犬がなかなかトイレをしないときの原因とトイレをさせるコツ

犬がトイレをしないときにはどんな理由があるのでしょうか?犬は環境が変わってしまうとトイレを我慢してしまうことがあります。

しかし、トイレをしないと心配ですよね。ではどうしたら犬がトイレをするようになるのでしょうか?トイレのタイミングを知っておくことも大切です。

犬のトイレをしやすい環境や、外出先でトイレをさせるポイントを紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

犬のしつけ【トイレトレーニング】練習方法と成功のコツを解説

これから犬を飼う予定でいる人の中には、トイレのしつけについてどのようにすれば良いのか頭を悩ませている...

犬の散歩中に危険な拾い食いをやめさせるしつけの方法

犬がお散歩中に拾い食いをして困るという飼い主さんは多いと思います。拾い食いをして変なものを食べてしま...

犬が唸るのをしつけでやめさせる方法!ポイントと正しい対処法

犬が唸るのをしつけでやめさせるには、その前にどんな理由で犬が唸っているのかをよく観察してみることが大...

犬がトイレで寝る理由や、やめさせる方法についてご紹介

犬がやってしまう問題行動のひとつに「トイレで寝る」というものがあります。どの犬でもするわけではあ...

犬を散歩させる時に必要な持ち物や、あると便利な持ち物とは

犬を散歩させようと思った時に、ただ首輪にリードを繋ぐだけでは充分な準備が出来ているとは言えません。...

ラブラドールの子犬の育て方についてご紹介

ラブラドールは、犬の中でも比較的賢い犬種とされていますが、そんなラブラドールを子犬から飼う場合は、ど...

犬の発情期(オス)の過ごし方やマウンティング行動について

発情期になるとオス犬はどのような行動を取るのでしょうか。ふだんはおとなしい犬でも発情期になると、この...

無駄吠えする原因としつけ方法・成犬のしつけでのコツを解説

犬を飼っている飼い主さんの中には、犬が無駄吠えする事に頭を悩ませている人もいるのではないでしょうか。...

犬が吠えるのをしつけする方法!犬のための正しいトレーニング

犬が吠えるのをやめさせるためにしつけしたいという飼い主もいるでしょう。しつけによって犬が吠えない...

犬を抱っこして一緒に寝るのは大丈夫?良い点と注意点をご紹介

小犬を飼い始めると、可愛らしくてどんな時も一緒にいたくなってしまいます。中には抱っこをしたまま、ベッ...

犬に伏せを教える方法、伏せがしつけとして必要な理由もご紹介

犬を飼い始めたらしつけをしなくてはいけません。犬のしつけにはいろいろありますが、ここでは伏せの教え方...

子犬はワクチンして散歩しよう!ベストなタイミングと社会性

子犬はワクチン接種を始めたら散歩はいつからしてもいいのか気になる飼い主さんは多いのではないでしょうか...

チワワは子犬のうちのしつけが大切?飼い主との主従関係としつけ

チワワは小さくて可愛らしさが特徴的な犬種です。しかしその可愛さに、子犬のうちからチワワの言うとおりに...

大きい犬【白色】を飼いたい人におすすめの犬種と飼う時の注意点

子供が大きくなると「犬を飼いたい」と言い出すことがあります。子供の意見を尊重してあげたくても、ペ...

子犬のトイレトレーニングにかかる期間とトイレを教えるポイント

子犬にトイレトレーニングをするとき、一体どのくらいの期間がかかるのか知りたい人もいるのではないでしょ...

スポンサーリンク

どんな理由が考えられる?犬がトイレをしないとき

犬がトイレをしないなんて、ありえません。あなたが飼っている犬がトイレをしないのなら、何か原因があって、トイレをしないのだと思います。

精神的なことが関わっている

環境が変わったことで、犬が緊張していて、それで、トイレをしないのだと思います。新しい環境になれるまで、犬が緊張していて、それで、いつもはできているトイレができなくなるんですね。

でも、何かほっとした瞬間に、トイレをするみたいです。例えば、散歩をしている時、犬の気持ちもゆったりして、散歩をしている時は、トイレをするなんてこともあります。

飼い主に叱られたことが原因

犬は、トイレトレーニングをしている時に、飼い主に怒られて、それが原因で緊張してできないこともあります。あなたが別のことで怒っていると思いますが、犬からしたら、そんなことも原因で犬はトイレができなくなります。ですので、トイレトレーニングをする時は、あまり犬のことは叱らずにいて下さいね。

