犬が散歩で興奮するとお困りの方へ犬の気持ちを落ち着かせる方法

犬の散歩中に困る行動として、興奮をしてリードを引っ張ってしまうことや、他の犬に会うと必要以上に警戒し、吠えてしまうということがあります。このような状態になると、犬の気持ちをコントロールできないとお悩みの方も多いのではないでしょうか?
そこで、散歩で興奮しやすい犬のしつけの方法や、気持ちのコントロール方法をご紹介します。楽しくお散歩するためには、興奮しがちな犬を落ち着かせることが大切です。飼い主として、しつけの方法や犬への接し方をご紹介していきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

犬同士の喧嘩をする理由や、止め方について知りたい

犬同士が喧嘩を初めてしまうことって時々見かけることがあります。自分の犬や、相手の犬が怪我をしない...

犬を抱っこして一緒に寝るのは大丈夫?良い点と注意点をご紹介

小犬を飼い始めると、可愛らしくてどんな時も一緒にいたくなってしまいます。中には抱っこをしたまま、ベッ...

犬をしつける時、噛むなどの困ったクセをやめさせるには

犬を飼っている時にトイレなどのさまざまなしつけが必要ですが、その中でも噛むクセは、自分や周りの人が怪...

トイレトレーニングは犬を迎えてすぐに!成功させるポイント

トイレトレーニングを犬に教えるときは、家に迎え入れたらすぐに始めるのがおすすめです。間違った場所での...

子犬の甘噛みの原因は飼い主かも?正しいしつけ方法について

「子犬が甘噛みするのは仕方がない。」と思っているうちに、どんどん甘噛みがびどくなってしまっていません...

白い犬が大好き!その中でも大型の種類とは

白い犬と聞いたら、もこもこでふわふわな触り心地のよい毛並みを連想する方も多いと思います。特に大型...

犬がトイレを覚えないときの対処方法と覚えさせるポイント

犬がトイレを覚えないのはどうして?トイレを失敗したときに、叱ってはいませんか?トイレを失敗し...

犬の外飼いはいつから?事前の準備やはじめるために大切なこと

犬の外飼いはいつからが可能なのか、外飼いをはじめる前に気になることはたくさんあります。犬を外飼い...

犬のしつけ【待ては教えよう!】上手な教え方とポイントを紹介

犬のしつけの中でも「待て」のしつけは特に教えておきたい行動のひとつ。待てのしつけを愛犬が覚えるこ...

犬の甘噛み【成犬のしつけ】噛み癖にならずにやめさせる方法

犬の甘噛みは子犬の頃が多いのですが、成犬になっても甘噛をする場合があります。成犬になってから甘噛...

犬が吠えるのをしつけする方法!犬のための正しいトレーニング

犬が吠えるのをやめさせるためにしつけしたいという飼い主もいるでしょう。しつけによって犬が吠えない...

子犬のしつけを始める時期と子犬のうちに教えるべきこと

子犬を家族の一員として迎えるには、さまざまなしつけが必要になります。しつけを始めるには、どのくらいの...

チワワのしつけはいつから始める?しつけのコツとポイント

チワワのしつけはいつから始めたらいいのでしょうか?小さいチワワは、ある程度大きくなるのを待ってからし...

犬のマウンティングが問題行動?しつけで直すマウンティング

犬のマウンティングは犬同士だけでなく、飼い主にする場合や、おもちゃや家具にする場合も。どこで...

子犬の散歩を始める時期とは?散歩デビューのポイントを紹介

子犬を散歩させるの時期はいつからなら大丈夫なのでしょうか。ワクチンがすべて終わってから?それとも終わ...

