犬がご飯のときに吠えるのは要求吠えかも!原因と対処法を解説

家族でご飯を食べているとき、犬が吠えることに頭を悩ませている飼い主さんもいるのではないでしょうか。

落ち着いて食事ができず、どうすればいいのかわからずに困っている人もいることでしょう。

ここでは、犬がご飯のときに吠える原因と対処法についてお伝えします。吠えるようになってしまったきっかけと、飼い主さんにできることを知って、しつけを行って対処法をしましょう。

犬と良好な関係を築くためにも、飼い主としての振る舞いを心がけてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

犬が夜泣きをするときはどうしたらいい?突然吠えだした場合

犬が突然夜泣きするようになってしまったときにはどうしたらいいのでしょうか。 犬を迎えたばかりの...

犬は臭いニオイが好き、飼い主も犬のニオイが大好き

犬は鼻が良い動物です。 ですので、臭いニオイは嫌がりそうに思われますが、全くそんなことはありません...

犬の甘噛みにはどんな意味が隠されている?理由と対処方法

小犬を飼育していると甘噛みをしてきます。遊びだと思っていても、甘噛みにはその場面場面に意味があります...

犬の発情期はメスだけ?発情期にみられる症状とケアについて

犬を飼育する上で気になる発情期、メス犬はオス犬に比べ性格がおとなしいと言われていますが、メス犬だけに...

子犬は留守番ができる?いつから長時間の留守番が可能かについて

子犬を飼いたくても、仕事をしていると躊躇してしまいます。それは子犬に留守番をさせなくてはいけないこと...

犬が吠える場合は無視をするのが良い?吠えぐせに対する対処方法

犬に吠える癖がついてしまうと、直すのはなかなか根気が必要となります。 無視するのが効果的だと、...

犬の甘噛み【成犬のしつけ】噛み癖にならずにやめさせる方法

犬の甘噛みは子犬の頃が多いのですが、成犬になっても甘噛をする場合があります。 成犬になってから甘噛...

犬のストレスの原因に注意!愛犬のために飼い主ができること

犬にとってストレスの原因になることは、犬と生活をしていくなら飼い主が取り除いてあげなければなりません...

お留守番を上手にしてもらうために。犬のお留守番の練習方法

犬をペットとして迎えると、家族はみんな外出して、犬だけでお留守番をするという時間もあります。最近は、...

犬が威嚇するのは直せる?犬のしつけをするときのコツ

犬が人に威嚇をするときや犬に対して威嚇をするときにはどのようにしてしつけをしたらいいのでしょうか。 ...

柴犬のしつけの時期と対処法!上手に教えるために大切なこと

柴犬のしつけは性格が形成されていく子犬の時期にするのがおすすめです。 子犬の成長はとても早いので、...

犬はドッグフードに飽きるの?ごはんを食べない原因と対処法

今まではドッグフードを食べていたのに犬がドックフードを食べなくなってしまうと、もしかして飽きてしまっ...

犬の夜鳴き対策で効果的な方法とNGな接し方

子犬を飼い始めたばかりの飼い主さんは、多くの方が夜鳴きで悩んでいるようです。寂しそうに鳴く子犬が夜鳴...

犬には英語でしつけをするのが良い?そう言われる理由と注意点

盲導犬などには英語でしつけを行います。お家でペットとして飼育する場合も英語でしつけを行ったほうが良い...

犬がトイレを覚えないときの対処方法と覚えさせるポイント

犬がトイレを覚えないのはどうして?トイレを失敗したときに、叱ってはいませんか? トイレを失敗し...

スポンサーリンク

犬がご飯のときに吠える原因は?「要求吠え」について

家族が食事をするときに、決まって犬が吠えてしまうことがあります。

この吠える理由は要求吠えであることが多いです。犬は言いたいことがあり、その要求を通そうとして吠えているのです。

犬が吠えるときは、何かを見つけて知らせようとしたり、危険を感じたり、威嚇したりと、犬が何らかの刺激を受けた上で吠えます。ご飯を食べようとするのは犬のなんの恐怖も危険もありません。何もないのに吠えてくるのは、犬に何かしらの要求があり、それを伝えようとしていると考えられます。

この要求吠えは、以前、吠えたことで自分の要求が通った経験からするようになることが多いです。吠えることで自分の思い通りになったことを覚えていて、また要求を通そうとして吠えていると考えられます。ご飯を食べている間ずっと吠え続けていると、落ち着いて食事をすることもできません。大きな吠え声なら近所迷惑になることも心配です。

犬がご飯のときに吠えるのは飼い主さんに責任があることも

ご飯のときに決まって犬が吠えるのは、もしかして犬に人間の食べ物を与えたことはありませんか?

