【犬とのお散歩マナー】安全な散歩のために覚えておくルール

子犬を家に迎え、可愛い犬とのお散歩を楽しみにしているという方も多いと思います。お散歩ができる時期になると、ついにお散歩デビューです。犬との散歩には、やはりマナーも大切。
そこで、犬との散歩で気を付けたいマナーや注意点についてご紹介します。散歩に持っていきたいグッズや、お散歩のマナーなど、犬にとっても、周囲の人にとっても、安全なお散歩のためのルールです。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

【犬のしつけ】成犬になった愛犬のしつけ方と注意点

何らかの理由で成犬を引き取った方や、子犬時代の成犬のしつけに失敗したまま愛犬が大きくなってしまった方...

犬が威嚇するのは直せる?犬のしつけをするときのコツ

犬が人に威嚇をするときや犬に対して威嚇をするときにはどのようにしてしつけをしたらいいのでしょうか。...

子犬のしつけ【待て】を教えるメリットしつけの手順・ポイント

子犬を飼っている飼い主さんの中には、しつけとして「待て」を教えたほうが良いのかと考えている人もいるの...

お留守番を上手にしてもらうために。犬のお留守番の練習方法

犬をペットとして迎えると、家族はみんな外出して、犬だけでお留守番をするという時間もあります。最近は、...

犬が鳴くのはどんなとき?クンクンと鳴くときの理由について

犬がクンクンと鳴くのはどんなときや気持ちなのでしょうか。クンクンと鳴くときには、甘えているときと自分...

犬が留守番中に吠える時の対処法!犬が快適に過ごせる環境作りを

犬に一匹だけで留守番をさせるとき、犬が吠える事にお悩みの人もいるのではないでしょうか。「外出...

犬の夜泣きはどうして起きるのか。夜泣きの原因と正しい対応方法

犬は感情表現が豊かな動物で、行動や仕草、鳴き声などで自分の感情を表します。犬が鳴き声をあげること...

犬が膝の上で寝るのは甘え!愛犬の気持ちと飼い主ができること

犬が気がつくとすぐに自分の膝の上で寝るのが可愛いという飼い主さんも多いでしょう。そんな愛犬の行動はど...

子犬のしつけはいつからする?始める時期と教え方のポイント

犬のしつけは早いうちに始めるのが良いとされていますが、早いうちとはどれくらいの時期を指すのでしょうか...

柴犬のしつけの時期と対処法!上手に教えるために大切なこと

柴犬のしつけは性格が形成されていく子犬の時期にするのがおすすめです。子犬の成長はとても早いので、...

甘噛みをする犬の理由や、しつけ方などについて知りたい

甘噛みは犬を飼っていると、必ず1度や2度は経験する行動のひとつです。甘えたり、じゃれついているだ...

【子犬のトイレトレーニング】トイレで排泄しない時に教えること

子犬を飼い始めたらまず始めに取り掛かりたいのがトイレトレーニング。飼い主として一生懸命愛犬を...

犬に留守番させる時のしつけ方法!安全に過ごせる環境を作ろう

犬に一匹だけで留守番をさせる場合、どのようなしつけをすればいいのか悩む飼い主さんもいるのではないでし...

犬のマウンティングをやめさせる方法・しつけで行為を改善しよう

飼っている犬のマウンティング行為に頭を悩ませている飼い主さんもいるのではないでしょうか。マウンティン...

甘噛みのしつけ方法は?子犬のしつけ方と飼い主が気をつけること

子犬を飼っている飼い主さんの中には、甘噛みをすることにお悩みの人もいるのではないでしょうか。本気で噛...

スポンサーリンク

犬との散歩のマナー、飼い主が散歩に持っていくグッズ

犬を飼われている方は、子犬から一般的な成熟した犬に成熟した後、待ちに待った、散歩が待っています。社交性をつけるためにも、散歩はした方がいいです。他の犬を見かけた時にも、吠えないこと、色んなマナーも学べますから。

飼い主として、何も準備なしで、犬の散歩には行けません。

散歩するからには、道具も必要になります。

リード

犬に首輪をつけるだけでは散歩にはなりません。適切な紐、リードが必要になります。当然といえば当然ですが、リードも用意して下さい。

トイレシート

犬がおしっこをしたくなったら、トイレシートを用意して、その上で用を済ませてもらいます。犬を飼っているからには、そんなトイレシートを準備して下さい。

犬を散歩する時に問題になるのは、おしっこやフンの始末です。袋を用意して、適切に対処できるようにして下さい。マナーを知らない飼い主さんは近所からも嫌われると思います。歩行者で犬が嫌いな方もいるので、要注意です。

