犬の留守番時間の限界と慣れさせるためのしつけのポイントを紹介

犬が留守番できるのはどれくらいの時間なら可能なのでしょう?
夫婦で共働きで犬を飼っているとどうしても長い時間留守番をさせなければいけないことが多いです。

そこで、飼い始めたばかりの犬の留守番が心配な飼い主さんのために、犬の留守番時間の限界と慣れさせるためのしつけのポイントについてお伝えしていきましょう。

まずは短時間の留守番から始めて、留守番ができる環境を整えてあげましょう。
ぜひ参考に試してみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

犬が膝の上で寝るのは甘え!愛犬の気持ちと飼い主ができること

犬が気がつくとすぐに自分の膝の上で寝るのが可愛いという飼い主さんも多いでしょう。そんな愛犬の行動はど...

犬のマウンティングをやめさせる方法・しつけで行為を改善しよう

飼っている犬のマウンティング行為に頭を悩ませている飼い主さんもいるのではないでしょうか。マウンティン...

犬のマウンティングが問題行動?しつけで直すマウンティング

犬のマウンティングは犬同士だけでなく、飼い主にする場合や、おもちゃや家具にする場合も。どこで...

【子犬の夜泣き対策】夜泣きの原因と子犬への接し方

家に迎えたばかりの子犬は、夜になると夜泣きを始めます。毎晩の夜泣きに、どうすれば夜泣きを止めさせるこ...

白い犬が大好き!その中でも大型の種類とは

白い犬と聞いたら、もこもこでふわふわな触り心地のよい毛並みを連想する方も多いと思います。特に大型...

室内でできる犬が喜ぶ遊びや室内遊びの注意点についてご紹介

犬には毎日の散歩が大切ですが、梅雨時期などには雨が続き、なかなか散歩に連れていけないことも。そんな日...

犬が唸る理由は様々。直したい唸りとその対処法と注意点

飼っている犬がよく唸ると感じていませんか?またどうして唸っているんだろうと疑問に思うこともあるでしょ...

子犬のうちに必要なしつけと順番について【しつけのルール】

子犬をペットして迎える時には、子犬のうちに教えておきたいしつけがあります。いろいろとあるしつけはどの...

子犬は留守番ができる?いつから長時間の留守番が可能かについて

子犬を飼いたくても、仕事をしていると躊躇してしまいます。それは子犬に留守番をさせなくてはいけないこと...

犬の拾い食いを防止しよう!トレーニング方法と対処法を解説

散歩中に犬が拾い食いをすることに頭を悩ませている人もいるのではないでしょうか。拾い食いをそのまま放置...

犬が吠える場合は無視をするのが良い?吠えぐせに対する対処方法

犬に吠える癖がついてしまうと、直すのはなかなか根気が必要となります。無視するのが効果的だと、...

犬が夜泣きをするときはどうしたらいい?突然吠えだした場合

犬が突然夜泣きするようになってしまったときにはどうしたらいいのでしょうか。犬を迎えたばかりの...

犬のしつけ【トイレトレーニング】練習方法と成功のコツを解説

これから犬を飼う予定でいる人の中には、トイレのしつけについてどのようにすれば良いのか頭を悩ませている...

犬にお手を教えたい!しつけ方のコツと上手に覚えさせる方法

犬を飼っている飼い主さんの中には、お手のしつけ方について知りたい人もいるのではないでしょうか。...

子犬のしつけはいつからする?始める時期と教え方のポイント

犬のしつけは早いうちに始めるのが良いとされていますが、早いうちとはどれくらいの時期を指すのでしょうか...

スポンサーリンク

犬を留守番させる時間の限界とは

犬を飼っていると「留守番」させないといけない状況はいずれやってきます。
特に夫婦共々フルタイムで働いている場合は、必然的に長い留守番をさせないといけなくなることは少なくなく、犬のことが心配…と感じる飼い主さんも居るでしょう。

そこでここでは「犬が留守番できる時間」についてご紹介します。
以下にてご紹介する内容を参考に、極力は、その時間内で戻って来られるようにしましょう。

犬が留守番できる目安の時間は「約12時間」

その理由としては犬は通常複数頭で一緒に暮らす習性の動物であるためです。
本能的に一人という環境に慣れておらず、寂しさを強く感じてしまう傾向にあるため、あまり長時間の留守番はできないと言われているのです。

また、この約12時間という時間は感情面の他にも、様々な面を配慮した結果です。

例えばトイレ事情ですが、犬は約半日の間に何度もトイレをするため、あまり時間をあけてしまうとトイレが悲惨なことになってしまいます。

清潔好きな犬にとって排泄物がずっと残っている状態は、ストレス以外の何ものでもなく、そうしたストレスを感じさせないようにするためにも、約12時間が1つの目安とされているのです。

犬が留守番できる「約12時間」という時間は、あくまでも目安に過ぎません。

と言うのも、犬の性格は犬種や個体によって異なるため、12時間程度でも強くストレスを感じてしまう場合もあるのです。

例えば飼い主さんいないと問題行動を起こす等、極度の寂しがり屋である場合は、12時間どころか10分程度の留守番も難しい場合があるでしょう。

共働きで犬を長時間留守番させるときは環境を整えてあげること

犬を長時間留守番させる際は「環境」を整えることも欠かせません。
では実際にどのような環境作りをすれば良いのか?見てみましょう。

長い時間犬を一人で留守番させる際の環境作り

基本的に、飼い犬の性格に合わせて行うことが最も重要となります。
狭い空間と広い空間のどちらを好むのか、トイレのしつけ完了の有無などを考慮し、その上で以下の3つから選択するようにします。

