犬の発情期はメスだけ?発情期にみられる症状とケアについて

犬を飼育する上で気になる発情期、メス犬はオス犬に比べ性格がおとなしいと言われていますが、メス犬だけにみられる発情期の症状があります。

ここでは、犬の発情期の症状について、また発情期のケアについてもご紹介をいたします。

発情期には個体差もあり、犬のおとなしさにも性別だけでなく性格も関係してきます。飼育する際には、犬の全てを受け入れる覚悟も必要です。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

犬におすわりをしつける時のポイントやコツなどについて

犬にしつけをしようと思った時に、まず最初にすると良いのが「おすわり」です。「うちの犬はいつまでた...

お留守番を上手にしてもらうために。犬のお留守番の練習方法

犬をペットとして迎えると、家族はみんな外出して、犬だけでお留守番をするという時間もあります。最近は、...

犬の夜泣きはどうして起きるのか。夜泣きの原因と正しい対応方法

犬は感情表現が豊かな動物で、行動や仕草、鳴き声などで自分の感情を表します。犬が鳴き声をあげること...

子犬の夜泣きはどうすればいい?一緒に寝ることが難しいとき

子犬が夜泣きをするときには一緒に寝ることが正解なのでしょうか。いくら大きい声ではなくとも静かな時間帯...

甘噛みをする犬の理由や、しつけ方などについて知りたい

甘噛みは犬を飼っていると、必ず1度や2度は経験する行動のひとつです。甘えたり、じゃれついているだ...

白い柴犬の子犬は貴重?白い柴犬の特徴や性格、子犬の選び方

白い柴犬は、某CMの影響からか人気がありますが、白い柴犬の子犬をペットショップで見かけたことあります...

犬をしつける時、噛むなどの困ったクセをやめさせるには

犬を飼っている時にトイレなどのさまざまなしつけが必要ですが、その中でも噛むクセは、自分や周りの人が怪...

犬が散歩に行かない理由とまた外の世界に慣れるまでのステップ

犬は散歩が大好きな動物、という印象を持っている方が多いと思います。そんな散歩好きな犬が、急に散歩を嫌...

犬は臭いニオイが好き、飼い主も犬のニオイが大好き

犬は鼻が良い動物です。ですので、臭いニオイは嫌がりそうに思われますが、全くそんなことはありません...

犬の留守番時間の限界と慣れさせるためのしつけのポイントを紹介

犬が留守番できるのはどれくらいの時間なら可能なのでしょう?夫婦で共働きで犬を飼っているとどうして...

犬の外飼いはいつから?事前の準備やはじめるために大切なこと

犬の外飼いはいつからが可能なのか、外飼いをはじめる前に気になることはたくさんあります。犬を外飼い...

犬の留守番中のトイレを失敗させない方法とは?コツとポイント

犬が留守番中のトイレを失敗してしまうのはどんな理由からなのでしょうか?トイレトレーニングは成...

室内でできる犬が喜ぶ遊びや室内遊びの注意点についてご紹介

犬には毎日の散歩が大切ですが、梅雨時期などには雨が続き、なかなか散歩に連れていけないことも。そんな日...

犬が吠えるのをしつけする方法!犬のための正しいトレーニング

犬が吠えるのをやめさせるためにしつけしたいという飼い主もいるでしょう。しつけによって犬が吠えない...

チワワのしつけはいつから始める?しつけのコツとポイント

チワワのしつけはいつから始めたらいいのでしょうか?小さいチワワは、ある程度大きくなるのを待ってからし...

スポンサーリンク

メス犬の発情期の時期や症状の度合い

犬を飼う上では必ず「発情期」についても知っておかなければいけません。
特にメス犬は飼っているうちにいずれ発情期を迎えることになります。
単純に、メス犬は性格が大人しいと言われているから!という安易な気持ちで飼ってしまうと、後々この「発情期」で悩まされることが少なくないのです。

そこでまずはメス犬が発情期を迎える時期や症状の度合いについてお伝えします。
メス犬の発情期は、犬を飼う上で必ず付いてくる問題の1つですので、よく知っておくようにしましょう。

メス犬の発情期を迎える時期や症状の度合いには、個体差があります

それを踏まえた上でのお話となるのですが、目安としては、生後半年~1年未満に初めての発情期を迎えることになり、発情期を迎えた時には気持ちや身体に変化が生まれます。

またメス犬の発情期は約半年に1回の周期で訪れることが多いです。

ただ前述しているように発情期の内容はその子によって異なります。

目安としている時期よりも早い犬もいれば遅い犬もいますし、症状が軽い犬もいれば重い犬もいます。安易に一概に「こうです!」と断言することはできないのです。ですが、メス犬を飼う限り発情期はほぼ100%の確率で付いてくるということは、どのメス犬に関しても同じですので覚えておきましょう。

