犬が吠えるのをしつけする方法!犬のための正しいトレーニング

犬が吠えるのをやめさせるためにしつけしたいという飼い主もいるでしょう。
しつけによって犬が吠えないようにするためには、犬がどうして吠えているのか理解することが大切です。

そこで、犬が吠えるのをしつけする方法について、大切な愛犬のための正しいトレーニングのコツについてお伝えしていきましょう。

吠えるのをやめさせるしつけは子犬のときからはじめるのが一番ですが、成犬でも根気強くトレーニングすることもできます。
ぜひ参考に試してみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

犬が散歩で興奮するとお困りの方へ犬の気持ちを落ち着かせる方法

犬の散歩中に困る行動として、興奮をしてリードを引っ張ってしまうことや、他の犬に会うと必要以上に警戒し...

犬のマウンティングが問題行動?しつけで直すマウンティング

犬のマウンティングは犬同士だけでなく、飼い主にする場合や、おもちゃや家具にする場合も。 どこで...

犬がトイレで寝る理由を考えてやめさせるためにできることを紹介

犬がトイレで寝るのには考えられる理由があります。 トイレがきちんとシートやトレーでできるようになっ...

犬の発情期(オス)の過ごし方やマウンティング行動について

発情期になるとオス犬はどのような行動を取るのでしょうか。ふだんはおとなしい犬でも発情期になると、この...

犬が威嚇するのは直せる?犬のしつけをするときのコツ

犬が人に威嚇をするときや犬に対して威嚇をするときにはどのようにしてしつけをしたらいいのでしょうか。 ...

犬がご飯のときに吠えるのは要求吠えかも!原因と対処法を解説

家族でご飯を食べているとき、犬が吠えることに頭を悩ませている飼い主さんもいるのではないでしょうか。 ...

犬の夜鳴き対策で効果的な方法とNGな接し方

子犬を飼い始めたばかりの飼い主さんは、多くの方が夜鳴きで悩んでいるようです。寂しそうに鳴く子犬が夜鳴...

犬は臭いニオイが好き、飼い主も犬のニオイが大好き

犬は鼻が良い動物です。 ですので、臭いニオイは嫌がりそうに思われますが、全くそんなことはありません...

犬には英語でしつけをするのが良い?そう言われる理由と注意点

盲導犬などには英語でしつけを行います。お家でペットとして飼育する場合も英語でしつけを行ったほうが良い...

犬にお手を教えたい!しつけ方のコツと上手に覚えさせる方法

犬を飼っている飼い主さんの中には、お手のしつけ方について知りたい人もいるのではないでしょうか。 ...

子犬はワクチンして散歩しよう!ベストなタイミングと社会性

子犬はワクチン接種を始めたら散歩はいつからしてもいいのか気になる飼い主さんは多いのではないでしょうか...

犬同士の喧嘩をする理由や、止め方について知りたい

犬同士が喧嘩を初めてしまうことって時々見かけることがあります。 自分の犬や、相手の犬が怪我をしない...

犬の散歩中に危険な拾い食いをやめさせるしつけの方法

犬がお散歩中に拾い食いをして困るという飼い主さんは多いと思います。拾い食いをして変なものを食べてしま...

室内でできる犬が喜ぶ遊びや室内遊びの注意点についてご紹介

犬には毎日の散歩が大切ですが、梅雨時期などには雨が続き、なかなか散歩に連れていけないことも。そんな日...

チワワの子犬の育て方。特徴や日常のお世話の方法

ペットとして人気のチワワ。愛くるしいクルクルとした瞳が可愛らしい犬です。これから子犬を飼いたいと思う...

スポンサーリンク

犬が要求して吠えるときは耐えることをしつけしましょう

犬は吠えることで何かを伝えようとしています。

何か気になるものを見つけたり、危険を知らせたり、又は排泄がしたくて吠えて教えることもあるでしょう。

特に問題がないような時に吠えるのは、要求吠えの可能性があります。

遊んで欲しい、おやつが欲しいなど、かまってもらいたい時に吠えて自分の要求を通そうとします。
この要求吠えは、かつて吠えたことで自分の要求が通ったという経験からによることが多いです。吠えると思い通りになると学んでしまったのでしょう。

要求吠えにいちいち応えてしまうと、わがままな犬になってしまいます。自分の思い通りになるまで吠え続けることになります。犬が人と共に生活をするためには、犬にも最低限のルールを守ってもらう必要があります。そのためにも要求吠えをしないようにしつけなくてはなりません。

犬の要求吠えには徹底して無視をしてください。

一度でも要求を通してしまうと、また自分の思い通りしたいときに吠えて訴えてきます。

犬は要求が通るまで吠え続けますので、飼い主にとってもストレスになり大変ではありますが、犬が諦めるまで耐えてください。もともとは飼い主が要求吠えさせてしまう原因を作ってしまったのですから、ここは忍耐強く頑張ってくださいね。

