犬のしつけ【トイレトレーニング】練習方法と成功のコツを解説

これから犬を飼う予定でいる人の中には、トイレのしつけについてどのようにすれば良いのか頭を悩ませている人もいるのではないでしょうか。

初めてペットを飼う時は、どんな風に接すれば良いのか、しつけの方法がわからないものです。

犬をお迎えする前に、犬のトイレトレーニングに関する知識を知って、上手にしつけができるようにしましょう。

飼い主さんと犬が良好な関係を築けるように、是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

犬がストレスを感じるのはどんな時?ストレスの原因と解消方法

犬も人と同じ様にストレスをためてしまう場合があります。そしてストレスが解消されないと問題行動を引き起...

犬にしつけでふせを教えるコツを紹介!焦らずにステップアップ

犬にしつけでふせを教えたいけど、どうしたらいいのかわからないという飼い主さんもいるでしょう。ふせの姿...

子犬のしつけを始める時期と子犬のうちに教えるべきこと

子犬を家族の一員として迎えるには、さまざまなしつけが必要になります。しつけを始めるには、どのくらいの...

犬がなかなかトイレをしないときの原因とトイレをさせるコツ

犬がトイレをしないときにはどんな理由があるのでしょうか?犬は環境が変わってしまうとトイレを我慢してし...

犬のトイレトレーニング!成犬でもトイレのしつけは可能です

犬のトイレトレーニングは若いうちに行なうと、早く覚える傾向がありますが、成犬の場合や老犬の場合は、ト...

犬が散歩で興奮するとお困りの方へ犬の気持ちを落ち着かせる方法

犬の散歩中に困る行動として、興奮をしてリードを引っ張ってしまうことや、他の犬に会うと必要以上に警戒し...

犬の留守番時間の限界と慣れさせるためのしつけのポイントを紹介

犬が留守番できるのはどれくらいの時間なら可能なのでしょう?夫婦で共働きで犬を飼っているとどうして...

犬が鳴くのはどんなとき?クンクンと鳴くときの理由について

犬がクンクンと鳴くのはどんなときや気持ちなのでしょうか。クンクンと鳴くときには、甘えているときと自分...

犬が撫でられると喜ぶ場所やコミュニケーションを深める関わり方

犬を初めて飼う人や、これまであまり犬に触れたことがない人にとって、「犬が喜ぶこと」は全く想像がつきま...

犬のしつけ【待ては教えよう!】上手な教え方とポイントを紹介

犬のしつけの中でも「待て」のしつけは特に教えておきたい行動のひとつ。待てのしつけを愛犬が覚えるこ...

子犬のしつけ【待て】を教えるメリットしつけの手順・ポイント

子犬を飼っている飼い主さんの中には、しつけとして「待て」を教えたほうが良いのかと考えている人もいるの...

柴犬のしつけの時期と対処法!上手に教えるために大切なこと

柴犬のしつけは性格が形成されていく子犬の時期にするのがおすすめです。子犬の成長はとても早いので、...

チワワは子犬のうちのしつけが大切?飼い主との主従関係としつけ

チワワは小さくて可愛らしさが特徴的な犬種です。しかしその可愛さに、子犬のうちからチワワの言うとおりに...

子犬は留守番ができる?いつから長時間の留守番が可能かについて

子犬を飼いたくても、仕事をしていると躊躇してしまいます。それは子犬に留守番をさせなくてはいけないこと...

犬の外飼いはいつから?事前の準備やはじめるために大切なこと

犬の外飼いはいつからが可能なのか、外飼いをはじめる前に気になることはたくさんあります。犬を外飼い...

スポンサーリンク

犬にトイレのしつけを始める時期は?トイレトレーニングの目安

トイレトレーニングは家に犬を迎えた時からすぐに始めなくてはいけません。

来たばかりで可哀想などと言っている暇はありません。例えは、自分が新しい家に来て、トイレの場所が分からなかったらどうしますか。
更に、言葉が通じず相手に伝えられなかったら。
犬だって同じです。どうしようもなかったらその場でしてしまうのは当たり前です。
更に、場所がわからないままで、そこに用を足してしまっても注意されなかったら。当然安心して、ここでしていいのかと思ってしまいます。

