ラブラドールの子犬の育て方についてご紹介

ラブラドールは、犬の中でも比較的賢い犬種とされていますが、そんなラブラドールを子犬から飼う場合は、どんな育て方をすると良いのでしょうか。
ここでは、ラブラドールを飼う際に必要なものや、ラブラドールの性格や特徴、育て方のポイントなどについてご紹介しますので、是非参考にして、家族の一員として大事に育ててあげてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

犬は生理で食欲低下したときの対処法と犬のためのマナーを紹介

メス犬も人間と同じように成長に伴い生理が始まります。このとき、食欲が低下してしまう犬もいます。...

甘噛みのしつけ方法は?子犬のしつけ方と飼い主が気をつけること

子犬を飼っている飼い主さんの中には、甘噛みをすることにお悩みの人もいるのではないでしょうか。本気で噛...

犬は臭いニオイが好き、飼い主も犬のニオイが大好き

犬は鼻が良い動物です。ですので、臭いニオイは嫌がりそうに思われますが、全くそんなことはありません...

【犬のしつけ】ハウスの必要性としつけの手順、ポイントのまとめ

犬を室内で飼っている人にとって、「ハウス」は大切なしつけの一つです。ハウスが上手にできる犬は...

犬を飼うメリットはこんなにたくさんある!犬との暮らし

犬を飼うとどんなメリットがあるのでしょうか。犬を大切にすることで、家族や自分自身も大切にする...

犬が吠えるのをしつけする方法!犬のための正しいトレーニング

犬が吠えるのをやめさせるためにしつけしたいという飼い主もいるでしょう。しつけによって犬が吠えない...

子犬のしつけはいつからする?始める時期と教え方のポイント

犬のしつけは早いうちに始めるのが良いとされていますが、早いうちとはどれくらいの時期を指すのでしょうか...

犬がトイレで寝る理由や、やめさせる方法についてご紹介

犬がやってしまう問題行動のひとつに「トイレで寝る」というものがあります。どの犬でもするわけではあ...

子犬の散歩を始める時期とは?散歩デビューのポイントを紹介

子犬を散歩させるの時期はいつからなら大丈夫なのでしょうか。ワクチンがすべて終わってから?それとも終わ...

犬が鳴くのはどんなとき?クンクンと鳴くときの理由について

犬がクンクンと鳴くのはどんなときや気持ちなのでしょうか。クンクンと鳴くときには、甘えているときと自分...

【犬のしつけ】成犬になった愛犬のしつけ方と注意点

何らかの理由で成犬を引き取った方や、子犬時代の成犬のしつけに失敗したまま愛犬が大きくなってしまった方...

犬が撫でられると喜ぶ場所やコミュニケーションを深める関わり方

犬を初めて飼う人や、これまであまり犬に触れたことがない人にとって、「犬が喜ぶこと」は全く想像がつきま...

【子犬の夜泣き対策】夜泣きの原因と子犬への接し方

家に迎えたばかりの子犬は、夜になると夜泣きを始めます。毎晩の夜泣きに、どうすれば夜泣きを止めさせるこ...

柴犬のしつけの時期と対処法!上手に教えるために大切なこと

柴犬のしつけは性格が形成されていく子犬の時期にするのがおすすめです。子犬の成長はとても早いので、...

犬が夜泣きをするときはどうしたらいい?突然吠えだした場合

犬が突然夜泣きするようになってしまったときにはどうしたらいいのでしょうか。犬を迎えたばかりの...

スポンサーリンク

ラブラドールの子犬の育て方。育てる時に必要なものは

大型犬に入ると思うのですが、吠えたら迫力のあるラブラドール。番犬としても役立ちそうなので、飼いたい方も多いと思います。そんなラブラドールを子犬の時期から育てたい。子犬の時期から何を使って育てたら、元気いっぱいに、大人の子犬に成長するのでしょうか。子犬の時期から、次のようなものを用意すべきだと思います。

ベッド

心地よく感じる場所で寝てもらいたいですよね?ラブラドールを飼う前に、ラブラドールの子犬が寝るのに心地よさそうなベッドを用意して下さい。

フード入れと水入れ

これは必需品です。必ずラブラドールの子犬を育てる前に購入して下さい。

トイレマット

暫くしたら、トイレトレーニングも始まると思います。その時のためにも、トイレマットを用意するようにして下さい。

おもちゃ

子犬の時期からあったら方がストレス解消になると思います。散歩に連れていく前の段階でも、家でストレスを解消する一つの道具になります。一つ二つ、用意した方がいいと思います。

