犬の散歩は大切!ストレス解消などのメリットと散歩のポイント

犬に散歩をさせることはどうして必要なのか、散歩は毎日したほうがいいのかお悩みの飼い主さんもいるのではないでしょうか。

犬の散歩は、犬の健康を維持するためにも必要なこと。散歩のメリットやポイントについて知って、楽しく散歩をしましょう。

犬も人間と同じようにストレスを溜めない生活が大切。ストレスを溜めない生活を心がけて、愛犬と幸せな毎日を過ごしましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

お留守番を上手にしてもらうために。犬のお留守番の練習方法

犬をペットとして迎えると、家族はみんな外出して、犬だけでお留守番をするという時間もあります。最近は、...

犬を抱っこして一緒に寝るのは大丈夫?良い点と注意点をご紹介

小犬を飼い始めると、可愛らしくてどんな時も一緒にいたくなってしまいます。中には抱っこをしたまま、ベッ...

犬はドッグフードに飽きるの?ごはんを食べない原因と対処法

今まではドッグフードを食べていたのに犬がドックフードを食べなくなってしまうと、もしかして飽きてしまっ...

犬のトイレトレーニング!成犬でもトイレのしつけは可能です

犬のトイレトレーニングは若いうちに行なうと、早く覚える傾向がありますが、成犬の場合や老犬の場合は、ト...

室内でできる犬が喜ぶ遊びや室内遊びの注意点についてご紹介

犬には毎日の散歩が大切ですが、梅雨時期などには雨が続き、なかなか散歩に連れていけないことも。そんな日...

子犬の甘噛みの原因は飼い主かも?正しいしつけ方法について

「子犬が甘噛みするのは仕方がない。」と思っているうちに、どんどん甘噛みがびどくなってしまっていません...

トイレトレーニングは犬を迎えてすぐに!成功させるポイント

トイレトレーニングを犬に教えるときは、家に迎え入れたらすぐに始めるのがおすすめです。間違った場所での...

犬が夜泣きをするときはどうしたらいい?突然吠えだした場合

犬が突然夜泣きするようになってしまったときにはどうしたらいいのでしょうか。犬を迎えたばかりの...

【子犬のトイレトレーニング】トイレで排泄しない時に教えること

子犬を飼い始めたらまず始めに取り掛かりたいのがトイレトレーニング。飼い主として一生懸命愛犬を...

犬にハウスをしつけよう!子犬のしつけ・トレーニング方法を紹介

子犬にハウスのしつけをしようと考えている飼い主さんもいるのではないでしょうか。これからしつけをするに...

犬同士の喧嘩で怪我をした時にすべきことと喧嘩の対応対策

犬を飼っている人なら誰でも一度は経験したことがある他の犬とのヒヤッとする体験。日頃から注意してい...

【子犬の夜泣き対策】夜泣きの原因と子犬への接し方

家に迎えたばかりの子犬は、夜になると夜泣きを始めます。毎晩の夜泣きに、どうすれば夜泣きを止めさせるこ...

犬の発情期(オス)の過ごし方やマウンティング行動について

発情期になるとオス犬はどのような行動を取るのでしょうか。ふだんはおとなしい犬でも発情期になると、この...

【白い犬が飼いたい】可愛い小型犬なら初めての人でも安心

子どもから突然「犬が飼いたい」と頼まれて悩んでいませんか。ペットショップやテレビで眺めるだけなら...

犬が唸る理由は様々。直したい唸りとその対処法と注意点

飼っている犬がよく唸ると感じていませんか?またどうして唸っているんだろうと疑問に思うこともあるでしょ...

スポンサーリンク

犬のストレスは散歩で解消できる!散歩のメリット

室内飼いが多くなってきてからは毎日散歩をしないという犬もいますが、犬にとって散歩はとても重要な役割を持ちます。室内犬は 日光浴をする時間が短く、日光を浴びることで分泌されるセロトニンというホルモンが少ない傾向があります。セロトニンは幸福を感じるホルモンで、幸せホルモンという別名もあるほどメンタルに大きな影響を与え、この分泌が少ないとストレスが溜まりやすいのです。これは人間も犬も同じことで、一日30分~1時間は日光を浴びることでストレスが溜まりにくい体になります。

