チワワは子犬のうちのしつけが大切?飼い主との主従関係としつけ

チワワは小さくて可愛らしさが特徴的な犬種です。しかしその可愛さに、子犬のうちからチワワの言うとおりに行動をしてしまうと、チワワとの主従関係が崩れてしまい、しつけができなくなってしまいます。

ここではチワワのしつけについて、トイレやハウスの基本的なことから、主従関係の築き方などもご紹介をいたします。

チワワは賢い犬種なので、子犬のうちにしっかりとしつけを行ってください。良い関係を築くことができますよ。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

犬の散歩中に危険な拾い食いをやめさせるしつけの方法

犬がお散歩中に拾い食いをして困るという飼い主さんは多いと思います。拾い食いをして変なものを食べてしま...

犬に伏せを教える方法、伏せがしつけとして必要な理由もご紹介

犬を飼い始めたらしつけをしなくてはいけません。犬のしつけにはいろいろありますが、ここでは伏せの教え方...

犬にハウスをしつけよう!子犬のしつけ・トレーニング方法を紹介

子犬にハウスのしつけをしようと考えている飼い主さんもいるのではないでしょうか。これからしつけをするに...

犬が夜泣きをするときはどうしたらいい?突然吠えだした場合

犬が突然夜泣きするようになってしまったときにはどうしたらいいのでしょうか。犬を迎えたばかりの...

犬にお手を教えたい!しつけ方のコツと上手に覚えさせる方法

犬を飼っている飼い主さんの中には、お手のしつけ方について知りたい人もいるのではないでしょうか。...

犬が唸るのをしつけでやめさせる方法!ポイントと正しい対処法

犬が唸るのをしつけでやめさせるには、その前にどんな理由で犬が唸っているのかをよく観察してみることが大...

犬が膝の上で寝るのは甘え!愛犬の気持ちと飼い主ができること

犬が気がつくとすぐに自分の膝の上で寝るのが可愛いという飼い主さんも多いでしょう。そんな愛犬の行動はど...

犬のストレスの原因に注意!愛犬のために飼い主ができること

犬にとってストレスの原因になることは、犬と生活をしていくなら飼い主が取り除いてあげなければなりません...

子犬のしつけを始める時期と子犬のうちに教えるべきこと

子犬を家族の一員として迎えるには、さまざまなしつけが必要になります。しつけを始めるには、どのくらいの...

子犬のしつけ【待て】を教えるメリットしつけの手順・ポイント

子犬を飼っている飼い主さんの中には、しつけとして「待て」を教えたほうが良いのかと考えている人もいるの...

吠える犬の心理としつけで気持ちをコントロールする方法

犬が必要以上に吠える「無駄吠え」に悩んでいる方も多いと思います。特に集合住宅などでは、ご近所への迷惑...

室内でできる犬が喜ぶ遊びや室内遊びの注意点についてご紹介

犬には毎日の散歩が大切ですが、梅雨時期などには雨が続き、なかなか散歩に連れていけないことも。そんな日...

犬の生理の期間はどのくらい?生理中の過ごし方について

犬の生理の期間はどのくらいの日数なのでしょうか。また、生理中はどのように過ごしたらいいのでしょう?...

犬の発情期(オス)の過ごし方やマウンティング行動について

発情期になるとオス犬はどのような行動を取るのでしょうか。ふだんはおとなしい犬でも発情期になると、この...

小型犬に必要な基本のしつけ。子犬のうちに身につけたいこと

これから小型犬をペットとして迎えたいと考えている方も多いと思います。小型犬の場合には、室内で飼育する...

スポンサーリンク

子犬のチワワのしつけ、基本のしつけについて

犬種の中で最小とされているチワワは、なんと言ってもその小ささから伝わる可愛らしさが魅力的です。

小さいので室内でも飼育しやすく、人気の高い犬種

ですがその可愛らしさから、しつけをすることがかわいそうと感じてしまう飼い主も多いようで、チワワはしつけの難しい犬種という声をチラホラ聞くことがあります。

本当にチワワはしつけが難しい犬種なのでしょうか。

チワワはしつけの難しい犬種とは言われていません。

適切にしつけをすれば、きちんと意味を理解してくれます。

チワワは犬の中でも賢い

子犬のうちにしつけを始めればそれほど苦労することはありません。

小さなチワワが子犬の頃というと、それはそれは小さく愛くるしいので適切にしつけをすることが出来ず、そのまま成長してしまった場合にしつけが難しいと思う状況が完成されてしまうのです。