ラブラドールの子犬は、特性を理解した育て方をしよう

ラブラドールの子犬は、他の犬と少し違った特性を持っています。

その他の犬とはちょっと違った特性を理解した上で、育て方を考えた方がいいと思います。

しつける側もしっかりしなくてはいけない

例えば、今日はこのことでラブラドールのことを怒ったけど、昨日は違った。これでは、ラブラドールとの信頼関係は築けません。

人でも一緒ですよね。さっきはこういったのに、もう違うことを言っている。それでは、人間同士の関係も築き上げることはできません。ラブラドールのしつけに関していえば、あなた自身がしっかりする必要があります。ちゃんとしつけをして下さい。ただ、褒める時も、しっかり愛情表現を示して、褒めて下さいね。

甘やかさない

体も大きく成長するので余計です。小さい頃から、きちんとしつけをして下さい。そうでないと、大きくなった時に凶暴になりかねません。

頭が良い

ラブラドールはけっこう賢い動物です。ですので、少し難易度が高い遊びで、しつけることも可能です。

ラブラドールの子犬の育て方は、餌やトイレにも気を配ろう

子犬の時期からラブラドールを育てているのなら、ある段階で、「離乳食」を与えることになります。

1日4回、ドッグフードを柔かくしたものを与える

ラブラドールは、食欲が豊富な犬です。恐らく、離乳食が大丈夫な時期でも、いつも「ご飯」と催促すると思います。

でも、与えすぎないで下さい。ラブラドールは食べようと思えれば、いくらでも食べれます。ですが、そうすると太りすぎます。ですので、上記の回数で、離乳食を与えて下さい。

離乳食は、ドッグフードを水とかお湯で柔かくしたものを与えて下さい。それに慣れたら、普通のドッグフードを餌として与えて下さい。

ペットシートの上でおしっこをさせ、しつける

ラブラドールを見ていたら、おしっこをするタイミングがわかるようになります。今、おしっこをしそう。そのタイミングでペットシートの場所につれていき、おしっこをしてもらいます。これで、トイレトレーニングができます。 ペットシートの上に尿の臭いが残ると、そこでおしっこをする習慣がつきやすくなります。別の場所でおしっこをしたら、そこから尿の臭いは消して、そこではしないようにして下さい。

ラブラドールの子犬を散歩に連れて行く時の注意点とは

ある程度の大きさまで成長できたら、ラブラドールも散歩に行けます。ただ、その時に必ずワクチンの注射は打つようにして下さい。

生後4ヶ月くらいになったら、ワクチンの相談をする

もう少し前の時期でもいいかもしれません。そこまでの大きさまでに成長したら、動物病院に行って、ワクチンを打つべきかどうか、お医者さんと相談して下さい。そして、ワクチンを打ってから、ラバラドールの子犬を散歩に行かせるようにして下さい。

ワクチンを打たなくてはいけない理由は、散歩など、外出した時に、子犬の段階でも、なんだかの病気にかかりにくくなるからです。少しでも、犬をなんだかの病気、例えば伝染病から守るため、早い段階でワクチンを打った方がよいみたいです。

時期については、動物病院のお医者さんと相談しましょう。ワクチンを打ってから散歩の方が、必要な免疫もついて、ラブラドールの子犬の健康も保たれると思います。

ラブラドールの子犬を育てる時は適切なしつけをしよう

成長すると、本当に大きなサイズになるラブラドール。できるだけ小さいうちにしつけをして、大きくなったら、しつけがしっかりできている、立派なラブラドールになっていて欲しいですよね。

ラブラドールの体が大きいからといって、過剰に怒らない

なんでもかんでも、怒ればいいというわけではありません。時に、人は機嫌が悪いから、むやみに怒ることもあります。それをラブラドールにしてしまえば、信頼関係は崩れます。

そんなふうに怒るのでしたら、ラブラドールも何に関して怒られているのかも理解できません。適切な時に、過剰には怒らない、それを実行して下さい。

比べないこと

犬には、それぞれ、しつけを吸収するペースもあると思います。あまり他のラブラドールと比べないで、私の家のラブラドールは私の家というペースでしつけをして下さい。ラブラドールは賢い犬だと思います。その分、しつける時は、しつける側も、余計な感情をいれずに、機嫌のアップダウンにとらわれずに、きちんとするべきしつけをして下さい。

やるべきしつけをしないと、ラブラドールとの信頼関係は築けませんし、ラブラドールも何を覚えたらいいのかもわからなくなくなり、やってくれません。ラブラドールがわかりやすいしつけをするべきです。