【犬のしつけ】ハウスの必要性としつけの手順、ポイントのまとめ

犬を室内で飼っている人にとって、「ハウス」は大切なしつけの一つです。

ハウスが上手にできる犬は合図一つでハウスに入ってくれるため、来客時の対応もスムーズに出来ますし、家族が家を留守にする際にはハウス内でリラックスしてお留守番タイムを過ごしてくれるため、飼い主にとっても犬にとってもストレスがありません。

反対にハウスを嫌う犬は、ハウス内で暴れたり無駄吠えしたりして飼い主を困らせるだけでなく、犬自身にも沢山のストレスがかかるため、双方にとって良くありません。

ハウスを小さい頃からしっかりしつけておくことで、留守番、外出、災害時、移動時など様々な場面に役立ちます。
犬を飼っている方はぜひこの記事を参考にハウストレーニングをおこなってみてくださいね。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

犬のマウンティングが問題行動?しつけで直すマウンティング

犬のマウンティングは犬同士だけでなく、飼い主にする場合や、おもちゃや家具にする場合も。どこで...

犬の発情期はメスだけ?発情期にみられる症状とケアについて

犬を飼育する上で気になる発情期、メス犬はオス犬に比べ性格がおとなしいと言われていますが、メス犬だけに...

【犬の喧嘩のしつけ】多頭飼いの犬が喧嘩をした時の対処法

犬を多頭飼いしていると、犬同士で喧嘩が始まることもあります。飼い主として、喧嘩をやめさせるべきか、放...

【犬のしつけ】成犬になった愛犬のしつけ方と注意点

何らかの理由で成犬を引き取った方や、子犬時代の成犬のしつけに失敗したまま愛犬が大きくなってしまった方...

犬は生理で食欲低下したときの対処法と犬のためのマナーを紹介

メス犬も人間と同じように成長に伴い生理が始まります。このとき、食欲が低下してしまう犬もいます。...

子犬のしつけを始める時期と子犬のうちに教えるべきこと

子犬を家族の一員として迎えるには、さまざまなしつけが必要になります。しつけを始めるには、どのくらいの...

犬のトイレトレーニング!成犬でもトイレのしつけは可能です

犬のトイレトレーニングは若いうちに行なうと、早く覚える傾向がありますが、成犬の場合や老犬の場合は、ト...

犬を散歩させる時に必要な持ち物や、あると便利な持ち物とは

犬を散歩させようと思った時に、ただ首輪にリードを繋ぐだけでは充分な準備が出来ているとは言えません。...

【犬とのお散歩マナー】安全な散歩のために覚えておくルール

子犬を家に迎え、可愛い犬とのお散歩を楽しみにしているという方も多いと思います。お散歩ができる時期にな...

白い柴犬の子犬は貴重?白い柴犬の特徴や性格、子犬の選び方

白い柴犬は、某CMの影響からか人気がありますが、白い柴犬の子犬をペットショップで見かけたことあります...

犬を飼うメリットはこんなにたくさんある!犬との暮らし

犬を飼うとどんなメリットがあるのでしょうか。犬を大切にすることで、家族や自分自身も大切にする...

犬を抱っこして一緒に寝るのは大丈夫?良い点と注意点をご紹介

小犬を飼い始めると、可愛らしくてどんな時も一緒にいたくなってしまいます。中には抱っこをしたまま、ベッ...

柴犬のしつけの時期と対処法!上手に教えるために大切なこと

柴犬のしつけは性格が形成されていく子犬の時期にするのがおすすめです。子犬の成長はとても早いので、...

犬には英語でしつけをするのが良い?そう言われる理由と注意点

盲導犬などには英語でしつけを行います。お家でペットとして飼育する場合も英語でしつけを行ったほうが良い...

室内でできる犬が喜ぶ遊びや室内遊びの注意点についてご紹介

犬には毎日の散歩が大切ですが、梅雨時期などには雨が続き、なかなか散歩に連れていけないことも。そんな日...

