犬は留守番する時に寂しいと考えることも、出来る対策とは

犬を飼っている場合、どんなに可愛がっていても、ちょっとした外出などで留守番をさせなくてはいけないことは、必ず起きます。
その時に飼い犬はどのように考えながら、家で過ごしているのでしょうか。
ここでは、留守番の時の犬の心理や、寂しいと思わせないように出来る工夫などについてご紹介しますので、是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

子犬の散歩を始める時期とは?散歩デビューのポイントを紹介

子犬を散歩させるの時期はいつからなら大丈夫なのでしょうか。ワクチンがすべて終わってから?それとも終わ...

小型犬に必要な基本のしつけ。子犬のうちに身につけたいこと

これから小型犬をペットとして迎えたいと考えている方も多いと思います。小型犬の場合には、室内で飼育する...

【犬のしつけ】ハウスの必要性としつけの手順、ポイントのまとめ

犬を室内で飼っている人にとって、「ハウス」は大切なしつけの一つです。 ハウスが上手にできる犬は...

子犬のうちに必要なしつけと順番について【しつけのルール】

子犬をペットして迎える時には、子犬のうちに教えておきたいしつけがあります。いろいろとあるしつけはどの...

犬が膝の上で寝るのは甘え!愛犬の気持ちと飼い主ができること

犬が気がつくとすぐに自分の膝の上で寝るのが可愛いという飼い主さんも多いでしょう。そんな愛犬の行動はど...

犬が吠える場合は無視をするのが良い?吠えぐせに対する対処方法

犬に吠える癖がついてしまうと、直すのはなかなか根気が必要となります。 無視するのが効果的だと、...

犬がご飯のときに吠えるのは要求吠えかも!原因と対処法を解説

家族でご飯を食べているとき、犬が吠えることに頭を悩ませている飼い主さんもいるのではないでしょうか。 ...

子犬はワクチンして散歩しよう!ベストなタイミングと社会性

子犬はワクチン接種を始めたら散歩はいつからしてもいいのか気になる飼い主さんは多いのではないでしょうか...

犬が唸る理由は様々。直したい唸りとその対処法と注意点

飼っている犬がよく唸ると感じていませんか?またどうして唸っているんだろうと疑問に思うこともあるでしょ...

犬の甘噛み【成犬のしつけ】噛み癖にならずにやめさせる方法

犬の甘噛みは子犬の頃が多いのですが、成犬になっても甘噛をする場合があります。 成犬になってから甘噛...

犬は生理で食欲低下したときの対処法と犬のためのマナーを紹介

メス犬も人間と同じように成長に伴い生理が始まります。このとき、食欲が低下してしまう犬もいます。 ...

チワワのしつけはいつから始める?しつけのコツとポイント

チワワのしつけはいつから始めたらいいのでしょうか?小さいチワワは、ある程度大きくなるのを待ってからし...

大きい犬【白色】を飼いたい人におすすめの犬種と飼う時の注意点

子供が大きくなると「犬を飼いたい」と言い出すことがあります。 子供の意見を尊重してあげたくても、ペ...

犬がトイレを覚えないときの対処方法と覚えさせるポイント

犬がトイレを覚えないのはどうして?トイレを失敗したときに、叱ってはいませんか? トイレを失敗し...

白い柴犬の子犬は貴重?白い柴犬の特徴や性格、子犬の選び方

白い柴犬は、某CMの影響からか人気がありますが、白い柴犬の子犬をペットショップで見かけたことあります...

スポンサーリンク

犬が留守番している時の気持ちは、寂しい?楽しい?それとも

お留守番のときに寂しがっているか楽しんでいるかは、その子それぞれで違います。我が家の飼い犬は、留守中にカメラを設置して見ていたことがありますが、一人のときにはリビングのテーブルの上でぐっすり寝ています。

