犬の散歩はいつから?時期の目安や始める前に知っておきたいこと

犬の散歩はいつから始めてもいいのか、子犬を飼い始めた飼い主さんの中には悩む人も多いのではないでしょうか。子犬の散歩デビューのタイミングは飼い主さんの考え方によっても変わってきます。

そこで、子犬の散歩を始める時期の目安と始める前に知っておきたいことについてお伝えしていきましょう。

散歩を始める前に子犬が散歩に慣れるようにできることを始めておくのも大切なことです。ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

犬が吠えるのをしつけする方法!犬のための正しいトレーニング

犬が吠えるのをやめさせるためにしつけしたいという飼い主もいるでしょう。しつけによって犬が吠えない...

犬がなかなかトイレをしないときの原因とトイレをさせるコツ

犬がトイレをしないときにはどんな理由があるのでしょうか?犬は環境が変わってしまうとトイレを我慢してし...

犬の散歩中に危険な拾い食いをやめさせるしつけの方法

犬がお散歩中に拾い食いをして困るという飼い主さんは多いと思います。拾い食いをして変なものを食べてしま...

甘噛みのしつけ方法は?子犬のしつけ方と飼い主が気をつけること

子犬を飼っている飼い主さんの中には、甘噛みをすることにお悩みの人もいるのではないでしょうか。本気で噛...

犬の赤ちゃんの育て方や、注意点などについてご紹介

犬を飼う時のタイミングとして多いのは、ある程度大きくなった子犬からスタートするパターンですが、さまざ...

犬の散歩は大切!ストレス解消などのメリットと散歩のポイント

犬に散歩をさせることはどうして必要なのか、散歩は毎日したほうがいいのかお悩みの飼い主さんもいるのでは...

犬が威嚇するのは直せる?犬のしつけをするときのコツ

犬が人に威嚇をするときや犬に対して威嚇をするときにはどのようにしてしつけをしたらいいのでしょうか。...

子犬のしつけ【待て】を教えるメリットしつけの手順・ポイント

子犬を飼っている飼い主さんの中には、しつけとして「待て」を教えたほうが良いのかと考えている人もいるの...

犬のトイレの設置場所の考え方とトイレトレーニングの方法

犬を飼い始めたらまずはじめに愛犬にしつけておきたいのがトイレでの排泄です。ペットショップのよ...

お留守番を上手にしてもらうために。犬のお留守番の練習方法

犬をペットとして迎えると、家族はみんな外出して、犬だけでお留守番をするという時間もあります。最近は、...

犬の留守番中のトイレを失敗させない方法とは?コツとポイント

犬が留守番中のトイレを失敗してしまうのはどんな理由からなのでしょうか?トイレトレーニングは成...

犬が鳴くのはどんなとき?クンクンと鳴くときの理由について

犬がクンクンと鳴くのはどんなときや気持ちなのでしょうか。クンクンと鳴くときには、甘えているときと自分...

子犬のしつけはいつからする?始める時期と教え方のポイント

犬のしつけは早いうちに始めるのが良いとされていますが、早いうちとはどれくらいの時期を指すのでしょうか...

犬の夜泣きはどうして起きるのか。夜泣きの原因と正しい対応方法

犬は感情表現が豊かな動物で、行動や仕草、鳴き声などで自分の感情を表します。犬が鳴き声をあげること...

犬の外飼いはいつから?事前の準備やはじめるために大切なこと

犬の外飼いはいつからが可能なのか、外飼いをはじめる前に気になることはたくさんあります。犬を外飼い...

スポンサーリンク

子犬の散歩をいつから始めるかの目安

子犬を迎え入れたら、一緒に散歩するのが楽しみになりますよね。

ペットショップやブリーダーさんから子犬を迎えたらすぐに散歩ができるわけではありません。

犬は生後1ヶ月を過ぎたあたりから、2~3回のワクチンを打つ必要があります。ワクチンの回数や種類は動物病院によって分かれるところです。2回で十分という獣医さんもいれば、3回必要という獣医さんもいます。

この最後のワクチンを打ってから2週間くらい待って、いよいよ散歩ができるようになります。
ワクチンを3回接種する場合でも、2回めのワクチンが終わって2週間したら散歩をしても良いという考えもあるようです。お散歩のタイミングも獣医さんの判断によって違います。

1回目のワクチンはペットショップやブリーダーの元で既に済ませている場合も多いです。ワクチンを接種した日や種類を確認し、それを動物病院に伝えて次のワクチンや回数、散歩デビューの時期を相談して決めてください。

