犬のマウンティングをやめさせる方法・しつけで行為を改善しよう

飼っている犬のマウンティング行為に頭を悩ませている飼い主さんもいるのではないでしょうか。マウンティング行為はやめさせるべきなのか、それともそのうち自然とやめるものなのか、悩んでいる人もいることでしょう。

ここでは、犬がマウンティングをする理由と対処法についてお伝えします。マウンティングをやめさせることはできるのか、飼い主さんが知識を得ることでお世話をすることが大切です。

飼い主さんができるしつけや対処法を知って、飼っている犬と良好な関係を築いてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

犬がトイレで寝る理由や、やめさせる方法についてご紹介

犬がやってしまう問題行動のひとつに「トイレで寝る」というものがあります。どの犬でもするわけではあ...

犬のストレスの原因に注意!愛犬のために飼い主ができること

犬にとってストレスの原因になることは、犬と生活をしていくなら飼い主が取り除いてあげなければなりません...

犬連れキャンプの大切なポイント!一緒に楽しむためにできること

犬も一緒に連れてキャンプに行きたいという愛犬家さんへ。はじめて愛犬もキャンプに連れて行くとなると...

犬は生理で食欲低下したときの対処法と犬のためのマナーを紹介

メス犬も人間と同じように成長に伴い生理が始まります。このとき、食欲が低下してしまう犬もいます。...

犬の発情期(オス)の過ごし方やマウンティング行動について

発情期になるとオス犬はどのような行動を取るのでしょうか。ふだんはおとなしい犬でも発情期になると、この...

犬の散歩中に危険な拾い食いをやめさせるしつけの方法

犬がお散歩中に拾い食いをして困るという飼い主さんは多いと思います。拾い食いをして変なものを食べてしま...

犬の発情期はメスだけ?発情期にみられる症状とケアについて

犬を飼育する上で気になる発情期、メス犬はオス犬に比べ性格がおとなしいと言われていますが、メス犬だけに...

犬の拾い食いを防止しよう!トレーニング方法と対処法を解説

散歩中に犬が拾い食いをすることに頭を悩ませている人もいるのではないでしょうか。拾い食いをそのまま放置...

ラブラドールの子犬の育て方についてご紹介

ラブラドールは、犬の中でも比較的賢い犬種とされていますが、そんなラブラドールを子犬から飼う場合は、ど...

白い犬が大好き!その中でも大型の種類とは

白い犬と聞いたら、もこもこでふわふわな触り心地のよい毛並みを連想する方も多いと思います。特に大型...

【犬のしつけ】ハウスの必要性としつけの手順、ポイントのまとめ

犬を室内で飼っている人にとって、「ハウス」は大切なしつけの一つです。ハウスが上手にできる犬は...

チワワは子犬のうちのしつけが大切?飼い主との主従関係としつけ

チワワは小さくて可愛らしさが特徴的な犬種です。しかしその可愛さに、子犬のうちからチワワの言うとおりに...

犬が赤ちゃんに吠える理由と吠えたときの対処方法について

犬が赤ちゃんに吠えるときにはどのようにして、吠えないようにしたらいいのでしょうか。環境が変わ...

犬が夜泣きをするときはどうしたらいい?突然吠えだした場合

犬が突然夜泣きするようになってしまったときにはどうしたらいいのでしょうか。犬を迎えたばかりの...

チワワのしつけはいつから始める?しつけのコツとポイント

チワワのしつけはいつから始めたらいいのでしょうか?小さいチワワは、ある程度大きくなるのを待ってからし...

