子犬のしつけ【待て】を教えるメリットしつけの手順・ポイント

子犬を飼っている飼い主さんの中には、しつけとして「待て」を教えたほうが良いのかと考えている人もいるのではないでしょうか。

犬に待てのしつけをすると、日常生活の色々なシーンで役立てることがあります。犬にはどのようなメリットがあるか、飼い主さん側のメリットとともに確認してみましょう。

また、「待て」のしつけをするときの手順やポイントについてもお伝えします。こちらも是非参考にしてみてください。

子犬のうちにしつけをすることで、飼い主さんと良好な関係が築けるようにしましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

小型犬に必要な基本のしつけ。子犬のうちに身につけたいこと

これから小型犬をペットとして迎えたいと考えている方も多いと思います。小型犬の場合には、室内で飼育する...

子犬は留守番ができる?いつから長時間の留守番が可能かについて

子犬を飼いたくても、仕事をしていると躊躇してしまいます。それは子犬に留守番をさせなくてはいけないこと...

子犬の散歩を始める時期とは?散歩デビューのポイントを紹介

子犬を散歩させるの時期はいつからなら大丈夫なのでしょうか。ワクチンがすべて終わってから?それとも終わ...

犬のケージの配置のポイント!愛犬の快適環境やトイレと多頭飼育

室内に犬のケージの配置するときはどんなことに気をつけたらいいのでしょうか?これから新しく引っ越し...

犬の散歩デビューの適切な時期とスムーズなお散歩のコツ

子犬を家に迎えて、一緒に散歩に行くのを楽しみにしている方も多いと思います。犬が来て、すぐに散歩に行け...

犬のしつけ【待ては教えよう!】上手な教え方とポイントを紹介

犬のしつけの中でも「待て」のしつけは特に教えておきたい行動のひとつ。待てのしつけを愛犬が覚えるこ...

【子犬の夜泣き対策】夜泣きの原因と子犬への接し方

家に迎えたばかりの子犬は、夜になると夜泣きを始めます。毎晩の夜泣きに、どうすれば夜泣きを止めさせるこ...

犬が唸る理由は様々。直したい唸りとその対処法と注意点

飼っている犬がよく唸ると感じていませんか?またどうして唸っているんだろうと疑問に思うこともあるでしょ...

吠える犬の心理としつけで気持ちをコントロールする方法

犬が必要以上に吠える「無駄吠え」に悩んでいる方も多いと思います。特に集合住宅などでは、ご近所への迷惑...

犬におすわりをしつける時のポイントやコツなどについて

犬にしつけをしようと思った時に、まず最初にすると良いのが「おすわり」です。「うちの犬はいつまでた...

白い犬が大好き!その中でも大型の種類とは

白い犬と聞いたら、もこもこでふわふわな触り心地のよい毛並みを連想する方も多いと思います。特に大型...

犬の留守番中のトイレを失敗させない方法とは?コツとポイント

犬が留守番中のトイレを失敗してしまうのはどんな理由からなのでしょうか?トイレトレーニングは成...

犬が無駄に吠える時に出来る対策などについてご紹介

犬を飼う時にさまざまな悩みが出ることがありますが、その中でも多いのが「無駄に吠える」です。そうい...

無駄吠えする原因としつけ方法・成犬のしつけでのコツを解説

犬を飼っている飼い主さんの中には、犬が無駄吠えする事に頭を悩ませている人もいるのではないでしょうか。...

子犬のしつけはいつからする?始める時期と教え方のポイント

犬のしつけは早いうちに始めるのが良いとされていますが、早いうちとはどれくらいの時期を指すのでしょうか...

スポンサーリンク

子犬に「待て」をしつけよう!犬側のメリットと飼い主さん側のメリット

犬が「待て」をできるようになると、私たちの生活において便利だと感じることが多くなります。

犬の安全のためにも「待て」は重要

「待て」は犬の行動を抑え、犬をフリーズさせた状態にします。犬は興味をそそるものが視界に入って飛びかかることもあります。犬のこのような行動を制御できると、大きなトラブルを回避することに繋がります。
待てができるだけで落ち着いた利口な犬に見えたりもします。いつもはやんちゃでいたずら好きな犬でも、お行儀が良い犬になります。
  • 散歩中に他の犬に出くわして、飛びかかろうとしている様子が見えたときも「待て」をさせることで犬同士のケンカにならず、穏やかにすれ違うことができます。
  • 家の中でもチャイムと同時に玄関へ駆けて行く犬なら、待てをさせることで、いきなり犬が出迎えるということもありません。
  • おしゃれなドッグカフェに行くこともできますし、イベントで待てのゲームに参加して優勝するのも夢ではありませんよ。

