犬を散歩させる時に必要な持ち物や、あると便利な持ち物とは

犬を散歩させようと思った時に、ただ首輪にリードを繋ぐだけでは充分な準備が出来ているとは言えません。
では、犬を散歩させる時に必要な持ち物とはどういった物があるのでしょうか。
ここでは、犬の散歩の際に必要なものや、あると便利なもの、また、散歩をさせる際に気をつけたいポイントなどについて紹介しますので、是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

犬は留守番する時に寂しいと考えることも、出来る対策とは

犬を飼っている場合、どんなに可愛がっていても、ちょっとした外出などで留守番をさせなくてはいけないこと...

柴犬のしつけの時期と対処法!上手に教えるために大切なこと

柴犬のしつけは性格が形成されていく子犬の時期にするのがおすすめです。子犬の成長はとても早いので、...

子犬の留守番が10時間は長い?長時間留守番出来る犬になる方法

かわいい子犬との楽しい毎日をお過ごしでしょう。ですが、急な用事で愛犬を長時間留守番させることにな...

犬は生理で食欲低下したときの対処法と犬のためのマナーを紹介

メス犬も人間と同じように成長に伴い生理が始まります。このとき、食欲が低下してしまう犬もいます。...

犬のマウンティングが問題行動?しつけで直すマウンティング

犬のマウンティングは犬同士だけでなく、飼い主にする場合や、おもちゃや家具にする場合も。どこで...

犬のマーキング対策と室内でマーキングする犬のしつけ方法

犬にとってマーキングはコミュニケーションの一つですが、室内で飼っている愛犬が室内でマーキングをしてし...

トイレトレーニングは犬を迎えてすぐに!成功させるポイント

トイレトレーニングを犬に教えるときは、家に迎え入れたらすぐに始めるのがおすすめです。間違った場所での...

【犬のしつけ】ハウスの必要性としつけの手順、ポイントのまとめ

犬を室内で飼っている人にとって、「ハウス」は大切なしつけの一つです。ハウスが上手にできる犬は...

犬が撫でられると喜ぶ場所やコミュニケーションを深める関わり方

犬を初めて飼う人や、これまであまり犬に触れたことがない人にとって、「犬が喜ぶこと」は全く想像がつきま...

犬は臭いニオイが好き、飼い主も犬のニオイが大好き

犬は鼻が良い動物です。ですので、臭いニオイは嫌がりそうに思われますが、全くそんなことはありません...

犬が無駄に吠える時に出来る対策などについてご紹介

犬を飼う時にさまざまな悩みが出ることがありますが、その中でも多いのが「無駄に吠える」です。そうい...

犬が吠える場合は無視をするのが良い?吠えぐせに対する対処方法

犬に吠える癖がついてしまうと、直すのはなかなか根気が必要となります。無視するのが効果的だと、...

犬におすわりをしつける時のポイントやコツなどについて

犬にしつけをしようと思った時に、まず最初にすると良いのが「おすわり」です。「うちの犬はいつまでた...

犬の甘噛み【成犬のしつけ】噛み癖にならずにやめさせる方法

犬の甘噛みは子犬の頃が多いのですが、成犬になっても甘噛をする場合があります。成犬になってから甘噛...

犬が留守番中に吠える時の対処法!犬が快適に過ごせる環境作りを

犬に一匹だけで留守番をさせるとき、犬が吠える事にお悩みの人もいるのではないでしょうか。「外出...

スポンサーリンク

犬の散歩をする際に、必要な持ち物とは

犬を散歩する時には、手ぶらで行ってはいけません。
初めての散歩の場合には、事前にしっかりと必要なものは調べて足りないものは用意しておきましょう。

犬の散歩に欠かせないハーネスとそれにつけるリード

これがないと散歩ができません。
犬の身体の大きさに合ったものや、リードの種類も多くあるので適したものを選びましょう。

ビニール袋と水

よく道端や公園などで見かける犬の糞ですが、これは飼い主さんが持ち帰らなければいけません。

中には散歩中にしかしないという犬もいますし、たまに外でするなどいつするかわからないものなので、散歩の際には糞を持ち帰る袋は必ず持参しましょう。
ビニール袋に手を入れて掴んでいれるか、ビニール手袋を用意しておくと飼い主さんの手が汚れません。

後は、犬用の水です。
これに入れなければいけないというものはありませんが、専用の容器があるのでそれを使うと散歩中でも水を飲みやすいです。
長時間歩いたり、外の気温が高いと水分を取る必要があるので毎回忘れずに持っていきましょう。

