子や寝ている子もいますが、機嫌によっても耳が立ったり寝たりします。

耳が立っているときは、警戒しているときや周囲に興味津々な時です。他の犬と喧嘩中に耳が立っているのであれば、自分の方が強いということをアピールしているという意味になります。

耳が前方に垂れているのは、威嚇です。

歯もむき出しにしてくるので分かりやすいと思います。

後ろに垂れることもあり、このときは喜んでいたり、くつろいでいる状態を表します。

飼い主に撫でてもらっているときなどはこの状態になりやすいです。

しかし、撫でて喜んでいるのかと思ったら実はそうでないときもあります。

撫でてもあまり反応がないときなどは、不安なときや体調が悪いという可能性もあります。

普段の様子を見ていると異変はわかりやすいので、食事の様子や耳や尻尾の状態を参考にしながら飼い犬の様子を見て、心配であれば早めに動物病院につれていきましょう。

犬は人間の言葉は話せませんが、その分一生懸命体で自分について教えてくれる生き物です。普段から変化を見逃さないように注意して見守りましょう。

Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/puppifi.com/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:686 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/puppifi.com/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/puppifi.com/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/puppifi.com/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/puppifi.com/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 686