また、運動不足解消のメリットもあります。

室内で過ごしている犬は基本的に殆どが運動不足といえます。

家の中に犬専用のトレーニング施設などを設けていれば話は別ですが、一般家庭の大半がそのような施設を持ちません。

散歩は体に合わせて適度な距離を歩けば運動になります。

体が大きくなればなるほど歩く距離は伸びますが、短いと物足りないためきちんと適切な距離の散歩を毎日行うことが大切です。

散歩で犬のストレスを解消・散歩の時間やポイント

体の大きさや犬種によって適切な散歩時間は異なります。

体の大きさでいえば、小型犬は1日1回で30分程度、中型犬は1日1~2回で1時間程度、大型犬は1日2回で2時間程度の散歩が適切です。

しかしこれはあくまで体の大きさだけの話であり、狩猟犬のように体を動かすのが好きな犬種であればこの目安でも物足りないと感じる子もいます。

我が家には柴犬がいますが、散歩は毎日朝晩の2回、時間はどちらも30分です。1回の散歩がこれ以上長くなるとバテるようなので30分以上にはならないようにしています。大型犬にしても1回の散歩で2時間が必要な子もいれば、1時間1時間で2回に分けたほうが嬉しい子もいます。

犬種にもよりますが、その子の性格にもよって変わるのでどのような要求をしているかを見定めていく必要があります。

また、小型犬にもジャックラッセルテリアのような活発な子であれば、上記の散歩時間では物足りないかもしれません。

実際私の友人はその犬種を飼っていますが、散歩は1日2回だと聞きました。

近くにドッグランがあるなら、そこで走り回らせる時間を作ってもいいですね。

雨の日や暑い日も散歩をする?状況別・犬の散歩について

基本的に犬の散歩は毎日なので、天候は関係ありません。

しかし中には雨の日や雪の日のお出かけを嫌がる子もいます。

犬用のレインコートもあるのでそちらを使えば出てくれる子もいますが、足が濡れることを極端に嫌がる子もいるので、もしも排泄が室内でも出来る子であれば無理に外に出す必要はありません。

もしも排泄が室内でできない子であれば、やはり雨の中でも散歩は必要です。

雨の日は肉球の奥に水が溜まりやすく、そこから菌が繁殖して足の病気のなる恐れもあります。

散歩後はしっかり肉球の奥までタオルで拭いてあげましょう。

ただしゴシゴシを擦るように拭くのは肉球を傷める恐れがあるのでいけません。

やさしくポンポンと叩くように拭きましょう。

雨ではなく晴れていてとても暑い日には、太陽が高い時間帯を避けて散歩します。早朝と夜がおすすめです。犬は暑い毛に覆われていて地面に近いため、人間よりも暑さに弱いです。夏場は水分補給もこまめに行いましょう。

犬の散歩に行けないときの対処法

梅雨時期は外に出るのが嫌な犬にとっては運動不足になりやすい時期です。

そういった場合は、室内でしっかり遊ばせてあげましょう。

ロープでの引っ張り合いやボールキャッチなど、しっかり体を使わせる遊びをします。

一人では体を動かす遊びは出来ないので、一緒に遊んであげてくださいね。

小型犬ならリビング内を走り回るだけでも結構な運動になりますが、中型犬や大型犬には物足りないので廊下を開放するなど、出来るだけ動ける範囲を広くしてあげましょう。

また、梅雨時期は完全に散歩に行かないと割り切るのではなく、ほんの少しの雨が止んだわずかな間だけでも散歩に出ることは心がけましょう。

やはり運動不足を完全に室内だけで解消するのは難しく、雨が苦手な子でもずっと室内に居るとストレスが溜ります。しっかりストレス解消をするのであればお休みの日に屋根のついたドッグランまで車を出すなどして、ずっと家の中に閉じ込めることのないように工夫しましょう。

犬のストレス解消法・散歩以外のストレス解消方法

散歩以外にもストレス解消方法はあります。

犬は何かを噛むことでもストレスが解消されるので、ガムやゴム製の玩具などをかませるのがおすすめです。

噛む玩具に興味を示さない子もいますが、玩具の中には、玩具に空洞があってその中に美味しい匂いのするペーストを入れて噛ませるものもあります。

そういったものだと喜んでずっと噛んでいる子もいるので、ペットショップで色々見てみると良いでしょう。

注意が必要なのは、玩具は体のサイズに合ったもので与えましょう。

ペットショップには小型犬用の玩具がとても多いです。

飼っているのが大型犬や中型犬で、「これでもいいかな」と思って与えると1日で壊される可能性が高いです。我が家の柴犬もそれで何度も飼った初日に玩具を壊しました。やはり体が大きくなるにつれて力が強くなるので、小型犬用だと玩具が持たないことがあります。
体格が大きくなれば玩具が比較的シンプルになってしまうのでつまらないと思うかもしれませんが、犬にとっては長く遊べる方が楽しいものです。その犬種に合った玩具を与えてストレス解消になるように遊ばせてあげましょう。