犬が赤ちゃんに吠える理由と吠えたときの対処方法について

犬が赤ちゃんに吠えるときにはどのようにして、吠えないようにしたらいいのでしょうか。

環境が変わって落ち着かないのは犬も同じです。できるだけ、愛犬も今までと同じように可愛がってあげてください。

赤ちゃんに慣れるまで時間がかかるかもしれませんがあせらずにゆっくり見守ってあげることが大切です。犬が赤ちゃんに慣れるコツを紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

犬連れキャンプの大切なポイント!一緒に楽しむためにできること

犬も一緒に連れてキャンプに行きたいという愛犬家さんへ。はじめて愛犬もキャンプに連れて行くとなると...

チワワのしつけはいつから始める?しつけのコツとポイント

チワワのしつけはいつから始めたらいいのでしょうか?小さいチワワは、ある程度大きくなるのを待ってからし...

子犬は留守番ができる?いつから長時間の留守番が可能かについて

子犬を飼いたくても、仕事をしていると躊躇してしまいます。それは子犬に留守番をさせなくてはいけないこと...

犬の散歩デビューの適切な時期とスムーズなお散歩のコツ

子犬を家に迎えて、一緒に散歩に行くのを楽しみにしている方も多いと思います。犬が来て、すぐに散歩に行け...

室内でできる犬が喜ぶ遊びや室内遊びの注意点についてご紹介

犬には毎日の散歩が大切ですが、梅雨時期などには雨が続き、なかなか散歩に連れていけないことも。そんな日...

子犬の首輪はいつから付ける?時期や選び方、装着方法をご紹介

子犬を飼い始めたら、首輪はいつから付けたら良いのか気になります。なぜなら首輪を付けなければリードを付...

犬をしつける時、噛むなどの困ったクセをやめさせるには

犬を飼っている時にトイレなどのさまざまなしつけが必要ですが、その中でも噛むクセは、自分や周りの人が怪...

犬の甘噛みにはどんな意味が隠されている?理由と対処方法

小犬を飼育していると甘噛みをしてきます。遊びだと思っていても、甘噛みにはその場面場面に意味があります...

犬のストレスの原因に注意!愛犬のために飼い主ができること

犬にとってストレスの原因になることは、犬と生活をしていくなら飼い主が取り除いてあげなければなりません...

チワワの子犬の育て方。特徴や日常のお世話の方法

ペットとして人気のチワワ。愛くるしいクルクルとした瞳が可愛らしい犬です。これから子犬を飼いたいと思う...

犬のトイレのしつけは成犬からでもOK!やり方と大切なこと

犬のトイレのしつけは成犬からでも教えることはできます。ただ、成犬にトイレの訓練をする場合は根気強...

犬の留守番中のトイレを失敗させない方法とは?コツとポイント

犬が留守番中のトイレを失敗してしまうのはどんな理由からなのでしょうか?トイレトレーニングは成...

犬が夜泣きをするときはどうしたらいい?突然吠えだした場合

犬が突然夜泣きするようになってしまったときにはどうしたらいいのでしょうか。犬を迎えたばかりの...

【犬の喧嘩のしつけ】多頭飼いの犬が喧嘩をした時の対処法

犬を多頭飼いしていると、犬同士で喧嘩が始まることもあります。飼い主として、喧嘩をやめさせるべきか、放...

犬の発情期はメスだけ?発情期にみられる症状とケアについて

犬を飼育する上で気になる発情期、メス犬はオス犬に比べ性格がおとなしいと言われていますが、メス犬だけに...

