子犬のうちに必要なしつけと順番について【しつけのルール】

子犬をペットして迎える時には、子犬のうちに教えておきたいしつけがあります。いろいろとあるしつけはどのような順番で教えると良いのでしょうか?
そこで、しつけで子犬のうちに教えておきたいことや、順番についてご紹介します。家に来たばかりの子犬は可愛らしくて、つい何でも許してしまいたくなりますが、初めからきちんとルールを決めて、良いこととダメなことを教えてあげましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ラブラドールの子犬の育て方についてご紹介

ラブラドールは、犬の中でも比較的賢い犬種とされていますが、そんなラブラドールを子犬から飼う場合は、ど...

犬は臭いニオイが好き、飼い主も犬のニオイが大好き

犬は鼻が良い動物です。ですので、臭いニオイは嫌がりそうに思われますが、全くそんなことはありません...

犬の生理の期間はどのくらい?生理中の過ごし方について

犬の生理の期間はどのくらいの日数なのでしょうか。また、生理中はどのように過ごしたらいいのでしょう?...

犬を抱っこして一緒に寝るのは大丈夫?良い点と注意点をご紹介

小犬を飼い始めると、可愛らしくてどんな時も一緒にいたくなってしまいます。中には抱っこをしたまま、ベッ...

犬を飼うメリットはこんなにたくさんある!犬との暮らし

犬を飼うとどんなメリットがあるのでしょうか。犬を大切にすることで、家族や自分自身も大切にする...

犬が吠えるのをしつけする方法!犬のための正しいトレーニング

犬が吠えるのをやめさせるためにしつけしたいという飼い主もいるでしょう。しつけによって犬が吠えない...

大きい犬【白色】を飼いたい人におすすめの犬種と飼う時の注意点

子供が大きくなると「犬を飼いたい」と言い出すことがあります。子供の意見を尊重してあげたくても、ペ...

チワワは子犬のうちのしつけが大切?飼い主との主従関係としつけ

チワワは小さくて可愛らしさが特徴的な犬種です。しかしその可愛さに、子犬のうちからチワワの言うとおりに...

犬をしつける時、噛むなどの困ったクセをやめさせるには

犬を飼っている時にトイレなどのさまざまなしつけが必要ですが、その中でも噛むクセは、自分や周りの人が怪...

犬の発情期はメスだけ?発情期にみられる症状とケアについて

犬を飼育する上で気になる発情期、メス犬はオス犬に比べ性格がおとなしいと言われていますが、メス犬だけに...

犬が唸る理由は様々。直したい唸りとその対処法と注意点

飼っている犬がよく唸ると感じていませんか?またどうして唸っているんだろうと疑問に思うこともあるでしょ...

犬のトイレのしつけは成犬からでもOK!やり方と大切なこと

犬のトイレのしつけは成犬からでも教えることはできます。ただ、成犬にトイレの訓練をする場合は根気強...

室内犬にトイレをしつける際のポイントについてご紹介

室内犬を飼い始める時にまずしなくてはいけないしつけと言えば、トイレです。きちんと早めにしつけてお...

【子犬のトイレトレーニング】トイレで排泄しない時に教えること

子犬を飼い始めたらまず始めに取り掛かりたいのがトイレトレーニング。飼い主として一生懸命愛犬を...

犬のおしっこのしつけ方法。トイレトレーニングのステップ

子犬を家族の一員として迎える時には、おしっこのしつけは絶対に必要なものです。初めて犬にトイレを覚えさ...

スポンサーリンク

子犬のしつけを始める時期について

早すぎる時期に子犬のしつけをする必要はないとは思います。でも、ある程度早いステージでしつけをしないと、やはり、大人になってから、あなたの言うことを全く聞かない犬に成長してしまいます。

しつけは生後、2ヶ月過ぎた頃が最適

上記以上に早い時期にしつけをしても、まだ脳が発達していないので、無駄だと思います。それに、まだまだ可愛い時期です。しつけというよりは、コミュニケーションを十分に取るべき時期だと思います。

しつけをすることは確かに大切です。でも、時期があります。産まれて、2ヶ月くらいはしつけというより、可愛い赤ちゃんを大切に育てている、そんな感覚を大切にして、ケアをするべきだと思います。

あなたの子犬の赤ちゃんがまだ2ヶ月くらいなら、まだ焦る必要はありません。あなたに十分甘えていい時期だと思います。あまりきつすぎずに、ゆったりとした気持ちで、子犬を育てて下さい。今の段階は、それで十分だと思います。