犬は衝動的な行動を起こすことも多いです。

その時に飼い主が「待て」の指示を出すことで、そのような行動を抑えて犬の身を守ることができます。飼い主の生活だけでなく、犬のためにも待ては大切です。

子犬に待てのしつけをする時期について

子犬に待てを教えるのは、生後3ヶ月ころを目安にすると良いでしょう。子犬を迎えたら、まずはトイレのトレーニングから始めることと思います。まだ幼いうちは教えても理解できませんし、一度にいくつも教えると子犬も混乱してしまいます。

トイレのトレーニングから始め、少しずつしつけを増やす

犬は半年くらいになると、徐々に警戒心が強くなってしまいます。この時期からは知らない人を怖がりだしたり、威嚇して噛んでしまうこともあります。

その前に待てができるようにしておくのが理想です。

特に大型犬の場合は、成犬になると体が大きく力も強くなるため、人の力だけでは制御が難しくなります。その前にしっかりしつけることが大切です。

犬が3ヶ月くらいになり、人の声に耳を傾けるようになったら、トレーニングを始めてみてください。

そして、待てができるようになってもトレーニングをし続けることも大切です。待てはご飯を食べる前や遊びの前など、日常生活に取り入れやすい行動です。

子犬「待て」のしつけは「おすわり」や「ふせ」を覚えてから

「待て」を教える前に先に「おすわり」を教えるようにしてください。

待てはおすわりの状態で指示をする場合が多いです。待てをさせるときは、まずはおすわりをさせて落ち着かせてから行います。

犬をしつけるときは、必ず同じ言葉を使い、ちゃんとできたら褒めることが大切

同じ動作でも人によって違う言葉を使うと犬が混乱してしまいます。また、できた時に褒めることで、何をしたら良いことなのかを理解してくれます。言葉で褒めるだけでなく、おやつを使うと効果的です。

子犬をしつけるときは生後3ヶ月くらいから始めるようにしましょう。

あまり幼すぎても理解できません。3ヶ月にもなるといろいろな事を吸収し、学ぶようになります。しつけをするのにちょうどよい時期です。

おすわりの教え方

片手におやつを持ち、犬に見せてください。犬が食いつこうとしたらおやつを隠して落ち着かせます。犬の鼻先におやつを持ち、そのままおやつを上の方に持ち上げながら、犬の腰を軽く押して「おすわり」と言います。犬が腰をおろしたらおやつを与えて褒めてください。

繰り返し行うことで、犬がおすわりを理解してくれます。

ふせの教え方

犬をおすわりさせたら、「ふせ」と言いながらおやつを鼻先から前の方に離すように移動させます。犬はおやつにつられて鼻先を伸ばす形になります。そのまま前脚を前に出して体を低くさせてふせの状態になったら、おやつを与えて褒めてください。

子犬に「待て」を教える時の手順

子犬がおすわりとふせができるようになったら、今度は「待て」を教えていきましょう。

待ての教え方

子犬をおすわりさせたら、子犬の目の前でおやつを見せます。子犬は匂いを嗅いで口に入れようとしますので、そこで「待て」と声をかけます。

声をかけられたことで子犬の動きがピタッと止まったら、1、2秒待ってから褒めておやつを与えます。

犬が待てなかったら最初からやり直しです。
待てができたら、待つ時間を少しずつのばしてください。5秒、7秒とほんの少しずつのばして、待てる時間を長くしていきます。

待てを教えるときは、待てを解除する言葉も必要

「よし」など解除のための言葉をひとつに決め、おやつを与える前にその言葉を言うようにします。その言葉を言われたら動くことができると覚えさせます。

おすわりの状態で待てができるようになったら、今度は飼い主が離れた状態での練習を行います。おやつを床の上に置き、待てと言ってその場を少し離れてください。そして遠くから「よし」と解除の言葉を言います。ちゃんとできたら褒めてあげてくださいね。

子犬に待てのしつけをするときのポイント

犬をしつける時はついつい力が入りすぎて、声が大きくなることもあります。犬は大きな声を怖がり、叱らていると勘違いする可能性もあります。また、真剣な表情もまた怒っていると勘違いすることもあります。

犬は子犬であっても人の話を聞き、表情から感情を読み取る

きちんと待てができなくても、がっかりした表情を見せたりイライラした態度をとらないように気をつけてください。

「待て」の言い方は家族で統一することも大切です。

人によって待てやステイなどいろいろな言葉を使ってしまうと犬が混乱し、覚えるのも難しくなります。家族の間できちんと話し合って、指示の言葉をひとつに決めておきましょう。

長時間の練習は飼い主にも犬にもつらいものです。一度で覚えないのは当然と思い、毎日コツコツ練習するようにしてください。一日に何度か時間をあけてトレーニングをすると良いでしょう。

トレーニングをするときは楽しみながらやるのが大切です。遊びの中に取り入れたり、楽しく行うことで犬も習得しやすくなります。
犬との良い関係を築くためにも、トレーニングを楽しい時間にしてくださいね。