スポンサーリンク

犬が赤ちゃんに向かって吠える理由

犬が赤ちゃんに向かって吠えたりちょっかいをかけるような仕草をする場合、それはやはり嫉妬心を表しているのかもしれません。

犬は人間と同じように寂しがったり嫉妬する

今まで自分が飼い主にとって一番の存在だと思っていたのが、新しく赤ちゃんが家にやってきたことで戸惑いを感じたり嫉妬したりしているのかもしれません。

今まで家に訪ねてくる客人なども犬に注目していたのが、みんな赤ちゃんに注目するようになれば、やはり悔しいと思ってしまうのかもしれません。

犬も飼い主から愛情を欲しいと感じ嫉妬した時に、今まで以上に甘えてくる場合があります。

そうした場合はうんと甘えさせてあげましょう。
そうすれば犬の精神も安定してきます。

反対に、嫉妬の対象を攻撃してくることもあります。
そういった場合は赤ちゃんがけがすることのないように事前に対策する必要性が出てくるでしょう。

犬が赤ちゃんに吠えるときにはあせらずにしつけ

では、赤ちゃんに向かって犬が吠える場合はどのようにしつけていけばよいのでしょうか。

犬が赤ちゃんに吠えたり攻撃行動をとるのを見ると、ついついきつめにしつけをしてしまいがちです。

大声で注意したり犬を力任せに追い払ったりすると犬はショックをうけてさらに危険な行動に出る

そのため、犬が赤ちゃんに吠える場合は長い目でみてゆっくりしつけていくようにしましょう。

犬も自分の家にいきなり知らない赤ちゃんがやってくると混乱します。

赤ちゃんがいる環境に徐々に慣れさせてあげるようにしましょう。

そして、犬に対しても愛情をもって今まで通りの接し方を心がけるようにましょう。

寂しいという気持ちが嫉妬心に繋がりますので、安心させてあげることも大切です。

赤ちゃんも一緒に生活していけば、徐々に犬も赤ちゃんのいる生活に慣れていきいます。
赤ちゃんの様子を見守るようになってくれば、そのことを運と褒めてあげてください。

おかしをあげて褒めてあげることも大変効果的です。そのうち犬も赤ちゃんの存在を認めて仲良くなっていくことでしょう。

犬が赤ちゃんに吠えるときには離すのが一番

犬が赤ちゃんに吠える場合、ゆっくりとしつけていくことが大切だとお伝えしました。

時間をかけて慣れさせていくことが大切

赤ちゃんになにかあっては大変ですので、まずは赤ちゃんと犬を離した環境をつくるようにしましょう。

赤ちゃんが安心して寝られるように、ベビーベットは犬の届かない高さの物を準備して寝かせましょう。

ベビーベッドも生まれてから設置するよりも早めに設置しておいたほうが犬の戸惑いも少なくすることが出来るでしょう。

赤ちゃんだけの部屋を作り、犬が入ってこれないような環境を作ってあげてください。

犬が攻撃することも防げますし、犬自体も自分だけの空間があると安心します。

赤ちゃんだけの部屋を作る場合は、赤ちゃんの部屋につきっきりにならないように、愛犬にも目を配るようにするようにしましょう。

そうすれば犬の嫉妬心も徐々に和らいでいくでしょう。

犬と赤ちゃんを慣れさせる方法

犬が赤ちゃんの存在を認め、家族だと認識するまでにはある程度時間がかかるかもしれません。

それでも、あせらずゆっくり慣れさせていきましょう。

犬を赤ちゃんに慣れさせる方法としては、産まれる前から行うことが出来ます。

たとえば、赤ちゃんのいる環境になれさせために、泣き声を聞かせておくという方法があります。

犬も赤ちゃんの泣き声をいきなり聞くと戸惑いを覚えます

そのため、事前に赤ちゃんの泣き声の動画などを聞かせて泣き声に慣れさせてあげましょう。

また、犬は匂いにも敏感です。

赤ちゃん用品の匂いを事前にかがせておくことで、赤ちゃんの匂いに慣れさせてあげます。

匂いがいきなり変わると不安に思いますので、生活の変化のギャップを少なくさせてあげるようにしましょう。

犬が赤ちゃんに嫉妬しても怒ってはダメ

先ほども述べたように、犬が赤ちゃんに吠えても、むやみやたらに怒ってはいけません。
赤ちゃんに対する不安感や嫉妬心を感じている中で、更に飼い主に怒られると、犬は悲しくなったり寂しくなり、更に精神状態が不安定になります。

犬が赤ちゃんに吠える場合は、ゆっくり慣れさせるしかない

そうした過程で、赤ちゃんだけでなく、犬も大切に思っているという愛情表現をしっかりしてあげましょう。

そうすれば、自分も大切に思われていると安心し、赤ちゃんに対する嫉妬心もやわらぐと思います。

赤ちゃんが生まれてお世話が大変なのもわかりますが、犬も家族の一員です。

今まで通り大事に愛情を持って接してあげるようにしてください。そうすれば、いつか犬も赤ちゃんの存在を認めるようになり、良い友達となっていくはずです。