犬のトイレは散歩前に済ませるのがおすすめ。マナー以外のメリットも

あまり都合よくはいかないとは思いますが、飼っている犬を散歩に行く前におトイレを済ませる、そうすると、あまり散歩をしている最中に、フンのことについて気にしなくもよくなります。

大切なのは、散歩させること

犬が散歩をしている最中、度々、フンをするようでしたら、それはあまり散歩として効果がないと思います。大切なのは、体を動かすこと、また、家以外の環境にもなれることです。ですので、なるべくフンは散歩に行く前に済ませれるようにして下さい。

実際、家でフンを済ませれると、飼い主も散歩中にフンの始末をしなくて済むので、気持ちが楽になります。犬も運動に集中できるので、ストレスを発散させることができます。

散歩をしている最中にフンのことを気にせずにいられるのも、飼い主としてのメリットですよね。フンは近所迷惑にもなります。できるだけ、家でフンやおしっこをさせてから、散歩に行くようにして下さい。

犬の散歩デビューのために家でできる練習方法

犬の散歩は、何気に段階的にやらないと、犬も疲れます。子犬の時期から飼っているのなら、体力が初めはついていないので、尚更です。

はじめは、首輪とリードになれる

初歩の訓練として、はじめは家で首輪とリードにつけることになれてもらいます。そして、次に家を少しでて、散歩をします。散歩の長さですが、初めは、家の周りを少し散歩するくらい、その距離になれたら、もう少し距離を伸ばす、そんな感じで、散歩の時間を長くして下さい。

途中で、犬がギブアップ状態になっても、怒ったりしないで、抱えて家に帰っても大丈夫です。犬もなれなくてはいけませんから。

また、あまり犬が散歩に行く気分ではなかったら、それはそれで抱きかかえて、あなたが歩き、風景だけでも見せましょう。全く散歩をしないのは、問題になると思います。抱っこをしてでも、社交性はつけさせて下さいね。

リードは短めに持つのが散歩のマナー

散歩をするということは、歩いている他の歩行者のことも考えなくてはいけません。家にいるわけではありませんから、自分と犬、その他の方のことも考えなくてはいけません。

犬を怖がる方もいる

歩行者の方で、犬を怖がる方、また、あなたが飼っている犬も必要以上に吠えることもあります。そのことも考えて、リードは短めに持って下さい。

具体的に何メートルくらいにして持つというルールがあるわけではありません。あまり短く持ちすぎると、今度は犬が散歩できません。歩行者が通る道は短めに持てるリードを用意し、それ以外の時は、長めで、犬も十分に身動きができるサイズのものを用意して下さい。

短めのリードを使う時は、他の方に迷惑になりにくくなります。吠えすぎで、他の歩行者の方に迷惑をかけるようで、それが何回も起こるようでしたら、子供や大人が、びっくりして、手や足に怪我をするかもしれません。下手をしたら、警察から注意を受けるかもしれませんので、散歩をする際は、リードの長さには注意して下さい。

犬に散歩が必要な理由

犬もある程度の年齢になったら、お散歩はさせなければなりません。ずっと家の中にいても、運動できる距離も限られています。だから、外に出して、散歩はさせなくてはいけません。

運動不足を解消させる

家の中にずっといたら、運動不足になります。野良犬のような犬と家で飼っている犬の運動量を比べたら、その差は、1/10くらいだそうです。これだけ、家の中で飼われている犬は、運動をしていないことになるんですね。

他の犬とのコミュニケーション

犬はわりと、集団で生活する動物なんです。それが、人がペットとして飼い始めたので、一匹で過ごす時間が増えています。

散歩をすることで他の犬とも会えます。吠えることもあるとは思いますが、それでも、一種のコミュニケーションにはなります。それも含めて、犬の散歩はかかせません。人としかコミュニケーションをとらないというのも、間違っているんですね。また、季節を感じるというのも、健康にいいみたいです。外に出て、こんな季節なんだ。それで、ホルモンバランスもよくなるみたいですよ。

犬を散歩に行かせる時は、他の方に迷惑にならないためにも、リードはつけて下さい。

プラス、散歩をしている間、犬はフンもするので、その対応も飼い主として必ず行って下さい。

歩行者がいる道では、リードは短めに持って、犬が歩行者に吠えたとしても、他の方には迷惑にならないように気をつけて散歩をして下さい。犬の運動不足解消のためにも、散歩には行かせて下さいね。