犬の甘噛み【成犬のしつけ】噛み癖にならずにやめさせる方法

犬の甘噛みは子犬の頃が多いのですが、成犬になっても甘噛をする場合があります。
成犬になってから甘噛をやめさせるのは大変なので、できれば子犬のうちに予防する方がいいでしょう。

そこで、成犬になってから甘噛をやめさせるためのしつけ方法についてお伝えしていきましょう。

噛み癖にならないように、成犬の甘噛みはきちんと根気強くしつけをする必要があります。ぜひ参考に試してみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

犬がトイレを覚えないときの対処方法と覚えさせるポイント

犬がトイレを覚えないのはどうして?トイレを失敗したときに、叱ってはいませんか?トイレを失敗し...

室内犬にトイレをしつける際のポイントについてご紹介

室内犬を飼い始める時にまずしなくてはいけないしつけと言えば、トイレです。きちんと早めにしつけてお...

犬が無駄に吠える時に出来る対策などについてご紹介

犬を飼う時にさまざまな悩みが出ることがありますが、その中でも多いのが「無駄に吠える」です。そうい...

白い犬が大好き!その中でも大型の種類とは

白い犬と聞いたら、もこもこでふわふわな触り心地のよい毛並みを連想する方も多いと思います。特に大型...

吠える犬の心理としつけで気持ちをコントロールする方法

犬が必要以上に吠える「無駄吠え」に悩んでいる方も多いと思います。特に集合住宅などでは、ご近所への迷惑...

犬が散歩で興奮するとお困りの方へ犬の気持ちを落ち着かせる方法

犬の散歩中に困る行動として、興奮をしてリードを引っ張ってしまうことや、他の犬に会うと必要以上に警戒し...

子犬の散歩を始める時期とは?散歩デビューのポイントを紹介

子犬を散歩させるの時期はいつからなら大丈夫なのでしょうか。ワクチンがすべて終わってから?それとも終わ...

大きい犬【白色】を飼いたい人におすすめの犬種と飼う時の注意点

子供が大きくなると「犬を飼いたい」と言い出すことがあります。子供の意見を尊重してあげたくても、ペ...

子犬はワクチンして散歩しよう!ベストなタイミングと社会性

子犬はワクチン接種を始めたら散歩はいつからしてもいいのか気になる飼い主さんは多いのではないでしょうか...

犬が留守番中に吠える時の対処法!犬が快適に過ごせる環境作りを

犬に一匹だけで留守番をさせるとき、犬が吠える事にお悩みの人もいるのではないでしょうか。「外出...

犬が鳴くのはどんなとき?クンクンと鳴くときの理由について

犬がクンクンと鳴くのはどんなときや気持ちなのでしょうか。クンクンと鳴くときには、甘えているときと自分...

犬が唸る理由は様々。直したい唸りとその対処法と注意点

飼っている犬がよく唸ると感じていませんか?またどうして唸っているんだろうと疑問に思うこともあるでしょ...

犬の留守番中のトイレを失敗させない方法とは?コツとポイント

犬が留守番中のトイレを失敗してしまうのはどんな理由からなのでしょうか?トイレトレーニングは成...

犬のトイレトレーニング!成犬でもトイレのしつけは可能です

犬のトイレトレーニングは若いうちに行なうと、早く覚える傾向がありますが、成犬の場合や老犬の場合は、ト...

子犬の留守番が10時間は長い?長時間留守番出来る犬になる方法

かわいい子犬との楽しい毎日をお過ごしでしょう。ですが、急な用事で愛犬を長時間留守番させることにな...

スポンサーリンク

犬の甘噛みをやめさせるためには成犬でもしつけをしましょう

成犬になっても甘噛みをするのは、子犬のときにしっかりしつけられていなかったり、怖い思いをした経験や人間に対して不信感を持つなど何らかの原因が考えられます。犬のしつけは子犬のうちに行うのが重要ですが、成犬であっても時間をかけて根気よく行うことでしつけることはできます。

犬が遊んでいるときに甘噛みをしてきたら、遊びを中断してください。

遊んでいるうちに興奮して噛んでくる場合が多いので、噛んできたの同時に遊ぶのをやめます。噛んだら遊んでもらえないと認識させましょう。気分やその日によって噛まれても遊び続ける日と、噛んできたら遊ぶのをやめる日の両方を作るのはやめてください。犬は噛んだため遊びがストップしたと気づけなくなり、混乱してしまいます。

甘噛みをしてきたら、「痛い」とか「噛んだらダメ」など大きな声を出すのも効果があります。

犬は大きな音が苦手なので、噛まれたら近くにあるものを叩いたりして大きな音を出すのも良いでしょう。噛んだら叱られる、大きな嫌な音がすると覚えさせます。

我が家の犬も遊びの中で興奮して噛んでくることがありました。成犬にもなると甘噛みであっても痛いときがあります。なので、噛まれたら大声を出して泣いてみせました。噛んだら痛いということを教えることで、噛まなくなりましたよ。