適度に日も当たり、夏場は涼しく冬は温かい木のぬくもりが心地よいようです。

ときどきお腹を出して寝ていたのでよほどリラックスしていたように見えました。

しかし、最初のうちはどの子も寂しいと感じるようで、我が家の犬も最初からこんなにリラックスしていたわけではありません。

しばらくキュンキュン鳴き、窓ガラスを何度もカリカリ引っ掻いて私を呼んでいるようでしたし、帰ってからも玄関のドアを開けた瞬間大きく吠えていました。

お留守番は慣れや環境の良し悪しの影響もあると思います。

私の家の犬は今では留守番を楽しんでいるようですが、寂しがり屋の子ならいつまで経っても寂しく感じ、留守番をストレスに感じているかもしれません。

留守番をする愛犬が寂しいと感じないようにするには

留守中は一人で過ごさなければいけないので、寂しさを感じさせないことが重要です。

「留守番は楽しいものなんだ」と理解できれば、留守中もいたずらや粗相をしなくなって穏やかに待ち続けられます。

まずは留守中に遊べる玩具を用意しておきましょう。

愛犬が一人で遊べるようなもので、噛むとポプープー音がするようなものがおすすめです。

また、しばらく噛んでられるようなおやつもいいでしょう。

おやつを与えてから出ると、しばらくそちらに意識が集中しているので飼い主が出かけるときも静かですし、おやつがなくなるまでは寂しいと感じることもなくなります。留守番のときにおやつをもらえるようになると、犬にとって留守番はご褒美のようなものになるのでストレスは感じににくくなるのでおすすめです。
また、出かけるときに「行ってくるね」などの言葉をかけないでください。

犬は利口なので言葉をきちんと理解します。

置いていかれると思うととても寂しく感じるので、上着やバッグなども見せず、出かける気配を感じさせないままそっと家を出ましょう。

犬が留守番をさせる居場所にも気を配ろう

犬が留守番をする場所は大きく分けて2つです。サークル内かフリーのどちらかとなります。

小型犬などはサークル内で留守番をする子が多く、トイレも食事もサークル内で済ませられるため、家の中が荒らされる心配がありません。

大型犬に多いのがフリーの留守番です。

家の中のリビングだけ、または家中全域を行き来できるのがこちらもタイプで、私が飼っているのは中型犬の柴犬ですが、我が家もフリーにしています。サークルが良いと思っても、サークル内に入ることが強いストレスになる子もいます。どうしても嫌がるようならフリーにしてあげましょう。我が家の柴犬はサークルを壊して脱走したことがあります。よほど嫌だっったようなので、それ以来フリーにするとある程度おとなしくなりました。

留守番をさせるときは、水とトイレの準備をしてきましょう。

また、夏や冬は温度調整が必要です。特に犬は暑さに弱いので、エアコンで室内の温度の調整は必ず行ってください。

フリーにする場合、高さの低い台などは寂しがった飼い犬が飛び乗って暴走する可能性もあります。壊れやすいものなどは届かない高さに避難させてください。

どうしても長期期間、留守にしなくてはいけない時は

1日または数日など、その日に帰ってこれない場合はペットホテルを利用しましょう。

夜の8時頃までは従業員さんの目が届くので、お散歩やご飯のお世話をしてもらえます。

ペットの大きさによって使うケージが違うため料金に幅はありますが、大体3,000~5,000円と見ておいていいでしょう。

ちなみに散歩やおやつなどはオプションになるため別に料金がかかることが多いです。

ペットホテルによってはお部屋にグレードがあり、人間の部屋と大差ないほど広いお部屋の用意があるところもあります。

また、スマートフォンからいつでも預けているペットの様子を見れるサービスを行っているところもあるため、心配に慣ればいつでも覗けるのも良いですね

預けるときは前日までにワクチンの接種をしておかなければいけないので忘れず予防接種に行きましょう。

犬が留守番で寂しいと思わせない、思い切った行動とは

旅行に行きたいけど留守番をさせるのも不安だしペットホテルは心配という人は、ペットの宿泊可の旅館を予約しましょう。

どこの温泉街にもだいたい1つはあります。

古めの部屋をペット同伴用にしているだけの旅館もあれば、床をフローリングにして、ペット用のサークルも設置するなどしっかりペットに配慮した宿もあります。

過去に泊まった温泉では、1階にも部屋を設けてそこをペット同伴用の部屋にし、入り口からペット同伴用に分けているところもありました。そこはベランダから外に出ることができ、お散歩もしやすいように配慮していたのでとても快適で良かったです。これなら、知らない環境で緊張はするかもしれませんが、ずっと飼い主と一緒なので愛犬にも寂しい思いはさせません。

宿泊施設の予約サイトでも検索条件に項目があるほど一般的になってきているので、ぜひ愛犬も一緒に旅行してみるのはおすすめです。

その際は、普段排泄をしているシート、移動用のキャリーバッグ、首輪、リード、普段食べているご飯、ゴミ袋を多めに持っていきましょう。食器がないところもあるので、普段使っている食器もあると良いです。
できるだけ普段と変わらない生活グッズを持っていくと安心するので、荷物にはなりますが出来るだけ持参しましょう。

Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/puppifi.com/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:686 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/puppifi.com/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/puppifi.com/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/puppifi.com/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/puppifi.com/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 686