犬が留守番中に吠える時の対処法!犬が快適に過ごせる環境作りを

犬に一匹だけで留守番をさせるとき、犬が吠える事にお悩みの人もいるのではないでしょうか。

「外出中もずっと犬が吠えているのではないか」と心配している飼い主さんもいることだと思います。

犬が留守番中に吠えるときは、一体どのような対処をすれば良いのでしょうか。犬が安心して留守番できるように、飼い主さんにできる対策を行いましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

【子犬の散歩】リーダーウォークの必要性としつけ方を解説

まだ散歩デビューしていない子犬の飼い主さんの中には、散歩のときにどのようなしつけをすればよいのかわか...

犬の生理の期間はどのくらい?生理中の過ごし方について

犬の生理の期間はどのくらいの日数なのでしょうか。また、生理中はどのように過ごしたらいいのでしょう? ...

お留守番を上手にしてもらうために。犬のお留守番の練習方法

犬をペットとして迎えると、家族はみんな外出して、犬だけでお留守番をするという時間もあります。最近は、...

犬の発情期(オス)の過ごし方やマウンティング行動について

発情期になるとオス犬はどのような行動を取るのでしょうか。ふだんはおとなしい犬でも発情期になると、この...

チワワは子犬のうちのしつけが大切?飼い主との主従関係としつけ

チワワは小さくて可愛らしさが特徴的な犬種です。しかしその可愛さに、子犬のうちからチワワの言うとおりに...

【犬とのお散歩マナー】安全な散歩のために覚えておくルール

子犬を家に迎え、可愛い犬とのお散歩を楽しみにしているという方も多いと思います。お散歩ができる時期にな...

犬を飼うメリットはこんなにたくさんある!犬との暮らし

犬を飼うとどんなメリットがあるのでしょうか。 犬を大切にすることで、家族や自分自身も大切にする...

犬の散歩中に危険な拾い食いをやめさせるしつけの方法

犬がお散歩中に拾い食いをして困るという飼い主さんは多いと思います。拾い食いをして変なものを食べてしま...

犬が鳴くのはどんなとき?クンクンと鳴くときの理由について

犬がクンクンと鳴くのはどんなときや気持ちなのでしょうか。クンクンと鳴くときには、甘えているときと自分...

犬が唸るのをしつけでやめさせる方法!ポイントと正しい対処法

犬が唸るのをしつけでやめさせるには、その前にどんな理由で犬が唸っているのかをよく観察してみることが大...

犬が吠える場合は無視をするのが良い?吠えぐせに対する対処方法

犬に吠える癖がついてしまうと、直すのはなかなか根気が必要となります。 無視するのが効果的だと、...

ラブラドールの子犬の育て方についてご紹介

ラブラドールは、犬の中でも比較的賢い犬種とされていますが、そんなラブラドールを子犬から飼う場合は、ど...

子犬のトイレトレーニングにかかる期間とトイレを教えるポイント

子犬にトイレトレーニングをするとき、一体どのくらいの期間がかかるのか知りたい人もいるのではないでしょ...

チワワの子犬の育て方。特徴や日常のお世話の方法

ペットとして人気のチワワ。愛くるしいクルクルとした瞳が可愛らしい犬です。これから子犬を飼いたいと思う...

犬が散歩で興奮するとお困りの方へ犬の気持ちを落ち着かせる方法

犬の散歩中に困る行動として、興奮をしてリードを引っ張ってしまうことや、他の犬に会うと必要以上に警戒し...

スポンサーリンク

犬が留守番中に吠えるのは留守番に慣れていない可能性も

散歩もしっかりして、あなたが家にいない時、吠えないように、運動とかさせているつもりなのに、それでも、犬が留守番をしている時に、吠えてしまう。近所迷惑もあるし、どうにかしたい問題ですよね?

吠えているのは、寂しい証拠

まず、吠えているのは、部屋に誰もいなくて、それで吠えている、それを理解して下さい。散歩をさせて、運動をさせてとしても、やっぱり部屋に誰もいないのが、寂しくて、それが原因で吠えています。

解決方法は、少しずつ、飼い主やあなたの家族がいない状態に慣れてもらうことだと思います。いきなり、数時間いないようでは、あまりに寂しすぎて、やっぱり吠えてしまいます。ですので、初めは、30分一匹だけにするとか、短時間に慣れてもらって下さい。

そのうち、2時間家で一匹にされても、吠えなくなると思います。

ただ、どんなに吠えなくなっても、やっぱり犬は誰かとコミュニケーションを取りたい動物です。あまり留守番だけにとらわれずに、十分にコミュニケーションもとってあげて下さいね。留守番の時間も少し短縮した方がいいかもしれませんね。