犬は食べたものの匂いを覚えているので、同じ匂いがするので食べたくて吠えている可能性があります。

また、食事中に人間の食べ物を犬に分けて与えてしまうと、次の食事のときも分けてもらえると思って期待してしまいます。以前食べた物が美味しければ、犬にとっても楽しみになるでしょう。

分けてもらえると思って待っていたのに、なかなかもらえないままだと、犬はちょうだいと吠えるようになります。もらえないことを面白くないという気持ちから吠えることもあります。
食事の時間は食べ物の匂いが部屋中に行き渡り、犬にとってもたまらない時間です。食べ物の匂いがすることで、犬も興奮して吠えてしまうことになります。

いつも家族の誰かが犬と一緒に過ごしているような状況なら、食事の間は誰からも構ってもらえず、注意をひこうとして吠えている場合もあります。一人ぽっちに慣れていない状態は、あまりに犬にかまいすぎたことが原因とも言えるでしょう。

ご飯のときに吠える犬にはしつけをして対処を

ご飯のときであっても吠えないようにしつけることが必要です。

人間の食べ物が欲しくて吠えているとわかっていても、与えて対処するのは解決とは言えません。人間の食べ物は犬の体にとって良くありませんし、無駄吠えはやめさせる必要があります。

人が食事をした後で犬にご飯をあげている場合は、もうすぐ自分のご飯だとわかり、興奮して吠えている可能性があります。

人の食事よりも先に犬にご飯を与えてみてください。犬が食べた後なら満足しているため、吠えなくなるすることができます。

犬のご飯を先にしても、人の食事のときに吠えてしまう場合は、人の食べ物をねだっている可能性が高くなります。食べ物の匂いに気がついて、食べたいと訴えているのでしょう。

人の食事の間は犬を違う部屋など離してください。人が食事をしている様子を犬の視界に入らないようにし、吠えても反応しないようにします。吠えてももらえないとわかると、諦めて吠えなくなります。

気をつけて!犬が吠えるときにNGなしつけ方法

犬のしつけがスムーズにいかないと、飼い主も声を荒げたり態度に出してしまいがちです。飼い主の微妙は変化を犬は見逃していません。大きな声をあげたり苛立った態度では、犬は怯えて飼い主への信頼感がなくなってしまいます。犬のしつけは根気が必要です。小さなことでも毎日コツコツやることで、犬もちゃんとできるようになります。

犬に手をあげるなど暴力は決して振るわないでください。力で教え込もうとすると、犬も力によって要求を通そうとします。人を噛んだり吠え続けるような犬になってしまいます。
吠えることに対処したアイテムも販売されています。これらは犬が吠えた時に犬に痛みや刺激を与えるものが多いです。結局は犬に暴力を与えているのと同じなので、おすすめすることはできません。
吠えた時に軽い電流が流れる首輪を使ってしつけようとした友人がいます。犬は吠えるのをやめたのではなく、電流が流れない程度の小さな声で吠え続けるようになったそうです。
一度でスパッと言うことを聞くというのは滅多にありません。理解してもらうまで根気よく続けることが大切です。毎日コツコツと諦めずにしつけを行ってください。

犬が吠える理由を知って犬と良好な関係を築こう

ご飯のときに犬が吠えるようになったのは、飼い主の行動に原因があります。

一度でも食事のときに犬にも分けて食べさせてしまうと、犬が期待して吠えるのも当然と言えるでしょう。犬の要求吠えは怖いとか危ないといった場合とは違い、無駄吠えあり問題行動のひとつです。
吠えるようにしてしまったら、吠えないようにしつけるのは大変なことです。すぐに結果を求めたりせず、根気よく長い目でみてしつけを続けるようにしてください。

犬をしつけるためには、人と犬とが良い関係であることが大切です。無理なしつけは犬との信頼関係を失うことにもなってしまいます。普段から犬の接し方に気をつけ、飼い主は犬の良きリーダーになってください。しつけも愛情を持って行うことが大切です。

Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/puppifi.com/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:686 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/puppifi.com/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/puppifi.com/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/puppifi.com/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/puppifi.com/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 686