スポンサーリンク

散歩中に興奮してリードを引っ張る犬のしつけ方法

本来犬は、散歩や走ることが大好きな動物です。
しかし人間と生活する以上、その散歩を制限されてしまうことは仕方がありません。

犬が自分の自由な時に散歩できるわけではないため散歩好きな犬にとっては飼い主が散歩に連れて行ってくれる時間は最高の一時です。
そう考えれば犬が散歩時に興奮してしまうのも、当然でしょう。

しかし、その興奮でリードを引っ張る、吠える、などといった犬の行為はしつけ的にあまり良いことではないです。

散歩中にリードを引っ張ってしまうのは、飼い主と犬の主従関係がうまくいっていない証拠

犬はリードを引っ張れば飼い主は自分の言うことを聞いてくれる、リードを引っ張れば好きなところへ行ける、好きなことができる、つまり飼い主より自分が上と認識しています。

これは散歩中にいつ人様に迷惑をかけてしまうかわからない、という危険性が潜んでいるのです。
それを避けるためには日頃から散歩中のしつけをしっかりとする必要があります。

散歩中のしつけ法

  1. 飼い主はリードの紐を短くもって犬の歩くスピードや方向をコントロールします。
  2. 壁や塀沿いを散歩し、犬は壁側にして飼い主は犬を前に行かせないよう壁側に近づいて少し前を歩く
  3. 犬が上手にできたらご褒美をあげる

散歩中の興奮より飼い主との主従関係が頭によぎり、興奮が少しでも抑えられることが期待できます。

散歩で苦手な犬に会って興奮する時の行動

毎日決まった散歩道や時間に散歩すると、同じ時間帯や散歩道を利用している人や犬に会う確率が高くなります。

犬がその人や犬に警戒心を持てば、会うたびに興奮し威嚇行為として吠えるようになってしまいます。
これをどうにかやめさせたい飼い主も多いでしょう。

人や犬が飼い犬にとって危険なものではないと認識させること

その人や犬の飼い主に協力してもらい、臭いをかませ交流させたり、その人に触ってもらうなどして犬を安心させます。

しかし、これには相手の協力を得ないといけません。

できないのなら、飼い犬が苦手な人や犬が見えたら、足を留め「大丈夫だよ~」と犬に声をかけ、撫でたり抱きよせたりしてあげましょう。
飼い主が味方にいることで犬も安心できます。

犬が散歩で興奮して吠える時に飼い主さんができること

犬が散歩中に興奮して吠える時の対処法を上記で触れましたが、その方法でうまく犬が吠えるのを回避できないこともあります。

その他の手段としていくつかありますので、参考程度に覚えておくと良いでしょう。

飼い主が先回りをして交流する

犬が警戒して吠えるなら、飼い主が先回りをして、飼い犬が苦手な人や犬と交流をしてみましょう。
間接的に安全なものと認識させます。
犬は安全とわかれば警戒して吠えたりはしません。

犬の気をそらす

飼い主が飼い犬に声をかけたり、おやつをあげることで、警戒心は緩みます。
これは犬の警戒心をゆるめるための行為ですので、無駄に名前を連呼したり、おやつの「待て」「良し」をもったいぶったりなど、犬が余計に興奮してしまう行為は避けてくださいね。

興奮しやすい犬には散歩の時間を決めない方法も

散歩好きの犬こそ、待ちわびていた散歩の時間がくると興奮しやすくなります。
子供が待ちわびた念願のオモチャを買ってもらった時の興奮と似ていますね。

どう抑えようと飼い主が頑張ろうとしても、犬が理性は失っていますので興奮はなかなかおさまりません。

散歩の時間設定に問題がある

ならば、お散歩を特定の時間に決めずランダムにする方法があります。
飼い主が散歩に行ける時間には極力散歩に連れ出すことで犬の興奮が分散され、興奮状態にさせることを抑えます。

この方法を試してみると改善されるかもしれません。

散歩中に犬が興奮して吠えるのは、飼い主と犬との主従関係が成り立っていれば、犬は理性を失うことは少ないです。
主従関係をしっかりと築いていくことは、あらゆる面に役立つので大切なことなのですよ。

日頃から飼い主に注意を向けられるように練習を

いざと言う時に、犬が飼い主の言うことを聞けるように、しつけと主従関係を築いていることが大切です。

人間が様々な感情を抱くように、犬が興奮することは至って普通なのです。
人間はその感情をコントロールできますが、犬は人間のしつけによってコントロールしなければいけません。

犬が興奮状態に陥る時こそ、意識を飼い主に向けられるようにする

犬は賢いので、人間のしつけによって自分の感情をコントロールできる動物です。

久しぶりに飼い主と会えた喜びで興奮している時は思いっきり抱きしめて犬の気持ちを受け止めてあげましょう。

犬と快適な暮らしをするためにしつけして素敵な主従関係を築いてくださいね。