無視し続けると、犬はやがて諦めてくれます。吠えても思い通りにならないということを理解してくれます。
犬のしつけは徹底することが大切です。気分によって良いときとダメなときを作ってしまうと、犬は理解できなくなってしまうからです。

吠えるのをやめさせるしつけは子犬のときからはじめること

犬のしつけは子犬のときからしっかり行うことが重要です。

成犬であってもしつけることはできますが、子犬に比べると時間を多く必要とします。成犬の場合は長い時間をかけて根気よくしつけることになります。
子犬は成長しながらいろいろなことを学びとり、吸収するのも早いです。この時にしっかりしつけてルールを理解してもらうようにします。

子犬も、見慣れない物を見たり怪しいと感じたときに吠えることがあります。

散歩中に他の犬を見て吠えたり、子どもの大声や走る様子を見て吠えることもあります。子犬のうちは驚いたり怖がって吠えることが多いです。

子犬が吠えた時は、飼い主のそばに呼び寄せ、落ち着くようになだめてください。

この時、褒めてはいけません。犬は吠えたことを褒められたと勘違いをし、それ以降も飼い主を喜ばせようと吠えるようになってしまいます。

吠えた原因を探し、それに落ち着いて対処することが大切です。吠えた原因と考えられるものを犬と一緒に見に行き、問題ないよと落ち着いて対処することで犬は吠えなくても良い理解してくれるでしょう。

室内で吠えたときも、排泄や散歩などではない場合は、犬のそばに呼び寄せて落ち着かせてください。吠えたことに対して大きな声で叱ってしまうと、犬も同じく大きな声で吠えるようになってしまいます。

犬がどうして吠えるのかを理解しないとしつけは成功しない

犬が吠えるのには必ず理由があります。

ただ吠えたことを叱ったところで、一時的に吠えるのをやめさせることはできても、またすぐに吠えてしまいます。

犬は何かを訴えて吠えているので、飼い主は原因を考えて対処する必要があります。

排泄をしたい時に吠えることがありますので、排泄かどうか確かめてください。散歩やご飯の時間がきたことで吠えている場合もあります。散歩の時間が決まっていないのなら散歩に行きたくて吠えているのかもしれません。まずは犬が何を伝えようとして吠えているのかを考えてみてください。

何か怪しいことを感じて、警戒して吠えている場合もあります。玄関や窓に向かって吠えているのなら、犬が安心できるように確かめてあげてください。

どこか痛みがあって吠えている場合もあります。

犬の体に傷などがないかどうかを確認してください。傷や怪我が見つからなくても、関節など体の中の痛みが原因の場合もあります。心配なときは動物病院へ連れて行きましょう。

来客に対する吠えは慣れていくことで予防になる

犬は来客に対して吠えることもあります。見慣れない人を不安に思って吠えているのでしょう。
子犬のときの家族以外の人や犬と触れ合うことは犬の社会化にとって非常に大切です。来客に吠えてしまうということは、家族以外の人の存在に慣れていないためです。子犬のときに大切な社会化に失敗してしまったのでしょう。
まだ子犬のうちからたくさんの人や犬と触れ合い、慣れさせるようにしてください。人を自宅に招き、犬と一緒に遊んでもらったりおやつを与えてもらうと、犬は来客を良い存在として受け入れることができます。

玄関のチャイムがなったときに吠えてしまうこともあります。これは飼い主がチャイムの音で慌てて玄関へ行くため、その様子を見た犬がただごとではないと感じたためです。

チャイムが鳴ったときも慌てずに、何でもないという素振りで落ち着いて行動してください。他の人にも手伝ってもらい、チャイムを鳴らして音に慣れる練習を行うのも良いでしょう。

吠える犬の気持ちを理解して正しくトレーニングをしましょう

犬が吠えたときは、何に対して吠えているのか、その原因を見つけてください。

犬の気持ちを理解しなければ、正しくしつけることはできません。
犬が吠えたときにむやみに叱ってしまうと、飼い主への信頼を失ってしまう結果になることもあります。犬は何かを察知し、伝えようとして吠えているのです。犬が吠えて訴えているものを一緒に見てやり、落ち着かせることが大切です。
犬の吠える声よりも更に大きな声で叱ってしまうと、犬は更に大きな声で吠えたり、吠えるのをやめようとは思わないでしょう。

犬は大切な家族です。愛犬の気持ちを理解し、良い関係の中で問題に対処するようにしてくださいね。

Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/puppifi.com/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:686 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/puppifi.com/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/puppifi.com/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/puppifi.com/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/puppifi.com/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 686