メス犬の発情期の症状、発情出血について

メス犬の発情期の症状の度合いには個体差があることはお分かり頂けたと思います。
そこで次は、発情期を迎えると伴う症状や発情期の流れについて、お伝えします。

メス犬は発情期に突入すると「発情出血」という出血が見られるようになります

人間で例えるなら女性の月経のようなものです。
この発情出血の仕組みは女性の月経と同じで、日にちが経つにつれて出血量が少なくなっていき、最終的には出なくなるという流れになっています。

またメス犬の発情期は主に4つの時期に分かれています。

1番目に迎える時期が「前期」

前期は10日前後続きます。
前述した発情出血はこの10日前後の期間で迎えることになります。

2番目に迎える時期は「中期」

中期も前期同様に10日前後続きます。
前期で起こっていた出血はおさまりつつある一方で、気持ち面で変化が生まれる時期となります。

3番目に迎える時期は「後期」

後期は最大で2ヶ月前後続きます。
ただ、この時期は発情が終わりに近付いている時期となりますので、最初の頃に見られていたような症状は少なくなります。

普段に近い状態の愛犬を見ることができるでしょう。
その一方、中にはホルモンバランスの関係から想像妊娠の兆候が見られる場合もあるため、気になる場合は病院に行くことをお勧めします。

最後は「終期」

最大2ヶ月前後かかる後期が過ぎた後は、発情期の症状がほぼおさまる終期となり、発情期は終わりを迎えます。

メス犬の発情出血以外の症状

メス犬の発情期に見られる症状は出血以外にも様々なことがあります。

陰部が腫れる

出血に伴い陰部が腫れることは少なくありません。
しきりに気にして舐める犬もいるようです。

食が細く元気がなくなる

発情期は心身共に負担が掛かる時期です。
食欲がなかったり、普段のような元気もなく、ぐったりしていることもあるでしょう。

よく鳴くようになる

発情期によるストレスから鳴き声は多くなる傾向にあります。
普段はない夜鳴きをしたりいつもよりもよく吠えるなんてこともあります。

飼い主さんへの態度が変わる

発情期に入ると飼い主さんへやたらと甘えてくるようになったり、逆に、すごく反抗的な態度を取るようになったりすることもあります。
いつもと違う態度は発情期の症状の1つですので、あまり深く気にせずに接してあげるようにしましょう。

また、発情期に突入すると「頻尿」や「体温の上昇」が伴う場合もあり、発情期の症状には本当に様々なことがあります。
あまりにもおかしい!と感じる場合には病院への受診が必要になりますが、基本的にはあまり深く考えすぎずに、様子を見守ってあげるのが良いでしょう。

オス犬の発情期、症状もご紹介

一方でオス犬はメス犬のような発情期の周期はありません。
しかし状況によっては「オス犬」にも訪れる場合があります。では一体どのような場合だとオス犬は発情するのでしょうか。

オス犬が発情をする主なケースは「メス犬の色気で虜にされた場合」

メス犬が発情している間は、目には見えないフェロモンのようなものが、体外へと排出されています。
オス犬はその色気を嗅ぎつけることで伴って発情してしまうのです。

多頭飼いをしている場合や散歩等でオス犬と対面する場合には注意が必要です。
またオス犬は発情すると以下のような行動や症状が見られるようになります。
  • 急にソワソワする
  • メス犬に近寄ろうとする
  • ぬいぐるみ等に覆いかぶさろうとする
  • 壁等におしっこでニオイをつけようとする
  • 戦闘的な態度を取る

以上のような行動がオス犬に見られるようになったら、発情しているサインと判断して良いでしょう。

犬が発情期の時、飼い主ができるケア

発情期は心や身体の変化からとても大きな負担が掛かります。
そのため犬を迎え入れた場合には、可能な限りで愛犬の辛さを軽減してあげることも、飼い主さんの役割となります。

例えば、メス犬の場合には発情に出血を伴いますから、そんな出血をカバーするためのナプキンやパンツ等があると良いでしょう。また犬は散歩が欠かせない動物ですから、ナプキンやパンツがあれば、出血によるオス犬への刺激も抑えることができます。

もちろん、オス犬と極力遭遇しないような散歩コースを選ぶことも1つのケアですが、状況に応じて出血対策グッズもあると良いでしょう。

一方で飼い主さんが出来るケアの方法には「避妊手術」という選択肢もあります。
避妊手術は、発情を今後迎えないようにするための手術ですので、発情によるストレスは確実に取り除いてあげることができます。犬も心身共に楽になることでしょう。
ですが、その反面では「妊娠できない身体にする」ということでもあるため、どうするかはしっかりと家族と話し合った上で決める必要があります。
犬を飼う上で「発情期」は必ず付き纏う問題のひとつとなります。
どういうケアをしてあげるのが犬にとって一番楽なのかを考えて行動してあげて下さいね。