1.ゲージ

就寝時などに活用するゲージは留守番させる時でも使うことができます。

ゲージ内に、長時間留守番をさせるにあたって必要になるもの(ご飯、お水、寝床、トイレ等)を設置すれば、最低限の準備はOKです。

またこの時に屋根も用意しておくとゲージからの飛び出しを予防することができます。
普段から使っているゲージは飼い犬にとって安心できる場所であり、また、いたずらをされる可能性もないため、飼い主さんの不安や心配も軽減されることでしょう。

2.キャリー

病院に行く時やお出かけをする際に使うキャリーは、犬にとって安心できる場所の代表でもあります。
なぜなら犬は元々「穴」の中で生活をしていた動物だからです。
キャリーは自分の身体をすっぽりと収めることができて適度に暗い環境となっています。その環境は、本来の「穴」と似た環境にある為、自然と犬は安心できるのです。

ただ、キャリー単体での留守番はトイレやご飯の環境が整っていないため、どちらかというと短時間向きです。
そのため、長時間留守番させる場合には「ゲージ」と組み合わせて、トイレやご飯等の環境をしっかりと整えた上で、留守番をさせる必要があります。

3.上記以外

家の中で放しておいても悪さをしなかったり、トイレもしっかりと覚えていて粗相の心配がないという場合には、放し飼いでの留守番が可能です。
自分の好きな環境に自由に行き来できる放し飼いでの留守番は、犬によっては、一番ストレスを感じない環境なのかもしれません。
ただ放し飼いで留守番をさせる上では、部屋の環境に一層注意が必要です。

犬が飲み込みそうなものやキッチン周りは特に気をつけ、危ないと思われるものは事前に収納しておくようにしましょう。

また上記3つのいずれの場合でも、より一層犬が快適に過ごし飼い主さんが余計な心配をしないようにするためには、おもちゃの準備が必要です。

おもちゃは長時間遊べるようなおもちゃがお勧めです。
ただ、飲み込めそうなおもちゃや壊れる可能性のあるおもちゃは、誤飲等を招く危険がありますので控えましょう。

まずは短時間の留守番ができるように慣れさせるのがポイント

犬の長時間の留守番はある日突然できるものではありません。

しっかりと留守番に慣れさせた上で、留守番をスタートさせる必要がある

そこで気になるのが、「どうやったら留守番に慣れさせることができるのか?」ということですが、犬に留守番をしつける上では、短時間からスタートさせることが最も大切となります。

はじめは数分~数十分程度の留守番からスタートさせ、犬に「出て行ってもちゃんと帰ってくるよ」ということを覚えさせるのです。
こうすることで、犬が感じている留守番に対する不安を取り除くことができ、いずれ長時間の留守番へと繋ぐことができます。

留守番に慣れさせるためには犬の「不安要素」を取り除くことが最も重要です。
まずはゆっくりと時間をかけて、犬に理解してもらうことから、始めてみて下さいね。

犬に留守番をさせるときは安全性を確保することが大切

一方で犬を留守番させている間は様々なトラブルが多発します。

特に多いトラブルは「誤飲」と「熱中症」の2つ

「誤飲」

飼い主さんがいない環境は、犬にとって退屈そのものです。
そんな退屈さからおもちゃを破壊して、一部を誤って飲み込んでしまったり、放し飼いしている場合には部屋を探索している間に誤って口の中に入れてしまうことがあるのです。犬が飲み込めるサイズのものは基本的に仕舞っておくようにしましょう。

「熱中症」

熱中症は生命を脅かすこともある危険なトラブルであり、夏場はより一層、部屋の環境に注意しなければいけません。

家の構造等にもよるとは思いますが、基本的には、クーラーを使うことをお勧めします。25~6℃前後を目安に室温を調整すると良いでしょう。
犬の留守番はいつも以上に部屋の環境に注意することが大切です。
「これは飲みこまないだろう」や「そこまで暑くならないだろう」などの安易な考えは、時に愛犬の命を奪ってしまうことにもなりますので、気をつけましょう。

犬の気持ちを理解して留守番に慣れさせる工夫をしていきましょう

これまでもお伝えしてきましたように、犬にとって留守番は、決して楽しいと思えるようなことではありません。

「寂しい」「早く帰ってきて欲しい」「1人だと不安」そんな気持ちで心が埋め尽くされてしまっているのです。

犬の気持ちに寄り添い理解した工夫をしてあげることが大切

子犬の頃から留守番の習慣をつけさせるのもそうですし、なるべく普段と近い環境にするためにテレビをつけておいたりすることも、1つの工夫です。
愛犬のストレスを少しでも取り除いてあげるにはどうしたら良いのか?を考えて環境作りや工夫を行ってあげましょう。

また家に帰ってきてひと段落した後は犬との時間を十分に作ってあげることも大切です。留守番によって感じていた寂しさを埋められるように、コミュニケーションをたくさん取ってあげましょう。