スポンサーリンク

犬のマウンティングはやめさせるべき?考えてみよう

犬のマウンティングはそのままにしておくべきではありません。

他の犬に対して行う場合は、最初はじゃれあいだとしてもエスカレートして喧嘩に発展することもあり、相手の犬に怪我をさせてしまう可能性もあります。

人間相手にマウンティングをする場合、そのままにすると自分の方が立ち場が上であると思ってしまうため、言うことを聞かなくなりワガママになります。

ぬいぐるみなどの玩具にマウンティングする分には良いかと思ってしまいますが、結局は支配欲なので、その欲求を助長させてしまい別に問題行動を起こす可能性があるのです。

また、ぬいぐるみなどにマウンティングをすると、布に擦れてしまって皮膚から出血をする恐れもあります。

だんだんエスカレートしてしまいがちな行為なので、早めにやめさせた方が良い行為です。

犬がマウンティングをするのはどうして?マウンティング行為の理由

犬のマウンティングにはいくつか理由があります。

状況を見てどの意味があるのか判断できるので、それぞれ説明していきます。

自分の立場が上だというアピール

この意味でマウンティングをすることが一番多いです。

犬同士でも、人間相手でも行います。

相手が自分より大きくても小さくても関係なく、柴犬がゴールデン・レトリバー相手にマウンティングするのもたまに見かけます。

遊んでいる

最初は序列確認だったのが遊びに変わることもあります。

特に女性や子供相手に行う事が多く、男性と比べて声が高い女性と子供は、嫌がってもその声の高さで「喜んでいる」と勘違いされてしまうことがあるのです。

ときに子供は高い声をあげて逃げるので、犬もテンションが上ってマウンティングをやめなくなってしまうことがあります。

性的本能によるもの

純粋に性的本能によるマウンティングであることもあります。

特に発情期のメス犬が2km圏内にいる場合は、発情フェロモンの匂いが届いて興奮することがあります。

そのため近くにメス犬の姿が見えなくても興奮してマウンティングをしてくることがあるのです。

去勢している場合はしていない子よりも反応が薄いこともあります。

犬のマウンティングをやめさせることはできる?しつけで対処を

マウンティングはやめさせた方が良い行為ではありますが、犬にとっては本能的なものです。

叱ったり力で無理やり辞めさせるのではなく、まずは言葉で指示が通るようにしつける必要があります。

「だめ」や「やめなさい」「ストップ」など、言葉で動きを制止出来るように教育しましょう。

名前で叱って止めるのはNGです。

自分の名前は叱られているときに呼ばれるものだと判断してしまうので、他の行動のときに名前で呼んでも反応しなくなります。

鼻と口の間を手で上から包むように抑えてやめさせると、飼い主の手を嫌がるようになるのでおすすめできません。

「やめなさい」などの言葉で冷静になれるように言葉でしつけておくと、マウンティングもやめさせやすくなります。

ちなみに言葉で指示が通るということは飼い主との間にきちんと信頼関係と上下関係が出来ていなければ難しいです。

玩具へのマウンティングは、ストレス解消の意味もある可能性があるので辞めた後に別の行為にすり替えてあげましょう。

同じくストレス解消法に噛む行為があります。

弾力のある玩具などが良いので、マウンティングを辞めさせたらそちらを与えて気持ちを切り替えらせてあげましょう。

犬のマウンティングをしつけでやめさせる方法

マウンティングを辞めさせるには、散歩中であればリードを引っ張って下ろしたり、マウンティングをしようとしたときに手を大きく叩いて驚かせるという方法もあります。一番大切なことは冷静にさせることです。

興奮状態では飼い主の言葉が聞こえていないこともあります。

大きな音を出すと驚いて我に返るので、その冷静になったときにダメと言って理解させましょう。

また、マウンティングをするときには無視をするのも効果があります。

高い声で反応すると喜んでいると思われますが、飼い犬にとって飼い主に無視されるのはとても辛いことです。無視することで飼い主の方が立場が上だと分からせることも出来るので、変に反応せずに距離を奥などして対応することも大事です。

マウンティングする犬に飼い主さんができること

性的本能であるマウンティングは、去勢手術をすることで落ち着くこともあります。

完全になくなる訳でもないのでその後はしつけで直していくしかありませんが、しつけやすくなることは確実なので、去勢も一つの方法ではあります。

こちらについては飼い主でも賛否が分かれるところなので、もしも考えているなら4~5歳までに手術しましょう。

ものへのマウンティングは、その対象物を回収することも大事です。

回収するだけではストレスのはけ口がなくなってしまうので、噛める玩具など代わりになるもの渡しましょう。

また、マウンティングはほとんどがオス犬によるものですが、発情気前後のメス犬にもマウンティング行為が見られることがあります。

この場合はほとんど性的本能によるもので、稀に飼い主に対する甘えたいアピールでもあるので、オス犬の持つその他の理由は当てはまりません。

発情期によるマウンティングは避妊手術をすると多少落ち着きますが、手術が遅ければ発情期の記憶が残るため変わらないこともあります。

本能的なものであるため、やめさせるのは簡単ではありません。しかし根気強く教えていけばわかってくれるので、最初のうちは大変でも頑張って続けましょう。

体罰は飼い主を怖がってしまうだけなのでいけません。言葉と行動で何度も教えてしつけてあげましょう。