可愛いからこそしつけが必要ですし、主従関係を築くことも大切です。
甘やかすだけが愛情ではないのです。

子犬のチワワのうちから必要なトイレとハウスのしつけ

チワワと人間が一緒に暮らすためには、まずはトイレとハウスをしつけることは絶対に必要です。
出来るだけ小さなうちからしつけをスタートさせて下さい。

チワワに限らず、犬を飼育するとトイレやハウスのしつけが必要になりますが、何のために必要なのか改めて考えてみましょう。

チワワがトイレを覚えることは、チワワのためでもあり飼い主のためでもある

トイレをしつけて覚えないと、どこでもお構いなしに排泄をしてしまいます。
成長するにつれて、トイレの場所が定まっていないことはチワワにとっても落ち着かないことに感じてきます。

人間だって、部屋のあちこちに排泄をされては当然困ってしまいます。

トイレを覚えることで人間にとってもストレスを感じずに暮らすことが出来て、チワワにとっても自分の居場所という安心感を得ることが出来るようになります。

ハウスも同じです。
チワワがゆっくり眠れる場所、落ち着ける場所という認識を持つことで、安心して人間と一緒の生活を送れるようになるのです。

子犬のチワワがトイレをハウスを覚えるためには、繰り返し場所に連れていき、上手に出来たときにはたっぷり褒めてあげて下さい。

チワワは褒められることが大好きですし、賢いので繰り返していくうちにきちんと理解して覚えてくれます。

チワワの子犬に主従関係を教えて噛む行動をなくす方法

チワワは、賢いからこそ子犬のうちにしつけをして主従関係を教えてあげることが大切です。

小さな体と愛くるしい表情、一見穏やかそうなチワワは気が強い性格をしている

子犬のうちからしつけをして主従関係を学習させないと、思い通りにいかないときも我慢することが出来ずに吠えたり噛んだりすることが見られます。

吠えたり噛んだりという行動が直らないと、他の犬や飼い主とのトラブルを起こしかねないので、危険も潜んでいるのです。

そのような愛犬にしないためにも、可愛いからといって甘やかすだけではなく、飼い主としての威厳を見せる場面も必要です。

吠えたときは相手にせず、吠えても何も意味がないということを理解させ、噛むときには口を押さえて低い声で叱るようにします。

飼い主には敵わないということを認識させ、主従関係を確かなものにしていきます。

チワワの子犬のしつけにも役立つ「条件付け」とは

子犬のチワワをしつけるとき、条件付けをすることも効果的な方法です。

良いことをすると自分にとっても嬉しいことがあり、良くないことをすると自分にとって不快なことがあるということを理解させて、良くない行動を抑制していく方法です。

例えばトイレが上手に出来たときや、飼い主の指示通りに行動出来たときは、たっぷり褒めてあげます。
同時にご褒美としておやつを与えてあげます。

そうすると、自分にとっても嬉しいことが起こるのでこれからも頑張って続けようという気持ちが芽生えます。

反対に何度も吠えたり、噛んだりする行動が見られたら低い声で叱ったり無視をして、飼い主に構ってもらえなくなって寂しいという気持ちを芽生えさせます。

吠えたり噛んだりすれば自分も嫌な気持ちになるとわかれば、よほどな出来事がない限りはこのような行動を見せることは少なくなります。

チワワのストレスを軽減するためには適度な運動を心がけよう

チワワにしつけをして、いくら吠えたり噛んだりすることが良くないことだとしつけをしても、ストレスが溜まった状態になれば問題行動を起こすようにもなります。

トレスは飼い主が解決してあげられることも多い

全然遊んでもらえず寂しい思いをしていたり、十分な散歩が出来ずに運動不足になっていたりすることも、チワワにとっては非常にストレスを感じることです。

チワワのストレスを軽減するために、コミュニケーションの時間を大切にしたり、適度な運動をさせることは非常に重要です。
体が小さい分、それほどたくさんの運動量は必要としていません。
なので、運動量が多くなってしまってもストレスに感じてしまいます。

チワワの中でも、性格などによって適度と感じる運動量には違いがあるので、愛犬の様子を見ながら適度な運動量を判断してあげるようにして下さい。

チワワは賢く気の強い犬種なので、最初はしつけが難しいと感じることもあるかもしれません。ですが、その分しつけをして主従関係や信頼関係が出来れば、飼い主に対して忠実にいてくれる犬種でもあります。

飼い主もチワワも幸せに暮らせるために、時には厳しくしつけをすることはとても大切なことなのです。