散歩デビューをいつから始めるかは子犬の成長に重要

ワクチンの接種が終わり、2週間ほどしたらいよいよ散歩デビューです。

外に出すことができるようになったら、すぐに散歩に連れて行ってください。少しでも早く外の環境に慣れさせることが重要です。

子犬のうちはまだ警戒心が弱いため、他人や散歩中の他の犬など外の環境を怖がることはありません。この間に外の様々なものに慣れてもらうようにします。
成長するとともに警戒心が強くなり、外の見慣れない物に対して恐怖心を抱き警戒するようになります。

不安を感じると吠えたり噛み付いたり、犬によっては逃げて怯えることもあります。外を怖がり散歩を嫌がったり、常に他人や犬を威嚇して吠えることになります。まだ警戒心が弱く好奇心旺盛の子犬のうちに外の世界に慣れさせることが大切です。
まだ散歩ができない頃であっても、飼い主が子犬を抱っこして外に連れ出すようにしましょう。地面を歩かせてしまうといろいろな物を口に入れたりして危険です。余計な病気になる可能性もありますので、ワクチン前の子犬は自由にはさせずに抱っこをして外に連れ出してください。

子犬の散歩をいつから始めるか悩んだときは相談してみる

子犬がいろいろなことを吸収し学び取る時期は、ちょうどワクチンを接種する時期と重なってしまいます。この大切な時期をワクチンのために家の中だけで過ごすことは問題があるという考えもあります。

獣医さんによっては散歩は3回めのワクチンを接種した後でと指導される場合もあります。

3回めのワクチンが終わった頃には子犬にも警戒心が芽生え、外に慣れさせるには遅すぎることも考えられます。犬種や犬の性格によっても違いはありますが、いろいろな刺激に慣れさせるためには、散歩などの時期も早める必要があります。

ワクチン接種と散歩の時期は獣医さんとよく相談してみてください。

散歩が早すぎても子犬の体に不安がありますし、遅いと社会化の妨げになってしまいます。疑問や不安に思うことを獣医さんに相談して、散歩の時期を決めるようにしましょう。

散歩を始める前に慣れておくことも大切

散歩デビューの前にしておきたいことがあります。いきなりカラーとリードをして外に連れ出したところで、慣れない状況に子犬もとまどってしまうこともあります。散歩デビューをする前に、家の中で散歩の練習をしておきましょう。
  • まずはカラーに慣れてもらいます。カラーは犬の首のサイズに合わせて、適切なものを選んでください。大抵の犬は問題なくカラーをつけていられることと思いますが、中には首に違和感を感じて嫌がる犬もいます。その場合はカラーをつけている時間を少しずつ長くして、慣れてもらうようにしましょう。カラーをつけていられたら褒めてあげることも大切です。
  • リードをつけた状態にも慣れさせてください。リードは犬の行動を制御しますが、それを知らない子犬はいきなり走り出して首に負担がかかってしまいます。リードをつけていると自分の思い通りに動くことはできないと理解させましょう。
    リードをつけたら、飼い主のすぐ横を歩くように練習してください。犬が飼い主よりも前になっても後ろでもよくありません。家の中で歩く練習をして、飼い主がとまったら犬も歩くのをやめるようにしつけます。
外にでるといろいろな刺激があるため、すぐには家の中で練習した通りにいかないことも多いです。ですが、外に慣れたら、家で練習したことが身についているので、飼い主の横を歩くということを思い出してくれますよ。

トラブルにならないためにも犬の散歩はマナーを守りましょう

犬を散歩させるときにはマナーもしっかり守りましょう。

散歩に必要なアイテムはあらかじめ揃えておいてください。うんち袋、水などを散歩用の小さめのバッグに用意しておくと便利です。

うんちをした時は必ず持ち帰ってください。オシッコをしたときは、上から水をかけて流すのがマナーです。

他人の家の庭や塀などに排泄させないようにし、問題ない場所を選ぶことも飼い主のマナーです。

公園によっては犬の立ち入りを禁止しているところもあります。必ず立て札などを確認し、子供がたくさん遊んでいるような場合は公園内に入るのは避けておきましょう。

犬が水を欲しがったときのために飲み水も用意してください。折りたためる携帯用の器もあると便利です。おやつも持っておくと、散歩中に犬が興奮したときにおやつで注意をそらすことができます。
おとなしい性格の犬でも、散歩中に何かを見つけて衝動的な行動をとることがあります。散歩中は犬の状態をよく見て、リードをしっかりと手に持ってください。外は車も多く、危険な場所もあります。愛犬のためにもマナーを守り安全なお散歩を心がけてくださいね。