スポンサーリンク

犬にハウスをしつけることのメリットと必要性

ハウスをしつけることができたら、いつでも犬を安全なハウスに入らせることができます。

獣医さんへ行くとき、お出掛けする時や災害等で非難する時にも即座に収容できるので大変時間的にも労力的にも効率がよく、犬の安全を確保するためにも役立ちます。

ハウスは慣れると犬にとっても安心できる自分の部屋となります。

そのため、人が外出する間はハウスに入れておく事が望ましいでしょう。

人が外出する際に「ハウス」という号令ひとつですぐに入ってくれたらとっても助かります。ハウスを嫌がる犬を捕まえてハウスに入れるのは非常に時間と労力を要するどころか、捕まえることができずに不可能な場合もあります。
ハウスは非常に有益なしつけと言えるでしょう。

犬にハウスをしつける時に必要なものと環境

犬にハウスをしつけるには、まずは犬が入るハウスとハウスに入った時に与えるごほうびのおやつを用意します。

家の中で飼う場合には、犬のお部屋として居心地の良いハウスを用意してあげましょう。獣医さんへ連れて行くときなどにはクレートに入れる必要があるので、クレートも用意しましょう。
ごほうびのおやつは何度も与える事になるので、食べ応えが無くて小さくローカロリーのおやつを用意しましょう。

いよいよ実践!ハウスのしつけ方のポイント

  1. まずはハウスのドアを大きく開けておきます。
  2. そうしておやつを犬に見せてハウスの方向に引きつけてハウスの中におやつを持った手を入れて犬もハウスに入らせます。
  3. 犬がハウスに入ったらすぐにおやつを食べさせます。これを何度か繰り返して、ハウスに入る抵抗感を無くさせます。
  4. 犬が躊躇せずにハウスに入るようになったら、犬の身体がハウスへの入り口を通過するタイミングで「ハウス」と言います。
  5. 一言だけはっきりと、犬がしっかりと聞き取れるように言う事が大切です。それを繰り返し行うと犬はハウスを理解して「ハウス」と言うと中に入るようになります。
  6. 慣れてきたらおやつを見せないで言葉をかけ、入ったらおやつを与えます。それも問題なく出来るようになったらおやつを与えない時を作り、最終的にはおやつを与えないでも入るようになります。

愛犬のハウスが上手になってきたら長時間滞在する練習をしていきましょう

「ハウス」と言って入るようになったら次の段階へ進みます。

ハウスへ入った後におもちゃや犬のガムなど長く楽しめるアイテムを与えてしばらくの間ハウスの中に入ったままの状態にさせます。そうしてドアを閉じます。
また、犬がおやつやおもちゃに飽きて出たがる気配を感じたらドアを開けます。
こうして少しずつハウス内に滞在させる時間を長くします。

大切なのは、ハウスから出たがる前にドアを開けて自由に出られるようにすること。出たがった時にはすぐに出してあげる事です。

出たがっているのにドアを開けずに閉じ込めると犬はハウスが嫌いになってしまいます。

とにかくハウスは嫌な場所ではなく良い場所であるとインプットすることがポイントです。

犬は本来は狭い場所に居ると安心できるものなので、毛布を敷いたりして居心地が良いハウスを作ると自分から入るようになります。人間が「ハウスに入れておくのはかわいそう。気がひける」などと考えていると犬もハウスに入るのが良くない事のように思ってしまいます。ハウスは犬にとって安心できる良い場所であると飼い主が思うことが大切です。

使用目的に合わせたハウスの選び方とクレートトレーニングの必要性

家の中で快適に過ごす事のできる部屋として用意するケージの他に、移動するときに使用するクレートを用意しましょう。
ハウスはどちらにもすぐに入るようにトレーニングしましょう。

家の中で過ごすケージは犬が伏せをしたり横になって転がっても足を伸ばせるゆとりがあるくらいの大きさのものを選びましょう。水やエサを入れられゆとりも必要です。
移動するときには積み重ねたりしても潰れない丈夫なクレートで、犬が伏せをしたり立ったまま方向転換できる大きさの物を選びましょう。

ハウスをしつける時には犬が入るのに抵抗を感じていない方からトレーニングするとよいでしょう。家の中での部屋であるケージの方が開放感があり入るのに抵抗を感じていないようであれば、ケージでハウスをしつけします。

しかし、獣医さんへ連れて行ったり災害で非難をする時にはクレートに入れないといけないので、必ずクレートへハウスさせるトレーニングも行いましょう。

ブリーダーなどから購入して連れてくる時にクレートに長く入っていたのでクレートに入ることに抵抗感が薄いようであれば、クレートで先にハウスをトレーニングするとよいでしょう。

クレートでハウスをマスターできたら、家の中での部屋であるケージにも入るようにトレーニングします。

どちらにも犬が気に入るタオルやクッション、マットなどを入れてあげるとよりトレーニングが容易になるでしょう。

しつけが思うように進まないからと怒ったり無理矢理犬を閉じ込めたりしないように気をつけましょう。犬がトレーニングを嫌がるようになったりハウスを毛嫌いするようになるとしつけは後退してしまいます。
犬とゲームをしているような気持ちで気を長く持って取り組みましょう。