ハーネスとリードは犬につけますが、それ以外のものはバッグにひとまとめにして持ち歩きましょう。
常にセットにしておいておくと、散歩に行くときもすぐに出ることができます。

犬の散歩の時に、あると便利な持ち物は

基本的な持ち物は上記のものですが、さらにプラスして散歩に行くと便利な持ち物があります。

虫除けスプレー

散歩に行く場所にもよりますが、虫除けスプレーは持っていると使える場面があります。

犬にかけるのは心配という人でも、天然成分100%の虫よけもあるのでそういったものを使えば安心です。

散歩用バッグ

また、先ほどお散歩グッズを入れておくバッグを用意するといいといいましたが、散歩の際はリードを持っているのでもう片方の手はあけておきたいと思う人もいるでしょう。
そういったときは、散歩用バッグを使いましょう。

ウエストに取り付けるタイプなので、両手が空き散歩がしやすいです。

おもちゃやウエットシート

広い場所で走り回るのならば、お気に入りのおもちゃなどを持って行くといいですし、ウエットシートがあれば、飼い主さんの手が汚れてしまった時や犬の手足が汚れてしまった時にはサッと拭き取ることができます。
ウエットシートにはいろいろな種類がありますが、ペット用のがありますので犬に使うときはそちらを持ち歩きましょう。

犬を散歩させる時に、持ち物以外にも準備しておきたい心構えとは

犬の散歩には必要な持ち物がありますが、犬の散歩をする際のポイントやマナーなどをおさえて置かなければなりません。

散歩をする時にはしつけをしっかり行いましょう

ただリードをもって一緒に歩くだけではダメです。

散歩の際は、犬のペースに飼い主が合わせるのではなく、飼い主に犬が合わせるようになることが大切です。

しつけをしっかりすることで、犬が誤飲をしたり、飼い主、犬のどちらもがケガをすることを避けられます。
しつけがしっかりしていないと、すれ違った人に危害を加える可能性もあるので散歩におけるしつけはしっかりとしましょう。

散歩時間は犬の年令や大きさによって異なります

大型犬でも1回の散歩で50分程度です。
子犬であればどんな大きさに限らず、徐々に散歩に慣れるようにしましょう。

さらに、散歩をする際のマナーとして糞を持ち帰ることは当然ですが、おしっこも持参した水で流すなど配慮が必要です。

おしっこだからいいかとは考えずにマナーある行動を心がけましょう。

しつけができている犬でもリードは必ず付けてください。
犬にとっても危険ですし、トラブルの原因になります。

犬が散歩をする際によくある問題行動と、しつけの仕方

散歩の時によくありがちな問題行動に対するしつけの仕方についてご紹介します。

吠える

すれ違った人や犬に吠えてしまうときがあります。
その際にはすぐにダメだということを犬に伝える必要があります。

ダメといいながらリートを引くのもそうですが、犬が相手を怖がっている場合大丈夫だよという気持ちを伝えるために犬をなでてあげるのも効果的です。

もしくは、吠える前に先回りしておすわりや伏せをさせるのもいいでしょう。
その後はしっかりとご褒美をあげるなどして褒めてあげてくださいね。

落ちているものを食べる

道にはゴミや吸い殻など落ちていることも多くあります。
犬の目線は人よりも低いですし、犬は食べれそうだなと思ったら食べてしまう可能性があります。

食べるのは犬にとっても良くないので食べないようにしつけましょう。

リードを短めにしておくと犬の顔と道路が遠くなるので拾い食いの確率が低くなります。そのようにして拾い食いをしなかったときはおやつをあげると、犬もそのように学習していきます。

他にも気になる行動が出てくると思うので習慣化する前にしっかりとしつけをしましょう。

そもそも犬に散歩が必要な理由とは

犬に散歩が必要な理由を知っていますか?

成犬であれば、1日に2回は散歩の必要があります

散歩をすることで犬のストレスを解消してあげることができます。
ある程度広さのある室内でも、やはりずっと同じ空間にいるのはストレスがたまってしまいますし、運動不足にもなりがちです。
ストレスから身体や心に不調のサインが出始めてしまうので散歩をする必要があるのです。

散歩は運動になるので太り過ぎを防げます

太ってからでは散歩を嫌がる犬もいますが、その前からしっかりと散歩をしておくといいでしょう。
さらに毎日歩くので自然と筋力がついたり、年をとったときにも筋力低下の防止に役立ちます。

散歩をすることで日光浴にもなるので犬の身体の調子がよくなります。
体内時計がきちんとはたらいたり、自律神経も安定するので散歩をすることは犬にとってもとても大切です。