犬は「トイレをしてはいけない」間違って受け取ってしまいます。それが原因で、家でトイレができなくなり、犬がかわいそう目にあうかもしれませんから。

犬がトイレをなかなかしないときの対処方法

犬がトイレをしてくれないのは、飼い主さんとしても、困りますよね。でも、大丈夫です。犬がトイレをしやすい環境をしっかり整えてあげれば、犬は、ちゃんと家でもトイレをしてくれるようになりますよ。

廊下の隅なんてお薦め。

人にもプライバシーが必要なように、犬も、トイレを済ませるのに十分な環境が必要です。場所としては、廊下の隅なんてお薦め。部屋みたいにして、囲ってあげるのもいいと思います。

ただし、部屋みたいにして囲ったとしても、いつでも入れ、出れるように、ドア付きのものなら、常に解放した方がいいと思います。そうすることで、一箇所で、トイレをするようになります。

あなた自身、あまり犬がトイレをする場所にこだわりがないのなら、犬がトイレをするのに心地よいと感じている場所にトイレを設置すればいいと思います。犬も自分が好みの場所でトイレを済ませたいと思っていますから、そこで、用を済ませてもらいましょう。

犬が決まった場所でトイレをしないときのトレーニング方法

犬が、一箇所ではなく、家のあちらこちらでおトイレされたら、家がめちゃくちゃになると思います。やっぱり、飼っている犬には、一箇所でおトイレを済ませて欲しいです。

スケジュールを把握し、一箇所でトイレさせる

犬を観察しているうちに、この時間になったら、おトイレをする、スケジュールが見えると思います。犬がおトイレをしそうになったら、トイレシートの場所に移動させて、「この場所におトイレするのよ」と覚えさせることもできます。

そうやって、家のあちらこちらにトイレするのではなく、一箇所でトイレをしてもらうトレーニングはつきますよ。

ご褒美をあげる

あなたが定めた場所でトイレをすることができるようになったら、おやつをあげるなど、何か犬が喜ぶことをしてあげて下さい。そうすることで、犬があなたが定めた場所でトイレをよりするようになります。

この場所でトイレをしたから、おやつがもらえる、そうやって、犬をしつける方法もあります。あなたなりに工夫して下さい。

外出時に犬がトイレをしないのが心配

犬とのコミュニケーション、もう少し踏み込むと、犬と一緒に外出した際、犬は必ずといっていいほど、トイレはすると思います。というか、してもらわなくてはいけません。

ですので、外出時には、犬が新しい環境でトイレができないというプレッシャーから解放されて、「この場所ならトイレをできる」という環境を作るために、犬のおしっこの臭いがついている、トイレシーツを持っていって下さい。

その臭いがあるだけで、犬も、「ここだったら、いつも通りおしっこをしてもいいんだ」と気持ちが解放され、してくれるようになります。犬もいつもと違う環境だと、おトイレはしづらくなります。ですので、トイレシーツを外出時には持ち込むですとか、犬がトイレをしやすい状態を作って下さい。

犬も排泄を我慢すると、病気になってしまいます。そうすると、飼い主であるあなたの責任になります。少しでも犬がトイレをしやすいように、してあげて下さい。合図を送って、今だったらおしっこしてもいいよなんてサインがあってもいいと思います。

犬がトイレを一日にどのくらいするかを知っておくことが大切

ある犬は、最大、12時間も上記で説明されている量のおしっこを我慢することができます。でも、それだけの時間、我慢できるからといって、全くといっていいほど、何もメリットはないと思います。

人だって、それだけの時間、おしっこを我慢していれば、膀胱炎になります。犬だって一緒です。病気になります。ですので、犬に排出をさせないことが目的ではなく、適切なタイミングで排出させることを目的にして下さい。

上記でも説明している通り、犬の1日のおしっこの量は決まっています。そのおしっこを排出できる環境にして下さい。トイレトレーニングで叱りすぎて、家で排泄できないのも問題ですからね。

家でいる時は、犬がトイレをしやすい場所でトイレをさせてあげ、また、囲いもつけてあげると気楽にトイレができると思います。外出する時も、犬の臭いがついているトイレシートを持参して下さい。それで、我慢せずに、トイレができます。