犬が留守番で吠えるのを防ごう!留守番の練習方法

あなたが家にいない間、留守にしている間に飼っている犬が大きな声で吠えられたら、飼い主として、近所の方に申し訳ないですよね。

あなたが家を留守にしている間、少しでも飼っている犬が吠えない方法はあります。少しずつ練習を重ねて、なるべく飼っている犬があなたが家にいない間、吠えないように仕向けて下さい。

子犬でもできる

生後3ヶ月でも、留守番のトレーニングはできるようです。ちょっとした時間でも、トレーニングを始められます。

居心地の良い場所を作る

飼い主であるあなたがいない時は、犬は寂しいと感じます。その不安な気持ちをカバーできるくらい、気持ちが安定する場所を作ってあげて下さい。

ブランケットがあれば、居心地よく眠れる犬もいます。そんな場所やアイテムを用意して、留守番をする時、気持ちが安定するようにして下さい。

少し隠れる

留守番の練習として、少し子犬の前からいなくなるなんていうのもいいと思います。でも、少ししたら、あなたは戻ってきます。そんなトレーニングもお薦めです。いなくなったけど、また戻ってくる。そんな安心感を与えましょう。

犬が留守番中に吠えるときの対処法・犬が快適に過ごせる環境を作ろう

あなたが家にいない間、犬が吠えるには、理由があります。恐らく、孤独を感じているから、吠えるのです。

逆に言えば、あなたがいない時でも、犬が孤独に感じなければいいのです。孤独に感じないので、吠えることもありません。

おもちゃを与える

あなたが家にいない間、孤独を感じることもなく、ストレスも感じなければ、犬が吠えることもありません。犬がストレスを感じなければ、吠えません。その点も考えて、犬が好きなおもちゃを与えて、あなたがいない間は、家で遊んでもらいましょう。

出かける合図はしない方がいい

犬によっても異なるかもしれませんが、出かける合図をすると、犬は不安がると思います。「いってきます」のような声はかけずに、外出する方が、犬にとっては精神的にも、いいと思います。

犬が留守番中に吠えることが心配な時は

留守中の犬が吠えないように、色々と工夫をしてはいるけど、それでも、あなたが予想もしない時に吠えられたらどうしよう。そんな不安も、犬が成長するにつれて、抱えることになると思います。

音を聞かせる

これも、犬によって異なるので、完全な対応策ではありません。犬によっては、音があるだけで安心し、あまり吠えなくなるようです。

もしこの対策を知らなくて、まだ実行していないのなら、一度やって下さい。ひょっとしたら、あなたがいない時でも、なんだかの音があれば、それで安心し、犬は吠えないかもしれません。

あまり深くコミュニケーションはとらないようにする

帰宅後に、あまり犬のことをかまうと、犬とコミュニケーションをとる時に吠えられ明日。これも、近所迷惑になります。少しかまうくらいで、あまり深いコミュニケーションはとらない方がいいと思います。

この度合いが本当に難しいと思います。あまり構いすぎない。それでも、犬を飼う上で大切なことなんですね。

犬の留守番中は飼い主さんが安全管理をすることも大切

あなたが家を空ける最中、おもちゃで遊んだり、自由に行動して、犬が吠えなくさせることはできます。ただ、その時間、犬が間違って、何かを飲み込んだり、食べてしまうこともあります。

ゴミ箱はしっかり管理する

あなたがその場にいないのですから、何があるのかわかりません。吠えなくても、家の中が散らかっていることもありえます。何か飲み込むこともあるかもしれません。家を留守にする時は、そんなゴミや間違って飲み込まれないよう、ちょっとしたものでも、棚の上に置くようにして下さい。長時間外出する時は、余計犬がゴミ箱の中をかき乱したりしないか、注意が必要だと思います。変なものを食べられて、病気になられても困りますからね。

温度の調節も大切

犬は人間と一緒。熱さにも弱いですし、寒さにも弱いです。どんなに遊び道具など準備したとしても、お部屋の環境が良くなくては、犬は疲れ切ってしまいます。最高気温、最低気温にも注意して、犬を留守番させるようにして下さい。

旅行にはあまり行かず、留守番も数時間で留めた方がいいと思います。長時間であれば、家で留守番というよりは、ペットのホテルに連れていき、面倒をみてもらった方がいいと思います。

Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/puppifi.com/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:686 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/puppifi.com/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/puppifi.com/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/puppifi.com/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/puppifi.com/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 686