子犬のしつけは順番が大切。スムーズなしつけのためには家族でルールを統一

時期が来たら、やはりしつけはしなくてはいけません。しつけをする立場になったらわかると思いますが、ただ一方的にしつけをしても、無意味だと思います。しつけはしつけ、犬にとって、わかりやすい形で子犬のしつけをするべきです。

散歩をさせる

しつけというと、トイレを正しい位置でしてもらうこととか、人間の赤ちゃんにでも当てはまることですよね。でも、それ以上に、散歩をして、子犬に家では見たことがないものを慣れてもらう方が、大切なようです。

勿論、トイレトレーニングも大切な要素にはなります。でも、その前に、家の中にある音に慣れてもらう、散歩をする中で、他の犬とのコミュニケーションや、家の外の環境にもなれる、それが大切みたいです。

家族で、同じしつけの言葉を使用する

子犬がわかりやすい、しつけをするようにして下さい。また、人にお説教をするようにしてしつけをするのではなく、ちょっとした時間に留めて下さいね。

子犬のしつけの順番、まずは自分の名前を覚てもらう

子犬のしつけというと、大体の方は、一番難しいトイレトレーニングなんかを想像するんじゃないでしょうか?これから子犬を飼うのでしたら、尚更、家の中でも、一定の場所でトイレをして欲しいと思いますよね?

でも、ひとまず、高度なしつけは後回し。しかも、子犬ですから、自分の名前を覚えてもらうトレーニングから始めて下さい。

名前を呼んで、あなたの方に走ってきたら、それでおやつをあげて、何か子犬が喜ぶことをしてあげて下さい。これが、しつけの初期段階です。

なんだ、そんなことかと思われるかもしれませんが、子犬の段階から、そういった意味でコミュニケーションをしっかりと取るようにして下さい。

段階を上げたら、トイレトレーニングもできるようになると思います。まずは、自分の名前を呼ばれたら、きちんと飼い主に注目が行く、そんなトレーニングを始めて下さい。

トイレのトレーニングは早めの順番で教えておきたいこと

しつけで、最も難しいと言われているのは、トイレのトレーニングだと思います。でも、これも早い段階で、子犬が覚えることができたら、飼い主であるあなたは、大助かりです。

少し大きめのスペースを作る

子犬が少し遊べるくらい、子犬が余裕を持ってトイレトレーニングをできるくらいのスペースを設けて下さい。また、トイレトレーニングに集中させたいので、おもちゃとか余計なものは置かないようにして下さい。

少し隔離する

スペースを作っても、そこでトイレをしてくれないと意味がありません。はじめのうちは、少し隔離する感じで、子犬に「ここでトイレするんだよ」というふうに仕向けるようにさせて下さい。場所を作るだけではまだトイレトレーニングは終わっていないと思います。あまり自由をなくすのも可哀想ですが、わからせる意味で、少し隔離することも考えて下さい。

できたら、その隔離を外せばいいと思います。子犬が覚えるまで、そんな感じでトイレトレーニングを行って下さい。

子犬のしつけで飼い主が覚えておくこと

生後、5ヶ月とかになったら、子犬を飼っている飼い主として、しつけはしなくてはいけません。その際、飼い主として、覚えておいて欲しいのは、長く子犬にしつけをしても全く意味がないということです。

短く怒る

上記でも少し説明しましたが、子犬の脳はまだ発達していません。生後5ヶ月だったら、少しは発達しているとは思いますが、それでも、あなたが言っていることを全部100%一気に理解はできません。

ちょっとしたことを順序よく理解してもらう。そんな余裕をもって、しつけを行って下さい。これは、人間の大人でも同じだとは思いますが、小さいことを何度もするうちに覚えると思います。小さいことでも、何度か言われるうちに、子犬も覚えます。そういった、忍耐も飼い主として、あなたがつけなくてはいけないことです。

できたら、褒めてあげる。

そうやって、子犬との深い関係を築いて下さい。そうすると、次の段階のしつけもうまくいくと思いますよ。

子犬のしつけについて、少し具体的な時期も含めて、簡単に説明しました。これからのしつけ、特にトイレトレーニングに関して、上記で参考になる箇所も多いと思います。でも、まずは、名前を覚えてもらうことから始めましょう。トイレトレーニングをする際は、広さに注意して下さいね。あまり怒らずに、ゆっくりとしたペースで子犬と向き合って下さい。