そうならない為に、犬を迎える時はきちんとトイレも最初から用意してきたらすぐにトイレを教えていくようにしてください。

また、トイレトレーニングを教える期間が大体決まっています。

というのも、教え始めると大抵の犬は1か月以内にトイレの場所を覚える事ができるからです。ですから、トイレトレーニングは1か月以内に終わらせるようにします。

教え方が悪かったり、犬が覚えない時などは一度トレーニングセンターに連絡してプロの方に指導してもらうことも考えましょう。

トイレの場所は教えないと犬は覚える事ができません。

きちんとトイレシートの上ですることも教えなければなりません。

犬は基本的に綺麗好きな動物ですから、教えればきちんとトイレで用を足すようになってきます。
生活空間を汚すのを嫌いますので、トイレの場所を考えるときは、生活空間から離して置くようにする他、生活空間も綺麗に保つようにしてください。生活空間が汚れていると、犬はそこで用を足しても良いと勘違いしてしまい、なかなかトイレの場所を覚えない事がありあます。

犬にトイレのしつけをするときはトイレの場所も考えよう

 犬の知能は幼稚園児と同じくらいの知能です。自分の子どもに教える感覚で犬にもトイレを教えていきましょう。
また、しっかり場所を覚えたとしても、たまには失敗することもあります。失敗してもガミガミ怒らずに、「やっちゃったねー。」くらいの気持ちを持ってトイレのしつけをしていくようにしましょう。

また、成犬で3から4歳くらいの知能ですが、子犬の場合だと1歳くらいの知能しかありません。
1歳の子供にトイレを教えるなんてなかなか上手く行く事の方が難しいのです。

できないのが当たり前。失敗しても仕方がないとまずは線引きしてから教えるようにしましょう。
出来ないから仕方がないので教えない、とは違い、教えていくうえで今はまだ仕方ないと思う様にしてトイレのしつけをしていって下さい。

犬にトイレのしつけをする方法・トイレシートで練習しよう

決められたトイレシートの上にトイレをすることは初めての犬にはとても難しい事です。まずは、大きくトイレの場所を取り、トイレシートを広めに設置しましょう。
大体6枚から9枚ほど敷き、周りをサークルや段ボールなどで囲いましょう。

犬がトイレに行きたそうにしていたらきちんとトイレの場所まで連れていき、トイレをさせます。

犬は褒められるのが大好きです。きちんとトイレに用をたせたら沢山褒めてあげて下さい。わざとらしいくらい褒めてあげると犬もここですれば褒めてもらえると覚えてくれます。

何度かトイレに連れていって慣れてきたら、自分で行くように見守り、出来たら褒めるの繰り返しを行ってください。

出来るようになってきたら徐々にシートを狭めて行きます。
最終的にシート2枚分がトイレの位置になりますので、2枚ずつ取り除いていき、1か月で所定の場所までシートを減らして行くようにして下さい。

最後は、トイレの周りのサークルを取り、自分で自由に用を足せるようにしてあげて下さい。

トイレのしつけを成功させるコツ・犬がトイレを覚えやすくするために

犬は自分が生活する場所ではトイレをしないと上の項目でお話ししましたが、トイレと寝床が一緒になっているゲージがよくあります。
これでは犬はトイレを覚える事をしなくなります。
犬は本能によりオシッコでマーキングしますが、寝床にマーキングしてしまっては自分の居場所を敵に知らせる事になってしまいます。ですからトイレと寝床は一緒にはできないのです。
また、一度トイレの場所を決めてしまうと、犬は習慣でずっと同じ場所にオシッコをするようになってしまいます。

トイレの位置を決めたら移動などはせず、同じところに設定するようにしましょう。

また、家族内の犬との上下関係をはっきりさせると、犬の縄張り意識も少なくなり、いたるところにオシッコをするマーキングなどを減らすことができます。
まずは、犬よりも人間の方が上の立場である事をしつけなければなりません。

トイレトレーニング中に飼い主さんが心がけたいこと

トイレの位置さえ合っていればシートの上でなくても怒る事はしないでください。
また、初めのうちはわからないのが当たり前なのです。失敗したからと言って怒るのはやめましょう。

怒ってばかりいると、トイレをしていること自体を怒っていると勘違いし、トイレをする事自体を迷うようになってしまいます。
そして、どこにオシッコすればよいのかわからなくなり精神的にもつらい状態になってしまいます。トイレトレーニングするときは、間違えても怒らないようにして、正しい場所に導いてあげるように教えてあげて下さい。
何度も怒られたら自分達だって嫌ですよね。
犬も同じです。トイレトレーニングするときはわが子にトイレを教えるように教えるようにしてあげて下さい。