犬が成犬になっても甘噛みをする理由とは

犬は子犬のとき、子犬同士でじゃれあうことで強く噛むと痛いということを理解すると言います。成犬にもなると強く噛むことはなくなりますが、それでも甘噛みをしてくる場合はそれなりに理由があるはずです。

甘噛みの原因に多いのが、甘えと遊びです。

飼い主に甘えていることで甘噛みをしてくる場合があります。飼い主とじゃれあって遊びたいために甘噛みをしてくることもあります。子犬のときの甘噛みをきちんとしつけなければ、甘噛みは遊びの延長であることも多いです。遊ぼうと誘って甘噛みをしているのかもしれません。

遊んでいるうちに興奮してついつい甘噛みをしてしまう場合もあります。

この場合は犬の方も興奮のあまりついついうっかり噛んでしまったという状態でしょう。ですがやはり甘噛みはよくないので、噛んだら遊びを中断して落ち着かせるようにしてください。

ストレスを感じているため甘噛みをしてくることもあります。

自分の欲求が通らず、不満を抱えていて飼い主に訴えている場合もあります。運動不足から体力が余ってストレスがたまっていることもありますので、散歩をさせたり遊んであげるなど、犬と関わる時間を作ってあげてください。

犬は上下関係を確かめるために甘噛みをすることもあります。

飼い主を噛んでくるのは自分より下にみているのかもしれません。この場合はきちんと叱って、甘噛みをさせないようにしつけることが大切です。

成犬の甘噛みはしつけが大変なので子犬から予防をすること

犬の甘噛みは子犬のときにしっかりしつけることが重要です。

子犬のうちは甘噛みされてもそれほど痛くないため、かわいさのあまり許してしまうこともあります。そのまま成長してしまうと、甘噛みが良くないことと認識せずに成犬になってしまいます。成犬にもなると甘噛みも痛い場合も多く、また、噛み癖がついてしまうことになり危険でもあります。家族に対して甘噛みをしているうちはまだ良い方です。噛むことを悪いことと思っていないと、他人を噛んで傷つけてしまう場合もあります。

近所の動物病院の先生から聞いた話ですが、散歩中の犬に噛まれたことがトラウマとなって外出できなくなった人が、飼い主に対して損害倍書を請求してきたことがあるそうです。犬の殺処分も要求してきたというとても怖い話を聞きました。
成犬になっても甘噛みを許してしまうと、噛み癖がつくことで大きな問題になってしまうこともあります。
子犬のうちならしつけもしやすくなります。子犬の甘噛みは一緒に遊んでいるときや甘えから甘噛みをしてくる場合もありますが、歯の生え変わりでムズムズして噛んでくる時期もあります。噛んでもよいおもちゃやガムを与えて、人の手や脚を噛ませないようにしてください。子犬のうちに人との生活におけるルールをしっかりと教えてあげましょう。

成犬の噛み癖が改善しないときの対処法

甘噛みのためのしつけをしても、成犬にもなるとなかなか理解してくれないこともあります。

甘噛みしても許されて育ってきたのですから、いきなりダメだと言ってもわからないでしょう。
それでも根気よくしつけをすることは大切です。甘噛みをしてきたら遊ぶのをやめたり、無視をして構わない、痛いといって叱るなど、犬が理解しやすい方法を試してください。

犬の噛むという行為はストレス発散にもなりますので、噛んでも良いおもちゃも用意してあげましょう。遊んでいて甘噛みをしてきたら、噛んでも良いおもちゃを与えるようにします。人の肌や服は噛んではいけない、噛みたくなったらおもちゃを持ってくると根気よく教えてください。

噛み癖が改善しないときは、しつけのプロを頼ってみるのもおすすめです。

犬が甘噛みをする状態を見て原因を探り、犬に合ったしつけ方法を指導してくれます。しつけの方法が間違えている可能性もありますので、一度しつけの先生に相談してみると良いでしょう。

噛み付く状況を作らないようにすることも大切

甘噛みをする状況を考えてみてください。決まった遊びのときに甘噛みをする場合もあります。甘噛みをしやすい遊びはしないようにして、違う遊びに変えてください。犬は遊びとして噛んできている場合もあります。楽しい遊びの中で甘噛みをしていると、噛むことも遊びのひとつと思ってしまいます。人を噛むことに慣れるだけは避けなくてはなりません。噛むような状況を作らないという工夫も大切です。

ストレスや体力が余って噛んでくることもあります。

運動量が足りなくて、スタミナが必要以上に余っているのかもしれません。散歩の距離や回数を増やしたり、ドッグランなどで思う存分走らせたり、フリスビーやボールで遊んであげるなどして、運動量を増やしてみてください。

犬がなぜ噛んでくるのかを考えて、それに対処することで甘噛みをやめる場合もあります。

犬が本気で噛んだらひどい傷になるのは間違いないです。甘噛みは犬もちゃんと手加減をしている証拠です。力加減を調整する余裕があるので、飼い主が根気良く教え続けることで犬も理解してくれるようになりますよ。